ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
キノガッサ
28

キノガッサ

28

きのがっさ

キノガッサとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。

基礎データ

全国図鑑No.0286
ホウエン図鑑No.035
パルデア図鑑No.107
ローマ字表記Kinogassa
ぶんるいきのこポケモン
タイプくさ / かくとう
たかさ1.2m
おもさ39.2kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性ほうし/ポイズンヒール(第4世代から)/テクニシャン(隠れ特性)
おとしものキノココのほうし
タマゴグループようせい/しょくぶつ

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語キノガッサキノコ+カサ+キヌガサタケ
  • 英語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • ポーランド語
BreloomUmbrella (傘)+ Mushroom (キノコ)
ドイツ語Kapilz
フランス語Chapignon
韓国語버섯모버섯(キノコ)+모자(帽子)
中国語斗笠菇


進化

キノココキノガッサ(Lv.23)


概要

第3世代『ポケットモンスター ルビー・サファイア』で初登場したキノココの進化形。

どう見てもキノコなキノココが進化してくさ/どくタイプに…と思ったら何を血迷ったかプロボクサーの道を歩んでしまい、初見で衝撃を受けたプレイヤーも多いはず。図鑑でも、キノコ要素そっちのけでほとんどボクシング絡みの事しか書かれていなかったりする。どうしてこうなった


そっちの方が何かと話題になりがちだが、キノココの時と比べると外見も大きく変化しており、菌類というよりかは、小型の獣脚類恐竜)を思わせる爬虫類然としたものになっている。キノコじゃなかったのか?あるいはボクシングということでカンガルーを意識してこのキャラデザなのかもしれない。

恐竜っぽい外見に合わせて腕は短い…ように見えるが、実際にはそんなことはないようで、図鑑説明によるとパンチをするときに腕がぐーんと伸びる模様

また、尻尾の先端についている種は毒の胞子であり、とくせいに反映されている。食べると腹痛を起こす恐ろしい代物である。勿論、キノコらしく頭の穴から毒の胞子をばら撒くこともある。


野生下では熱帯雨林のような暖かく湿った環境を好む。ちなみに草食性らしい。


しかし、プレイヤーの戸惑いとは裏腹に、くさタイプの多彩な状態異常とかくとうタイプの馬鹿力のいいとこ取りをした結果、厨ポケの領域にまで達した


旅パにおいても確定催眠ができて自力技による十分な打点があるスペックなので優秀。特性「ほうし」以外なら「キノコのほうし」や「みねうち」などを覚えさせることで捕獲要員として役立つ。


名前は「木の傘(キノカサ)」、または実在するキノコ「キヌガサダケ」あたりが由来か。


なお、第5世代になってようやくモロバレルというまともに進化するキノコが追加された。


ゲームにおける特徴

RSEORAS

ホウエン地方では、トウカのもりでのみキノココが出現する(実際、森の中でデボン・コーポレーションの社員がキノココを見なかったかと聞いてくる)。


ストーリーでは、『ルビサファ』『ORAS』では、主人公が最初にキモリアチャモを選んだ場合にライバルであるハルカorユウキの手持ちにキノココが加わるが、リメイク前はキノココ止まりであった。しかし、リメイク後ではキノガッサに進化して登場した。


DPtBDSP

全国図鑑入手後のノモセ大湿原にキノココが出現する。


HGSS

ジョウトサファリゾーンでは「あれち」に出現するが、もりブロック21個を設置する必要がある。


ブラック・ホワイトBW2

『BW』ではブラックのみキノココが11ばんどうろで大量発生で出現していたが、『BW2』ではヤグルマの森にある「隠し穴」にキノガッサが出現する。


XY

フレンドサファリ(かくとう)に出現する。


スカーレット・バイオレット

第7世代のアローラにはキノココも野生出現せず、第8世代の『剣盾』では未内定であったが、スカーレット・バイオレットで内定。

西3番エリアに出現し、いわテラスタイプの個体も出現する。


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
6013080606070460

一見可愛らしい風貌をしているがあのカイリキーと同じ攻撃種族値130を誇るマッチョ野郎。耐久値に乏しく弱点こそ多いが、「やどりぎのタネ」や各種粉、そして命中100の催眠技キノコのほうしなど、くさタイプ特有の多彩な補助技を持ち合わせており、これらを活かして相手の動きを止め、自慢の攻撃力でボコボコにするのが基本戦法。


「キノコのほうし」の性能から素早さ種族値が70を下回るポケモンは簡単にキノガッサの餌食になりかねず、たとえキノガッサより素早くとも一撃で処理しきれなければ問答無用で術中に嵌めて来る恐ろしい性能を持つ。初登場のRSEでは何とコイツとラグラージだけでクリア出来るというぐらいの怪物っぷりである。


使われるのは主に「テクニシャン」型か「ポイズンヒール」型。どちらにしても技の中に多くの場合「キノコのほうし」は有る。


ポイズンヒール型

『DPt』から存在する型。問答無用で相手の行動を止める「キノコのほうし」によって強引に隙を作り、その間に「みがわり」を張って突破されないようにし、「みがわり」のダメージを『ポイズンヒール』による回復で補填。高い攻撃力によって相手を攻め立てる。持ち物は特性の都合上「どくどくだま」固定。


一方で技は、相手の素早さを下げて役割範囲を広げられるタイプ一致技の「ローキック」あるいは相性補完のできる「がんせきふうじ」のほか、安定した草物理技の「タネばくだん」、タスキを破壊できる「タネマシンガン」、「みがわり」によってリスクをカバーできる「きあいパンチ」、相手を縛っている間に安定して積むための「つるぎのまい」「ビルドアップ」、格闘技との補完がいい岩技や、毒状態になるため威力二倍で攻撃できる「からげんき」など選択の幅は広い。


もっとも、後述するように第6世代以降は「みがわり」が貫通されてしまうほか、「キノコのほうし」が効かない相手が増えたために「みがわり」と「キノコのほうし」だよりになるこの型は使いにくくなってしまった。


テクニシャン型

『BW2』から存在する型。問答無用で相手の行動を止める『キノコのほうし』による高い対面性能と崩し性能に加え、「テクニシャン」によってもともと高い火力を底上げ。


タスキやばけのかわを貫通する『タネマシンガン』の火力(三発以上当てれば「タネばくだん」の火力を超える)、先制技の「マッハパンチ」、ほのおやひこうに強く刺さり序に素早さを下げれるがんせきふうじなどで相手を突破する型。この場合は低い耐久をカバーするために『きあいのタスキ』が持たされる。


他にもそこから派生して「つるぎのまい」で相手を眠らせてる間に積みんで一気に突破する型、すばやさを伸ばすため「こだわりスカーフ」を持たせておく型、火力を上げる「こだわりハチマキ」型、通常攻撃技と「マッハパンチ」のコンビネーションを重視した「いのちのたま」なども存在。


捕獲要員

  1. 確定で眠りに出来る「キノコのほうし」
  2. 相手にトドメ刺さず、残りHPを1で止める「みねうち
  3. 「ポイズンヒール」による安定性、「テクニシャン」による「みねうち」の強化と使いやすい特性持ち
  4. 同じ用途で使われやすいパラセクトドーブルよりも能力値が高い

と言った特徴から対戦以外でも捕獲要員としても優秀。


一方で上記二体と比べ、

  1. 第3、第4世代では「みねうち」が遺伝のみ
  2. 「キノコのほうし」も遺伝させなければ進化させずに長期間育てることになる
  3. 第6世代からはくさタイプや「ぼうじん」持ちを眠らせることができなくなった
  4. ゴーストタイプに「みねうち」を当てられない
  5. 経験値タイプがまさかの164万(レベル100にするのに最も経験値が必要)

…など、欠点もある。



第3世代

  • 初登場時既に「キノコのほうし」→「きあいパンチ」という凶悪コンボが確立されており、先制技の「マッハパンチ」も相まって油断のならないポケモンであった。

  • しかし、当時は今ほどサブウェポンに優れてはおらず、また紙耐久をカバーすることが難しかったため、対処することも容易かった。

第4世代

それまで特殊扱いだったくさタイプの念願の物理技タネばくだん、まともなかくとう技ドレインパンチ」「ばかぢから、苦手なひこうに一矢報いられるストーンエッジ、更に新たな特性ポイズンヒールを獲得し物凄い強化を果たした。


「ポイズンヒール」は「どく」「もうどく」状態になるとダメージどころか逆に徐々にHPを回復していくという強力なもの。一度発動してしまえば状態異常を一切受け付けず、更に同世代から登場したどくどくだま能動的に特性が発動できる。


これにより一度「みがわり」とどく状態が発動すれば「キノコのほうし」「やどりぎのタネ」による嵌め殺しプレイが開幕するという恐ろしいポケモンになった。


ただ、当時バトレボは催眠技使いに有利な仕様であったことから多くのプレイヤーが自然と「ラムのみ」や「ねごと」などの対策を積極的に利用し、そのことから何だかんだ良いポケモン止まりであった。


第5世代

相手の素早さを下げる一致技の「ローキック」を習得。これで素早さが負けている相手に対しても先制キノコのほうしで眠らせられるようになり、遅い相手を起点にして交代際に「ローキック」を仕掛ければ一気に嵌め殺しプレイが完成するようになった。


更にここに来て「タネマシンガン」の威力が10から25に上昇、「きあいのタスキ」や同作で強化された「がんじょう」も貫通する強力な技へと変化した。そして何故か眠ったポケモンを交代すると回復までの経過ターン数がリセットされるという仕様変更がなされ、相手は下手に交代できず、ほうし→「みがわり」と繋げやすくなった。


だがこいつの強化はこの程度ではなかった。『BW2』にて隠れ特性「テクニシャン」が解禁されたのである。タイプ一致先制技「マッハパンチ」が威力1.5倍になり、その威力はあのハッサムの「バレットパンチ」と同等。さらに「タネマシンガン」「ローキック」までも特性の対象であり。一度「つるぎのまい」で積めばもう止まらない。


一応ひこう4倍というわかりやすい弱点こそあったものの、なにより型の判別がつきにくくなったことで片方の対策はできてももう片方は手薄になることが多く、完全な対策の難しい所謂厨ポケにまでのし上がった。

その一方で、ポイズンヒール型は毒/猛毒状態で回復はするものの、この世代から新たに登場した技ベノムショック」で一気に弱点を突かれるという矛盾が発生した。


第6世代

流石に強過ぎたのかここにきて大幅に弱体化を受けた。


  1. 「マッハパンチ」の上からブレイブバード」を叩き込む天敵ファイアローの出現。
  2. くさタイプや特性「ぼうじん」に「キノコのほうし」や各種粉技が効かなくなったことによりキノコのほうしの一貫性が下がる。
  3. 音技が「みがわり」状態を貫通する(特にスキン特性持ちハイパーボイス)ようになったため安定性が下がる
  4. 前世代の交代すると「ねむり」のターンがリセットされる仕様が元に戻った。
  5. 「ローキック」「めざましビンタ」の威力上昇により「テクニシャン」の対象外になってしまったこと。

これにより嵌め殺しコンボは一気に鳴りを潜めてしまった。


一方、「がんせきふうじ」の威力と命中率が上がったことで使いやすくなり、天敵ファイアローを返り討ちにし始めた。とは言え4倍弱点相手に素直に出せるわけがなく、持ち物は「きあいのタスキ」が大前提に。


当然特性は「テクニシャン」、技も「タネマシンガン」「マッハパンチ」「がんせきふうじ」「キノコのほうし」でほぼ固定され、第8世代までのキノガッサのテンプレと化した上にこれ以外の型はほぼ駆逐されてしまった。そしてこれが、9年後にキノガッサ使いを大いに悩ませてしまう事になる……。


第7世代

天敵のファイアローが大幅弱体化した影響もあってキノガッサが更に数を増やした。


カプ・コケコカプ・レヒレのせいで「キノコのほうし」が使いにくく、カプ・テテフのせいで先制技が使いにくいにもかかわらずお構いなしに数を増やした。というかそれ以外の相手には今まで通り強い。隙あらばわらわら繁殖するあたりやっぱりキノコである。


第8世代

残念ながら剣盾では追加DLC含めて不参加となった。

仮に参加できたとしても、トリプルアクセル」や「ダブルウイング」で「きあいのタスキ」貫通特性「マジックミラー」持ちのブリムオン等不利対面が多いことから第7世代ほどの活躍は難しいと思われる。一応、カプシリーズはレヒレ以外が弱体化したのと今まで通り強い相手には強いのは変わらないのだが。


BDSPでは復活。ホームを経由して過去作産を持ち込む時は技リセットが必要だが、Lv1習得技にキノコのほうしがあり、技思い出しで覚えられる為、ここでは問題にならなかったのだが…


第9世代

新道具「いかさまダイス」で(運次第だが)タネマシンガンの最大火力が期待される。


テラスタルのタイプ変更によりいわタイプに変わる事でファイアローにも強気に出れる様になった。ちなみに当のファイアローは「ダブルウイング」を失っており、タスキガッサに対し強気に出られなくなっている。このほか「インファイト」「じならし」「ダストシュート」といった有用な新技も習得している。


当初なぜかキノコのほうしはキノココ時代にしか覚えられない仕様に戻ってしまい、キノガッサになると思い出しでも無理なため、うっかり覚える前に進化させないよう注意する必要があった。現在は藍の円盤配信以降、再度思い出し技として習得するようになったため、この問題は解消された。


第7世代同様に「みねうち」「キノコのほうし」により、捕獲要員としても大いに活躍できる。


ランクバトル開始早々、対策必須のポケモンとして名前が挙げられている。その対策として「おうごんのからだ」を持つサーフゴー、「きよめのしお」を持つキョジオーン、(耐久無振りのみ)「ねこだまし」からの「デカハンマー」で処理できるデカヌチャン等が挙げられている。


ただサーブゴーは「じならし」で反撃されるリスクがあり、キョジオーンも岩タイプなためテラスタルで対策しなければ普通に殴り倒される。デカヌチャンもガッサの努力値配分に左右されるので安定しないところがある。


他の選択肢として、草テラスタルでキノガッサの「キノコのほうし」を無効にするといった手段もある。しかしただ草にするだけでは「キノコのほうし」は防げてもきあいのタスキで耐えられてしまい、次のターンで何らかの仕返しは受けてしまう。特に「つばめがえし」が危険で、素早さで劣っていると最悪それで落とされることも……。


確実に倒すならタスキ潰しの先制技、連続技、特性すなおこし等と組み合わせる必要が有るだろう。


ねごと」も古くからの対策として周知されているが、安定して狙いの技が出る保証がない上に、「ねごと」を使ったタイミングで目を覚ましてしまう「おはよう寝言」の裏目もある。


他にも、連続攻撃技で突破するという手もある。確定2回攻撃の「ドラゴンアロー」、「ダブルウイング」をそれぞれ使えるドラパルトボーマンダ、「いかさまダイス」+「つららばり」により上から突破できるセグレイブなどが適任であろう。無論連続攻撃技がある個体と見抜かれた時点で交代されるが、それなら交代されるとして交代出ししてきたところを狙えばよい。


ランクバトルシリーズ1では上述の通り「キノコのほうし」無効化勢のポケモン達に弱く、本来なら弱点を突けるヘイラッシャなどもキノガッサ対策として草テラスタルで対処する型が主流の1つとなったため、活躍するという下馬評が覆る結果となった。ゴーストタイプが多すぎて「マッハパンチ」の一貫を作れないのも大きい。結果的にサイクル戦に強い上にシングルバトルでも採用されていたモロバレルに順位を追い抜かれてしまった。


