ピクシブ百科事典

目次[非表示]

モンスターハンター2で初登場。

概要

獅子のような容姿と山羊のようなを持つ古龍種。
火山帯に生息し、特殊な器官で体に炎のベールを纏うことができる。

古龍種の例に漏れず、生態はあまり解明されていないが、ナナ・テスカトリの雄性であるのは間違いない。
全古龍の中でも屈指の攻撃力を誇り、また突進の性能が少々飛びぬけている上にかなり絶妙なタイミングで追撃を仕掛けてくるため、延々嵌め殺される場合もあり苦手とするプレイヤーは多い。
攻撃手段は基本的に、口からの火炎ブレス、突進、ネコパンチ、尻尾により薙ぎ払い、粉塵爆発。

中でも粉塵爆発の威力は特に高く、通称ジャンプテオと呼ばれる、
週刊少年ジャンプとのコラボレーションクエストに登場する個体の攻撃力は、ミラボレアスにすら匹敵する。
爆発には、自分の周囲を焼き払う「近距離爆破」と遠くの敵を焼き払う「遠距離爆破」の二種類があり、それぞれにある特徴があるため、これを見抜けるか否かでこちらの行動の幅が大きく変わってくる。ただし、テオのみの行動としてプレイヤーの足元を直接狙ってくる「直下型爆破」を遣ってくることがあるので注意。

また恐ろしく曲がる突進を持ち、遠距離攻撃プレイヤーを悩ませる。
この突進には予備動作が無くこちらを向いたと思ったら即座に突っ込んでくるため見てから回避は不可能に近い。
突進前に咆哮するナナ相手で対策を練ってきたプレイヤーには厄介な攻撃である。

炎を纏っている間はその部位に対しては貫通効果を持たない銃弾は殆ど効かないので、ボウガン使いは貫通弾か散弾を多めに用意する必要がある。
この炎はダメージを蓄積させて怯ませる、或いは毒投げナイフなどで毒を喰らわせることで一時的に解除させることが可能。

名前の由来はアステカ神話の神「テスカトリポカ」だと思われる。黒、白、赤、青のテスカトリポカがいたらしい。また現実のアステカ族が儀式で用いていたマジックマッシュルームはナワトル語で「テオナナカトル」と呼ばれる。このネーミングは単なる偶然か。
ライオンのように見えるが実際のモデルはジャガー

MH4MH4G

爆炎の帝王


クシャルダオラと共に、MH4にも出演することが決定。
しかし、過去作におけるテオ・テスカトルとはかなり仕様が異なっている。

4

怒り状態に爆発性の粉塵を辺りに撒き散らすようになり、ブラキディオスのように接触した相手を爆破やられにしてしまうようになった。…そこにテオ持ち前の素早い攻撃が飛んでくるのだから大変である。
また、怒り状態を解除した直後にも自分の周囲に大規模な粉塵爆発(公式名称:スーパーノヴァ)を起こすようになった。直撃すると特大ダメージと吹っ飛び(特大)を受けるのはもちろん、確定で気絶してしまうという極めて厄介な攻撃である。

新モーションの数々も厄介だが、もう1つ厄介な特徴として、通常時と怒り時で弱点属性がガラリと変わるというものがある。通常時は頭に水、尻尾と後脚に氷属性が有効だが、怒り時には龍属性が有効となる。

その代わり、体術系の攻撃が龍属性から無属性へと変更された上、角も武器の属性に関係なく破壊できるようになるなど、弱体化した面もある。
龍炎も顔の周辺部にしか纏わなくなっており(高レベルのギルドクエストでは過去作と同様、全身に龍炎を纏うようになる)、怒り状態時に至っては粉塵を纏うようになったのと引き換えに龍炎を纏わなくなっている。
あまり知られていないが、怒り時の攻撃力補正も1.15倍と全モンスター中最低である(裏を返せば、通常時から怒り時とほぼ変わりのない高い攻撃力を誇っているということでもある)。

作成できる武器の属性も、火属性から爆破属性へと変更されている。

4G

4Gではスーパーノヴァの仕様が変更。
4の時は怒り状態が解除された直後に放つ技だったが、『怒り状態が解除される直前で放つ』仕様となった。
これによって怒り状態解除を目印に退却する戦法が使えなくなり、怒り状態時間(100秒)を計ってタイミングを予測しなければならなくなった。
しかもその仕様上スーパーノヴァに怒り補正が入るため、前作より威力が上がっている。
特にG級個体の放つそれは当たれば即死級の威力を誇る

また新技として、バックジャンプ粉塵ばら撒きや、ピンポイントスーパーノヴァが追加されている。

MHW

MONSTER HUNTER WORLD
【モンハンワールド】テオ・テスカトル【動画メイキングあり】


新大陸にも炎王あり。本編では終盤にさしかかった頃に最終ステージにて登場する。本編終了後は調査クエスト等で荒地にも出現し、燃やすものなんて何もないような場所を焼け野原にせんとばかりにその身の炎でフィールドを満たす。
古龍の性質が変容しているMHWでは、怒りや時間経過によって吹き荒れる火炎が強化されるようになっている。段階としては「何もない→粉塵が飛散しだす→炎が噴き出す→炎が吹き荒れる」という具合に変容する。火炎放射、とびかかり、粉塵爆発と遠距離戦の対策を完璧なまでにこなしており、基本的にインファイトに持ち込まないと苦戦は必須。だが、怒りでかつ古龍能力最終段階だと近づくだけでテオの放つ火炎に焼かれてダメージをうけるため、最終戦手前で強大な敵に踏み込む勇気を持たないハンターをふるいにかける存在となっている。
部位破壊で弱体化したこれまでのテオと違い、部位破壊ではこの火炎を止める事はできず、最終段階まで来てしまった場合、スーパーノヴァの発動、もしくは龍封力の高い武器によるひっぺはがしでしか弱体化しない。
本作のスーパーノヴァは飛翔後飛散させた粉塵を収束しての大爆発となっており、PS4画質の綺麗さも相まって炎王の名に恥じない派手な演出となっている。その演出通りの破壊力と爆破範囲を誇っており、過剰なくらい離れないと普通に直撃し、古龍装備一式+体力MAX+食事+硬化薬Gでも一撃で即死する程の大火力となっている。テオが飛んだらそれがスーパーノヴァの予備動作なのかどうかに関わらず問答無用で距離をとる癖を付けないと終わる。

Rise

切った張ったの亡者共
業火の王が出で来たり
裁きを為すべく出で来たり
彼の龍 怒れる断罪者
判決 地獄行き


初期では登場していなかったが、Ver2から同期のクシャルダオラやオオナズチとともに登場している。
戦闘力はMHW版からほぼ据え置きなので、そちらで狩り慣れたユーザーならそこまで苦労はしないだろう。

なお、本作に登場するモンスターは何かしらの妖怪や怪談話の要素が裏モチーフとして取り入れられている。西洋のドラゴン型のモンスターであるテオ・テスカトルはそういった要素とは無縁ではないかと思われがちだが、上記の通り、登場ムービーでは“亡者”、“断罪者”、“判決”といった文言が並んでおり、このことから死後の世界で死者を裁く閻魔大王が裏モチーフになっているのではないかという説が出されている。

余談

 とても凶暴で街にも襲撃をかける古龍として有名な彼だが、Worldでは新大陸にいる古龍に通じるある特徴が原因か、もしくは広大な生態系に満足しているのか非常に大人しくなっており、ハンターが近くにいても歯牙にもかけずのほほんとしている。荒地の砂漠で粉塵をまき散らしながらも座ってボーっとしている姿は余生を楽しむ王のひと時そのもの。が、一発でも攻撃を当てたが最後、自らの平穏を妨げた不届き者ハンターを焼き尽くさんと襲い掛かるその姿はやはり炎王龍である。
逆に言えばWorldに限れば喧嘩さえ売らなければあちらから攻撃してくることはほぼ無い。
やり合う気が無いのなら事故が起きる前にさっさと回れ右しよう。
触らぬテオに祟り無し。


Riseでは舞台が新大陸ではないこともあってか、一転して再びハンターに容赦なく牙を剥く獰猛性を見せるようになった(厳密にはRiseでのモンスターの警戒状態移行についての仕様変更であり、Worldですぐに警戒状態にならなかった他のモンスターもハンターが視界に入っただけで警戒状態に移行するようになっている)。というか、登場ムービーでもそこらの小型モンスターを容赦なく手にかけると言う凶暴性を発揮している。

覇種

豪炎灼華


さらに強力な力を開放した個体。通常の個体と比較して鮮やかな体色が特徴。
自ら業火を身に纏い、より強力な攻撃を繰り出す“炎上形態”と呼ばれる特殊な形態になることがある。

専用BGM

専用BGMはナナ・テスカトリと同様、「炎国の王妃」。全ての登場作品で共通である。
MHWではアレンジされており、これまでのBGMに聴きなれたハンターを驚かせた。


関連タグ

モンスターハンター ドラゴン
古龍種 ナナ・テスカトリ
ファードラ

姿が似ているもの

ノルザグ - ゴジラ・ザ・シリーズに出た、スフィンクスの特徴を持つ怪物で、姿が似る
有翼の獅子 - ヴェネチアの象徴で、ポケモンシリーズではラティアスラティオスが当てられる
エンテイ - ネコ科の動物と火山がモチーフ、炎属性担当、通常のポケモンよりも格上の存在である等共通点が多い。姿も翼がないのを除けばよく似ている。

関連記事

親記事

古龍種 こりゅうしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「テオ・テスカトル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「テオ・テスカトル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1493312

コメント