ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

略称はPWT
ポケモンBW2にて新しく登場したバトル施設。
会場はホドモエシティの南で、かつて冷凍コンテナがあった場所。
ヤーコンに勝利後、入れるようになる。
これまでのポケモンシリーズにおけるジムリーダーポケモンリーグチャンピオン(アイリス以外)と戦える。
ただし、四天王(元ジムリーダーのキョウ含め)とは戦えない。
ちなみに殿堂入り前から参戦できる「ホドモエトーナメント」では、チェレンホミカアーティカミツレヤーコンの5人としか戦えない。

出場するジムリーダーとチャンピオンには、各々「切り札」となるポケモンがおり、そのポケモンを必ずかつ一番手で繰り出してくる。
残りのポケモンは決められたメンバーの中からランダムで決まる。
なお、原典でペア扱いだったフウとラン及び、ポッドコーンデントは、それぞれ個別で出場する。

ちなみに、「レンタルトーナメント」と「ミックストーナメント」でのみ、ベルが出場する。

余談だが、バトル時のキャラクターの肩書きはジムリーダー勢もチャンピオン勢も全て「ポケモントレーナーの〇〇が勝負をしかけてきた!」で統一されている。
立場の関係なく、一人のトレーナーとしての彼ら・彼女らとの戦いということなのかもしれない。

ジムリーダーいえるかな?(全地方まとめ+α)

頂点に君臨する者たち



なお、「クリア後の対戦施設」的な場所でもあるので、経験値は貰えず、Lv50フラットのルールになる。勝利すればバトルポイントがもらえ、負けても各種かけらがもらえる。
使用ポケモンには努力値が振られており(それぞれ2種類の能力に255振っている)、同じポケモンにも複数のパターンが用意されている場合もある。
3回勝つだけで優勝になるので、いくらかガチガチな戦法をしてくるポケモンは居るものの難易度は高くはないのだが、「普段は対戦なんて全くやらない」「ストーリー中でも度々全滅してしまうほどゲームは苦手」といった層の人にとっては勝ち進んで会う事すら厳しい。
地下鉄のスーパーランク同様、旅パで勝ち進むのは無理ゲー感ある縛りプレイなので、そういう人たちはこれを機に対戦の世界に足を踏み入れてはいかがだろうか。

ルール

対戦形式

  • シングルバトル
  • ダブルバトル
  • トリプルバトル
  • ローテーションバトル


基本ルール

  • 参加ポケモンはレベル50統一(49以下も50になる。ホドモエトーナメントのみ25)
  • タマゴは参加できない
  • 1回でも負けた場合は敗退
  • 最後のポケモンが同時に倒れた場合、判定により相手の勝ちとなる


以下のルールは「ホドモエトーナメント」および「イッシュリーダーズ」以外で適用される。

  • ゼクロムなどの伝説ポケモンやビクティニなどの幻のポケモンは参加できない(コバルオンなどのいわゆる「準伝説」は参加可能)
  • 同じポケモンを2匹以上参加させることはできない
  • 同じ道具を2つ以上持たせることはできない
  • 技「フリーフォール」を覚えたポケモンを参加させることはできない
  • アイテム「こころのしずく」を持たせることはできない

トーナメントの種類

トーナメントルール概要
ホドモエトーナメントストーリー進行でも出場する
レンタルトーナメント自分も相手もレンタルポケモンを使用してバトルする。※上位ルールにレンタルマスターがある
ミックストーナメント戦う前に互いに1匹ずつポケモンを使用ポケモンを交換して戦う(トリプルバトルでは2匹)。※上位ルールにミックスマスターがある
ダウンロードトーナメントWi-Fiでダウンロードしたトレーナーと戦う。ルールはダウンロード先に合わせたルールになる。大会上位者と戦えるものや、伝説のポケモンを加えたもの等もある
タイプエキスパートトーナメント指定した1つのタイプを持つポケモンのみで対戦する。各地方のジムリーダーの他、モブトレーナーも登場する。モブトレーナーはスーパートレインレベルの相手になる。
イッシュリーダーズトーナメントイッシュ地方のジムリーダーと対戦する。上記の通りルールの縛りが緩く、禁止級幻のポケモンも参加可能
カントーリーダーズトーナメントカントー地方のジムリーダーと対戦する
ジョウトリーダーズトーナメントジョウト地方のジムリーダーと対戦する
ホウエンリーダーズトーナメントホウエン地方のジムリーダーと対戦する
シンオウリーダーズトーナメントシンオウ地方のジムリーダーと対戦する
ワールドリーダーズトーナメントいままでの全地方のジムリーダーと対戦する
チャンピオンズトーナメントBW2を除いた全地方のチャンピオンと対戦する


出場トレーナー

名前主なタイプ切り札
カントージムリーダー
タケシいわイワーク
カスミみずスターミー
マチスでんきライチュウ
エリカくさラフレシア
アンズどくモルフォン
ナツメエスパーフーディン
カツラほのおウインディ
サカキじめんドサイドン
ジョウトジムリーダー
ハヤトひこうピジョット
ツクシむしハッサム
アカネノーマルミルタンク
マツバゴーストゲンガー
シジマかくとうニョロボン
ミカンはがねハガネール
ヤナギこおりマンムー
イブキドラゴンキングドラ
ホウエンジムリーダー
ツツジいわダイノーズ
トウキかくとうハリテヤマ
テッセンでんきライボルト
アスナほのおコータス
センリノーマルケッキング
ナギひこうチルタリス
フウエスパーソルロック
ランエスパールナトーン
アダンみずキングドラ
シンオウジムリーダー
ヒョウタいわラムパルド
ナタネくさロズレイド
スモモかくとうルカリオ
マキシみずフローゼル
メリッサゴーストムウマージ
トウガンはがねトリデプス
スズナこおりユキメノコ
デンジでんきエレキブル
イッシュジムリーダー
チェレンノーマルムーランド
ホミカどくペンドラー
アーティむしハハコモリ
カミツレでんきゼブライカ
ヤーコンじめんドリュウズ
フウロひこうスワンナ
シャガドラゴンオノノクス
シズイみずブルンゲル
ポッドほのおバオッキー
コーンみずヒヤッキー
デントくさヤナッキー
アロエノーマルミルホッグ
ハチクこおりフリージオ
チャンピオン
ワタルドラゴンカイリュー
ダイゴはがねメタグロス
ミクリみずミロカロス
シロナ-ガブリアス
アデク-ウルガモス
グリーン-不定
レッド-不定


余談

PWTの施設内には大会内で戦ったトレーナーの情報を教えてくれる男がいるのだが、この男、基本的に男性トレーナーの説明はかなり投げやりな一方で、女性トレーナーの説明の時には「早くイブキさまがワタルより強くなればいいのにな!」だの、ああ!みらいよちされてえ!!だの異様にテンションが上がる。
もちろん攻略には一切役立たない。

全ての対戦が終わった後、入り口左に主人公と対戦したトレーナーが待機している。ところが何故かレッドだけ姿を消してしまう。休憩もそこそこに修行に向かっている、『金銀』で対戦した後すぐに姿を消してしまうことへのオマージュ等の推測がなされているが、真相は不明。またこれによって一時期死亡説が盛んになったが、『ポケモンSM』にて否定された。

この当時は四天王以外のあくタイプのエキスパートトレーナーとフェアリータイプは存在しない。第8世代現在なら、タイプエキスパートトーナメントにフェアリータイプが加わり、あくタイプにはクチナシネズマリィが参戦したりと豪勢になっていただろう。

関連タグ

ポケモン ポケモンBW2 ジムリーダー
バトル施設(ポケモン)
ポケモンシリーズのバトル施設

関連記事

親記事

バトル施設(ポケモン) ばとるしせつ

子記事

  • PWT ぴーだぶりゅーてぃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ポケモンワールドトーナメント」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ポケモンワールドトーナメント」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7300

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました