ピクシブ百科事典

おやこあい

おやこあい

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモン史上最強の特性の1つ。
目次[非表示]

データ

初出第6世代
効果連続攻撃・全体攻撃以外の攻撃が2回連続で出る。但し2発目の威力は半減する(第7世代では1/4になる


概要

第6世代で登場した特性。
効果は攻撃技を2回出せるというもの。威力は2回目が半減するので、計1.5倍になる。
メガガルーラの専用特性であり、メガガルーラが壊れと言われる原因でもある。

理由としては勿論ダメージが常時1.5倍扱いになるということもあるのだが、同じ攻撃技を2回使う扱いになっているということにある。

連続攻撃の都合上特性「がんじょう」や技「みがわり」、アイテム「きあいのタスキ」は意味を成さなくなる(=半端な耐久のポケモンにはワンチャンすら与えてくれない)。
また連続攻撃の仕様から反射技で返すのが2回目の攻撃(つまりダメージが小さい)である為、反射技も怖くない。

追加効果の判定も2回起こる。但し「ひみつのちから」だけは何故か1回のみ。
これにより、実質上攻撃2段階上昇の攻撃技として扱われる「グロウパンチ」やひるみ効果がおよそ5割という「いわなだれ」の採用率もなかなかに高くなっている。

ただし、複数の相手に当たると効果は発動しないという欠点がある。そのため、ダブル以上では「じしん」や「いわなだれ」は採用されにくい。全体攻撃で二回攻撃のお母さんにはなれないのだ。
また、2回攻撃する都合上「てつのトゲ」や「ゴツゴツメット」等でのダメージも馬鹿にならない。
そのせいで特殊型と言う予想を上回るメガガルーラが生まれたわけなのだが……

特殊



なお例によって「スキルスワップ」「トレース」「なりきり」によってコピーできるが、その場合使用者が2回攻撃するのか、親子かめはめ波みたいに(向こうは逆だが)進化前の模造品でも使って2回攻撃するのかは謎に包まれている。

第7世代で2回目の威力が1/4に低下した。
追加効果の判定こそ2回であるものの純粋に火力低下になったのはやはり影響が大きく、(グロウパンチの事実上の没収も含めて)第6世代と比べると振るわなくなった。

なお、「ほえる」「ドラゴンテール」などの強制交代技最初の1発目で相手を吹き飛ばしてしまうため連続で出せない。
また「れんぞくパンチ」「にどげり」など元が2回以上連続で攻撃する技には適用されない。
と言うかそんな事したら本気で誰も止められる奴がいなくなる。
公式も何も考えてない訳では無いのだ。
どっちにしろ、連続攻撃を連続したらゴツメダメージがはんぱないことになるが。

ポケダンでも同様の効果で、しかも特性を変化されたり封印されない為なかなか便利。勿論メガシンカしないと使えないので『超ポケダン』ではダンジョン内でラピスを探す必要がある。

関連タグ

ポケモン 特性 メガガルーラ
ガルットモンスター

関連記事

親記事

専用特性 せんようとくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「おやこあい」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 924350

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました