ピクシブ百科事典

キノガッサ

きのがっさ

キノガッサとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.286
英語名Breloom
ぶんるいきのこポケモン
タイプくさ / かくとう
たかさ1.2m
おもさ39.2kg
とくせいほうし / ポイズンヒール / テクニシャン隠れ特性


進化

キノココキノガッサ(Lv.23)

キノコノココンビ



概要

キノココの進化形。初登場は「ルビー・サファイア(第3世代)」。
どう見てもキノコなキノココが進化してくさ/どくタイプに…
と思ったら何を血迷ったかプロボクサーの道を歩んでしまい、初見で衝撃を受けたプレイヤーも多いはず。
図鑑でも、キノコ要素そっちのけでほとんどボクシング絡みの事しか書かれていなかったりする。どうしてこうなった
腕は短くみえるが、図鑑説明によるとパンチをするときに腕がぐーんと伸びる模様。

しかし、プレイヤーの戸惑いとは裏腹に、くさタイプの多彩な状態異常とかくとうタイプ馬鹿力のいいとこ取りをした結果、厨ポケの領域にまで達した。
尻尾についている種は毒の胞子であり、とくせいに反映されている。

名前は「木の傘(キノカサ)」、または実在するキノコ「キヌガサダケ」あたりが由来か。

なお、第5世代になってようやくモロバレルというまともに進化するキノコが追加された。

ゲームにおける特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
6013080606070

進化後のほうが可愛いポケモンだが、あのカイリキーと同じ攻撃種族値130を誇るマッチョ野郎。
弱点こそ多いが、「やどりぎのタネ」や各種粉、そしてキノココのまま進化を待てば命中100の催眠技キノコのほうしを覚えさせることができる。そして、それらで動きを止めた相手を自慢の攻撃技でボコボコにするという強力なポケモン。
素早さ種族値が70である点もポイントで、これまでの「キノコのほうし」使いだったパラセクトの素早さ種族値を40も上回っている。
このため、素早さ種族値が70を下回るポケモンは簡単にキノガッサの餌食になり、たとえキノガッサより素早くても一撃で処理しきれないと確実に術中に嵌めて来るという恐ろしい性能を持つ。

初登場時から既に「キノコのほうし」→「きあいパンチ」というコンボが確立されていたため強かったが、第4世代でそれまで特殊扱いだったくさタイプの念願の物理技タネばくだん、まともなかくとう技ドレインパンチ」「ばかぢから、苦手なひこうに一矢報いられるストーンエッジ、更に新たな特性ポイズンヒールを獲得し物凄い強化を果たした。
「ポイズンヒール」は「どく」「もうどく」状態になるとダメージどころか逆に徐々にHPを回復していくという強力なもの。
一度発動してしまえば状態異常を一切受け付けず、更に同世代から登場したどくどくだま能動的に特性が発動できる。
これにより一度「みがわり」とどく状態が発動すれば「キノコのほうし」「やどりぎのタネ」による嵌め殺しプレイが開幕するという恐ろしいポケモンになった。

第5世代では、相手の素早さを下げる一致技の「ローキック」を習得。これで素早さが負けている相手に対しても先制キノコのほうしで眠らせられるようになり、遅い相手を起点にして交代際に「ローキック」を仕掛ければ一気に嵌め殺しプレイが完成するようになった。
更にここに来て「タネマシンガン」が威力10から25に上昇し、「きあいのタスキ」や同作で強化された「がんじょう」も貫通する強力な技へと変化した。
そして何故か眠ったポケモンを交代すると回復までの経過ターン数がリセットされるという仕様変更のおかげで相手は下手に交代できず、胞子→「みがわり」と繋げやすくなった。
だがこいつの強化はこの程度で収まっていなかった。
何と隠れ特性「テクニシャン」が『BW2』で解禁された。
タイプ一致先制技「マッハパンチ」が威力1.5倍になり、なんとその威力はあのハッサムの「バレットパンチ」と同じ。しかも「タネマシンガン」「ローキック」までも特性の対象。
一度「つるぎのまい」を使ってしまえばもう止まらない。それでいて「キノコのほうし」で確実に隙を作ることができる。
何が凶悪って、嵌め殺しコンボなのか積みアタッカーなのか全く読めなくなったこと。片方の対策はできてももう片方は手薄になることが非常に多く、結果完全な対策ができない超厨ポケにまでのし上がった。

だが流石に強過ぎたのか第6世代で大幅に弱体化を受けた。
「マッハパンチ」の上からブレイブバード」を叩き込むファイアロー、くさタイプや特性「ぼうじん」に「キノコのほうし」「しびれごな」が効かなくなったこと、音技が「みがわり」状態を貫通する(特にスキン特性持ちハイパーボイス)仕様変更、前世代で交代すると「ねむり」のターンがリセットされる仕様が今作で元に戻ったこと、更には「ローキック」「めざましビンタ」が威力が上がったことて「テクニシャン」の対象外になってしまったこと……と、挙げればきりがない。
これにより嵌め殺しコンボは一気に鳴りを潜め、「きあいのタスキ」を持たせたアタッカーのみが細々と生き残る状態に追い込まれた。
がんせきふうじ」が「テクニシャン」の対象内に入っただけでなく命中率も上がったことで使いやすくなったのは救いだが……

だが続く第7世代で今度は先のファイアローが大幅弱体化を受け、結果再びキノガッサが第一線に復帰した。
カプ・コケコカプ・レヒレのせいで「キノコのほうし」が使いにくく、カプ・テテフのせいで先制技が使いにくいにも関わらずお構いなしに数を増やしている。というかそれ以外の相手には今まで通り強い。
隙あらば繁殖するあたりりやっぱりキノコである。

ちなみに捕獲要員としても

  • 確定で眠りに出来る「キノコのほうし」
  • 相手にトドメ刺さず、残りHPを1で止める「みねうち」
  • 「ポイズンヒール」による安定性、「テクニシャン」による「みねうち」の強化と使いやすい特性持ち
  • 同じ用途で使われやすいパラセクトドーブルよりも能力値が高い
  • HGSSのサファリゾーンではLV.46のキノココ(「キノコのほうし」を覚えている)が出現する為即戦力化も可能
と言った特徴から評価されている。

一方で上記二体と比べ、
  • 第3、第4世代では「みねうち」が遺伝のみ
  • 「キノコのほうし」も遺伝させなければ進化させずに長期間育てることになる
  • 第6世代からはくさタイプや「ぼうじん」持ちを眠らせることができなくなった
  • ひこうタイプが4倍弱点
  • ゴーストタイプに「みねうち」を当てる手段がない
  • 経験値タイプがまさかの164万(レベル100にするのに最も経験値が必要)
など、欠点もある。
とは言え、全体的なスペックとしては高く、また『ORAS』では序盤に捕獲可能なので、序盤から活躍してくれるだろう。

ポケモンGO

2017年12月9日に追加された第三世代第一陣の内の1体として登場。

かくとうタイプとしては中堅どころの性能で、総合性能ではカイリキーには及ばないが、あちらと比べて進化にかかる手間が少なくて済むのはうれしい(進化前のキノココの出現率はそこそこといったところだが、晴れの日には天候ブーストの効果で出現率が上がるため、ワンリキーマクノシタよりかは見つけやすい)。
また、現状かくとう技で最もダメージ効率の良い「カウンター」と「ばくれつパンチ」の組み合わせを実現可能なので、実戦ではそれなりに使える。アブソルバンギラスなどの強力なあくタイプポケモンのレイドバトルでは貴重な戦力になってくれることだろう。

このように、かくとうタイプとしては割と強力なのだが、一方のくさ技は、通常技でタネマシンガン、ゲージ技でタネばくだんといった貧弱な技しか覚えてくれないため、くさポケモンとして運用しようとすると途端に苦しくなってしまう。素直にかくとう技に専念させてやるのが良いだろう。

また、攻撃が高い反面、HP、防御はワーストクラスであり、非常に打たれ弱い
さらに、くさ複合なので、強力なほのお技やむし技等を繰り出されると、持ち前の耐久力の低さと相まってほぼ一撃で沈められてしまう。特にバンギラスはゲージ技で「だいもんじ」を繰り出してくることがあるので、レイドでうっかり引き当ててしまった場合はキノガッサは繰り出さない方が無難である。

使用トレーナー

レンブ/四天王(イッシュ) 強化後
シジマ/ジムリーダー(ジョウト) 強化後
トウキ/ジムリーダー(ホウエン) PWT
ナタネ/ジムリーダー(シンオウ) PWTワールドリーダーズ・タイプエキスパート

関連イラスト

るんたるんた
きのこ



関連タグ

ポケモン一覧 パラセクト モロバレル マシェード どうしてこうなった キヌガッサ

pixivに投稿された作品 pixivで「キノガッサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 859094

コメント