ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

登場第1世代
タイプかくとう
分類物理
威力-
命中率100
PP20
範囲単体
直接攻撃
英語名Seismic Toss

概要

初代『ポケットモンスター 赤・緑』から登場する技。引力を利用して相手を投げ飛ばし、相手にダメージを与える。

ナイトヘッドと同様、ダメージが使用者のレベルと同じになり、互いの能力や、タイプ相性(「こうかがないみたいだ」を除く)・タイプ一致補正といった威力変化の影響を一切受けない。


ちなみに、自力習得できるのはオコリザル系統・カイリキー系統・カイロスアルセウスナゲキ。……1種おかしいポケモンが紛れ込んでいるが、あまり気にしないでおこう。


後述するアニメ版の影響もあってか、リザードンの習得イメージが強いが、リザードンがちきゅうなげを習得できるのは第1・3世代での教え技および『Let's Go! ピカチュウ・イーブイ』のわざマシンでの習得のみであり、ゲーム中でちきゅうなげリザードンを再現するのは思いの外難しかったりする。


ダメージがステータスに影響されないため,攻撃力に欠ける耐久型ポケモンに覚えさせることが多い。特にラッキーハピナスにはほぼ必須の技である。


固有ダメージの仕様上、初代では相性上無効化されるはずのゴーストタイプにも効果があった。


HP「50n+1」はこの技とナイトヘッドを耐える回数を増やすHP調整である。

HP実数値を205にするとみがわりのHPが51となり、この技かナイトヘッドを受けても、HP1のみがわりが残る。


技演出

ちなみに技演出が(一部を除いて)無駄に凝ったものになっているのも特徴。

初代『赤・緑・青・ピカチュウ』では相手を黒い弾に変え、投げ飛ばすと言うものだった。

金・銀・クリスタル』(第2世代)では地球そのものが現れ、相手に投げつけると言うものに変化している。

ルビー・サファイア・エメラルド』(第3世代)から『ブラック2・ホワイト2』(第5世代)までは技設定に従ったのか、所謂アニメで使われる効果線のような背景になり、上昇した後一気に下降して相手に叩きつけたような(岩が砕ける)エフェクトが出るようになった。

本来のちきゅうなげの設定ならこれが一番正しい


ポケモン初代のワザ。


ぶっ飛び始めたのはまず『ポケモンバトルレボリューション』。

背景に地球が見える程天高くまで放り投げると言う何かおかしい演出と化したのである。ちなみにダグトリオもぶん投げられる


本編でも『X・Y』(第6世代)で背景に地球が現れてそのまま相手を叩きつけるというものになり、『サン・ムーン』(第7世代)ではバトレボ同様背景に地球が見えるほど天空高くまで放り投げるものに変わっている。


Let's Go!ピカチュウ・イーブイ』でも『バトレボ』と同様に投げ技が披露されている。

最早引力どうこうの問題ではない。


その一方でポケモンコロシアムでは殴るだけと言うやたら地味な演出だったり。


外伝作品

ポケモン不思議のダンジョンシリーズ

センシティブな作品

冒険団』までは原作同様の効果だったが『ポケモン超不思議のダンジョン』(習得者の関係で『マグナゲートと∞迷宮』には未登場)では敵味方問わずポケモンを他のポケモンや、ワナ目掛けてぶん投げる技になっている

しかも視界に入っていないプレイヤー目掛けて容赦無く投げつけてくる。修得者にカイロスがいる点も相まってさながら『風来のシレンGB2』のノコギガッターそのものである。

なお『冒険団』まではかいりきなげつけるが罠関係・視界外に投げてくる点を除いて同じ効果の技であったのだが、この2つは『マグナゲート』以降効果が変更された。


ポッ拳

リザードンのポケモン技として登場。コマンドはデュエルフェイズ時に「↑+A」。

演出はアニポケのものに近く、相手を掴んで空中へ飛び、縦に高速で数度旋回してから地面に投げ落とす。

リザードンの攻撃技の中でもトップクラスの威力を誇り、相手が地上・空中どちらにいても掴む事が可能で、これを組み込んだ実用的なコンボも存在し、フィールドチェンジを誘発しないので更なる起き攻めが可能…と非常に高い性能を誇る。

半面、掴み属性攻撃なので通常属性攻撃には無力であり、構えで避けられたり範囲外で発動してスカしたりすれば手痛い反撃が待っているので注意。


共鳴バースト中ならヒット後に最速でバーストアタックを発動すればそのまま繋がり4~5割ダメージ確定という極めて高い逆転力を秘めた技であり、共鳴バースト中はこの技を盾に相手の行動を大きく制限する事ができるだろう。


アニメ

アニポケサトシの旅シリーズ

初代『ポケットモンスター』のP-1グランプリにてワンリキーが使用したのが最初。この時はただのジャイアントスイングであった。

中盤以降はサトシリザードンが必殺技として使用する。相手を掴んで空中へ飛び,縦に周回してから地面に叩き落とすが、この際周回軌道に地球のイメージが浮かび上がる。この技でブーバーを始め、ニョロボンエレブーと言った強敵を打ち倒してきた。イブキとの対戦では、「ほのおのうず」と合わせた「炎のちきゅうなげ」を披露した。ただし、ゴーストタイプ相手に使ってしまうという、わざの選択ミスをしてしまった事もあるが。


劇場版キミにきめた!』では、リザードの時点で使えた。


外部出演

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

アニメ版の影響からか、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』にリザードンが単独参戦した際、上投げがこの「ちきゅうなげ」に差し替えられた。

モーション的にはカービィメタナイトの上投げ「いづな落とし」とほとんど一緒だが、降下時にはアニメ版でも見せたことがある、きりもみ回転をしながら落ちてくるという原作再現+差別化がされている。

2人のものと比べてふっとばし力が格段に上昇しており、上投げの中ではトップクラスのふっとばし力を誇る。それ以外の性能は基本「いづな落とし」をベースにしているため、使用用途は2人とほぼ同じと言っても良い。唯一の難点はベクトルがあちらよりも斜め寄りなことか。


元ネタ

わざ名の元ネタは,『仮面ライダーX』第8話に登場したGOD神話怪人鉄腕アトラスである。

内容は文字通り,地球の形をした大きな岩の塊を投げつける技である。

見た目のシュールさに反して,一度は仮面ライダーXに大ダメージを与えた強力な必殺技である。


関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧

かくとうタイプ サトシのリザードン


他固定ダメージ技

ナイトヘッド…同じ効果

りゅうのいかり ソニックブーム(ポケモン)

サイコウェーブ

いかりのまえば しぜんのいかり

カウンター系 いちげきひっさつ!系 いのちがけ

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173538

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました