ピクシブ百科事典

パッチール

ぱっちーる

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.327
ぶんるいぶちパンダポケモン
タイプノーマル
たかさ1.1m
おもさ5.0kg
とくせいマイペース/ちどりあし/あまのじゃく隠れ特性


他言語版の名称

英語 Spinda
イタリア語Spinda
スペイン語Spinda
フランス語Spinda
ドイツ語 Pandir


概要

名前の由来は「パッチワーク」と「シール」だろうか。欧米圏での名前はおそらく「スピン」+「パンダ」だと思われる。

ぶちパンダポケモンらしいが、パンダっぽくはない。むしろこっちの方がパンダポケモンである。
一体一体模様が違うことで有名でも極めて低い確率(実際には約1/42億)で全く同じ模様の個体がいるらしい。
第7世代では「むしゃむしゃーな!」という鳴き声を出している。

種族値が60で統一されている事でも有名。
一見弱そうなポケモンに見えるが、種族値ALL60のノーマルタイプは、タイプ相性的な弱点の少なさと数値的な弱点箇所がない為、調整をかけることにより思いのほか活躍してくれる場合もある。

が、オール60というのは能力のバランスそのものはとれているが全体的にどれも低い水準でとどまっているのが難点。そのため、パッチールの性能を最大限に生かすのは難しく、不遇ポケモンとして扱われているのが現状である…。

「ねこだまし」→(タスキ耐え)「じたばた」→「ふいうち」等のアタッカーコンボ型や、豊富な補助技を生かしたダブルバトルでのサポート型等扱い方によっては大きく化けるポケモンであり、種族値の改善次第では強ポケになる可能性はある。

通常特性はどちらも混乱にまつわるものである。
マイペースならば「あばれる」をノーリスクで放て、ちどりあしでも「あばれる」とシナジーがあるが、だからといってどうというわけでもない
やはりパッチールといえば、全員を混乱状態にする「フラフラダンス」だろう。

元祖あまのじゃく+「ばかぢから」の使い手でもあり、攻撃力と防御力を上げながら、威力120の攻撃を放つことができるのだが、やはりこちらもry


特性とシナジーがある技が全特性に揃うが、種族値が追い付いていないレアケースである。この共通点があり、不遇という意味ではトロピウスと近いかもしれない。

関連イラスト

ぐるぐる
パッチールGETだぜ!
フラフラしてんじゃね~よ



関連タグ

ポケモン パンダ
ヤンチャム ゴロンダ:パンダポケモン繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「パッチール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 475132

コメント