ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初出第4世代
いりょく40
PP30
めいちゅう100
タイプこおり
わざ分類物理
攻撃範囲相手1匹
直接攻撃×
備考攻撃優先度+1
英語名Ice Shard

概要

こおりタイプの先制技で「でんこうせっか」のこおり版。略称は礫(つぶて)

小さな氷塊を一瞬で生成し、高速で相手に飛ばして攻撃する。


攻撃範囲が広い上に無効タイプなし、おまけに非接触(間接攻撃)といいことづくめな技で先制技でもかなり優秀な部類に位置する。

また弱点が多く撃たれ弱い為やられる前にやる必要があるこおりタイプにとっては、先制技の存在は非常に重要だったりする。


こおりタイプの多くが習得可能なのがありがたい所だが、ユキワラシウリムーニューラのように意外にも進化前しか覚えない種族も少なくないため、うっかり進化させてしまった後に気付いて育てなおし、と涙をのむ羽目になりやすい技でもある。


特殊寄りになりがちなこおりタイプの特徴から特殊技と思われがちだが技の分類は物理。特殊一本で攻めるポケモンの場合は、タスキ潰し程度の需要と考えた方が賢明だろう。


尚、ニューラ、ウリムー、ユキワラシ(夜のみ)の3匹は『ダイヤモンド・パール・プラチナ』でテンガン山からキッサキシティまでの道のりで野生出現し、高確率でこの技で先手を打ってくるためドダイトスなど4倍弱点を抱えるポケモンは致命傷になりかねない。進める際にはこおり技が半減になるポケモンを先頭にした方が良い。


マンムーセグレイブパオジアンといった高い攻撃力を持つポケモン達なら、こだわるだけでも主力技になりうる威力を誇る。元々礫を撃つ仮想敵が4倍弱点のドラゴンなので十分だろう。


また、なぜかゴマゾウドンファンもタマゴ技で覚えられる。ドンファン自体高い物理耐久と優秀な特性に加え、こおりタイプへの役割破壊として採用されやすい技も平気なため、物理型のドラゴン狩りなら優秀かもしれない。


技の初出は旧裏面ポケモンカードのカスミジュゴンであり、闘タイプに二倍のダメージを与えるという効果の技である。

当時岩地面に該当するポケモンの弱点は草タイプであったため、ゲーム上みずとしての強みを実装した形だろう。巻き込まれた格闘達に関しては理不尽でしかないが。


他の先制攻撃技

でんこうせっか マッハパンチ しんそく アクアジェット ねこだまし

かげうち ふいうち バレットパンチ フェイント しんくうは

関連記事

親記事

でんこうせっか でんこうせっか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11715

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました