ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0993
パルデア図鑑No.385
ローマ字表記Tetsunokoube
分類パラドックスポケモン
タイプあく/ひこう
高さ1.3m
重さ111.0kg
せいべつ不明
特性クォークチャージ
タマゴグループタマゴみはっけん

他言語版の名称

ドイツ語Eisenhals
英語Iron Jugulis
スペイン語Ferrocuello
フランス語Têtes-de-Fer
イタリア語Colloferreo
韓国語무쇠머리
中国語(簡体字)铁脖颈
中国語(繁体字)鐵脖頸

概要

初登場はポケモンSV

サザンドラに酷似した特徴を持つパラドックスポケモン。名前の由来は『鉄の首』で、ある意味では仮称に近い。


サザンドラをロボット化したような姿をしており(スーパーポケモンスクランブル版に近い)、原種のサザンドラに入っているマゼンタの部位が未来のパラドックスポケモン共通の発光体で、三つの頭部も下顎以外の全てが丸々ディスプレイとなっている。

頭部の青い表皮すらディスプレイの発光色で再現されているため、フィールド上で眠るなどして発光部位が消灯すると、真っ黒いのっぺらぼうと化す。


未来種の中では元ネタとの外見的な差異がかなり少ないものの、実は両腕の頭部は胴体と直に繋がっておらず、やろうと思えばロケットパンチの要領で高速射出することが可能。


気質もサザンドラの凶暴性と機械の冷酷さを併せ持っており、標的にした物に向けて高エネルギーを放射し、徹底的に破壊し尽くす。

一方で顔面がディスプレイになったことから原種よりも表情は豊かになっており、ピクニックでは中央だけでなく両腕の頭部の笑顔も拝むことができる。

サザンドラとテツノコウベ


月刊オーカルチャー』では、ロボットに恋したサザンドラのハイブリッドではないか?と言う荒唐無稽な説が語られているが、知能は高くても破壊しか考えていないサザンドラが果たしてロボットに恋をする事はあるのだろうか?

生物と機械生命体がどうやって子孫を残すかについては現代に一応の回答があるものの、ここに至るまでの過程には謎が尽きない。


トレーナー戦では真ん中の首が大きく動く。野生のポケモンの時は首は動かない。


性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
テツノコウベ94808612280108570
サザンドラ92105901259098600

パラドックスポケモンは片方のタイプが原種から変更されるのが特徴だが、本種が失ったのはなんとドラゴンタイプ。代わりにひこうタイプに変更されており、通算5種類目のあく・ひこう複合に。

原種より素早さが上がった代わりに全体的に種族値が微減、攻撃は大幅に下がり両刀向けから高速特殊アタッカーらしい性能になった。

こおりとフェアリーが弱点(フェアリーについてはタイプ変更により2倍弱点になっている)で、じめんが無効(原種は特性ふゆうにより)という点は相変わらずだが、タイプ変更に伴い、いわとでんきも弱点となっている。


習得技はサザンドラにかなり近い構成になっているが、ひこうタイプになった事により新たにぼうふうエアスラッシュを習得可能になっている。火力と命中どちらを取るかはお好みで。

タイプ一致技+だいちのちからでほぼ全てのポケモンに等倍以上が取れるなど、攻撃範囲には非常に優れていると言っていい。


一方ドラゴンではなくなった為りゅうせいぐんを覚えられなくなっており、特攻の微減もあって最大火力に関しては下がってしまっている。

また、サザンドラと違いわるだくみステルスロックてだすけ等小技を覚えられない為どうしても殴り合いに終始しやすい。特にわるだくみが無いのは痛い。

特性で特攻を上げようにも、その場合は最速を諦めなければならないのが悩み。


総じて弱点をある程度克服した代わりに、サザンドラ元来の強みを削られてしまったポケモンといえる。


なお、クォークチャージの発動条件の一つであるエレキフィールドは、自身が影響を受けなくても、あくまで場がエレキフィールドであれば有効となる。

エレキフィールドによるでんきタイプ強化の効果は受けられないが、テツノコウベが覚えるでんき技は(確率で特攻が上がるが)威力の低いチャージビームのみなのであまり気にならないだろう。

寧ろもう一つの効果であるねむり状態無効の効果を受けられないのが痛いか。


但し、威力の上がったでんきタイプの技を相手に使われる可能性もある為、対戦でクォークチャージを発動したいのあればブーストエナジーを持たせるのが無難だろう。


第9世代での対戦における活躍は芳しくないが、仮に前世代の対戦環境に存在したらむしろトップクラスの活躍を収めていた可能性が高い。その理由としてダイマックスとの相性の良さが挙げられ、自身の素早さを上げる「ダイジェット」と相手の特防を下げる「ダイアーク」をタイプ一致で打てる点が、高速特殊アタッカーのテツノコウベと噛み合っており、さながらイベルタルのような立ち回りが可能。イベルタルには無い地面打点があるのも地味に嬉しい。登場するタイミングが3年遅かったことが悔やまれる。


余談

こちらは原種の名前が「頭」に関連したもので統一されており、みらいのすがたの中でも原種に忠実なネーミングと言える。


ほとんどのパラドックスポケモンはザ・ホームウェイをクリアした後から野生出現するようになるが、テツノコウベはテツノツツミと並んで最初に訪れた時から野生で出現する。

洞窟判定のエリアでしか出会えないが、実は第一観測ユニットと第二観測ユニットの中間にある長い坂道の途中に小さな横穴(じしんのわざマシンが落ちている)があり、ここにも出現判定があるため、運次第ではテツノツツミと最初に出会うイベントよりも前に戦うことができる


普通に進めてもこの後深部で出会えるので大きなメリットはないが、既にメカっぽさ満点の怪しいポケモンと主人公が目の前で戦って(あまつさえ捕まえて)いるのにテツノツツミ戦で仲間たちが改めて驚くという少々シュールな光景を見ることができる。

スカーレットでもハバタクカミで同じことが可能だが、あちらは夜でなければ出現してすぐ消えてしまう特徴があるため、こちらよりも偶然遭遇できる可能性は低くなっている。


また設定に反し、いざエリアゼロの野生個体に近づいてみてもじっと見つめてくるのみで襲ってくる気配が全く見られない。こちらを敵とは認識していないのだろうか?


関連イラスト

テツノコウベテツノコウベ

テツノコウベIron Jugulis


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンSV

ポケモン一覧 パラドックスポケモン

あくタイプ ひこうタイプ

モノズ ジヘッド サザンドラ


0992.テツノカイナ0993.テツノコウベ→0994.テツノドクガ


  • テツノイバラトドロクツキ:600族がモデルのパラドックスポケモン。
  • アクジキング:サザンドラとの関連を疑われている繋がり。尤も公式でサザンドラとの酷似を指摘されているテツノコウベと異なり、こちらはタイプと食欲旺盛な点以外の共通要素はほぼ無い。

同複合タイプ

ガラルファイヤー

ヤミカラス/ドンカラス

バルチャイ/バルジーナ

イベルタル

オトシドリ


トリオ仲間

ダグトリオ/アローラダグトリオ

レアコイル ドードリオ ナッシー

ミツハニー サザンドラ ウミトリオ

スナノケガワ


パラドックスポケモン


その他

メカキングギドラ:未来世界出身の多頭怪獣だが、こちらはあくまでもサイボーグである。























使用トレーナー

関連記事

親記事

みらいのすがた みらいのすがた

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364022

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました