ピクシブ百科事典

キノガッサ

きのがっさ

キノガッサとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.286
英語名Breloom
ぶんるいきのこポケモン
タイプくさ / かくとう
たかさ1.2m
おもさ39.2kg
とくせいほうし / ポイズンヒール / テクニシャン(夢特性)


進化

キノココキノガッサ(Lv.23)

キノコノココンビ



概要

どう見てもキノコなキノココが進化してくさ/どくタイプに…
と思ったら何を血迷ったかプロボクサーの道を歩んでしまい、初見で衝撃を受けたプレイヤーも多いはず。
図鑑でも、キノコ要素そっちのけでほとんどボクシング絡みの事しか書かれていなかったりする。どうしてこうなった
腕は短くみえるが、図鑑説明によるとパンチをするときに腕がぐーんと伸びる模様。

しかし、プレイヤーの戸惑いとは裏腹に、くさタイプの多彩な状態異常とかくとうタイプ馬鹿力のいいとこ取りをした結果、厨ポケの領域にまで達した。
尻尾についている種は毒の胞子であり、とくせいに反映されている。

名前は「木の傘(キノカサ)」、または実在するキノコ「キヌガサダケ」あたりが由来か。

なお、第5世代になってようやくモロバレルというまともに進化するキノコが追加された。

ゲームにおける特徴

キノココの進化系。初登場は「ルビー・サファイア(第3世代)」。
進化後のほうが可愛いポケモンだが、あのカイリキーと同じ攻撃種族値130を誇るマッチョ野郎。
弱点こそ多いが、「やどりぎのタネ」や各種粉、そしてキノココのまま進化を待てば命中100の催眠技キノコのほうしを覚えさせることができる。そして、それらで動きを止めた相手を格闘技、技マシンがあれば「きあいパンチ」で沈めるという強力なポケモン。
このため、高耐久だが鈍足のポケモンはキノガッサ相手にはほぼ役に立たない。

初登場時から既に「キノコのほうし」→「きあいパンチ」というコンボが確立されていたため強かったが、第4世代以降でさらに強化された。
安定した草物理技タネばくだんや苦手な飛行タイプに有利なストーンエッジ
反動付きだが強力なタイプ一致技ばかぢからなどを習得し、それまで見劣りがちだった攻撃技が強化。
なお、マッハパンチドレインパンチをタイプ一致で撃てる数少ない使い手であり、
実はこの両方の技を使えるかくとうタイプは、第四世代まではキノガッサエビワラーしかいなかった(第五世代になり、ローブシンも加わった)。

特性も新たにポイズンヒールを得た。
これは毒、猛毒状態になるとダメージどころか逆に徐々にHPを回復していくという強力なもの。
当然、特性が発動してしまえばすでに毒状態なので、状態異常も実質上の無効化である。
さらにどくどくだまという好都合な道具もあるため、能動的に発動させることも可能。
そのため、「みがわり」や「やどりぎのタネ」などを駆使し、ある程度場に居座ることも可能になった。
また、キノガッサを毒状態にするという役割を果たしてしまえばどくどくだま自体はもう用済みなので、
なげつける」でどくどくだまを敵にぶつけ、ダメージとともにもうどく状態にしてしまうという芸当もできる。

第5世代では、相手の素早さを下げる一致技の「ローキック」を習得。
これで素早さが負けている相手に対しても先制キノコのほうしで眠らせられるようになり、遅い相手を起点に投げてやれば胞子ループコンボが完成するようになった。
眠り状態の最大時間は減ってしまったものの、眠ったポケモンを交代すると回復までの経過ターン数がリセットされるという仕様変更のおかげで相手は下手に交代できず、胞子→みがわりと繋げやすくなったのも追い風といえるだろう。
エスパータイプのエーフィネイティオに特性:マジックミラーが追加されたのは痛いものの、2匹の性能自体は控えめなので、別のポケモンに任せれば大したことはない。

そしてBW2でついに、隠し穴にて隠れ特性テクニシャンが解禁。
ただでさえ強力なマッハパンチが1.5倍になり、なんとその威力はあのハッサムバレットパンチと同じ
つるぎのまい」を一回積まれただけでもかなりヤバい火力となる。さらに、格闘はメジャーな弱点を突けるので・・・
テクニシャンの恩恵を受けるのはタネマシンガンも同様で一回の威力も25から37.5に上昇し、2回命中でも75(補正で112.5)、5回当たればなんと187.5(補正で281.25)
加えてがんじょう潰しにもなるので、テクニシャン特性の場合の草技枠はタネマシンガン推奨。
見落とされがちだが、前述のローキックもテクニシャン適用範囲内。
威力も60から90(補正で135)に上昇し、かつ相手の素早さを下げられるので十分主力技になりうる。

上記の2種類の型による非常に強力な2択も発生し、僅か460の種族値ながらまともにポケモンをやる上で対策必須級のポケモンという性能になっている。なんてこったい。

欠点らしい欠点といえば経験値タイプが164万タイプで育てにくいことくらいか。

これらの事情で第5世代の環境では最強との呼び声も強かった。

…しかし、世代を追うごとに強化されていく増徴っぷりも第6世代でついにストップがかかった。
まず新タイプのフェアリーがかくとうタイプの弱点であることを筆頭に、
特性「ぼうじん」、またくさタイプに粉を用いる技が通らなくなった。同様の効果を持つ「ぼうじんゴーグル」というアイテムも登場しており、キノコのほうしを無効化する手段が増えてしまった。また、眠り状態で交代してもターン数のリセットがかからなくなっている。
さらに特性のすりぬけと、音を用いる技にみがわりを無視して攻撃できる効果が追加され、ポイズンヒールでの居座りが難しくなった。
さらにさらに、ひこうタイプの技を先制技にする「はやてのつばさ」を持つファイアローノーマルタイプの技を飛行タイプに変えてしまう「スカイスキン」を持つメガカイロスとなどの強力なポケモンが追加されている。
細かいところではローキックやめざましビンタの威力が上昇してテクニシャンの適応範囲から外れてしまった(一応はっけいは威力60のままだがキノコのほうしとの相性が良くない)等ありとあらゆる面から弱体化を喰らってしまった。
今まで幅を利かせすぎた結果とも言えなくもないが、これに対しては嫌がらせと思う人も多いとか。

一方で相性補完になりうるがんせきふうじが威力・命中共に強化された為、ひこうタイプの後出しを許さなくなったのは評価点。
ただファイアローやひこうタイプを迎撃できるとはいえ、ひこうタイプ4倍弱点は純粋に痛く、持ち物はきあいのタスキでほぼ固定になってしまったのはかなり痛い。
またこれ故に技もかなり縛る羽目になってしまい、キノガッサを運用するならばキノコのほうしがんせきふうじは必須と言われるまでになってしまった。他は大概マッハパンチタネマシンガンで埋まってしまう為、対面で大体持ち物と技がばれる
まれにばかぢからを採用したスカーフ型やポイヒ型がいる程度である。

確かに第6世代では少しづつ再評価自体はされてきている。
だが評価と引き換えに型の柔軟性は大幅に失われてしまっている。第5世代以前と比べるとやはり動き辛くなったというのは否定できないだろう。

が、第7世代でまたもや環境が大きく変わる。
あの天敵・ファイアローが大幅に弱体化、数を大きく減らす事になったのである。
その結果、キノガッサはまさに菌類らしく大増殖を果たした。
カプ・コケコのせいで催眠が使いにくく、カプ・テテフのせいで先制技が使いにくい明らかにキノガッサにとって逆風でしかない環境でもお構いなしに数を増やしている
さすがに全盛期程強力と言うわけではないが、やはり4倍弱点を突かれないと言うだけでここまで変わるとは思わなかっただろう。

なお、さかさバトルではラティオスと同様に強力なポケモンの1体。
しかし一貫性の強いメガガルーラが相性の悪いノーマルタイプというのが難点。

ちなみに捕獲要員としても

  • 確定で眠りに出来る「キノコのほうし」
  • 相手にトドメ刺さず、残りHPを1で止める「みねうち」
  • ポイズンヒールによる安定性、テクニシャンによる「みねうち」の強化と使いやすい特性持ち
  • 同じ用途で使われやすいパラセクトドーブルよりも能力値が高い
  • HGSSのサファリゾーンではLV.46のキノココ(キノコのほうしを覚えている)が出現する為即戦力も可能
と言った特徴から評価されている。

一方で上記二体と比べ、
  • 第4世代では「みねうち」が遺伝のみ
  • 「キノコのほうし」も遺伝させなければ修得に相応のレベルアップが必要である
  • 飛行タイプが苦手
  • ゴーストタイプに「みねうち」を当てる手段がない
など、欠点もある。
とは言え、全体的なスペックとしては高く、またオメガルビー・アルファサファイアでは序盤に捕獲可能なので、序盤から活躍してくれるだろう。

使用トレーナー

レンブ/四天王(イッシュ) 強化後

関連イラスト

るんたるんた
きのこ



関連タグ

ポケモン一覧 パラセクト モロバレル どうしてこうなった キヌガッサ

pixivに投稿された作品 pixivで「キノガッサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 781146

コメント