ピクシブ百科事典

ゾラ・マグダラオス

もうひとりのごきせい

モンスターハンター:ワールドに登場する古龍の一種。遅れてやってきた五期生
目次[非表示]

概要

 モンスターハンター:ワールドに登場する古龍の一種。「熔山龍」と呼ばれる。
パッケージこそ飾っていないものの、発売前PVやCMでは燃え盛る大地を背に黒々とした巨体を見せており、「ワールド」というタイトルに恥じないスケールの大きさを見せつけた。チュートリアルの段階で主人公ら調査団五期生の前に姿を現し、共に新大陸に上がった、本作におけるキーモンスターである。
 ラオシャンロンの様な体型の巨龍であるが、彼は背中が山の様に盛り上がっており、遠目で見ると「動く山」そのもの。背中の盛り上がりはまさしく山。その山の甲殻は、四足歩行をしている時はヘルメットのようになり、立ち上がり二足歩行になる時にも山部分が干渉しないようスキマができている。「熔山龍」という名称の通り、冷え固まった溶岩で出来た様な黒々としたその山のような甲殻は、堅牢どころか背中に何かが乗って動いても一切影響がないほどに強固。そして身体の節々から膨大な熱を放出しており、背中に至ってはそのエネルギーがマグマとして噴出している
その姿は歩く活火山。怪獣映画好きなら「バーニングゴジラ」と言えば大体のイメージが付くだろう。

 天候・波浪全てが悪く、移動する事に相応のリスクがかかる新大陸に、古龍が自ずと向かっていく現象「古龍渡り」を行う古龍の一体であり、本編はゾラ・マグダラオスを追い古龍渡りの謎を解明する事を目的として進んでいく。
本編のキャラクター達には任務(要は村クエ)の説明以外では基本的に「マグダラオス」「彼」と呼ばれている。

 これまでとは類を見ないほどの大きさを誇る古龍であり、本編開始時点から多くのハンターを乗せる大きな船を背に乗っけてもまだ面が余るレベルで大きい。全長などでは400メートル超えの古龍等が従来には登場しているが、面積と全高でマグダラオスを超えられる個体はいないだろう。あまりの大きさゆえに彼自身がフィールドになると言えばその大きさがある程度想像できる。超大型古龍で乗ることのできるモンスターと言えばラオシャンロンジエン・モーラン等がいたが、乗れる範囲もかなり限られ、言う程の大きさを感じる事はなかったかもしれない。だが彼の場合、乗れる範囲がだだっ広い上に階層があり、もはや一つのフィールドといっても差し支えの無い大きさを誇る。熔龍という名称に偽り無し。

超大型モンスター大きさ比べ
スケール違い


ちなみに超大型モンスターにしては珍しくゲーム内で明確なサイズ表記がされるモンスターであり、その全長は25764.59cm、つまり約257mとなる。ラオシャンロンの約4倍、ジエン・モーランの約2.5倍という圧倒的すぎるスケールである。
流石にダラ・アマデュラには全長で遠く及ばないが、それでも四肢を持ち歩行するモンスターとしてはブッチギリで最大のものである。

強さ

「敵」として立ちはだかる強さというものはほぼない。
彼の強さはそういうものではなく、動くだけでハンター達や戦艦が蹂躙されるほどの圧倒的な大きさと熱量によって、ただ存在するだけで災害となる、単純に持っている膨大過ぎるエネルギーがそのまま強さとして反映されているというもの。そのため、ラオシャンロン同様ただ動くだけで数十年ギルドが突破できなかった壁に穴を開けたり、ただ息をするように飛び散ったマグマが当たるだけで大抵のハンターの体力が溶け落ちる。作中のキャラクターの言葉を引用すれば「一つの現象、自然の災害そのもの」。彼に乗った所でやみくもな攻撃は一切通用せず、ダメージを与えるには排熱器官と呼ばれる身体の随所に存在する角のようなモノを探し出し、攻撃するしかない。山肌のような甲殻を貫くにも、自然が形成した巨大なものを用いるしかなく、大砲やバリスタ程度では顔などの比較的柔らかい部分を狙わないと毛ほどのダメージも与えられない。もはや活火山そのものとなっているほどの膨大なエネルギーを持つためか身体に鉱脈を形成しており、鉱脈に近づく事でマグダラオスの素材やドラグライド鉱石などのレア鉱石を剥ぎ獲る(掘る?)事ができる。

また、ラオシャンロン同様四足歩行の動きを急に変えて二足歩行に移行する事もあり、その際はフィールドの地形がガラリと変わる。床だったものが壁になるため登りきった場所から最下層にブチ落とされたりする。ただ、壁だったせいで掘れなかった鉱脈が掘れたりと悪いことばかりではない。

 クエストにおいては乗って戦う事が前提となっているが、あまりの暑さにただ乗っているだけで体力が削られる。また、前述のマグマ攻撃は単純に火力が高い上に喰らうとほぼ確定レベルで火属性やられになるため回復薬を持ち込まずに挑むとなにもできてないのに殺される。また、彼以外にも脅威となるのがマグダラオスのエネルギーに惹かれてやってくるバルノス達であり、大砲やバリスタによる迎撃をする際はこの集団による襲撃が厄介となる。

 破壊可能部位は頭と胸、排熱器官。胸と排熱器官は全タイプの攻撃が効く。頭は二足歩行時のみハンターの攻撃が届く。もし乗り込み時に破壊できなかった場合、大砲やバリスタを用いるしかなくなる。

関連タグ

モンスターハンター:ワールド MHW 古龍種 火山

ネルギガンテ 本作のパッケージモンスター。マグダラオスと何やら関係があるようだが・・・?


























古龍渡りの真相(ネタバレ注意)

実はこのマグダラオス、超おじいさん。モンスターハンターのシリーズでも描写される事の無かった「完全に成熟した老齢個体の古龍」である。257という圧倒的すぎるサイズはまさしく古龍としての永い年月を生き続けた末の大きさなのだ。
そんなゾラ・マグダラオスを含め、古龍が新大陸へと渡る「古龍渡り」が発生する理由は、「己の死に場所へと向かうため」
自身の死期を悟った古龍達は新大陸へと移動し、瘴気の谷で命を落とし、その生体エネルギーが谷の上方となる陸珊瑚の台地の生態の糧となるサイクルが確立されている。
しかし、マグダラオスは痕跡だけ谷に残してなぜか進路を地脈回廊へと変更。
マグダラオスの体力からして地脈回廊を切り抜けるのは不可能であり、もし彼が地脈回廊で命を落とした場合、彼の体内から放たれる膨大なエネルギーが地脈中に駆け巡って新大陸中に噴出し、新大陸が火の海に包まれるだろうと云われる。
それを危険視した調査団一行は、相棒こと編纂者の提案を基に、マグダラオスを外海へと逃がしエネルギーの衝撃を和らげる「ゾラ・マグダラオス誘導作戦」を敢行。
ギルドから調達したバリスタや大砲・撃龍船を用いてマグダラオスを地脈回廊から追い払うことに成功。地脈回廊を去り外海で果てたマグダラオスは海中で新たな生態系の礎となるだろうと推測される。

そのストーリーの都合上、マグダラオスは彼一匹のみであり、倒すことができない(してはいけない)モンスターである。時折出てくるフリークエやイベクエのマグダラオスは誘導作戦の追想とされる。

後に大団長の独自調査によって地脈回廊を抜けた先には「龍結晶の地」と呼ばれるフィールドがあることが判明。
古龍の生体エネルギーが収束して豊富な栄養分が満ちているこの地を、マグダラオスは求め向かっていたのではないかとされている。しかしこれ以上長生きすることもなければ、性懲りも無く生きようとしてその地に赴いたとは考えにくく、相棒は「最期に大きな輝きを見たかったのではないか」という、とても人間的な理由でその地に向かったのではと考察している。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾラ・マグダラオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59013

コメント