ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

てんねん

てんねん

てんねんとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの特性の一種である。
目次 [非表示]

本来の意味の「天然」は⇒天然


データ

初出第4世代
効果相手の能力変化を無視する

  • 正確には以下の通り。
    • このポケモンが技を使用するときは、相手のぼうぎょ・とくぼう・回避率のランク補正を無視する。
    • 他のポケモンから技を受けるときは、相手のこうげき・とくこう・命中率のランク補正を無視する。

概要

第4世代から存在する特性。

パッと見ただけでは詳細がつかみにくいが、つまりは以下の通り。


  • 相手のポケモンが「こうげき」や「とくこう」を上げても、自分が受けるダメージは変わらない。
  • 相手が「ぼうぎょ」や「とくぼう」を上げても、自分が与えるダメージは変わらない。
  • 相手が回避率を上げても、こちらが使う技そのものの命中率で放てる。
  • 自分の能力変化は無視されないので、自分が「こうげき」を上げて物理技を使った場合ダメージは上昇する。
  • こちらから攻撃する場合、相手のこうげき上昇は無視されない。よってイカサマのダメージは上昇する。
  • ただしいずれの場合も「すばやさ」は無視できず、先攻後攻や「ジャイロボール」「エレキボール」のダメージ処理は通常通り行われる。

相手の能力変化に対する強力なキラーとなり、所謂「積みポケモン」に対しては滅法強い。


無視するのはあくまで能力変化だけなので、「ひかりのかべ」「リフレクター」「オーロラベール」は無視できない。

もちろん急所によるダメージ上昇や追加効果も無視できない。

能力変化を無視することがメリットばかりではなく、例えば相手の「りゅうせいぐん」「ばかぢから」「リーフストーム」「ゴールドラッシュ」等は常に最高威力を受けてしまう。

また、勘違いされやすいが能力の変化を無視するだけであって変化していないわけではない。

技「アシストパワー」「つけあがる」「ふんどのこぶし」の威力上昇は防げず、「てんねん」持ちが引っ込むと能力変化は当然反映される。

かたやぶり」持ちによる攻撃の能力の変化は無視できないため過信は禁物。


とはいえ、特にシングルバトルでは能力変化を使う相手が多く、この特性が有効に働く場面は多い。

特にヌオーナマコブシにとっては文字通り生命線となる。


第9世代でドオーラウドボーンヘイラッシャといった優秀なてんねん持ちが追加されたが、もしかすると伝説解禁戦を見据えてのザシアン対策として実装されたのだろうか?


レイドバトルでは相手のバフを無効にできることからこちらを有利にしやすい反面、「てんねん」持ちに対するデバフによるサポートが行えない点で耐久が上げられず不利になることもあるため注意が必要。

例えばテラレイドバトルで見かけるラウドボーンやヘイラッシャは特防バフは覚えないし、相手への特攻デバフも効かないため、特殊アタッカーのレイド相手には不利になりがち。

また、レイドバトルの難易度はレイド対象のレベルに依存するが、レベルや素のステータスは即ち「てんねん」で無効にできる能力ランクとは無関係であり、相手のバフが苛烈でもないなら「てんねん」によって相手のバフを無効にできるよりも自分以外の味方が「てんねん」のバフ無効の影響を受けないことや、自分や味方が相手に与えるデバフが「てんねん」持ちに適用されない方がデメリットとして大きい。あまつさえ「てんねん」持ちが受けるデバフについては無効にできないため、味方が「てんねん」持ちをケアする手段がさらに少なくなってしまう。

このため難易度が高い相手の場合は「てんねん」持ちを無理に使うくらいなら、味方のみならず自分にも有効なデバフを積極的に用いる方が有効である。


所有ポケモン

太字は隠れ特性



関連タグ

ポケモン 特性

なしくずし せいなるつるぎ DDラリアット……に相手の能力変化無効がつくもの。

関連記事

親記事

とくせい とくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11758

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました