ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「ンビービー!」

「ウニューム!」


基礎データ

全国図鑑No.0992
パルデア図鑑No.384
ローマ字表記Tetsunokaina
分類パラドックスポケモン
タイプかくとう/でんき
高さ1.8m
重さ380.7kg
せいべつ不明
特性クォークチャージ
タマゴグループタマゴみはっけん

他言語版の名称

ドイツ語Eisenhand
英語Iron Hands
スペイン語Ferropalmas
フランス語Paume-de-Fer
イタリア語Manoferrea
韓国語무쇠손
中国語(簡体字)铁臂膀
中国語(繁体字)鐵臂膀

概要

ポケモンSVのバイオレットバージョンに登場する、未来の世界から来たパラドックスポケモンの1体。

ハリテヤマみらいのすがたとされるが、実の所見た目が似ているからそう呼ばれているだけで、このポケモンがマクノシタ一族の子孫であるという確証は未だ無い。


とてつもなく分厚く、内側が発光している鉄板のような掌が特徴。これらの手は本体とは繋がっておらず独立して浮いており、自在に動かすこともできる。

もちろんパワーも非常に強力で、高速で走っている大型車両を捕まえて投げ飛ばすのも朝飯前という。


待機モーションは手を構えた状態と下げた状態の2種類あり、勿論バトルでは手を構えた方となる。

頭部も実はグルグルと何回転でも出来る作りになっており、現状レイドで扮したメタモンを倒した時のみ確認可能。


電気相撲という、一見ミスマッチとも言える組み合わせに関しては、江戸時代に活躍した力士雷電爲右エ門が元ネタになっているのではないかとする説がある。


月刊オーカルチャー」によれば、とあるアスリートがサイボーグに改造された姿に酷似しているらしく、ユンゲラーと同様元人間のポケモンであるという説が存在している。

尤もこれはテツノカイナがタイムマシンを通って未来から来た存在である事実と矛盾しており、また「月刊オーカルチャー」自体は胡乱なオカルト本でしかないため信憑性は低い。そもそもサイボーグに改造されたアスリートってなんだという話でもある。


なお、名前の由来になっている『かいな(腕)』とは特に「肩から肘にかけた部分」を指す言葉なのだが、テツノカイナには掌しかなく、ハリテヤマの様に繋がったカイナ(腕)がない。これもパラドックスポケモンゆえか。


性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
テツノカイナ154140108506850570
ハリテヤマ14412060406050474

同世代出身のパモットパーモットと並び、初のでんき・かくとうの複合タイプ。

種族値はハリテヤマの完全上位互換であり、素早さは据え置きで他が全て上昇している。特に、HPはこれまで1位であったランターンとハリテヤマを抜き去りでんき・かくとうの両タイプで堂々の1位。また防御の上昇も顕著であり物理耐久はかなりのもの。

弱点3に対して耐性5と、意外と耐性自体も悪いものではない。

反面特殊耐久がやや低いため、特殊アタッカーへの対処は苦手。他のポケモンに任せよう。


物理耐久指数は45936と、ヘイラッシャの47031に肉薄する。しかも独特かつ優秀寄りな一致技範囲と超火力も伴うのだから如何に凄いかが分かるだろう。

特殊耐久も特化かつ「とつげきチョッキ」持ちなら42768となるため、十分高い水準とは言える。


素早さも種族値50とマリルリと同値であり、それほど酷い鈍足ではない。さらにキョジオーン(35)、カバルドン(47)程度なら基本的に上を取るのには困らない。

準速かつ「おいかぜ」で増強すれば130族を抜くことも可能。


習得技はハリテヤマとさほど変わらないが、ワイルドボルト10まんボルトといった多様なでんき技を習得できるようになった。

特攻は低いもののボルトチェンジも覚えられるため、サイクル戦もできたりする。

ただしハリテヤマしか覚えられない技もいくつかあり、相撲技の「つっぱり」や「ねこだまし」は習得できるが、同じく相撲技の「ぶちかまし」は習得できない。

特に、バレットパンチフェイントを覚えられなくなっているため、先制技で相手の残ったHPを追撃するという芸当はできない。この点に関しては劣っていると言えるだろう。


ダブルバトルでは高パワーに加えて「ねこだまし」や「ローキック」を使えるが、ただのサポーターとして運用するならば「フェイント」や「ワイドガード」を覚えない分ハリテヤマに劣ってしまう。攻撃力も活かす「殴れるサポーター」として役立たせたい。


テラスタイプはくさタイプが一般的だが、WCSにてイーユイなどに強いみずタイプの強さが浸透し、ランクマッチでの使用率も増えた。


シリーズ2で対戦において解禁され、早速AD極振りの「とつげきチョッキ」型が環境に進出。

だがシーズン4にはサーフゴーが露骨に「サイコショック」で包囲する場合やテツノドクガが「サイコキネシス」で狙い撃ちにするケースも増え、使用率が低下。

シリーズ3になると四災が追加されたが、この内ディンルーとは素の相性が悪く、チオンジェンイーユイとの対面でもフェアリーテラスタルを切られれば手を焼く、といった具合に苦境に立たされている。それでも、HBみずテラスタル型「オボンのみ」型ならチオンジェン以外にはある程度有利に立てるなど、型の開拓は進んでいる。

シーズン5終盤の上位層ではわんぱくHBDベースの「たべのこし」「つるぎのまい」「みがわり」崩し型が流行。「みがわり」は「あくび」や「じわれ」を使うヘイラッシャや「キノコのほうし」が生命線となるモロバレルなどの自身より素早さ種族値が劣る低速系への対処なる。


ダブルバトルでは重戦車アタッカー兼「ねこだまし」サポーターとして大活躍。

技構成は「ねこだまし」「ドレインパンチ」の他、電気技の「ワイルドボルト」か「かみなりパンチ」までがほぼ確定。どちらかというと「ワイルドボルト」が優勢。残り1枠はハバタクカミなどに刺さる「ヘビーボンバー」が比較的多い。タイプ不一致ながらも、体重4.0kgで物理耐久の低いハバタクカミ相手であれば、一撃で倒すことができる。

他の技候補としてはサイクル性能を高める「ボルトチェンジ」やオーガポンの登場に伴い増加したランドロス(れいじゅう)を倒すための「れいとうパンチ」が挙げられる。

持ち物は大半がとつげきチョッキである。元から耐久力が高く、ハバタクカミやイーユイなど高火力特殊アタッカーの攻撃を抑えて反撃で倒すことができる。

シリーズ4以降も「おいかぜ」と「トリックルーム」で上から下からも動ける絶妙な素早さライン、際立つ火力と耐久から、ダブルのでんき枠の代表格として活躍し続けている。

実質特性なし(クォークチャージが滅多に発動しない)にもかかわらず、種族値や覚える技の強さで多くのダブルバトルのトレーナーから使用されているポケモンである。


テラレイドバトル

対人戦でも強いが、テラレイドバトルへの適性も高い。

一手で攻撃力を最大まで上げられる「はらだいこ」が最大の強みであり、「ドレインパンチ」をメインウェポンに据えることで高い火力と継戦能力を両立できる。


また、「エレキフィールド」や「じゅうでん」ででんき技の火力を大幅に底上げすることもできるため、ワンパン戦法にも対応可能。

自前のタイプやエレキフィールドで厄介なまひ・ねむりを対策できるのも強み。やけどは流石に厳しいが、そこはラムのみを持つか、他のポケモンに任せるのが正しいだろう。


相手のタイプが必ず単タイプになるテラレイドバトルでは、一致技2タイプで全てのタイプに等倍以上で殴れるという点も優秀であり、少なくともドレインパンチが等倍で入る相手なら何とかなることも多いため、レイド用に一体育てておくと八面六臂の活躍をしてくれるだろう。

特にはがねあくいわこおりといった、かくとう技が抜群で通る相手に対面させれば文句無しの最強アタッカーへと化ける。


ただしガチガチの物理格闘型故、当然ながらエスパーフェアリーゴーストの相手には向いておらず、上記の通り特防が低いので特殊アタッカー相手の長期戦は辛い。

又、仮に有利タイプのテラレイドだとしても使ってくる技は元のポケモン遵守なのは注意すべき点。元が地面タイプのポケモン相手の「じしん」ならまだどうにかなることもあるが、元エスパータイプやフェアリータイプのポケモンが相手の場合は要注意。

無論、「はらだいこ」を使った直後をカバーできる体制が整っていなければ、何もできずに自傷からの退場を繰り返すデクノボウにもなりかねない。当然ながら、「てんねん」を持つ相手にも意味がなくなってしまう。


また、最強クラスの攻撃力が仇となり、カウンター」や「イカサマ」に対しては一発KOという落とし穴も存在する。特にスパイス集めで人気のモロバレルは「イカサマ」持ちであり、「エレキフィールド」で催眠対策できるからと安易に出すと容赦なく狩られてしまう。

加えて、「ちょうはつ」も覚えられないため、変化技を多用してくる相手はたとえ物理火力が通りやすい相手であっても苦戦を強いられがち。こうした相手にはコノヨザルハリテヤマ等に任せた方が良いだろう。

そして、最強レイドなど高難易度レイドでは火力を落とす立ち回りも有効になってくるのだが、残念ながら攻撃能力デバフ効果を持つ小技は一切習得できない。ハリテヤマでは覚えた「ひやみず」はおろか「どろかけ」すら覚えない。このためダメージレースに負けると案外あっさり沈むこともある。


こうした状況下でも考えなしにテツノカイナを使って足を引っ張る事例が多発しており、そのためテツノカイナ使いのプレイヤーにヘイトを向ける声もある。

勿論これらは下手な選出やプレイングに起因するものであり、しっかり運用できるのであれば話は別である。どんなポケモンも技術も、活かすか殺すかは使い手の実力次第なのは変わらないため、ただ強いという理由だけで安易に選出しないように注意したい。

うっかり「自分を含めた3~4体がテツノカイナ」という状況を作ってしまった場合は、応援に徹するのも手である。幸い物理耐久はバフ無しでもかなりのものなので、自分のテツノカイナは放置しはらだいこを使った他のテツノカイナをフォローする目的で初手「がっちりぼうぎょ」、その後状況に応じて「いけいけドンドン」や「いやしのエール」、といった方法で共倒れを防げる。


関連イラスト

パラドックスポケモンまとめ(みらいのすがた)テツノカイナ

テツノカイナテツノカイナおじさんとヤドキングちゃん♀☃️


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンSV

ポケモン一覧 パラドックスポケモン

かくとうタイプ でんきタイプ マクノシタ ハリテヤマ


0991.テツノツツミ0992.テツノカイナ→0993.テツノコウベ


同複合タイプ

パモット/パーモット


ポケモン関連


パラドックスポケモン


その他
























使用トレーナー

関連記事

親記事

みらいのすがた みらいのすがた

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183008

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました