ピクシブ百科事典

スロースタート

すろーすたーと

物事を始めてから調子が出るまでに時間がかかる事。また、それを元にしたポケモンの特性。pixivでは専ら後者の意味合いで使われる。
目次[非表示]

曖昧さ回避

もしかしてスロウスタート(まんがタイムきららにて連載中の漫画作品)

スロウスタート


データ

初出第4世代
効果フィールドに出てから5ターンの間、攻撃と素早さが半分になる


「レジギガスは 調子が上がらない!」

概要

スロースタート


第4世代ことDPtで初登場の特性。
現在まで所有しているのはレジギガスただ1種のみ。

効果はフィールドに出てから5ターン、攻撃・素早さが半減すると言うもの。

つまり、この特性は完全にデメリットなのである。

レジギガスの合計種族値は670と非常に高い。
特に攻撃種族値は160と、一般ポケモン第2位を誇る高さを持つ。
ちなみに攻撃個体値Vで特化した時の数値は233とかなり高い。
が、この特性のせいで5ターンの間攻撃力は特化でも116になってしまう。
これはでんきだま持っていないピカチュウの攻撃特化(117)以下。
更にスロースタート中特殊技をZワザにした場合威力が半減するバグまで抱えている始末。
さらになんと第8世代では「こうげき」の代わりに「ぼうぎょ」を参照して攻撃するボディプレス使用時は防御の半分の値で計算される。

素早さも落ちてしまうのが痛い。
レジギガスを素早さに特化すると167なのだが、特性のせいで5ターンは83になってしまう。
何とこれは素早さ特化したギガイアス(84。ちなみに素早さ種族値は25で最終進化系では下から5番目)(いるかどうかは不明だが)よりも低い
無振りでもドダイトス並みと言えばどれだけ低いか分かるだろう。

勿論5ターン耐え切れば能力は元に戻り、全力を発揮できるようになるのだが、レジギガスは狙ったかのようにまもるみきりねむるも覚えないため、5ターン耐えぬくのは至難の技といえる(この内、まもるとねむるは第八世代でようやく覚えられるようになった)。

その為、高い攻撃を生かそうとすると、スキルスワップいえき、特性「かがくへんかガス」等で無理矢理この特性を消す必要が生じる。
但しスキルスワップの場合、スキルスワップを使ったポケモンの攻撃・素早さが落ちる為、コンボを狙うのは少し難しい点には留意したい。
とはいえ素の攻撃が高いおかげで例えばアイアントからなかまづくりはりきりを貰うと命中こそ下がるもののメガクチートすら凌駕する攻撃力を得られる。勿論ここから持ち物によるブーストが可能で、はりきりZギガインパクトで防御特化クレセリアが50%の確率で吹き飛ぶ。
手早く解除したいならいたずらごころエルフーンからなやみのタネを受けるといいだろう。
後にマタドガスの特性にかがくへんかガスが追加されると、1ターン目から確実にスロースタートを無効化できるようになった。ガラルマタドガスならレジギガスの弱点であるかくとうタイプに強く相性も良い。

ポケダンではフロア移動したときにしばらく鈍足状態になるというもので、こちらもデメリット特性であるが、本家程致命的ではない。
探検隊では状態異常を防ぐ専用道具いにしえのゆびわ、超ポケダンではむこせいリングルで通常スタートを切れるようになった。

ポケモンGOでは特性の概念が存在しないため、レジギガスも場に出た瞬間から暴れ放題…かと思われたが、そうは問屋が卸さず、習得するゲージ技が軒並みチャージ量の多いフルゲージ技、通常技もゲージ回収効率の悪い「しねんのずつき」と「めざめるパワー」となっている。つまり、原作におけるスロースタートを「ゲージ技の発動に必要なエネルギーを蓄積するのに非常に時間がかかる」という形で再現している訳である。
とはいえ、あくまで火力を出しにくい状況を技の性能によって疑似的に再現しているだけであり、特性がない以上原作のように攻撃力が下がることはない点には注意。このため、原作と比べれば多少は動きやすくなっていると言えるかもしれない。

LEGENDSアルセウスでも特性の概念が存在しないが、レジギガスのスロースタートだけは例外として適用されている筋金入りっぷりである。

関連リンク

ポケモン ポケットモンスター 特性 
レジギガス レジワロス 
なまけ よわき

召喚酔い(TCG):召喚したターンに攻撃できないという共通デメリットのこと。

関連記事

親記事

専用特性 せんようとくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スロースタート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159594

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました