ピクシブ百科事典

スロースタート

すろーすたーと

物事を始めてから調子が出るまでに時間がかかる事。また、それを元にしたポケモンの特性。pixivでは専ら後者の意味合いで使われる。
目次[非表示]

もしかしてスロウスタート(まんがタイムきららにて連載中の漫画作品)

遅い者同士



データ

初出第4世代
効果フィールドに出てから5ターンの間、攻撃と素早さが半分になる


概要

第4世代ことDPtで初登場の特性。
現在まで所有しているのはレジギガスただ1種のみ。

効果はフィールドに出てから5ターン、攻撃・素早さが半減すると言うもの。

つまり、この特性は完全にデメリットなのである。

レジギガスの合計種族値は670と非常に高い。
特に攻撃種族値は160と、一般ポケモン第2位を誇る高さを持つ。
ちなみに攻撃個体値Vで特化した時の数値は233とかなり高い。
が、この特性のせいで5ターンの間攻撃力は特化でも116になってしまう。
これはでんきだま持っていないピカチュウの攻撃特化(117)以下。

素早さも落ちてしまうのが痛い。
レジギガスを素早さに特化すると167なのだが、特性のせいで5ターンは83になってしまう。
何とこれは素早さ特化したギガイアス(84。ちなみに素早さ種族値は25で最終進化系では下から5番目)(いるかどうかは不明だが)よりも低い
無振りでもドダイトス並みと言えばどれだけ低いか分かるだろう。

勿論5ターン耐え切れば能力は元に戻り、全力を発揮できるようになるのだが、レジギガスは狙ったかのようにまもるみきりも覚えないため、5ターン耐えぬくのは至難の技といえる。

その為、高い攻撃を生かそうとすると、スキルスワップいえき等で無理矢理特性を消す必要が生じる。
但しスキルスワップの場合、スキルスワップを使ったポケモンの攻撃・素早さが落ちる為、コンボを狙うのは少し難しい点には留意したい。

ポケダンではフロア移動したときにしばらく鈍足状態になるというもので、こちらもデメリット特性である。
探検隊では状態異常を防ぐ専用道具いにしえのゆびわ、超ポケダンではむこせいリングルで通常スタートを切れるようになった。

関連リンク

ポケモン ポケットモンスター 特性 
レジギガス レジワロス 
なまけ よわき

pixivに投稿された作品 pixivで「スロースタート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25222

コメント