上記の新技もただでさえ技スペースがカツカツなのに何を採用したら良いのかと取捨選択に悩むトレーナーが多発し、「キノコのほうし」の通りが悪いなら切り捨てるという意表を突いた型が出てきた。


使用率はシーズン1こそベスト30に入っていたが、シーズン2で早くもベスト30圏外に。


しかしその後は、「マッハパンチ」による縛り性能や「いかさまダイス」+「タネマシンガン」による突破力、「がんせきふうじ」による対面性能、といった元々の高い攻撃性能や、本来のタイプ相性上の有利・不利をひっくり返せる「きあいのタスキ」+「キノコのほうし」の組み合わせで、独自の立場を築き上げてはいる。1体ではどうしようもない相手も味方を利用すればどうということはない。

  • この世代では低速系耐久型を意識したS削り型(わんぱくHBベースまである)、くさテラスタルとやサーフゴーを意識したほのおテラバースト型、ひこう対策のいわテラスタル型などが使われている。
  • シリーズ6になると往時ほどくさタイプやくさテラスタルは少ないため、接地技に気を付けさえすれば刺さる対面では刺さるのが幸いなところ。

藍の円盤配信に伴いステラテラスタイプが登場。ステラテラバーストは「キノコのほうし」などを露骨にテラスタルで流すことに対する抜群打点として役立ってくれるだろう。そもそも元の耐性は弱点がはっきりしたものなので、ステラ補正の権利を使い切る前に倒れると割り切ればステラの制約は大したことがないのかもしれない。


テラレイドバトル

矢鱈「キノコのほうし」を撃ちたがるAIをしていることから、ソロプレイなら「ぼうじんゴーグル」持ちで簡単に完封できる。


正攻法でパーティ全員に眠りの対策をしようとすると若干難しいが「しんぴのまもり」持ちカイリューが向いている。「ひやみず」も無効化後の攻撃で味方がやられないようにするのに適している。


ただし、半減でも使用するローキックで素早さを下げられると効果が切れたときの隙を眠らされる面倒な問題があるため持ち物で防ぐ必要がある。


使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版


番外作品

ポケモンGO

2017年12月9日に追加された第三世代第一陣の内の1体として登場。


かくとうタイプとしては中堅どころの性能で、総合性能ではカイリキーには及ばないが、あちらと比べて進化にかかる手間が少なくて済むのはうれしい(進化前のキノココの出現率はそこそこといったところだが、晴れの日には天候ブーストの効果で出現率が上がるため、ワンリキーマクノシタよりかは見つけやすい)。


また、現状かくとう技で最もダメージ効率の良い「カウンター」と「ばくれつパンチ」の組み合わせを実現可能なので、実戦ではそれなりに使える。アブソルバンギラスなどの強力なあくタイプポケモンのレイドバトルでは貴重な戦力になってくれることだろう。


このように、かくとうタイプとしては割と強力なのだが、一方のくさ技は、通常技でタネマシンガン、ゲージ技でタネばくだん(その後、期間限定ではあるが『くさむすび』を覚えられるようになった為若干改善されたか)といった貧弱な技しか覚えてくれないため、くさポケモンとして運用しようとすると途端に苦しくなってしまう。素直にかくとう技に専念させてやるのが良いだろう。


また、攻撃が高い反面、HP、防御はワーストクラスであり、非常に打たれ弱い。原作ではそのあたりを状態異常等の搦め手でカバーしていたのだが、生憎本作には状態異常の概念が存在しないので、攻撃力の高さと同時に最大の弱みであった耐久性の低さまでもが際立つことになってしまっている。


このため、強力なほのお技やむし技等を繰り出されるとほぼ一撃で沈められてしまう。特にバンギラスはゲージ技で「だいもんじ」を繰り出してくることがあるので、レイドでうっかり引き当ててしまった場合はキノガッサは繰り出さない方が無難である。


ポケモン不思議のダンジョン

空の探検隊

ED後ストーリーにてチーム「フロンティア」の一員として登場し、シェイミが住む「そらのいただき」への開拓を行っていた。

開拓が成功したのち、「そらのいただき」の頂上を同チームのメンバーであるゴーリキークチートと共に目指しながら、他の冒険者たちのアシストのために各合目にガルーラ像を設置したり、2、4、6合目には「シェイミの里」に通じるフワライドのゴンドラを設置した。

5合目や頂上ではマスキッパベトベター達を倒すために主人公のチームと協力して戦ってくれる。


ポケモンマスターズ

コゴミ&キノガッサ

2024年7月16日にプレイアブル実装された、くさタイプのスピードロールでEXロールはフィールド。

本作ではダイマックスが可能となった。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • AG82話
    • キノココの森」に生息する群れ。当初はキノココであり、リンゴを運んでいたが、空腹のロケット団に盗られてしまい、それに激怒したキノココ達がキノガッサへと進化。ロケット団を追い回し、やがてサトシ達も巻き込まれてしまう。
    • 皆を守る為にアチャモから進化したハルカのワカシャモと激しいバトルを繰り広げるが、最後には誤解が解け、全ての元凶であるロケット団を共に撃退した。

  • キョウタロウのキノガッサ
    • AG145話にて、ハルカがキョウタロウの代理でサトシバトルをする事になり、その前の特訓の時に登場。
    • エビワラーと「マッハパンチ」で激突するがエビワラーの方が技を出すのが早くまともに食らって倒されている。

  • ケンゴのキノガッサ
    • DP60・61話に登場したケンゴの手持ちで、ズイ遺跡でのバトルでサトシのナエトルのスピードに一瞬遅れを取るが、「マッハパンチ」や「エナジーボール」で反撃する。その後ズイの遺跡では混乱するアンノーン相手に戦った。
    • ポケモンコンテスト・ズイ大会では1次予選に登場し、技とポケモンのバランスを良く見せて1次審査を突破した。サトシのナエトルにエナジーボールを教えるきっかけを作ったポケモンでもある。

その他

AG180話
XY104話・129話(映像)
新無印105話
劇場版七夜の願い星波導の勇者氷空の花束幻影の覇者神速のゲノセクト_ミュウツー覚醒

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 41話:画像で登場。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 4章にてミツルが野生のキノガッサに遭遇しており、ミツルに対して攻撃しようとしたがセンリのヤルキモノの「つばめがえし」の一撃を受けて倒れた。

関連イラスト


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RSE ORAS

ポケモン一覧 くさタイプ かくとうタイプ


0285.キノココ0286.キノガッサ→0287.ナマケロ


同複合タイプ


関連ポケモン等




派生ネタ

基礎データ

全国図鑑No.0286
ホウエン図鑑No.035
パルデア図鑑No.107
ローマ字表記Kinogassa
ぶんるいきのこポケモン
タイプくさ / かくとう
たかさ1.2m
おもさ39.2kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性ほうし/ポイズンヒール(第4世代から)/テクニシャン(隠れ特性)
おとしものキノココのほうし
タマゴグループようせい/しょくぶつ

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語キノガッサキノコ+カサ+キヌガサタケ
  • 英語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • ポーランド語
BreloomUmbrella (傘)+ Mushroom (キノコ)
ドイツ語Kapilz
フランス語Chapignon
韓国語버섯모버섯(キノコ)+모자(帽子)
中国語斗笠菇


概要

第3世代『ポケットモンスター ルビー・サファイア』で初登場したキノココの進化形。

どう見てもキノコなキノココが進化してくさ/どくタイプに…と思ったら何を血迷ったかプロボクサーの道を歩んでしまい、初見で衝撃を受けたプレイヤーも多いはず。図鑑でも、キノコ要素そっちのけでほとんどボクシング絡みの事しか書かれていなかったりする。どうしてこうなった


そっちの方が何かと話題になりがちだが、キノココの時と比べると外見も大きく変化しており、菌類というよりかは、小型の獣脚類恐竜)を思わせる爬虫類然としたものになっている。キノコじゃなかったのか?あるいはボクシングということでカンガルーを意識してこのキャラデザなのかもしれない。

恐竜っぽい外見に合わせて腕は短い…ように見えるが、実際にはそんなことはないようで、図鑑説明によるとパンチをするときに腕がぐーんと伸びる模様

また、尻尾の先端についている種は毒の胞子であり、とくせいに反映されている。食べると腹痛を起こす恐ろしい代物である。勿論、キノコらしく頭の穴から毒の胞子をばら撒くこともある。


野生下では熱帯雨林のような暖かく湿った環境を好む。ちなみに草食性らしい。


しかし、プレイヤーの戸惑いとは裏腹に、くさタイプの多彩な状態異常とかくとうタイプの馬鹿力のいいとこ取りをした結果、厨ポケの領域にまで達した


旅パにおいても確定催眠ができて自力技による十分な打点があるスペックなので優秀。特性「ほうし」以外なら「キノコのほうし」や「みねうち」などを覚えさせることで捕獲要員として役立つ。


名前は「木の傘(キノカサ)」、または実在するキノコ「キヌガサダケ」あたりが由来か。


なお、第5世代になってようやくモロバレルというまともに進化するキノコが追加された。


ゲームにおける特徴

RSEORAS

ホウエン地方では、トウカのもりでのみキノココが出現する(実際、森の中でデボン・コーポレーションの社員がキノココを見なかったかと聞いてくる)。


ストーリーでは、『ルビサファ』『ORAS』では、主人公が最初にキモリアチャモを選んだ場合にライバルであるハルカorユウキの手持ちにキノココが加わるが、リメイク前はキノココ止まりであった。しかし、リメイク後ではキノガッサに進化して登場した。


DPtBDSP

全国図鑑入手後のノモセ大湿原にキノココが出現する。


HGSS

ジョウトサファリゾーンでは「あれち」に出現するが、もりブロック21個を設置する必要がある。


ブラック・ホワイトBW2

『BW』ではブラックのみキノココが11ばんどうろで大量発生で出現していたが、『BW2』ではヤグルマの森にある「隠し穴」にキノガッサが出現する。


XY

フレンドサファリ(かくとう)に出現する。


スカーレット・バイオレット

第7世代のアローラにはキノココも野生出現せず、第8世代の『剣盾』では未内定であったが、スカーレット・バイオレットで内定。

西3番エリアに出現し、いわテラスタイプの個体も出現する。


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
6013080606070460

一見可愛らしい風貌をしているがあのカイリキーと同じ攻撃種族値130を誇るマッチョ野郎。耐久値に乏しく弱点こそ多いが、「やどりぎのタネ」や各種粉、そして命中100の催眠技キノコのほうしなど、くさタイプ特有の多彩な補助技を持ち合わせており、これらを活かして相手の動きを止め、自慢の攻撃力でボコボコにするのが基本戦法。


「キノコのほうし」の性能から素早さ種族値が70を下回るポケモンは簡単にキノガッサの餌食になりかねず、たとえキノガッサより素早くとも一撃で処理しきれなければ問答無用で術中に嵌めて来る恐ろしい性能を持つ。初登場のRSEでは何とコイツとラグラージだけでクリア出来るというぐらいの怪物っぷりである。


使われるのは主に「テクニシャン」型か「ポイズンヒール」型。どちらにしても技の中に多くの場合「キノコのほうし」は有る。


ポイズンヒール型

『DPt』から存在する型。問答無用で相手の行動を止める「キノコのほうし」によって強引に隙を作り、その間に「みがわり」を張って突破されないようにし、「みがわり」のダメージを『ポイズンヒール』による回復で補填。高い攻撃力によって相手を攻め立てる。持ち物は特性の都合上「どくどくだま」固定。


一方で技は、相手の素早さを下げて役割範囲を広げられるタイプ一致技の「ローキック」あるいは相性補完のできる「がんせきふうじ」のほか、安定した草物理技の「タネばくだん」、タスキを破壊できる「タネマシンガン」、「みがわり」によってリスクをカバーできる「きあいパンチ」、相手を縛っている間に安定して積むための「つるぎのまい」「ビルドアップ」、格闘技との補完がいい岩技や、毒状態になるため威力二倍で攻撃できる「からげんき」など選択の幅は広い。


もっとも、後述するように第6世代以降は「みがわり」が貫通されてしまうほか、「キノコのほうし」が効かない相手が増えたために「みがわり」と「キノコのほうし」だよりになるこの型は使いにくくなってしまった。


テクニシャン型

『BW2』から存在する型。問答無用で相手の行動を止める『キノコのほうし』による高い対面性能と崩し性能に加え、「テクニシャン」によってもともと高い火力を底上げ。


タスキやばけのかわを貫通する『タネマシンガン』の火力(三発以上当てれば「タネばくだん」の火力を超える)、先制技の「マッハパンチ」、ほのおやひこうに強く刺さり序に素早さを下げれるがんせきふうじなどで相手を突破する型。この場合は低い耐久をカバーするために『きあいのタスキ』が持たされる。


他にもそこから派生して「つるぎのまい」で相手を眠らせてる間に積みんで一気に突破する型、すばやさを伸ばすため「こだわりスカーフ」を持たせておく型、火力を上げる「こだわりハチマキ」型、通常攻撃技と「マッハパンチ」のコンビネーションを重視した「いのちのたま」なども存在。


捕獲要員

  1. 確定で眠りに出来る「キノコのほうし」
  2. 相手にトドメ刺さず、残りHPを1で止める「みねうち
  3. 「ポイズンヒール」による安定性、「テクニシャン」による「みねうち」の強化と使いやすい特性持ち
  4. 同じ用途で使われやすいパラセクトドーブルよりも能力値が高い

と言った特徴から対戦以外でも捕獲要員としても優秀。


一方で上記二体と比べ、

  1. 第3、第4世代では「みねうち」が遺伝のみ
  2. 「キノコのほうし」も遺伝させなければ進化させずに長期間育てることになる
  3. 第6世代からはくさタイプや「ぼうじん」持ちを眠らせることができなくなった
  4. ゴーストタイプに「みねうち」を当てられない
  5. 経験値タイプがまさかの164万(レベル100にするのに最も経験値が必要)

…など、欠点もある。



第3世代

  • 初登場時既に「キノコのほうし」→「きあいパンチ」という凶悪コンボが確立されており、先制技の「マッハパンチ」も相まって油断のならないポケモンであった。

  • しかし、当時は今ほどサブウェポンに優れてはおらず、また紙耐久をカバーすることが難しかったため、対処することも容易かった。

第4世代

それまで特殊扱いだったくさタイプの念願の物理技タネばくだん、まともなかくとう技ドレインパンチ」「ばかぢから、苦手なひこうに一矢報いられるストーンエッジ、更に新たな特性ポイズンヒールを獲得し物凄い強化を果たした。


「ポイズンヒール」は「どく」「もうどく」状態になるとダメージどころか逆に徐々にHPを回復していくという強力なもの。一度発動してしまえば状態異常を一切受け付けず、更に同世代から登場したどくどくだま能動的に特性が発動できる。


これにより一度「みがわり」とどく状態が発動すれば「キノコのほうし」「やどりぎのタネ」による嵌め殺しプレイが開幕するという恐ろしいポケモンになった。


ただ、当時バトレボは催眠技使いに有利な仕様であったことから多くのプレイヤーが自然と「ラムのみ」や「ねごと」などの対策を積極的に利用し、そのことから何だかんだ良いポケモン止まりであった。


第5世代

相手の素早さを下げる一致技の「ローキック」を習得。これで素早さが負けている相手に対しても先制キノコのほうしで眠らせられるようになり、遅い相手を起点にして交代際に「ローキック」を仕掛ければ一気に嵌め殺しプレイが完成するようになった。


更にここに来て「タネマシンガン」の威力が10から25に上昇、「きあいのタスキ」や同作で強化された「がんじょう」も貫通する強力な技へと変化した。そして何故か眠ったポケモンを交代すると回復までの経過ターン数がリセットされるという仕様変更がなされ、相手は下手に交代できず、ほうし→「みがわり」と繋げやすくなった。


だがこいつの強化はこの程度ではなかった。『BW2』にて隠れ特性「テクニシャン」が解禁されたのである。タイプ一致先制技「マッハパンチ」が威力1.5倍になり、その威力はあのハッサムの「バレットパンチ」と同等。さらに「タネマシンガン」「ローキック」までも特性の対象であり。一度「つるぎのまい」で積めばもう止まらない。


一応ひこう4倍というわかりやすい弱点こそあったものの、なにより型の判別がつきにくくなったことで片方の対策はできてももう片方は手薄になることが多く、完全な対策の難しい所謂厨ポケにまでのし上がった。

その一方で、ポイズンヒール型は毒/猛毒状態で回復はするものの、この世代から新たに登場した技ベノムショック」で一気に弱点を突かれるという矛盾が発生した。


第6世代

流石に強過ぎたのかここにきて大幅に弱体化を受けた。


  1. 「マッハパンチ」の上からブレイブバード」を叩き込む天敵ファイアローの出現。
  2. くさタイプや特性「ぼうじん」に「キノコのほうし」や各種粉技が効かなくなったことによりキノコのほうしの一貫性が下がる。
  3. 音技が「みがわり」状態を貫通する(特にスキン特性持ちハイパーボイス)ようになったため安定性が下がる
  4. 前世代の交代すると「ねむり」のターンがリセットされる仕様が元に戻った。
  5. 「ローキック」「めざましビンタ」の威力上昇により「テクニシャン」の対象外になってしまったこと。

これにより嵌め殺しコンボは一気に鳴りを潜めてしまった。


一方、「がんせきふうじ」の威力と命中率が上がったことで使いやすくなり、天敵ファイアローを返り討ちにし始めた。とは言え4倍弱点相手に素直に出せるわけがなく、持ち物は「きあいのタスキ」が大前提に。


当然特性は「テクニシャン」、技も「タネマシンガン」「マッハパンチ」「がんせきふうじ」「キノコのほうし」でほぼ固定され、第8世代までのキノガッサのテンプレと化した上にこれ以外の型はほぼ駆逐されてしまった。そしてこれが、9年後にキノガッサ使いを大いに悩ませてしまう事になる……。


第7世代

天敵のファイアローが大幅弱体化した影響もあってキノガッサが更に数を増やした。


カプ・コケコカプ・レヒレのせいで「キノコのほうし」が使いにくく、カプ・テテフのせいで先制技が使いにくいにもかかわらずお構いなしに数を増やした。というかそれ以外の相手には今まで通り強い。隙あらばわらわら繁殖するあたりやっぱりキノコである。


第8世代

残念ながら剣盾では追加DLC含めて不参加となった。

仮に参加できたとしても、トリプルアクセル」や「ダブルウイング」で「きあいのタスキ」貫通特性「マジックミラー」持ちのブリムオン等不利対面が多いことから第7世代ほどの活躍は難しいと思われる。一応、カプシリーズはレヒレ以外が弱体化したのと今まで通り強い相手には強いのは変わらないのだが。


BDSPでは復活。ホームを経由して過去作産を持ち込む時は技リセットが必要だが、Lv1習得技にキノコのほうしがあり、技思い出しで覚えられる為、ここでは問題にならなかったのだが…


第9世代

新道具「いかさまダイス」で(運次第だが)タネマシンガンの最大火力が期待される。


テラスタルのタイプ変更によりいわタイプに変わる事でファイアローにも強気に出れる様になった。ちなみに当のファイアローは「ダブルウイング」を失っており、タスキガッサに対し強気に出られなくなっている。このほか「インファイト」「じならし」「ダストシュート」といった有用な新技も習得している。


当初なぜかキノコのほうしはキノココ時代にしか覚えられない仕様に戻ってしまい、キノガッサになると思い出しでも無理なため、うっかり覚える前に進化させないよう注意する必要があった。現在は藍の円盤配信以降、再度思い出し技として習得するようになったため、この問題は解消された。


第7世代同様に「みねうち」「キノコのほうし」により、捕獲要員としても大いに活躍できる。


ランクバトル開始早々、対策必須のポケモンとして名前が挙げられている。その対策として「おうごんのからだ」を持つサーフゴー、「きよめのしお」を持つキョジオーン、(耐久無振りのみ)「ねこだまし」からの「デカハンマー」で処理できるデカヌチャン等が挙げられている。


ただサーブゴーは「じならし」で反撃されるリスクがあり、キョジオーンも岩タイプなためテラスタルで対策しなければ普通に殴り倒される。デカヌチャンもガッサの努力値配分に左右されるので安定しないところがある。


他の選択肢として、草テラスタルでキノガッサの「キノコのほうし」を無効にするといった手段もある。しかしただ草にするだけでは「キノコのほうし」は防げてもきあいのタスキで耐えられてしまい、次のターンで何らかの仕返しは受けてしまう。特に「つばめがえし」が危険で、素早さで劣っていると最悪それで落とされることも……。


確実に倒すならタスキ潰しの先制技、連続技、特性すなおこし等と組み合わせる必要が有るだろう。


ねごと」も古くからの対策として周知されているが、安定して狙いの技が出る保証がない上に、「ねごと」を使ったタイミングで目を覚ましてしまう「おはよう寝言」の裏目もある。


他にも、連続攻撃技で突破するという手もある。確定2回攻撃の「ドラゴンアロー」、「ダブルウイング」をそれぞれ使えるドラパルトボーマンダ、「いかさまダイス」+「つららばり」により上から突破できるセグレイブなどが適任であろう。無論連続攻撃技がある個体と見抜かれた時点で交代されるが、それなら交代されるとして交代出ししてきたところを狙えばよい。


ランクバトルシリーズ1では上述の通り「キノコのほうし」無効化勢のポケモン達に弱く、本来なら弱点を突けるヘイラッシャなどもキノガッサ対策として草テラスタルで対処する型が主流の1つとなったため、活躍するという下馬評が覆る結果となった。ゴーストタイプが多すぎて「マッハパンチ」の一貫を作れないのも大きい。結果的にサイクル戦に強い上にシングルバトルでも採用されていたモロバレルに順位を追い抜かれてしまった。


上記の新技もただでさえ技スペースがカツカツなのに何を採用したら良いのかと取捨選択に悩むトレーナーが多発し、「キノコのほうし」の通りが悪いなら切り捨てるという意表を突いた型が出てきた。


使用率はシーズン1こそベスト30に入っていたが、シーズン2で早くもベスト30圏外に。


しかしその後は、「マッハパンチ」による縛り性能や「いかさまダイス」+「タネマシンガン」による突破力、「がんせきふうじ」による対面性能、といった元々の高い攻撃性能や、本来のタイプ相性上の有利・不利をひっくり返せる「きあいのタスキ」+「キノコのほうし」の組み合わせで、独自の立場を築き上げてはいる。1体ではどうしようもない相手も味方を利用すればどうということはない。

  • この世代では低速系耐久型を意識したS削り型(わんぱくHBベースまである)、くさテラスタルとやサーフゴーを意識したほのおテラバースト型、ひこう対策のいわテラスタル型などが使われている。
  • シリーズ6になると往時ほどくさタイプやくさテラスタルは少ないため、接地技に気を付けさえすれば刺さる対面では刺さるのが幸いなところ。

藍の円盤配信に伴いステラテラスタイプが登場。ステラテラバーストは「キノコのほうし」などを露骨にテラスタルで流すことに対する抜群打点として役立ってくれるだろう。そもそも元の耐性は弱点がはっきりしたものなので、ステラ補正の権利を使い切る前に倒れると割り切ればステラの制約は大したことがないのかもしれない。


テラレイドバトル

矢鱈「キノコのほうし」を撃ちたがるAIをしていることから、ソロプレイなら「ぼうじんゴーグル」持ちで簡単に完封できる。


正攻法でパーティ全員に眠りの対策をしようとすると若干難しいが「しんぴのまもり」持ちカイリューが向いている。「ひやみず」も無効化後の攻撃で味方がやられないようにするのに適している。


ただし、半減でも使用するローキックで素早さを下げられると効果が切れたときの隙を眠らされる面倒な問題があるため持ち物で防ぐ必要がある。


使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版


番外作品

ポケモンGO

2017年12月9日に追加された第三世代第一陣の内の1体として登場。


かくとうタイプとしては中堅どころの性能で、総合性能ではカイリキーには及ばないが、あちらと比べて進化にかかる手間が少なくて済むのはうれしい(進化前のキノココの出現率はそこそこといったところだが、晴れの日には天候ブーストの効果で出現率が上がるため、ワンリキーマクノシタよりかは見つけやすい)。


また、現状かくとう技で最もダメージ効率の良い「カウンター」と「ばくれつパンチ」の組み合わせを実現可能なので、実戦ではそれなりに使える。アブソルバンギラスなどの強力なあくタイプポケモンのレイドバトルでは貴重な戦力になってくれることだろう。


このように、かくとうタイプとしては割と強力なのだが、一方のくさ技は、通常技でタネマシンガン、ゲージ技でタネばくだん(その後、期間限定ではあるが『くさむすび』を覚えられるようになった為若干改善されたか)といった貧弱な技しか覚えてくれないため、くさポケモンとして運用しようとすると途端に苦しくなってしまう。素直にかくとう技に専念させてやるのが良いだろう。


また、攻撃が高い反面、HP、防御はワーストクラスであり、非常に打たれ弱い。原作ではそのあたりを状態異常等の搦め手でカバーしていたのだが、生憎本作には状態異常の概念が存在しないので、攻撃力の高さと同時に最大の弱みであった耐久性の低さまでもが際立つことになってしまっている。


このため、強力なほのお技やむし技等を繰り出されるとほぼ一撃で沈められてしまう。特にバンギラスはゲージ技で「だいもんじ」を繰り出してくることがあるので、レイドでうっかり引き当ててしまった場合はキノガッサは繰り出さない方が無難である。


ポケモン不思議のダンジョン

空の探検隊

ED後ストーリーにてチーム「フロンティア」の一員として登場し、シェイミが住む「そらのいただき」への開拓を行っていた。

開拓が成功したのち、「そらのいただき」の頂上を同チームのメンバーであるゴーリキークチートと共に目指しながら、他の冒険者たちのアシストのために各合目にガルーラ像を設置したり、2、4、6合目には「シェイミの里」に通じるフワライドのゴンドラを設置した。

5合目や頂上ではマスキッパベトベター達を倒すために主人公のチームと協力して戦ってくれる。


ポケモンマスターズ

コゴミ&キノガッサ

2024年7月16日にプレイアブル実装された、くさタイプのスピードロールでEXロールはフィールド。

本作ではダイマックスが可能となった。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • AG82話
    • キノココの森」に生息する群れ。当初はキノココであり、リンゴを運んでいたが、空腹のロケット団に盗られてしまい、それに激怒したキノココ達がキノガッサへと進化。ロケット団を追い回し、やがてサトシ達も巻き込まれてしまう。
    • 皆を守る為にアチャモから進化したハルカのワカシャモと激しいバトルを繰り広げるが、最後には誤解が解け、全ての元凶であるロケット団を共に撃退した。

  • キョウタロウのキノガッサ
    • AG145話にて、ハルカがキョウタロウの代理でサトシバトルをする事になり、その前の特訓の時に登場。
    • エビワラーと「マッハパンチ」で激突するがエビワラーの方が技を出すのが早くまともに食らって倒されている。

  • ケンゴのキノガッサ
    • DP60・61話に登場したケンゴの手持ちで、ズイ遺跡でのバトルでサトシのナエトルのスピードに一瞬遅れを取るが、「マッハパンチ」や「エナジーボール」で反撃する。その後ズイの遺跡では混乱するアンノーン相手に戦った。
    • ポケモンコンテスト・ズイ大会では1次予選に登場し、技とポケモンのバランスを良く見せて1次審査を突破した。サトシのナエトルにエナジーボールを教えるきっかけを作ったポケモンでもある。

その他

AG180話
XY104話・129話(映像)
新無印105話
劇場版七夜の願い星波導の勇者氷空の花束幻影の覇者神速のゲノセクト_ミュウツー覚醒

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 41話:画像で登場。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 4章にてミツルが野生のキノガッサに遭遇しており、ミツルに対して攻撃しようとしたがセンリのヤルキモノの「つばめがえし」の一撃を受けて倒れた。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • サトシ兄妹の大冒険コラボ小説 闇に堕ちた太陽と歌声 FILM RED

    闇に堕ちた太陽と歌声 FILM RED 特別章③

    キラにポケモンバトルを申し込まれたコナンとルカリオ。2人は持てる力の全て出し切ってキラとリザードンに立ち向かう。果たして勝負の行方は?
    25,007文字pixiv小説作品
  • 特ルリ

    特にオチのないルリカゼお嬢様短編47

    ほいほい、続編が届いていますよ!今回もなんと<<オチがない!>>。ええっと、手元のノートによりますと……特ルリ、「ポケダンライク交流小説」。ギャグ+SSであり、普段なら絶対にできないような、様々な企画から皆様をお借りして交流小説に仕立て上げているようです!おお、お借りした皆様、読んでくださった皆様に最大限の感謝をしているのも特徴のようで。ケモノ、NL,BL,GL要素を含んでしまうこともあるので要注意ですよー!あ、あと、このクエストにはよければ紹介→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1473245 を読んでから出発してくださいね。 ではでは、お読みいただけたら幸いですよ! お借りした皆様ですよー!  → えしだん→ 月様  なお様 アズサ様 あい様 しゃもん様 スカイ様 ぽけすと→エディ様   オリジナル→キャロル&カルバドス様 ひなた様 カンナリ様 ハヅキ様 まる様 トゥエーデ様  ココモ様 ホープ様 リノ様← NEW!  ありがとうございますー!  それでは、お目汚し失礼いたしました。
  • 特ルリ

    【特ルリ】さよならハヅキ先生【パロディ】

    【社会風刺、皮肉注意】 いつも書かせて頂いていますポケモン(ケモノ)夢小説を、某絶望漫画風にかきかきと。よ、よろしければお読みいただければ幸いですorz 原作ファンの皆様、申し訳ございません(土下座  こ、今回も、お借りした皆様、見てくださったすべての方に感謝を!ありがとうございます…!  それでは、お目汚し失礼いたしました。  お借りした皆様に希望を見た!→ハヅキ様  アズサ様 アシッド様  なお様 ひなた様 ありがとうございます…!
  • 特ルリ

    【特ルリ】特にオチのないルリカゼお嬢様短編42【お誕生日】

    いったいどれだけの続編を無いオチの為に吸い取った?  知りたいかね、今の段階で42だ。 前回→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1403590前々回→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1389470その前→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1370460 です、よ、よろしければorz ポケダンベース?のケモノハーレムものギャグSS。様々な企画からお子さんをお借りしてオールスター状態。 主人公はケントとかいうキノガッサのへたれ。 こ、こんな物でも読んでくださった/見てくださった方に最大限の感謝を。あ、ありがとうございます…!   テンプレ→オチなし、意味なし、ケモナー向け、恋愛要素(BL,Nl,GL)を含む可能性があります、十分ご注意ください。内輪ネタはなるべく控えていますが、ごくまれに過去作を読んでいないと理解できない表現が混じってしまいます。ご容赦くださいorz   今回も、読んでくださった…いえ、見てくださっただけの方にも感謝を!ありがとうございます…! 【ここまでテンプレ】 お借りしましたユニバアアアス!な皆様です→ えしだん→ なお様 あい様 スカイ様 まぐ様 スノア様 しっぽ様 ユウキ様 エスカリバー様 ぽけすと→エディ様 緋焔様 シンシア様  PKF→アシッド様  オリジナル→キャロル&カルバドス様 ひなた様  まる様 トゥエーデ様 リノ様 アーシファ様 あ、ありがとうございます! そして…しっぽ様、お、お誕生日おめでとうございます…! これからもよろしくお願いいたします…! リンク 登場人物説明→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1370460 ビジュアル→ http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=26619096 ブラキディオス→ http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%B9追記:な、なんと,200閲覧ありがとうございますorz
  • サトシ兄妹の大冒険コラボ小説 闇に堕ちた太陽と歌声 FILM RED

    闇に堕ちた太陽と歌声 FILM RED 第6章

    ワールド・メロエッタの前についにソルガレオと赤い彗星海賊団。そしてソルガレオのトレーナーのキラと彼のポケモン達が現れた。ソルガレオが現れた事に動揺するワールド・メロエッタだったがついにトットムジカを歌い始める。そしてアフティにも異変が・・・・
    13,842文字pixiv小説作品
  • ポケモン版深夜の140字ワンラ番外編 エフィガッサ総集編

    とあるフォロワーさんの推しCP(エーフィ×キノガッサ)をワンラでいくつか書いたのでそれの総集編。 ワンラのお題任せ&不定期連載なエフィガッサの物語、ここに開幕…! (現在連載中につき不定期更新、13話まで投稿中)
  • 特ルリ

    特にオチのないルリカゼお嬢様短編48

    この小説。             ポケダンライク交流小説。                             感謝を。 お借りしました素敵な方→ えしだん→ 月様  なお様 アズサ様 あい様 しゃもん様 スカイ様 ぽけすと→エディ様   オリジナル→キャロル&カルバドス様 ひなた様 カンナリ様 ハヅキ様 まる様 トゥエーデ様  ココモ様 ホープ様 リノ様 ありがとうございます
  • 特ルリ

    特にオチのないルリカゼお嬢様短編69

    続編を書くな……?拒否します! オチがないのは黙ってて! むぐぐ…  ヤナッキー♀の「ルリカゼ」お嬢様をタイトルに冠する(中身ではあまり出てこない)ポケダン(ポケモン)ベースの交流小説かつギャグSS。表記揺れは気にしない。こ、こんなものでよろしければお読みくだされば幸いです…! テンプレ→ よろしければ前回→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1781298 からどうぞ…!(読んでいただかなくてもお楽しみいただけるように作っているつもりではありますがorz) テンプレ→登場人物紹介→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15583701→  http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1035505 その他→イメレス先からどうぞ、すみませんorz オチなし、意味なし、ケモナー向け、恋愛要素(BL,Nl,GL)を含む可能性があります、十分ご注意ください。内輪ネタはなるべく控えていますが、ごくまれに過去作を読んでいないと理解できない表現が混じってしまいます。ご容赦くださいorz   【ここまでテンプレ】 お借りした皆様だけがこの世で美しいのよ……→ えしだん:アズサ様(出番増) なお様 あい様 しろん様(出番増) 火車風様  しっぽ様 エスカリバー様 PKF→アシッド様  オリジナル→ホープ様 まる様 ひなた様 ハヅキ様 ミヅキ様 リノ様 やよい様   あ、ありがとうございます…! 
  • かくとう反省会

    きっと熱血なかくとうタイプならやっちゃうよねw
  • 特ルリ

    特にオチのないルリカゼお嬢様短編46(中)

    <<食材探索>> 続編の宴! <<高難度>>オチ無し一陣、シリアス散る   前回→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1473245 ですorz ヤナッキー♀の「ルリカゼ」お嬢様とその恋人の元人キノガッサ♂「ケント」,お借りした素敵な皆様よるポケダンライクのらくらSS。 ……需要がないこんなものまで見てくださってありがとうございますorz  テンプレ→ オチなし、意味なし、ケモナー向け、恋愛要素(BL,Nl,GL)を含む可能性があります、十分ご注意ください。内輪ネタはなるべく控えていますが、ごくまれに過去作を読んでいないと理解できない表現が混じってしまいます。ご容赦くださいorz   今回も、読んでくださった…いえ、見てくださっただけの方にも感謝を!ありがとうございます…! 【ここまでテンプレ】 緊急クエスト:企画の皆様をお借りせよ! → えしだん→ 月様  なお様 アズサ様 あい様  ぬるめ様 シュッド様 しゃもん様 スカイ様 ぽけすと→エディ様   オリジナル→キャロル&カルバドス様 ひなた様 カンナリ様 ハヅキ様 まる様 トゥエーデ様  ココモ様 あ、ありがとうございます! それでは、お目汚し失礼いたしました。
  • 特ルリ

    特にオチのないルリカゼお嬢様短編63

    こんや3じ、ぞくへんがとうこうされる。 ここでおちなしにしろ ヤナッキー♀の「ルリカゼ」お嬢様自体はあまり出ないがポケダンをベースにしたシュールな交流SSです、よ、よろしければお読みいただければ…!  テンプレ→  よろしければ前回→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1781298 からどうぞ…!(読んでいただかなくてもお楽しみいただけるように作っているつもりではありますがorz) テンプレ→登場人物紹介→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1558370 1→   http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1035505 その他→イメレス先からどうぞ、すみませんorz てんぷり→ オチなし、意味なし、ケモナー向け、恋愛要素(BL,Nl,GL)を含む可能性があります、十分ご注意ください。内輪ネタはなるべく控えていますが、ごくまれに過去作を読んでいないと理解できない表現が混じってしまいます。ご容赦くださいorz   今回も、読んでくださった…いえ、見てくださっただけの方にも感謝を!ありがとうございます…! 【ここまでテンプレ】 精々数人をお借りするのが精一杯だろう…→ えしだん:なお様 しっぽ様 グル様 あい様 しろん様 ユウキ様 オリジナル→ ひなた様 ハヅキ様 リノ様 やよい様 シラユキ様 アリア様 あ、ありがとうございます…!  それでは、おめ汚し失礼いたしました。 追記:次回からバオッキーが1匹追加されます
  • 特ルリ

    【特ルリ】遺都オーサカ【番外編】

    おはようございます。こんにちは。こんばんは。特ルリことケントです。今回は、ポケモン夢小説です。なんとなく→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1005487 の別の時間帯のようなものを書かせて頂きました。シリアスどころかただの中二病になってしまった感もありますが、よろしければお読みいただければ幸いです。今回も、見てくださったすべての方に感謝を!あ、ありがとうございます… それでは、お目汚し失礼いたしました。 お借りしました→なお様 あい様  ありがとうございます…! 追記:世界にはまだまだ沢山の遺都があるはずだ。もし、探検したいと望む元人間がいるなら、この小説に追随してみるのも面白いかもしれない。 元ネタ→遺都シンジュク(世界樹の迷宮)
  • 特ルリ

    特にオチのないルリカゼお嬢様短編65

    「はっきり言うと、この続編のテーマはありふれたテーマ……「オチがないこと」です。 どうしようもなく性格が悪かったりヘタレだったり、そんなケントという主人公を通して生き物のあり方というものを見つめようと考えています。 「ポケモン」と「元人間のポケモン」を通じて、種族間に芽生える感情をうたっていきたいと思っています。 この作品が皆様から生温かい目でもいいので、見ていただけますように。」 ポケダンベースのポケモン交流SS。シリアス時以外はほぼギャグですが、よろしければお読みいただければ……!   よろしければ前回→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1781298 からどうぞ…!(読んでいただかなくてもお楽しみいただけるように作っているつもりではありますがorz) テンプレ→登場人物紹介→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15583701→  http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1035505 その他→イメレス先からどうぞ、すみませんorz オチなし、意味なし、ケモナー向け、恋愛要素(BL,Nl,GL)を含む可能性があります、十分ご注意ください。内輪ネタはなるべく控えていますが、ごくまれに過去作を読んでいないと理解できない表現が混じってしまいます。ご容赦くださいorz   今回も、読んでくださった…いえ、見てくださっただけの方にも感謝を!ありがとうございます…! 【ここまでテンプレ】 あーんお借りした皆様が素敵!→ えしだん:なお様 あい様 しろん様 しゃもん様 アズサ様  P★C→ビアンカ様  オリジナル→ ひなた様 ハヅキ様 ミヅキ様 リノ様 やよい様 シラユキ様 アリア様 カンナギ様 ラズベリィ様  あ、ありがとうございます…!それでは、御目汚しお許し下さい!orz
  • サトシ兄妹の大冒険コラボ小説 闇に堕ちた太陽と歌声 FILM RED

    闇に堕ちた太陽と歌声 FILM RED 第3章

    ワールド・メロエッタに海賊をやめるように言われたキノガッサ。しかし、その事を断ると態度が一変してサトシ達に襲い掛かって来た。アフティ達の協力で難を逃れたサトシ達だったがブレイブ達がワールド・メロエッタに捕まってしまう。そして逃げた先でサトシ達は1匹のルンパッパと出会うのだった。
    15,027文字pixiv小説作品
  • サトシ兄妹の大冒険コラボ小説 闇に堕ちた太陽と歌声 FILM RED

    闇に堕ちた太陽と歌声 FILM RED 第4章

    エレジアの街を進むサトシ達の前にナルトとサスケが現れた。彼らの口からサトシ達が今いる世界の衝撃的な正体が明かされる。そしてナルトによってワールド・メロエッタの恐るべき計画が明らかになるのだった ※最後のページのシーンはこちらの小説とリンクしています。 【https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=19055570】
    13,252文字pixiv小説作品
  • 特ルリ

    特にオチのないルリカゼお嬢様短編22

    「続編」に意味がないと言うのか?ならばいいでしょう、僕はオチをなくす。オチがなくなってなおこの小説が続くなら、それは本物なのだろう。 ヤナッキー♀の「ルリカゼ」お嬢様と他のポケモン達、様々な企画からお借りした皆様とケントとかいうどこからも追放されたキノガッサで構成されたはらはらSS…の、第二期。第一期はこちらとなりますorz→http://www.pixiv.net/series.php?id=91799 こ、今回も、見て下さったすべての方に感謝を!ありがとうございます…!とりわけお借りしました皆様には感謝を! テンプレ→オチなし、意味なし、ケモナー向け、恋愛要素(BL,Nl,GL)を含む可能性があります、十分ご注意ください。内輪ネタはなるべく控えていますが、ごくまれに過去作を読んでいないと理解できない表現が混じってしまいます。ご容赦くださいorz  お借りしましたスーパーウルトラサンボマーシャルアーツに素敵な皆様です!→えしだん→なお様 ぽけすと→エディ様 PK・F→アシッド様 オリジナル→キャロル様、カルバドス様http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=24674074、アーシファ様、ひなた様!ありがとうございます…! 追記:特ルリに出たいと仰ってくださる方を募集しております。どなた様でも大歓迎でございますので、子、こんなヘタレ小説でもよろしければお気軽にコメントをどうぞ!採用率は100%です…(いらん  
  • 特ルリ

    特にオチのないルリカゼお嬢様短編70

    まずうちさぁ……中途半端なシリアス続編あるんだけど、読んでかない? あ~、オチないっスね~  ポケモン(ポケダン)ベースの世界観による交流小説……もどき。普段はギャグSSですが、今回のように希にシリアス()になることもありますのでご注意くださいorz 参加者様はいつでも歓迎でございます…!(いない  こ、今回も、読んでくださったすべての方に感謝を…!ありがとうございます… 一応シリアス編を完結まで持ち込めましたが……まだ、続くようです、すみませんorz   テンプレ→ よろしければ前回→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1781298 からどうぞ…!(読んでいただかなくてもお楽しみいただけるように作っているつもりではありますがorz) テンプレ→登場人物紹介→ http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=15583701→  http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1035505 その他→イメレス先からどうぞ、すみませんorz オチなし、意味なし、ケモナー向け、恋愛要素(BL,Nl,GL)を含む可能性があります、十分ご注意ください。内輪ネタはなるべく控えていますが、ごくまれに過去作を読んでいないと理解できない表現が混じってしまいます。ご容赦くださいorz   【ここまでテンプレ】 お借りした皆様あ…(大嘘ではないが大嘘)→ えしだん:アズサ様(出番増) なお様 あい様 しろん様(出番増) 火車風様(出番増) しゃもん様(出番増)  しっぽ様  オリジナル→ホープ様  ひなた様 ハヅキ様 ミヅキ様 リノ様 やよい様 あ、ありがとうございます…!
  • サトシ兄妹の大冒険コラボ小説 闇に堕ちた太陽と歌声 FILM RED

    闇に堕ちた太陽と歌声 FILM RED 特別章②

    キラ達の過去を知ったサトシ達。そんな中、ダークネス帝国の本拠地に繋がると言われたパルデアの大穴の事が話題になる。そしてサスケはパルデアの歴史について語り始めるのだった。
    11,076文字pixiv小説作品
  • 特ルリ

    特にオチのないルリカゼお嬢様短編78

    「ほら、これでまた一つ続編作品が増えたわけだ」 がんらい特ルリはオチがない故に、こんないやみを言ったのでした。 ついに合算100作品を迎えました、これも皆様のおかげです…!ありがとうございますorz  ヤナッキー♀の「ルリカゼ」お嬢様をタイトルに冠するタイトル詐欺がしない気もしないポケモン(ポケダン)ギャグファンタジーSS。 身内企画のようになっていますが、よろしければお読みくだされば幸いですorz 特ルリにお子さんを参加させたいなどはお気軽にどうぞ…!(いらん オチなし、意味なし,および一部の表現はケモナー向けにご注意ください。ケモノは原型よりです テンプレガイドライン(新) → 最初から:http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1035505 このエピソードの最初から: http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1909821 登場人物紹介(やや不完全): http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1558370 その他イラストなど→イメレス先、あるいは特ルリタグからどうぞ、すみません 今回も、見てくださった方に感謝を…!ありがとうございますorz  彗星がやってきたら、お借りした素敵な皆様はどうなるんだろう。→ えしだん:しろん様 なお様 しゃもん様 しっぽ様  まぐ様 (まる様)  オリジナル→  トゥエーデ様 まる様  スティーリア様  ホープ様 ハヅキ様 ミヅキ様 リノ様 やよい様 アリア様 シルファ様 ビクトリア様 ビズ様 キャロル様 カルバドス様 P/C→ビアンカ様  ぽけすと→マーガレット様 ノワール様(NEW) ありがとうございます。
  • 特ルリ

    特にオチのない、真面目なドレーン家のお話【再録】

    ポケモン夢小説「特ルリ」の過去作品再録になります。宜しければお読みください、ありがとうございます…! 

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  2. 2

    まつお

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー