ピクシブ百科事典

ラティオス

らてぃおす

ラティオスとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)ですぞ。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑 No.381
ホウエン図鑑 No.197
新ホウエン図鑑 No.206
英語名 Latios
ぶんるい むげんポケモン
タイプ ドラゴン / エスパー
たかさ 2.0m
おもさ 60.0kg
とくせい ふゆう


メガシンカ


ラティオス → メガラティオス(「ラティオスナイト」を所持)

容姿

青と白を基調としたデザインで、戦闘機のようなシルエットをもつポケモン。
対の存在であるラティアスと似た形をしている。

概要

ポケットモンスタールビー・サファイア(第3世代)から初登場したポケモン。
名前の由来はおそらく「ラテオ(ラテン語で隠れるなどの意味)、ラティルト(ラテン語で夢幻)」などだと思われる。

争いを好まぬ優しい性格で、優しい心を持った人間にしか懐かない。
高い知能を持ち、人間の言葉を理解することができる。
また、見たものや考えたイメージを映像化して相手に見せることのできる能力も持つ。(その能力は劇場版では「ゆめうつし」と呼ばれた。)
手を折りたためばジェット機よりも速く飛ぶことができる。
ちなみにオスしか存在しない。

サファイア版では通常は現在は配信が終了しているむげんのチケットを使って、「みなみのことう」に行く以外は手に入らない。
リメイク版のORASにおいても登場する。通常プレイで入手できるのはオメガルビーのみであり、ラティオス本人とは戦うことなく入手可能。ただしコロコロコミック2014年12月号付属のシリアルコードを入力するか、むげんのチケットを入手済みのデータとすれ違いをすると、アルファサファイアでも入手可能。なお、ラティオスを入手すると「こころのしずく」も手に入る。 ただしこちらは戦闘する必要があり、こころのしずくを入手するには捕まえないといけないので注意。ちなみに倒してもその場で復活する親切設計。

図鑑番号こそ違うものの、ラティアス同じ種族のメス個体である。
類似点が非常に多いのはこの為。
映画のイメージからか、兄妹として描かれる事が多い。

大乱闘スマッシュブラザーズではX以降の作品に登場。モンスターボールから出現すると、ラティアスと交互に「はがねのつばさ」で攻撃してくる。この時風圧が生じていて、ファイターやアイテムを風で煽る。

ゲーム上の特徴

各ソフト1回のプレイにつき入手個体数は限られるため、珍しい部類のポケモンである。
ドラゴン・エスパータイプの複合タイプを持つのは2014年10月現在でもラティアスとラティオスしかいない。

特攻130・素早さ110を誇る高速特殊アタッカー。
素早さはドラゴンタイプの中では禁止級を含めてもオンバーンの123に次ぐ(が同速)数値である。
特防も110とそれなりに高く、並の「れいとうビーム」では倒れない。
半減+無効が7つと耐性面でもそれなりだが、弱点がドラゴン・こおり・フェアリー・むし・ゴースト・あくと攻撃面で強いタイプが多いのが気がかり。幸い4倍弱点は無い。

覚える技はりゅうせいぐん」「りゅうのはどう」「サイコキネシス」「れいとうビーム」
「なみのり」「10まんボルト」「エナジーボール」「くさむすび」と実に多彩。
専用技として「ラスターパージ」があるが、威力が低い上PPも少ないので採用はされない。サイコキネシスに比べて追加効果(特防を下げることがある)の確率が高いが、これも長所とは言えない。
BWではハピナス突破用として「サイコショック」を習得したのでますます出番が無い。

補助技は余り技スペースが無いので「みがわり」「めいそう」でも厳しい。
こだわり系アイテムを押しつけられる「トリック」が教え技で習得できるので便利な位か。
サポート型として育成して「おきみやげ」で退場する戦法もある。

殆どの場合は性格:おくびょうかつ特攻・素早さ252のありがちな努力値での育成となる。
少し耐久に振るならば、防御寄りなステータスを持つラティアスでやるべきとなる事が多いからである。
持ち物は十分に速い素早さなので「いのちのたま」「こだわりメガネ」が多い。
第5世代は技を縛られずに1度だけメガネ装備の火力を得られる「ドラゴンジュエル」も候補だった。
また、対ドラゴンに特化した「きあいのタスキ」や「こだわりスカーフ」を持たせる選択肢もある。

メガネを持てば誰にも止められないレベルでの強さで、非常に使用率の高いポケモンだが、唯一の弱点として対はがねタイプ用の「だいもんじ」「きあいだま」「だいちのちから」が覚えられない
よってめざめるパワーに頼る事になるが、炎や格闘では仕様上最速に出来ないので、同族に抜かれてやられる可能性も出てくる。
その意味では鋼に等倍でヒードラン対策にもなる「なみのり」は結構重要だったりする。

攻撃も90と決して低くなく、意表を突く目的から物理型で使われる事もある。
「りゅうのまい」「げきりん」と技も一通りそろっているのでそれなりに戦う事が出来る。物理エスパー技として「しねんのずつき」も覚える。
ちゃっかりじしんを覚えるので、特殊型と違ってめざパがなくても鋼対策が出来る。

配布の固定シンボル以外では徘徊系の種類のポケモンであり、厳選難度は非常に高い
まともなやり方では最速個体ですら見つけるのは困難。その分良い個体を捕まえられれば活躍は期待できる。
しかし、ポケモンBW2では、通常作品で初めてシンボルエンカウントイベントが用意されたことにより、徘徊なしで捕獲が可能になった(ブラック2のみ)ため、厳選難度がかなり下がった。

そして、オメガルビーでは遂にイベントで自動的に入手できるようになった
ラティアスに連れて来られた主人公とダイゴにマグマ団を追い払ってもらった恩を返す為に仲間になる(但し必ず手持ちに入ることになり、手持ちが6匹の場合は誰かをボックスに送る事になる)。
また、メガストーンも同時に入手できる(アルファサファイアでもある条件を満たすとメガストーンが手に入る)。
また、このイベントで入手できるラティオスは特性シンクロが100%効くと言う特徴があるが、同時に強制加入であるため、ここで厳選のために長期間ストーリーが止まる人が多い。
その為、今日もどこかのトレーナーが理想個体を粘る為に何度もマグマ団との激戦を繰り広げている。
ちなみに『ルビー』では最高でも逆4V止まりなのに対し、ORASでは最低でも3Vの補正がかかる上、第4世代以降の乱数調整産の理想個体に慣れ切ったプレイヤーも多いので、理想個体粘りに拍車をかけている。

後にダイゴから「むげんのふえ」を譲り受けると、手持ちどころかボックスにいなくても飛んできてホウエンの空を自由に飛べるようになる。

ラティアスとラティオスにのみ効果を発揮する専用の持ち物「こころのしずく」があるが、「特攻と特防を1.5倍にする」というあまりに強力すぎる効果であるため、公式大会や通常対戦のルール、ゲーム内の一部施設など、使用が禁止か効果が発揮されない用になっている。

そんな凶悪っぷりを見せたラティオスだが、第6世代で遂にその強さにストップがかかった。

・ドラゴンメタのフェアリータイプの登場(凶悪っぷりの象徴・りゅうせいぐん無効)
・上記による「こだわりメガネ」装備のリスクの増大(無償降臨を許す可能性大)
・上記によるはがねタイプの採用率の上昇(メインウェポンがどちらも半減)
・はがねタイプの耐性変更によるゴースト・あくタイプの一貫性強化(ついでに狩られる)
・ラティオスの主力の特殊技が軒並み威力低下(りゅうのはどうですら威力ダウン)
メガシンカ登場(トリックが効かない)
・そのメガシンカで特に強力なポケモンがふいうち(弱点の先制技)持ち(無傷でやられる)

…と、これでもかと言う程環境に嫌われる結果となってしまった。
ちなみにの方は、「あまえる」で物理アタッカーの火力を削ぎ落としたり、ミラータイプで誤魔化したりその高い特殊耐久で持久戦をしたり(フェアリー技は大半が特殊技)と兄と比べるとまだ環境に適応できなくもない状態どころかクチートのサポーターとして優秀で、ラティクチートと呼ばれる組み合わせがそれなりに有名なおかげでむしろ妹の方が環境に適応している
じゃれつかれたら兄妹仲良く一発であの世逝きだが…
強化点と言えばアイテムに「ぼうじんゴーグル」が追加されたことぐらいだろう。 キノガッサと違い明確な強化点はあまりない。

受難は『SM』でも続く。
エスパー技を強化し先制技を無効化するというラティオスには願ってもない強力な効果を持つサイコフィールドが登場し、これによる新たな戦術の期待が高まったが、何とこのフィールド、特性「ふゆう」持ちには全く効果がない。
つまり周りが先制技を無効化できている間こちらは受け放題、しかもエスパー技は通常の威力のままという悲しい状態に陥る。せっかく相性がいいのに。
どうしても効果を受けたい場合「じゅうりょく」を使って敢えて地に降りるという手がなくはないが、そうすると妹の存在がちらつくという。
強化点と言えばZワザの登場で1発だけ「りゅうせいぐん」を能力低下なしで使えるようになったり、Z「おきみやげ」で交代で出たポケモンのHPが全回復するようになったことくらい。
こころのしずく」がまさかの一般解禁という処置も受けたが、何と「ドラゴン技とエスパー技の威力が1.2倍になる」という修正を受け弱体化。

ラティオスの明日はどっちだ……

……と、言ってしまえばいかにも凋落の一途を辿っているように思えるが、実際は前世代よりは遥かにマシになっている。
まず第6世代でもっともラティオスを苦しめていた「ふいうち」の威力が70に低下し、耐久無振りでも不一致のふいうち程度で一方的に倒されることは殆どなくなった。特に当時の天敵だったメガガルーラは専用特性「おやこあい」の弱体化も重なり、攻撃特化でも確実に一発耐えられるようになった。これだけでも前世代に比べれば遥かに自由に動かせるようになったのは言うまでもない。
また、上記では「りゅうせいぐん」をZワザで1発だけ威力低下無視で使えると微妙な扱いで解説しているが、Zりゅうせいぐんの威力は実質通常の1.5倍で1発限り、つまりベースが従来より威力低下しているとはいえ第5世代限りで失われた「ドラゴンジュエル」の代用として考えれば決して悪い話ではない。むしろりゅうせいぐんを2、3回撃つことを想定した場合、威力低下が1回入らない分こだわりメガネを超える威力が出る。当然他の技は補強できないが、十分差別点、強化点として評価できる。
たしかに全盛期のような最強、凶悪と呼べるような存在に戻れたとまでは言い難いが、元々が器用で優秀なポケモンであるため、活躍する隙すら得られないほどの絶対的な阻害点であったふいうち一撃死が概ね解消された今、工夫次第で運用法はいくらでも見出せる。
マイナス点や競合相手の性能ばかり気にして無い物ねだりするよりも、活躍させられる場面をしっかり考えてやる方が遥かに建設的であろう。

映像作品でのラティオス

『劇場版ポケットモンスター 水の都の護神(まもりがみ) ラティアスとラティオス』では、ラティアスの兄として、妹ラティアスと共に映画のメインキャラとして活躍する。
映画の最後に街を救うため妹とともに津波に立ち向かって散っていくシーンは涙なしには見られませんぞ。
しかし映画の最後には、ラティアスと思われる影を連れた2匹のラティオスと思われる影が街に消えていくシーンが見られる。
映画でのCVは江原正士が担当。

2015年の光輪の超魔神フーパでは上記のラティオスと別個体のラティオスが登場。フーパが暴走した超フーパに対抗するためにリングから召喚し、ラティアスやレックウザとともにサトシたちの味方をする。

主な使用トレーナー


関連イラスト

水の都の護神でヴィネット

 

ラティ兄妹


映画のイメージからか、ラティアスや水の都の風景と共に描かれることも多い。

擬人化イラストの中には明らかに女の子(男の娘)なものもあるのだが、ゲームでの能力調整ネタでラティアスの耐久に近づける「男の娘ラティオス」というものもあるため、問題は特にないだろう。

関連タグ

ポケモン一覧 ドラゴンタイプ エスパータイプ
伝説ポケモン こころのしずく
ラティアス RSE HGSS ラティ兄妹
役割論理

      ← ラティアス 〈ラティオス〉 カイオーガ →

pixivに投稿された作品 pixivで「ラティオス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4702087

コメント