ピクシブ百科事典

マガジャッパ

まがじゃっぱ

マガジャッパとは、ウルトラマンオーブに登場する水属性の魔王獣の名称である。
目次[非表示]

湖のひみつ

データ

別名水ノ魔王獣
身長60m
体重3万5千トン



概要

ウルトラマンオーブ』第3話「怪獣水域」に登場するを司る魔王獣
タツノオトシゴの様なと胸鰭を有しており、どこかとぼけたようなユーモラスな顔つきと相まって、他の魔王獣と比べるとややコミカルな印象を受ける造形が特徴。
頭部には魔王獣共通の特徴、マガクリスタルが付いている。

その最大の特徴はとにかく強烈な臭気を放つこと。湖に浸かっていただけで水質異常も無く影響下のを臭くし、ウルトラマンであるガイでさえ、戦闘中に臭さのあまり碌に攻撃を加えることができなかったほどである(ただし臭くなった水を嗅いでも「この程度なら平気だ」と言っていた辺り、水よりも本体の方が臭いがひどいのかもしれない)。

臭いについて、劇中に登場した人物は以下のように証言している。

・臭くなった水を浴びてしまったジェッタの臭いについて
銭湯のおやっさん「洗ってねえ雑巾みてえなニオイ

・本体の臭いについて
ナオミ「おばあちゃんちの裏庭にいたシマヘビとかアオダイショウのニオイ
ジェッタ「洗ってないザリガニ水槽のニオイ
シン「有機溶媒のピリジンをより強烈にしたニオイ
渋川「洗わないで放置した柔道着を詰め込んだカバンを開けた時のニオイ

読んでいる(聞いている)だけでどれだけ臭いかがよくわかる
視聴者は実際に臭いを嗅ぐことはできないので、マガジャッパの臭気の強烈さを表現するための上手い演出法だったと言えるだろう。

過去の文献にも「禍邪波」として記載されており、過去でも同様に水を臭くしていた。
そちらでは「海の悪しきにおいをあまた合わせたるよう」と書かれていたとのこと。

市街地に繰り出して積極的に破壊活動を行っていたマガバッサーマガグランドキングとは異なり、このマガジャッパはあくまで山中で行水を楽しんでいただけのようであり、そこまで攻撃的な存在としては描かれていない。とはいえ、その影響で生命活動に不可欠な水を使用不可能にするという冗談では済まされない被害を齎していたのも事実。「何もせずとも存在するだけで周囲に甚大な被害を与えてしまうタイプ」と言える。

戦闘能力

頭部先端から放たれる黄色い高圧水流による攻撃マガ水流が得意技。

水ノ魔王獣


それ以外に、両手の吸盤部分から放つガスで敵を包み込んでそれを再び両手で吸引し、敵の身動きをとれなくするマガ吸引に、口から放たれる臭気ガスによる攻撃マガ臭気と言った攻撃技を持つ。

また長い尻尾を振り回しての叩きつけ攻撃も行う。ネロンガの如く透明化することで相手をかく乱することも可能。

全身にある黄色い鱗はスペリオン光輪を弾き返すほどの強度を誇る。

戦歴

第3話の数週間前からビートル隊に同様の異常が報告されていたが、彼らの調査では見つけられず、原因を究明できなかった。
SSP事務所やガイ行きつけの銭湯の水が臭くなったことで事態が発覚。様々なが営業を臨時休業し、生活に支障を来し始めたためSSPやガイが事態解決のために動き出す。

奥奈良湖にいたところをガイに見つかり、ウルトラマンオーブ(スペシウムゼペリオン)との戦いが始まる。
その臭さのせいでまともに攻撃できないオーブを一方的に攻めたてるが、新たな形態であるバーンマイトになったことで形勢逆転。最期は「ストビュームダイナマイト」を喰らい爆発・消滅した。

その後ガイはウルトラマンジャックウルトラフュージョンカードを、ジャグラーはマガジャッパの怪獣カードを、それぞれ入手した。

ウルトラ怪獣擬人化計画

水ノ魔王獣 マガジャッパちゃん!!


マガバッサーに続き、『オーブ』怪獣からラインナップ入りを果たす。
デザインはマガバッサーと同様、NINNIN氏が手掛けている。

コミカルな外見を反映してか、あまり攻撃的な印象を受けない、大人しそうな女の子へとデザインされている。
マガバッサーがカッコイイ系なら、こちらはさながらカワイイ系といったところだろう。
また、比較的スリムな体型をしていたマガバッサーと比べると、肉付きの良いグラマラスな体型になっているのもポイント。衣装も露出が多めということもあり、かなりセクシーである。

…とまぁ色々と褒めちぎってきたが、掲載誌の情報を読む限りでは、「体から強烈な臭いを発する」という欠点までは克服できていない模様。
お近づきになりたいような、なりたくないような…。

漫画版

第35話で登場。
肉食怪獣のみが参加する謎のSNS「肉食怪獣系SNS」に投稿された写真の被写体として登場し、投稿者から「臭いがキツい分、食べたらクセになりそう!」とコメントされていた。
ちなみに、湖で行水していた原典の設定を反映してか、写真は入浴中のものになっていた。

アニメ版

マガジャッパ擬人化(公式)


- 近藤玲奈

第2期で、同じ魔王獣仲間のマガバッサーと共にまさかの登場が決定した。

国際怪獣救助指導組織GIRLSに新たに配属された新人隊員で、本名は竜波(たつなみ)ユカ

人間態は青いショートのボブカット少女。私物としてマガクリスタルを模した髪飾りと、マガジャッパの吸盤を模したショルダーバッグを身に着けている。
おっとりした性格で緊張に弱く、すぐにテンパってしまう。
緊張すると大量に汗をかく癖があるため、自分の体臭が汗臭くないかを非常に気にしているらしく、(元よりお風呂好きであったこともあって)お風呂に頻繁に入っているようだ。そうしたこともあってか、普段から石鹸のいい香り(演じる近藤曰く、「フローラルの花の香り」)を漂わせているらしい。悪臭で周囲を困らせていた原典とはずいぶん対照的な設定になったと言える。

本編では1第話からおまけコーナー「おしエレ ~教えてエレキング先輩~」に登場。
第1話ではエレキングと初対面を果たすが、カッコよさに気押されて早速テンパっていた。
第2話ではマガバッサーこと風巻ヨウと共にエレキングに自己紹介するが、同じ「マガ」という言葉が付く名前だったため、姉妹と勘違いされてしまった(原典とは異なり、2人の間にこれまで特に接点はなかったらしい)。
3話以降はいよいよ本格的に勉強が始まり、バッサーと共にエレキングから様々なことを学んでいる。バッサーと比べると発言することは少ない反面、学んだことをきちんとメモする等几帳面な性格らしいことが窺える。また、エレキングのオタク発言や早口に何気に付いていっている。彼女も素養があるのかはたまた聞き上手なのか。

長らく怪獣娘の姿に変身せず、おまけコーナーのみにしか登場していないために主人公であるアギラたちとの絡みもないことから、ファンの間ではいつ変身してくれるのかと期待する声が多かったが、終盤の10話になってシャドウガッツとの決戦時にバッサー共々ようやく変身出来るようになった。

シャドウジェネラルとの最終決戦では、飛翔するバッサーの尾に捕まり最終決戦に登場したが、地面着地を失敗して大転倒しているものの大した負傷はなかったらしくそのまま参戦し、腕の吸盤から発生させた泡をバリア替わりに使用して敵の飛び道具による攻撃を防ぐという本編では見られなかった能力の活用法を見せた他、最後はマガ水流とウインダムのレーザーショットの同時攻撃でパイルバンカー型シャドウビーストに止めを刺した。

モン娘☆は~れむ

『怪獣娘』とのコラボでゲスト出演。
アニメ本編の滝波ユカと同一人物であり、担当声優も引き続き近藤玲奈が担当している。
アニメではそこまで設定を深く掘り下げられなかったため、むしろこちらでの彼女の活躍の方が印象に残っているという方も多いかもしれない。

レア度は、他の怪獣娘と同様、純正モン娘の中では最高レベルの5。進化させれば6にグレードアップする。さらに、イベント期間中は、毎日欠かさずログインし続ければ、ログインボーナスで合計3体のマガジャッパがもらえたため、合成してスロットをすべて拡張した状態で運用することが可能であった。

性能は、魔法攻撃主体で、一定時間相手の攻撃力を下げる「マガ水流(進化後はマガ濁流)」、味方の魔法攻撃を一定時間アップさせる「マガ芳香」、敵にダメージを与えつつHPを回復する「マガ吸引」等、どちらかと言えばサポートや回復に重きを置いたスキルを多く覚える。
反面、攻撃力はまあまあといったレベルで、物理攻撃系のスキルは一切覚えないため、ガチでの殴り合いにはあまり向いていない。素直にサポート用として運用するのがオススメ…なのだが、回復系の水属性モン娘には既にセラティという古株がいるため、プレイヤーからの人気はいま一つといったところである。

余談

オーブがカラータイマーの点滅が始まる前に撃退した初の相手。

今のところ、本編中オーブの前口上を無視して攻撃してきた唯一の怪獣である。

あまり共通点が無いので分かりにくいが、スーツはゾアムルチを改造したものである。

デザインモチーフは甲殻はエビ、胴体はタコをモチーフとしている。当初はクジラ深海魚などをモチーフとした大型の怪獣としてデザインが進められていたが、「ムルチのようなシュッとした線」との要望を受けて変更された。また、デザイン画では頭部はバショウカジキをモチーフとしていたが、造型段階での田口監督提案により『ウルトラマンタロウ』の怪獣を意識したタツノオトシゴをモチーフとしたものに変更され、検討段階のデザインでは今よりも目つきが鋭かったが、『タロウ』の怪獣っぽい感じにしたいという田口監督の意向により、現在のどこかとぼけたような顔つきになった。

アニメ『怪獣娘』でマガジャッパ役を演じた近藤玲奈は、同じく動物を擬人化したアニメ作品である『けものフレンズ』でコツメカワウソを演じていた。あちらも水と関わりのある動物であり、ファンの間ではそのことがしばしばにネタにされることも。

魔王獣フレンズ②


また、言葉のチョイスが独特(マガジャッパを「意思のない加湿器」と例えたり、ミカンの表面のブツブツを「毛穴」と表現したり等)過ぎて、ラジオ番組『ウルトラ怪獣ラジオ化計画』でゲストとして出演した際、パーソナリティの白石稔にから「すごい子が来た」「なんでこんな面白い子をもっと早く呼ばなかったんだ?」と言われていた。

関連イラスト

大怪獣倉庫(仮)【206~210】
水ノ魔王獣



関連項目

ウルトラマンオーブ ウルトラ怪獣 魔王獣 水属性 悪臭

バルンガユニジン…「ただそこに居るだけで甚大な被害をもたらす」ウルトラ怪獣
セーデガン…悪臭が特徴的なウルトラ怪獣
スカボーン…同じく悪臭を武器とする怪獣(ウルトラ怪獣ではないが)

匂ウノ獣…クソ暑い夏に現れ万人分の糞便と称される悪臭をまきちらす獣。
最臭兵器…悪臭をまき散らす生物化学兵器によるパニックを描いたコメディーアニメ映画。

シュールストレミング…アラバスター指数において世界最強の悪臭を放つ缶詰

pixivに投稿された作品 pixivで「マガジャッパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146695

コメント