ピクシブ百科事典

ニョロボン

にょろぼん

ニョロボンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.062
英語名Poliwrath
ぶんるいおたまポケモン
タイプみず/かくとう
たかさ1.3m
おもさ54.0kg
とくせいちょすい/しめりけ/すいすい(隠れ特性)


進化

ニョロモニョロゾ ┬→ ニョロボン(みずのいし)
            └→ ニョロトノ(おうじゃのしるしを持たせて通信交換)

雨が降り続いている



概要

初登場は『ポケットモンスター 赤・緑』(第1世代)。

進化してガタイのいい体つきになった。最終進化だがカエルではなくオタマのままである。
泳ぎが得意でオリンピック選手も敵わないらしいが、ゲーム上の能力ではニョロゾより遅い。
加えて例によってバタ足だけで太平洋を横断できるとか、かなり突拍子もないことがポケモン図鑑に書かれている。
なおその説明も1996年頃のものであり、ここ数年の水泳は記録更新のインフレが激しいので、実際は北島康介やマイケル・フェルプス辺りには普通に負けるんじゃなかろうか。

エアーマン似ていると思っている人は少なくないが、
エアーシューターっぽい技は『HGSS』の秘伝技「うずしお」くらいしかあるまい。

ゲームにおける特徴

みず/かくとうという珍しい組み合わせだが、防御寄りの種族値で、攻撃の種族値は85と以外にもかなり低い。
物理技はあまり高威力の技を覚えない。みずの「たきのぼり」はともかく、かくとうタイプはまともに使えるものの中でかわらわり」が上限という重大な威力不足。
特攻は70なので威力重視で特殊技も可能だが、補助技での強化手段がないので威力は控えめ。
補助技は「さいみんじゅつ」「アンコール」「はらだいこ」とコンボに持って行きやすい技があるので、上手くそこで補ってやろう。

タンバシティのジムリーダー、シジマの切り札でもある。
金・銀』の頃は「こころのめ」+「ばくれつパンチ」で仕留め損ねてもこんらんになり、
HGSS』では「さいみんじゅつ」と回復&交代読み「きあいパンチというコンボをしてくる。

第5世代では隠れ特性「すいすい」、タイプ一致で素早さを下げられる「ローキック」、強制交代技の「ともえなげ」を習得。
「すいすい」で上がる素早さは「はらだいこ」で攻撃力全快にした後は全抜きも出来るほどの強さになり、「ローキック」は素早さで劣る相手を反撃1回で倒す事が出来るように。
眠りの仕様が「交代した場合ねむりのターンがリセットされる」ように変更されたことで、「さいみんじゅつ」+「ともえなげ」の嵌め技コンボが出来上がった。

第6世代では攻撃が若干だが強化されている。代わりにねむりの仕様が元に戻ったので上記コンボは成立しなくなった。

ちなみに金銀時代は「こころのめ」+「じわれ」の一撃必中コンボが使える唯一の存在だった。
長らく封印されていたが、バーチャルコンソール初代ソフトで「じわれ」を覚えた個体を第7世代に転送する事で再度使用可能になった。
フリーザードーブルでも似たようなコンボができるが、こちらは特性が「すいすい」なので天候によっては2匹より速くこのコンボを決められる。

漫画におけるニョロボン

ポケスペでは昔からのレッドのパートナーとして有名だが、出てきて数コマ目であっけなくやられる、ほぼかませ犬ポジションだった。
とはいえ初登場回ではエレブーにちきゅうなげを喰らわして勝利、リーグ決勝戦では戦闘中に放出した水気でグリーンリザードンを破るきっかけを作ったりと、締めるところはきちんと締めている。

ポケモンGOにおけるニョロボン

PokemonGO!16日目


初期形態ニョロモが水辺で出現しやすいので、苦労なく手に入れることができる。

だが手軽さに反してかなりの実力者で、何せ「ばくれつパンチ」「ハイドロポンプと両タイプ最強格の技をゲージ技に揃える。

更に、あのバンギラスの技を全て軽減できるという唯一無二の個性も併せ持ち、バンギラスレイドの駒が足りない時の助っ人として十分活躍できる。いわじめんタイプゴローニャに対してもすべての技を軽減しつつみず技やかくとう技でガンガンダメージを与えられるため、かなり相性が良い。
耐久性もそこそこ高めなので、相手の繰り出す技によってはカイリキーやシャワーズよりも粘れることも。

難点は通常技が発生の遅い「あわ」と「いわくだき」しかないため、慣れるまでは少々操作がとっつきづらいこと。ジム戦などを活用して練習しよう。

そんなニョロボンだが、2017年11月5日からレイドボスにもなった。しかもランクは一般最高の★★★★
……なのだが、元々レアリティが低いこともあり人気は今一つ。
とはいえ、2進化ポケモンなので技厳選がだるいという場合には使えなくはない。また、既に書かれているように需要の高いバンギラスやゴローニャのレイドでメインウェポンとして十分採用可能なのは見過ごせない利点であり、実をいうとそこまで旨味のないレイドボスとも言い切れなかったりする。

主な使用トレーナー


関連イラスト

お前の拳で天を突け!
ニョロボン



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧 フリーザー ガマゲロゲ
エアーマン にょろーん

pixivに投稿された作品 pixivで「ニョロボン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 428830

コメント