ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キリンリキ

きりんりき

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0203
ジョウト図鑑(GSC)No.147
ホウエン図鑑(RSE)No.164
シンオウ図鑑No.121
ジョウト図鑑(HGSS)No.149
ホウエン図鑑(ORAS)No.171
パルデア図鑑No.192
ブルーベリー図鑑No.025
ローマ字表記Kirinriki
ぶんるいくびながポケモン
タイプノーマル / エスパー
たかさ1.5m
おもさ41.5kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性1せいしんりょく:所有しているポケモンはひるまない。いかくを無効化する。
特性2はやおき:「ねむり」状態から早く目覚める
隠れ特性そうしょく:相手のくさタイプの技を無効化し、自分の「こうげき」を一段階上げる
おとしものキリンリキのけ
タマゴグループりくじょう

各言語版での名称

ドイツ語・英語・スペイン語・フランス語・イタリア語Girafarig
韓国語키링키
中国語麒麟奇

進化

Farigiraf & Girafarig

キリンリキリキキリン(ツインビームを覚えた状態でレベルアップ)


概要

ポケットモンスター金銀』が初出のキリンの様な姿のポケモン。

分類も「首長ポケモン」だが、現実のキリンほど首や脚は長くなく、食べるのも草や木の芽等の地表の植物である。


どの国の名称でも回文になっているのが特徴で、アニメ版でもニャースが「上から読んでも下から読んでも“キリンリキ”」と驚くシーンがあったりする。

一般的にキリンを「長頸鹿」と表記する中国語でも日本語版に倣って「麒麟奇」となっている。


Girafarig GS Beta Back Sprite

ポケットモンスター金銀』の開発が発表されたばかりの当初の試遊台では『UBじみた前後対称の双頭ポケモン』としてデザインされていた(尻尾側のツノは一本である)。

その後、細い棒状の尻尾の先に球体をくっつけたような形になり、色分けのみ中央を境に反転させる現在の姿に改められ製品版や各メディアで登場に至った。


No.203

結果、後ろ側の頭は尻尾の先の別ゲームのアレに似た小さなものとして残存し、図鑑で説明されているのもその事ばかり。


尻尾側のはあまりにも小さいため、思考能力や理性を持たず、不用意に後ろから近づいた者の音や匂いに反応し、本能的に噛みついてくる。

技として「かみくだく」や「サイコファング」も使用可能な扱いから、顎の力もそれなりにある様だ。


また、神経程度の消耗しかしないため、全く睡眠を必要とせず、キリンリキはこの尻尾で24時間周囲の警戒にあたることが可能(はやおきを特性に持つあたり、本体も睡眠時間が短いのだろう)。

ピンチに追い込まれると、尻尾が不思議な力を使って敵を追い払うと有るので、実はサイコパワーの発信器官となるのもそちららしい。タイプもノーマル・エスパー(エスパーが後ろ側)なのも、そういうことなのだろう。


不思議で異様な身体構造だが、本体が食事をすると連動して口を動かす等かわいらしく見える一面もあってか、より多くのユーザーに受け入れられやすいデザインに落ち着いた。

『GO』におけるシャドウポケモン化した場合、きっちり尻尾の目も赤くなる。


ゲームにおける特徴

リッシこのほとり

  • 生息地の傾向としては43ばんどうろ(ジョウト)やリッシ湖のほとり、自然保護区、サファリゾーン(ホウエン)といった水辺のある森林付近が多い。
  • 現在のシンオウでは普通に野生種として確認されているが、ヒスイ地方時代には生息しておらず、外来種だと考えられる。

  • ストーリーにおいては、シンオウ四天王・ゴヨウの手持ちで登場する。

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
708065906585455

  • 初のノーマルエスパー複合タイプとして登場した。この組み合わせはエスパーの弱点であるゴースト技を無効化でき、ノーマルの弱点であるかくとう技も等倍に抑えられるため、相性が良い。

  • もっとも、ジョウトの無進化ポケモンにありがちな、能力が低めに設定されてしまっている。耐久面などゴースト技を受け流したところで、普通にサブウェポンで押し切られ兼ねないレベルである。

  • 器用なタイプ同士の複合からか、「じしん」や「ふいうち」(第4世代限定)等、珍しい技もちらほら覚えるものの、弱点として残るむしタイプあくタイプに有効な技に限って抜けているので、簡単に止められる事態には変わりがなかったりする。もちろん、様子見のつもりで放たれる「とんぼがえり」や「はたきおとす」(第6世代~)で致命傷を負ってしまう点も、一般的なエスパータイプのポケモンと何ら変わらない。

  • しかしながら、第六世代のバトル施設ではラジュルネが使用してくるなど強豪トレーナーの中にも一定の使用者はいる。



  • 第七世代では、『USUM』にて有用な「サイコフィールド」と「サイコファング」を習得し、後者は物理型の新たなメインウェポンになった。

  • 第八世代では残念ながらリストラされた。BDSPで漸く登場。

  • 第九世代にて進化系のリキキリンが登場した事で、ポケモンSV以降からオドシシ同様しんかのきせきが適用になった。進化にも必要な「ツインビーム」はこの系統の専用技であり、エスパータイプ初の連続攻撃でもある。なお、キリンリキは進化後より素早さが高いため、きあいのタスキ持ちキノガッサを先手ツインビームによって一撃で倒せるメリットがある。また、物理攻撃もあまり変わらないため、リキキリンとの差別化を考慮するなら種族値に沿った中速アタッカーとなるだろう。

使用トレーナー

ゲーム版

※1:ポケモンスタジアム金銀


アニメ版


漫画版

  • ロケット団中隊長リョウ(ポケスペ)
  • 育て屋夫婦(ポケスペ)
  • ゴヨウ(ポケスペ)

番外作品

ポケモンスタジアム金銀

  • 条件を満たせば「オオタチのピョンピョンボール」というミニゲームでなぜか使用できる。

ポケモンマスターズ

  • ゴヨウ&キリンリキ
    • チャーレム(スモモ)、フーディン(ナツメ)、ドータクン(ネジキ)とエース級が軒並み他のトレーナーのエースになっているため、暫定的にジムリーダーや四天王のパーティ採用率が低いゴヨウのエースになっている。
    • 使う技もねんりきなきごえと本家だと初歩中の初歩技でしかない構成。どうしてこうなった。幸いにもバディーズわざは『エピローグへと導くサイコキネシス』となっているので決して弱いというわけではない。
    • フォローしておくと本家(BDSP版)では起点作り用(ひかりのかべトリックルーム要員)のポケモンとして登場し、早めに倒しておかないと後続のポケモンたちで無双される事も珍しくないほど油断ならないポケモンではある。
    • しかし、強化パーティでは技範囲が広く、役割のはっきりしているエルレイドに取って代わられるのであった…無念(これはそもそも壁要員として既にバリヤードがいるからである)。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • 無印156話「キリンリキ!エスパーポケモンのむら!」
    • チェリー(CV:かないみか)のポケモンとして登場(CV:愛河里花子)。ブレンタウンの慣わしでチェリーがゴーストタイプ対策に連れている(ゴーストタイプ側が打点技を持っていなければゴーストタイプが完封できるのでチョイスは良い…尤もこれはどくタイプ持ちであるゴース系統に限った話である)。得意技はみらいよちとなっており、エスパー技を反射するミラーを持つロケット団の巨大ゲンガーに立ち向かった。

  • AG78話「ポケモンコンテスト!ルイボス大会!!」
    • コンテスト参加者のソノタのポケモンとして登場。

  • マサムネのキリンリキ
    • AG126話「予備選スタート!マサムネ登場!!」マサムネの一番手として登場したが、ヘイガニにあっさり負けてしまった。

  • ゴヨウのキリンリキ
    • DP35話「四天王ゴヨウとドータクン!」ではゴヨウのポケモンで登場。峠のポケモンセンターのTVで録画中継では、素早い動きで相手のハッサムの攻撃をかわし「サイケこうせん」の一撃で倒している。

  • チアキのキリンリキ
    • 第76話「レストラン七つ星! タッグバトルでフルコース!!」では「レストラン七つ星」のオーナー・チアキのポケモンでヒカリとハルカとのタッグバトルの時に登場。
    • ハルカのバシャーモの攻撃を軽くかわしてしっぽの黒い頭がバシャーモに噛みつくが、ポッチャマの「うずしお」に巻き込まれ、空中に放り出された所へポッチャマの「バブルこうせん」とバシャーモの「ほのおのうず」の中に閉じ込められ、中で炎と水のエネルギーがぶつかり合って最後に爆発して倒される。

  • コトネのキリンリキ
    • 「ダンジョン攻略!?谷間の発電所!」でコトネの手持ちで登場。倉庫の扉を破って脱出するためにダブルアタックを指示したが、効果は上げられなかった。

  • リンのキリンリキ
    • 劇場版『結晶塔の帝王ではゲストキャラクター・リンのポケモンとして登場。サトシとのバトルではチコリータと対戦、サイケこうせんで勝利している。

その他


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 3章でロケット団中隊長のリョウのポケモンで登場し、スイクンハンターであるミナキをサイコウェーブで追いつめ、更に姿を眩ましたミナキに対してしっぽで微かなにおいをかぎ分けて茂みに隠れていたミナキを発見している。
  • 同章では育て屋のポケモンの1匹で登場し、運動不足解消をかねてゴールドに修行をつけた。
  • 8章ではゴヨウのポケモンで登場する。

余談

元々の企画では「ノーマル・あく」タイプで分類は「がったいポケモン」だったらしい。自力で「かみくだく」等を覚えるのはその名残と思われる。


次世代以降は尖った強気なデザインも見られるようになったため、初めて出てくるのが第3世代以降なら没デザインの姿で世に出てくる未来も有ったのかもしれない。

しかし、20年以上経った『ポケモンSV』にて、遂に念願の追加進化を果たした。


関連イラスト

キリンリキポケモン

無題キリンリキ尻尾252振り


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン GSC HGSS

ポケモン一覧ノーマルタイプエスパータイプ

リキキリン


0202.ソーナンス0203.キリンリキ→0204.クヌギダマ


同複合タイプ


第9世代追加進化


関連ポケモン等




その他


.

関連記事

親記事

ノーマルタイプ のーまるたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 973096

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました