ピクシブ百科事典

古龍種

こりゅうしゅ

「モンスターハンター」に登場するモンスターの生物群のひとつ。
目次[非表示]

概要

従来のどの生物群にも該当せず「生態系から逸脱したものの総称」と定義されている生物たち。
そのため「古」と呼称はされているものの、龍とは呼びがたい特徴を持った生物も少なからずいる(キリンやヤマツカミなどがその好例)。
現在は異なるが、かつてはラージャンも古龍種に分類されていた時期があり、研究が進むうちに分類分けされる種も稀にある。
棲息地域はそれぞれ多様であり、火山や砂漠など共通した環境で目撃される事もあれば、雪山と火山といったような正反対の環境でも確認される事もある。

共通点として目撃例が極端に少なく、その全てが尋常ならざる生命力と長寿性をもち、他の生物に比べ外見的、能力的にも特異であり、天候や自然現象を操り武器とするなどの超常的な力を身につけているという点が挙げられる。人類の生活圏を度々襲撃し、街を破壊する危険な存在でもある。
その為、古龍種が飛来してくる街や砦などには古龍種専用に迎撃する設備、装置まで配備されており、ギルドもその動向にかなり神経質になっている。
上記の通り古龍種の力は強大であり、並大抵のハンターでは勝負にすらならない事も有り得るため、古龍種の討伐任務などは経験と実戦を積み重ねた優秀なハンターにのみ斡旋される。

一部の古龍種はその場で討伐することができずとも一定のダメージを与えた状態でクエスト開始から25分(30分)経過すると逃走し、クエストを達成できる。
難易度が同じであれば前回逃走した古龍種と再び戦闘が可能であり、ダメージや部位破壊なども引き継がれる。その為前回の戦闘と比較すれば有利に状況を進められる。

メインシリーズの開発談によると、コンセプトは「自然の力を感じさせる存在」であるらしく、
古龍にはそれぞれモチーフとなる「自然」やそれに関連した現象が定められている。
なお、MHFを含む派生作品にはモチーフが存在しないと思わしい、あるいは自然現象ではないものがモチーフとなっている古龍も存在するが、これはメインシリーズと派生作品の差異ではないかと思われる。

