ピクシブ百科事典

再生エレキング

さいせいえれきんぐ

『ウルトラマンタロウ』に登場するゾンビ。
目次[非表示]

概要

種別月光怪獣
身長53m
体重1万5千t
出身地木曽山中
能力火炎放射


怪獣エレキング満月に吼える!



第28話「怪獣エレキング満月に吼える!」に登場。
この作品での別名は「月光怪獣」再生エレキング(もしくは改造エレキング)とも呼ばれる。
かつてウルトラセブンを刎ねられて倒された個体が復活したものだが月光エネルギーにしているため、が出ているときにしか行動できない。また、初代と異なり口と尻尾からの10万度の火炎放射で敵を攻撃する(『ウルトラ怪獣攻げき技大図鑑』および『ウルトラ怪獣列伝』での説明によると電気エネルギーで火力を上げているらしい。また前者では゛月光火砲”と命名)。
また、体色が以前より月の色を思わせるような濃い黄色に変化している。ついでに回転していないが、その理由は最早ピット星人に操られていないゾンビな為、星人の発する指令電波をキャッチする必要が無いからだそうな…。体重は3/5に減っている。
鳴き声タッコングのそれに酷似している。

タロウを火炎放射で苦しめるものの、タロウに角を抜かれを吹き出して死亡する。その後、2度と復活しない様に引き抜かれた2本の角はタロウによってへと運ばれていった…。
なお、児童誌の裏設定によればエレキングの復活の背後にはエンペラ星人配下のテンペラー星人の関与が有ったらしい…。

この第28話は、別怪獣の登場する脚本を流用した(怪獣をエレキングに置き換えた)といわれている。そのことが、上記のような初代とは異質な特徴につながったようだ。

余談

映画ウルトラマン物語』では宇宙最大の悪魔宇宙帝王ジュダ配下のメフィラス星人により蘇生後、改造されて地球に送り込まれたという設定の別個体が登場し、上記のタロウ本編と同じ方法で斃されている(映像の使い回しとか突っ込んではいけない…)。

余談だが、ウルトラマンメビウス地球にやって来たころには(あくまで防衛チーム側の解釈だが)何故か別個体という扱いになっている。

『ウルトラマン超闘士鎧伝』ではダークベンゼン配下のエレキングIIとして登場。三日月状の刺股が武器。

放送当時の児童誌(『小学三年生』1973年12月号)によると、再生エレキングはジェロニモンの力により復活した。そして、「俺はメフィラス星人二代目と違ってつまらない計画は立てない。実力で勝負すればタロウなんてへっちゃら」と豪語。言葉通り正面から戦ったが敗北した。これを見た怪獣軍団(児童誌上の設定で存在した侵略宇宙人の軍団)は、「エレキングは弱すぎるキングジョー(建造に3年かかるため不採用)を選べばよかった」などと酷評。同じ特集記事内の解説では、「せいのうはよくなったが、ほんとうはだめになった」なる意味不明の誹謗まで受けている(恐らくフィジカル的な性能がいくらよくても脳味噌までゾンビになっていては使いこなしようがない、という「再生怪人は弱いの法則」的な評価であろう)。


関連項目

ウルトラ怪獣 満月 アンデッド

pixivに投稿された作品 pixivで「再生エレキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4300

コメント