ピクシブ百科事典

ニューラ

にゅーら

ニューラとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.215
英語名Sneasel
ぶんるいかぎつめポケモン
タイプあく / こおり
たかさ0.9m
おもさ28.0kg
とくせいするどいめ / せいしんりょく / わるいてぐせ(隠れ特性)


進化

ニューラマニューラ

悪猫



概要

ポケットモンスター金・銀(第2世代)に初登場したポケモン。
鋭いカギ爪を持っており、木に登り、アーボと同様にポッポオニスズメの卵を食べる。
猫ポケモンの一匹とされ、公式でも猫として扱われることが多い。他の猫をモチーフとしたポケモンと異なり、猫のずるがしこいイメージを持つキャラクターとされている。
だが英語名「Sneasel」はイタチの英名「weasel」から取られていると思われ、「寒冷地で獲物をツメで切り裂く」という設定を踏まえると、本来は妖怪「カマイタチ」からの着想だと推測される。こおりタイプがついているのもこの為と思われる。
また、金・銀及びそのリメイクに登場するコイツを象徴するパートナーポケモンとして描かれるイラストや二次創作も多い。

ライバル



出現場所は寒冷地帯の洞窟およびその周辺に限られ、また捕獲率も低い。
♂♀で姿に違いがあり、♂は赤い左耳の部分が長く、♀は短い。

あまり能力が高いポケモンではないが、第4世代では進化形マニューラが登場し、大きくパワーアップした。
なお、貴重な先制技「こおりのつぶて」はニューラの時しか覚えられないが、タマゴ技として遺伝させる事ができる。

基本的に戦う場合は進化させた方がよいが、マニューラに進化すると通常特性が変わってしまう。この為特に特性「せいしんりょく」を活かしたい場合進化させずに使う必要がある。
とはいえ「こうげき」はそこそこ高く、更にニューラは同特性持ちかつ「ねこだまし」持ち中最速であることから、ごくたまに「ねこだまし」要員として紛れていることがあったりする。
また、未進化ポケモンのみが参加できるリトルカップでは、元無進化ポケモンということもあり、ストライクなどと並んで強ポケモンとして君臨している。技構成もマニューラそのままだったり。

ニューラの過去

今でこそ速攻物理アタッカーの役割を持てているニューラ及びマニューラだが、登場当初はこれでもかと言うほど使い勝手が悪かったポケモンである……
その理由として、登場時のあくタイプ、こおりタイプの攻撃技が全て特殊技だったことにある。
ニューラの特攻種族値はたったの35しかなく、「かみつく」も「れいとうパンチ」も特殊だったこの世代では、本来主力となるはずであるタイプ一致技がうまく使いこなせなかったのは言うまでもない。
それどころか、当時の1回使いきりの貴重な技マシンをニューラに使わないとまともな技がなかったために、対戦でも全く人気がなかった。
ちなみに当時の主力は「シャドーボール」などであり、今の環境を基準に考えるともはや何がしたいのかわからない状態である。
このポケモンが弱いのではないが、ゲームシステム上の構造的欠陥を抱えていたのである。
そもそもなぜ第2世代にそんなヘンテコスペックなポケモンを出したのか……

そのせいもあったのか、あくタイプ使いの四天王にも使ってもらえない有様だった。
ゲンガーとかラフレシアといったあくタイプですらないポケモンを使っていると言うのに……

現在は相当なまでに強化されたものの、何とこおり物理技は現在に至るまで「こおりのつぶて」しか覚えられない(しかも最終技!)。
上記の通りとくこうはからっきしの為技マシンに頼るべくもなく、その為シナリオで使おうものならこおり技を諦めるかタマゴを作って「れいとうパンチ」等を遺伝させるかしかしないと相当苦しい。
教え技がクリア前に存在していれば真っ先に覚えさせたいところ。

ポケモンGOでは

金銀組の実装に伴い登場した。

同ゲームではこおりタイプ自体の出現率が低く、ニューラもその例に漏れずかなりのレアポケモンとなっている。
だが巣が発見されており、またほのお・こおり出現アップイベント期間中はかなりの数が出現していたことから、入手のチャンス自体はそれなりにある。
問題は原作同様かなり捕まりにくいこと。「ハイパーボール」は惜しまないようにしたい。

関連イラスト

かげぶんしん
ニューラが滑ってた。



関連タグ

ライバル ポケモン一覧 HGSS 猫ポケモン
ニャース エネコ ニャルマー チョロネコ ニャスパー ニャビー

pixivに投稿された作品 pixivで「ニューラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1320085

コメント