ピクシブ百科事典

タッコング

たっこんぐ

特撮番組『帰ってきたウルトラマン』に登場する怪獣。別名:オイル怪獣
目次[非表示]

概要

  • 身長:45メートル
  • 体重:2万3,000トン


帰ってきたウルトラマン』第1話「怪獣総進撃」、第2話「タッコング大逆襲」に登場

東京湾に出現したタコの怪獣。オイルが大好物で、海上油田やコンビナートを襲った。
武器は口から吐くオイル。書籍で「火炎を吐く」とよく書かれているし、ゲームや漫画でもしょっちゅうボーボー火を噴きまくっているが、劇中で吐いたのはオイルのみで火炎を吐いた描写は無い。
大伴昌司によれば皮膚核兵器にも耐えうるほど頑丈らしい。そりゃ、ザザーンが勝てないわけだ。

活躍

第1話で勝鬨橋を破壊しながらヘドロ怪獣ザザーンと戦い、打ち負かす。その後、謎のを浴びて海中へ退却。この謎の光は、地球に来ていたウルトラマンジャックスペシウム光線で、この時のジャックは肉体が見えなかった。
第2話では再びコンビナートに現れ、ジャックと対決。最期はスペシウム光線を浴びて、体中からオイルが噴出して爆死した。そんな所でオイルだらけの怪獣を倒さないでいただきたい。

その他の活躍

ウルトラレディ・ジェニス対タッコング(STORY0版)


ウルトラマンSTORY0

古代種として大量の触腕が生えた個体が登場(ただしこいつが生息しているのは太陽系外惑星の海)。グビラペスターと共に若きウルトラマンジャックを襲うが、スペシウム光線で三匹まとめて粉砕された。グビラ以外は引火誘爆しまくりそうな怪獣だしなあ。

怪獣バスターズ

本編には登場していないが、下記に示すロックンという名のタッコングをモチーフにした小型の怪獣が登場している。

ロックン
火の惑星アヌペイ、砂の惑星モシリスに棲息しているタッコングに似た姿の小型怪獣。
岩石尻尾が生えたような容姿をしており、突進やジャンプしてからのプレス攻撃。そして回転攻撃でプレイヤーに襲いかかってくる。

余談

  • 容姿

タコの怪獣なのに足が少なくとても丸っこい理由は、デザイナー曰く「タコは茹でると丸くなる」「たこ焼きも丸い」という理由らしい。
ウルトライブ大募集のてれびくん賞では「タッコングファイヤーボール」として選ばれた。

石油を呑むため、『スーパー特撮大戦2001』では倒すと周囲1マスに一定のダメージを強制的に負わせる「誘爆」というコマンドが付いていた。

第37回でハムテルと二階堂の想像の中で診察待ちの怪獣として登場した。

超全集に収録されたウルトラマンオーブクロニクルのエピソード2-2の「深淵より出づる者たち」に登場している。水の惑星ヌオックにてペスターガマクジラと共に水の魔神として封印されていた。しかしヌオックを二分する勢力の一つシロッコ族の族長の娘サラムニの手によりシロッコ族とギブリ族の戦争を回避するための共通の敵となる第3の脅威として他の2匹と共に復活した。共同戦線を張った二大勢力を蹂躙し、遂にはサラムニの手に負えなくなって暴走し、文明すらも滅ぼさんとするが現れたウルトラマンオーブと交戦、撃破される。

「いまの子どもたちは『モンハン』で怪獣を見ている」──特撮のプロが見た『モンスターハンター:ワールド』【カプコン藤岡要×『ウルトラマンオーブ』田口清隆監督対談】』では、着ぐるみなどについて裏話が明かされている。
当初、『オーブ』第3話で水の魔王獣は、タッコングが登場する予定だったが、着ぐるみが倉庫の中に現存していなかった。また、タッコングの着ぐるみは元々大きいため保管に向いておらず、加えて放送当時のソフビ人形の売上もあまりよくなかった過去もあって商品化の予定もないため、登場は断念され、結果的に新怪獣のマガジャッパに変更された。ジャックに封印されていた事やタコをモチーフにしているのは、その名残である。


関連タグ

ウルトラマン ウルトラ怪獣 帰ってきたウルトラマン ザザーン
ペスター オイルドリンカー ガビシェール・・・・・石油が好物の怪獣
アブソーバ

pixivに投稿された作品 pixivで「タッコング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72431

コメント