ピクシブ百科事典

受付嬢(MHW)

あいぼう

モンスターハンター:ワールドに登場する人物。相棒の相棒
目次[非表示]

概要

CV.小市眞琴
 モンスターハンター:ワールドに登場するキャラクターの一人。ボトムズのようなバイザーマスクを持ったそばかすが魅力的な女の子。

 本作におけるギルドガールこと受付嬢の立ち位置にいるキャラクター。しかし設定としては受付嬢とは微妙に立場等が違っており、実際の彼女の役職は「編纂者」
 「編纂者」は本作の舞台である新大陸という未開の地を調査するために「モンスターの狩猟等による調査地の拡大を担うハンター」と「各地域の情報収集、まとめあげによる生態解明を担う編纂者」というバディ制によってできた役職である。そのためか、手には巨大な本を持っており、そこにはクエストの情報等を書き込んでいる。また、調査地で得た情報等を食堂で何かをほおばりながら書き込み続けており、その姿はこれまでの受付嬢の中でも特異的かつ異質である。
 彼女がこの編纂者を目指した理由は「調査団になる夢をかなえられなかった祖父の夢を代わりに叶える為」であり、様々な内情を持ったうえでそれでも編纂者になった他のNPC組と比較しても特殊な理由を持って新大陸に来ている。そのため、ギルドへの調査報告書とは別にハンターや自分の活躍報告書を作成しているらしい。
 アステラではずっと食堂から離れず飯を食い続けているほどとてつもなく食い意地が張っており、好きなものはドキドキノコ。祖父の「迷ったら食ってみろ」という信条を胸に今日もどこかで食材を探している。
 最序盤からオトモアイルーとは、主人である主人公よりも先に受付嬢の元に向かってくるほどの信頼関係を築いている。

活躍

 新大陸に航行する中、新大陸をバイザーにつけられた望遠鏡越しに眺めて主人公であるハンターと共に新しい世界への期待を寄せる中で船がゾラ・マグダラオスの襲撃(とはいえ、状況的には完全に過失)を受けて船が倒壊、その中でハンターと共にマグダラオスの背から飛び立ち新大陸に足を踏み入れた事からハンターとのバディ関係が決定した。
 その後はハンターと共にマグダラオスの痕跡探しに奮闘、捕獲作戦が失敗後、彼が刻んだ新しい道を先に進んで、陸珊瑚の台地の到達者としては4期団以降の調査団の中では一番手となった。
 そしてレイギエナの強襲にハンター共々遭い、これまで行方不明だった3期団及び1期団のフィールドマスターと合流。新大陸で営まれている生命の廻りを識り、理解する。
 その後、瘴気の谷を含めた新大陸の構造を見て「古龍渡り」の真相に辿り着く、ある事情からマグダラオスが引き起こそうとしている問題を解決するために誘導作戦を立案する、収束の地の存在を知らない状態でありながら「(新大陸は)パイ包み焼きのような状態」と言い得て妙な表現をして新大陸の中で渦巻く真の脅威に本能的に気付く等、本編におけるあと一押しの一押しをする柔軟な思考をもって調査団を導いた。
 本編終了後は「新大陸の食材大全」を作成する事に情熱を燃やしており、ハンターのクエストの編纂のついでに、新大陸の食べられそうなものを探しては記録しているらしい。

ゲーム中では

拠点アステラでは3Fの料理場において食事している彼女に話しかける事でクエストの受注とオンラインの集会場移動が可能(各階に設置されているクエストボードからでも行える)。3期団の研究基地では彼女との会話だけがクエストへの移動手段である。

クエストや探索中では、ベースキャンプに常駐しており、探索の場合は彼女に話しかける事で探索を切り上げる事や、クエストを新たに受注する事が可能。たまにアイテムBOXを漁っていたりおり、ハンターがファストトラベルなどで帰って来た時には慌てて定位置に戻るという可愛い姿が見れる。
また、アステラでしていない場合や食事効果が切れた時にテーブルに座ることで彼女に料理を作ってもらえる。大きな調理台も無いベースキャンプで、料理長顔負けの豪華な料理を作ってふるまう彼女の料理スキルは、ただの大食いに終わらない彼女の魅力である。
ちなみにこの時、アステラでの給仕アイルー同様、スキル全発動に成功した場合と普通に食事が終わった場合とで喜び方がちょっと違ったりする。かわいい

また、「かまど焼き」による携帯食料を作成する唯一の手段が彼女。かまど焼きにぶちこむ素材によっては増強剤や漢方薬、秘薬もついでの様に焼いて作るという神業をやってくれるため、素材に余裕があるなら積極的につかっていくといいだろう。

ベースキャンプからちょっと離れてファストトラベルして、別のベースキャンプにいてもどうやったのか一瞬で追いついて定位置にいるという不思議な力を持っている。彼女だけの知る最短ルートがあるのだろうか。

プレイヤーからの扱い

残念ながらプレイヤーからの評価は最悪で、発売直後からアンチスレが乱立する大惨事となった。
理由を列挙するならば
・主人公をなれなれしく「相棒」と呼ぶわりに、相棒らしい仕事は何一つしない
・その割に右側に出てくるポップで色々と指示してくる。(ウザイ)
・しかも狩猟後は「私たちの成果」などと主張
・相棒としてキャラメイクしたアイルーが、なぜか主人公より懐いてしまう
・一応強敵と対決する主人公を後ろから応援してくれる。「応援だけかよ」と思うプレイヤーのほうが多いだろうが
・他のメンバーが忙しく働いている拠点においても、一日中食堂でメシを食っている
・無鉄砲に飛び出してはピンチになり、主人公や仲間に助けられる、というシーンが多すぎる
・警戒心と学習能力が皆無なファンゴ
・五月蠅いクエストボード

クソウザ受付嬢
受付嬢ちゃん



狩猟の手伝いはオトモアイルーという頼もしすぎる真の相棒がいるため、狩りのお供としてそのお株を食べられているという事情もあるにせよ酷い。

特に本編におけるオドガロンと遭遇した時の一件はβ版やそれまでの本編で彼女を良く思っていたプレイヤーらの印象を180°変えてしまっており、動画サイトでは国内外問わずフィールドでの彼女にあたり判定がない事をいい事に彼女に色々ぶつけているプレイヤーもいる。

一応彼女を擁護するならば、狩りを主体としたゲームデザイン上、彼女を活躍させるわけにはいかない、という事情もある(彼女に限らず他のNPCも、全くプレイヤーを援護しない)。彼女が何もしないというより、した部分をゲーム上で表現されていない(カットされている)と考えるべきで、そうなるとここまで非難されるのも気の毒ではある。

無鉄砲ぶりとへこたれない強い意志、主人公を応援する健気な姿、特徴的なそばかす、元気一杯で怖れ知らず、「相棒!」というセリフ等から親近感を覚えて彼女を好むプレイヤーも少なくない。あまり度を越したアンチ活動は慎むべきだろう。

「迷ったら食ってみろ!」というパワーワード、アステラ拠点内でのシビレガスガエルに対する等の愛着や、ドキドキノコ好きを公言する大食いっぷりと好奇心旺盛っぷりからネタ的な意味でも好まれている。一杯食べる君が好き

ウケツケ・ジョー

無料大型アップデート第1弾にて暴食の悪魔である「イビルジョー」が登場、追加ストーリーにて食料探しをしていた所をドスジャグラスに襲撃された上に、更にそれを狙ったイビルジョーに襲撃されるというとんでもない目に遭うも、そこから上手くイビルジョーの背中に乗るという離れ業を披露したりと、早速大食いの大先輩に大接近している。
そのあと主人公がイビルジョーを転ばせて助け出すのだが、逃げる時の動きの良さがまた腹立たしいと感じるユーザーもいた。

ウケツケジョーとイビルジョー
本日大型アップデート!モンスターハンターワールド!


そんな大食いモンスター代表格のイビルジョーと本編、待機時等にずっとご飯を食べている大食いキャラである受付嬢を合わせて「ウケツケ・ジョー」なんてネタを作られたりしている。実際、未開の新大陸ではどんなピンチになっても傷一つ追わず本編を生き延びた豪胆さは健啖の悪魔に勝るとも劣らないと言えるだろう。

関連イラスト

受付嬢
受付嬢


受付嬢ちゃん
MHW受付嬢




関連タグ

モンスターハンター モンスターハンター:ワールド MHW 受付嬢 相棒

そばかす いっぱい食べる君が好き 大食い

pixivに投稿された作品 pixivで「受付嬢(MHW)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59978

コメント