該当モンスター

名前別名特徴初登場モチーフ
キリン幻獣電撃を操る神出鬼没の白い獣MH/<亜>MH4落雷
オオナズチ霞龍霞を操り全身を透過させる龍MH2
クシャルダオラ風翔龍・鋼龍風を纏い風を操る龍。MH2のメインモンスターMH2暴風雨
ナナ・テスカトリ炎妃龍・陽炎龍炎を纏い爆発を引き起こす青い龍MH2陽炎
テオ・テスカトル炎王龍・陽炎龍ナナ・テスカトリと番の赤い龍MH2陽炎
ラオシャンロン老山龍/<亜>岩山龍山を崩し進行する巨大龍MH/<亜>MHG地震・落石
ヤマツカミ浮岳龍体内の腐敗ガスで空を飛ぶタコのような龍MH2山岳
ナバルデウス大海龍/<亜>皇海龍月にも例えられる巨大海龍MH3/<亜>MH3G地震・津波
ジエン・モーラン峯山龍/<亜>霊山龍大砂漠に生息し砂嵐を起こす超巨大龍MH3/<亜>MH3G砂嵐・流砂
アマツマガツチ嵐龍天の神と称され嵐を司る龍MHP3嵐(竜巻)
ダレン・モーラン豪山龍ジエン・モーランの近縁種とされる超巨大龍MH4砂嵐・流砂
ゴア・マガラ(※1)黒蝕竜シャガルマガラの未成熟個体。MH4のメインモンスターMH4疫病
シャガルマガラ天廻龍ゴア・マガラの成体でありゴア・マガラとは比べものにならない規模のウィルスを扱うMH4疫病
ダラ・アマデュラ蛇王龍/<亜>蛇帝龍シリーズ最大のスケールを持つ古龍MH4/<亜>MH4G地殻変動・隕石
ゴグマジオス巨戟龍背中に擊龍槍が纏わり付いた巨大古龍MH4G重油・戦災?
オストガロア骸龍龍ノ墓場に潜む詳細不明の謎の巨大生物MHX食害・飢饉
バルファルク天彗龍「銀翼の凶星」の異名を持つ古龍。MHXXのメインモンスターMHXX彗星
ネルギガンテ滅尽龍全身トゲトゲした黒い龍。MHWのメインモンスターMHW破壊と再生
ヴァルハザク屍套龍瘴気と共生し、腐肉を纏う古龍MHW瘴気
マム・タロト爛輝龍全身に黄金色の金属を纏う古龍MHW地熱・鉱脈
ゾラ・マグダラオス熔山龍背中に火山を背負った超巨大古龍MHW火山・噴火
ゼノ・ジーヴァ冥灯龍古龍の生体エネルギーを得て生まれる存在MHW輪廻転生・生命
ベヒーモス魔獣四足歩行する巨大な獣然としたモンスター。FF14とのコラボMHW(※2)
ルコディオラ極龍橙色の飛膜が特徴の磁力を操る古龍MHF(F1)磁場
シャンティエン天翔龍遥か高空に生息する蒼い古龍。MHF-Gを象徴するモンスターMHF-G(G1)オーロラ
レビディオラ雷極龍電磁を自在に操るルコディオラの亜種MHF-G(G2)電磁誘導
ディスフィロア熾凍龍火と氷という相反する2つの属性を操る古龍MHF-G(G2)大気圏外の極端な温度変化
イナガミ雅翁龍自然に適応し竹を操る古龍MHF-G(G5)竹害
ガルバダオラ金塵龍クシャルダオラが別の進化を遂げた個体MHF-G(G5)?
ハルドメルグ司銀龍流体金属を操る古龍MHF-G(G7)水銀汚染
ヤマクライ浮峰龍ヤマツカミと酷似した始種モンスターMHF-G(G8)紅葉(四季?)
トア・テスカトラ凍王龍テオ・テスカトルと酷似した始種モンスターMHF-G(G9.1)吹雪
グァンゾルム帝征龍"雲見砦"と呼ばれる古代の建造物に棲みついた古龍MHF-G(G10)?
ケオアルボル焔嶽龍火山を思わせる形状と能力を持つ古龍MHF-Z火山
エルゼリオン灼零龍身体の左右に火と氷の属性を宿す古龍MHF-Z?
呑淵竜エイのような姿をした巨大古龍MHO熱波?
ネフ・ガルムド冥晶龍特殊な結晶とそこに秘められた力を操る古龍。MHXRのメインモンスターMHXR砂漠化
ミオガルナ輝龍星の如く輝くと言われている幻の龍オラージュ?


※1 最初は分類不明とされていたが後に古龍と正式に認定された。ただ、システム上の都合などもあり、MHXXでも種族表記は「???」のままである。
※2 本種は隕石や竜巻等の能力を用いるが、正確にはFF14とのコラボモンスターなので、厳密にはモチーフは存在しない。しいて言えば分類不可能であるが故の「古龍」扱い。

"禁忌のモンスター"

モンハンの世界において、極めて強力な力を持つとされる者たち。
いずれも古龍種に属し、「黒龍」というモンスターと何らかの関わりを持っているとされる。
また、公式からの情報は徹底的に秘匿されており、攻略本や開発者のブログはおろか、ゲーム雑誌の記事などでも名前が出てくることはまずない。存在そのものがトップシークレットになっているモンスターと言える。
詳細については上記のリンク先を参照

古龍と間違われやすいモンスター

よく間違えられるが、以下のモンスターは古龍ではない(ただし、ゲーム中では古龍に近しい極めて危険な存在:古龍級生物として扱われる)。

名前別名特徴初登場
シェンガオレン砦蟹古龍と同じく撃退クエストに登場するが、こちらの分類は甲殻種MH2
ラヴィエンテ大巌竜シルエットが似ている蛇王龍とは異なり、こちらの分類は分類不明MHF-シーズン7(通常期)フォワード1(狂暴期)G9(猛狂期)

関連タグ

モンスターハンター モンハン
幻獣 UMA

pixivに投稿された作品 pixivで「古龍種」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176803

コメント