ピクシブ百科事典

ウルトラマン物語

うるとらまんすとーりー

『ウルトラマン物語』とは、ウルトラシリーズの劇場映画。
目次[非表示]

父が勇気を教えた 母が愛を与えた 戦え!タロウ 正義のために!!」
ついに!宇宙の大決戦がはじまる 戦え!ウルトラの戦士たち!」
※いずれも本作のキャッチコピー。

概要

1984年7月14日公開。
配給:松竹、上映93分(1時間33分)。
監督:高野宏一、脚本:平野靖士、製作:円谷皐、撮影:山本武

これまでのウルトラシリーズ劇場映画は、『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』を除けばほとんどが過去のエピソードをそのまま上映するか、過去の映像を再編集する総集編映画がほとんどだった。だが今作は本編の半分以上が新規映像で、ウルトラマンタロウの成長を描く劇場オリジナルストーリーとなっている。それに伴い、少年時代のタロウが登場している。
また、初の劇場版オリジナル怪獣としてグランドキングが登場。それ以外にも本作の黒幕として、『アンドロメロス』のキャラクターであるジュダが登場している。

流用シーンはテレビシリーズに沿ったものが使用され、タロウ成長の間に起こった出来事として使われた。ただし、ウルトラマンレオウルトラマン80が既に地球に来ている事になっていたり、メフィラス星人初代と二代目が同一人物扱い(本来は別人)になっているなど、正史とは明らかに矛盾が生じているため、現在ではパラレルワールドの出来事として扱われている。

また本作には人間のキャラクターが一切登場せず、ウルトラ戦士たちが人間になったような描写も存在しない。

同時上映は「アニメちゃん」。

エピソード

M78星雲光の国
まだ少年であったウルトラマンタロウは、ウルトラの父ウルトラの母から様々なことを学び、時には失敗しつつも立派に成長していった。

そして逞しい青年に成長したタロウは、ウルトラの父が自分に実戦経験をさせてくれないことを不満に思っていた。それが原因でミスを犯し、父に一喝されたタロウは己の慢心を改め、以前よりも特訓に力を入れるようになる。

そしてついに、タロウが地球で戦うときが来た。地球に現れた再生エレキングやメフィラス星人二代目]を見事に倒すタロウ。だが、父はまだやるべきことがあると特訓を続けさせられてしまう。
そのころ、かつてウルトラの父が倒した宇宙の帝王ジュダが復活しつつあった…。

登場ウルトラマン



登場怪獣


流用映像での登場


音楽

主題歌

  • ウルトラマン物語~星の伝説~

唄:水木一郎

挿入歌

  • 愛の戦士タロウ

唄:水木一郎

余談

ジュダの登場については、元々次回作としてウルトラシリーズと『アンドロメロス』の本格共演映画が企画されていたことが関係している。ただし、この企画は諸般の事情で残念ながら立ち消えになってしまった。

後作への影響

本作でタロウの声を演じた石丸博也氏は、『ウルトラマンメビウス』での再登場以降タロウを担当し続けている。これは、タロウに変身する東光太郎役だった篠田三郎氏がウルトラシリーズへの再出演を「思い出として残しておきたい」との理由で敢えて断っていることも影響している。

ウルトラの母の声についても、『メビウス』以降の作品では一部を除いて池田昌子女史が担当している。

上記の通り現在ではパラレル作品という扱いだが、ゼロシリーズおよび「新世代ヒーローズ」の展開では、グランドキング戦など本作の一部の展開は正史と共通の出来事として扱われている。

関連動画

予告編


テレビCM


関連タグ

ウルトラシリーズ 劇場版ウルトラマン ウルトラマンタロウ

ウルトラゼロファイトウルトラファイトビクトリーウルトラファイトオーブウルトラギャラクシーファイト:本作の作風を色濃く受け継いだ作品。

関連記事

親記事

劇場版ウルトラマン げきじょうばんうるとらまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマン物語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13460

コメント