ピクシブ百科事典

モノズ

ものず

モノズとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.633
イッシュ図鑑第1版No.139
イッシュ図鑑第2版No.273
英語名Deino
ぶんるいそぼうポケモン
タイプあく/ドラゴン
たかさ0.8m
おもさ17.3kg
とくせいはりきり


進化

無題


モノズジヘッド(レベル50) → サザンドラ(レベル64)

概要

『ポケットモンスター ブラックホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。
シリーズ初となる、あくとドラゴンの複合タイプの持ち主。
小型の竜脚下目型の姿をしており、体色はく、首から上はボサボサのい体毛で覆われ、顔もほとんど隠れている。

分類通り粗暴な性格で、が退化して見えない為、何にでも体当たりしたり噛み付いたりして周りを探る習性がある。その為体中生傷が絶えないらしい。

そのまま食べられるものは何でも食べてしまい、美味しかったものは匂いをちゃんと憶えるという。
こうした点から、可愛い外見だからとうかつに近寄ることは危険であり、まず噛みつかれて痛い思いをする事になるだろう。

名前の由来は、恐らく「モノ(モノ<mono>:ギリシア語接頭辞で"1"を意味する)+ズ(頭)」と思われる。

他の所謂600族と比べると進化Lvが段違いに高く、次のジヘッドへの進化にはLv50も必要という鬼畜仕様となっている。
他のポケモンでいえば同じ経験値タイプに属するコモルーボーマンダに進化するのがちょうどLv.50なので、156250(50の3乗のさらに1.25倍)もの経験値を必要とする。
野生で高レベルの個体を手に入れられればよいが、そうでない場合(タマゴから育てるなど)はかなりの苦行である。

さらに最終形態・サザンドラになるにはLv64とさらに苦行を積むこととなる。
後述する理由も含めて、シリーズ最大の「大器晩成型」のポケモンであるとの呼び声も高い。

色違いモノズゲット記念♪


色違いは、青色の体色が緑色に変わる。

ゲーム上の特徴

初登場のイッシュ地方ではチャンピオンロードの洞窟内に生息する。
カロス地方では進化形のみ生息し、ホウエン地方やアローラ地方では特殊な条件下でのみ野生で出現する。

ステータス的には、「こうげき」以外が低めである。
その上特性が「はりきり」の為、頼りの物理技を安定して出すことが難しくなっている。
そのような理由から非常に育て辛い部類に入る。
技自体は優秀で、高レベルになれば自力で「かみくだく」や「ドラゴンダイブ」など一通りの物理技を覚えてくれる。がいかんせん相手に当たらない。
なお、手がないため系列全体で「ドラゴンクロー」は覚えない。

一番の難点はモノズやジヘッドは"物理アタッカー適性"であるにも関わらず、最終形態であるサザンドラは"特殊アタッカー適性"になってしまう点である。
旅パでもない限り最終形態を考えて育てるので、始めから特殊攻撃技の習得を考慮に入れる必要がある。
そのためこうげきが下がりやすい性格で育てることになるが、そうなると「技が当たらない、当たっても倒せない、レベルが上がらない」の三重苦になりがち。
特にこだわりがなければ1度戦闘に顔出しだけして経験値をもらう方法が手っ取り早いだろう。第6世代からは経験値が分散しなくなったので楽になった。

なお、BWで登場した当初、「あくのはどう」は前作からわざマシンで覚えた アーボックギャラドスなどを利用する必要があり、「だいちのちから」を習得するには前作から教え技で 「だいちのちから」を覚えたガブリアスを利用する必要がある。よってこの2つの同時遺伝が不可能だった。
現在では教え技の普及や「あくのはどう」が技マシンになっていることもあり、同時習得ができるようになった。
ちなみに現在でも系列全体で「あくのはどう」を自力習得できない。サザンドラ唯一のタイプ一致特殊技なのに。

ポケモンGO

2019年9月17日に晴れて実装された。
野生出現はやはりというべきか稀で、大体ダンバルやフカマル程度の激レアポケモンになっている。
当初はタマゴも10kmのものからしか産まれず、最終形態までに計125個のアメを要求してくる。
根気よく集めるのが吉と言える。

2020年8月1日~8月7日のイベント「ドラゴンウィーク」で色違いが実装され、イベント期間は7㎞タマゴからも孵化するようになっていた。
イベントの予告ではフカマル共々「運が良ければ孵化するかもしれない」…と言われていたが、フカマルに比べてモノズが孵化する確率自体想像以上に低く、100個孵化させても出逢えないという事例もザラ。タマゴから色違いが出たという報告は世界的にもかなり少なかった。

更に、フカマルにはあった野生での出現率上昇もレイドもモノズには無く、8月5日(水曜日、イベント5日目)には「モノズの確率がサイレント修正されて上がった」という海外の解析情報・噂が囁かれた(これが発端となって、一部のファンの間でタマゴの孵化率をガチャの確率のようにプレイヤーに開示するよう求める署名運動が起こるなどちょっとした騒動にまで発展してしまった )…とはいえそれでも結局モノズが低確率なことに変わりはなかったため、やはりユーザーからの怒りの声は絶えなかった。

とはいえ、野生で色違いを出した猛者、GOバトルリーグの報酬から色違いが出たという報告例もあるし、フカマル同様色違いが既に実装されたからといってコミュニティ・デイが開催されないと決まった訳でもない(2020年以降は、コミュニティ・デイ以前に色違いが実装されていたポケモンが対象になるケースも増えているため)。

そして、2020年11月からは、GOロケット団リーダーを倒したときの報酬で貰える12kmタマゴから手に入るよう調整が入った(これに伴い、10kmタマゴからは孵化しなくなった)。

いずれにせよ、根気よく機会を待つのが吉と言える。

2021年以降は、タマゴの下にどのようなポケモンが孵化しやすいかが大まかにではあるが表示される欄ができる等、こうした騒動を招いてしまったことに対する反省と思われる仕様が設けられている。

余談

目隠れ系陰キャ風容姿のためか、twitter等SNSではしばしばミュージシャンの米津玄師に似ていると言われ、モノズ玄師と呼ばれることもある。
モノズ玄師なのに最終進化形がサザンとはこれいかに。

モノズ元師



関連イラスト

モノズ
モノズかわいいよモノズ


早く進化したいなぁ
【企画モノ】モノズちゃん



関連タグ

ポケモンBW あくタイプ ドラゴンタイプ
メカクレ
フカマルモノズヌメラ

もしかして
タカラモノズ

関連記事

親記事

あくタイプ あくたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モノズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1824502

コメント