ピクシブ百科事典

ローキック(ポケモン)

ろーきっく

ローキックとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種である。
目次[非表示]

ポケモンの技以外の意味はローキックを参照。

データ

初出第五世代
いりょく60(第5世代)→65(第6世代~)
めいちゅう100
PP20
タイプかくとう
わざ分類ぶつり
攻撃範囲相手1匹
直接攻撃
備考攻撃後、100パーセントの確率で相手の「こうげき」が1段階下がる
わざマシン47(第5世代~)
英語名Low Sweep

概要

ポケモン第5世代で登場した技。
追加効果の強力さの割に威力が60とそこそこ高く、命中率も安心の100、PPも多めなのが特徴。
シナリオでダゲキを使用したことがあるなら、序盤でこの技にお世話になった人も多いのではないだろうか。

対戦では主にダメージそのものよりも交代読みで出てきた相手に撃ち、そこから先手で返り討ちにする目的で使われる。
かくとうタイプには70~90の中速が多く、70族でも最速ならば「ローキック」を一回当てるだけで最速130族に先手を取れる。
耐性にもよるが弱点のひこうタイプですら交代読み「ローキック」が決まればそこから対面でいわ技を食らわせて処理可能。
さらに隠れ特性テクニシャン」のキノガッサが使えば、特性の補正がかかって実質威力135の技と共に「すばやさ」ダウンがやってくるという恐ろしい事態になってしまう。
流石に強過ぎたのか、第6世代からは威力が65になり、「テクニシャン」補正から外れた。
その結果大幅に使用率が下がったのだが、威力が上がることで逆に使用率が下がる技も珍しいものである(大体特性のせいだが)。

ちなみにポケモンをやっている外国人にこの技を指して「ローキック(Low Kick)」と言うと、けたぐり」と勘違いされるので注意。
海外では第1世代からすでに「けたぐり」に「Low Kick」と名付けてしまっているため、新たに「Low Sweep」と名付けられている。

関連タグ

わざマシン一覧 ローキック けたぐり
がんせきふうじ こごえるかぜ じならし

pixivに投稿された作品 pixivで「ローキック(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1607

コメント