ピクシブ百科事典

目次[非表示]

あたりに かがくへんかガスが じゅうまんした!

データ

初出第8世代
効果周りのポケモンの特性を消し、新たに特性を発動できなくする。
英語名Neutralizing Gas


概要

第8世代から登場した、ドガース及びガラルマタドガスの持つ特性。通常のマタドガスも所有している。
所有者がその場にいるだけで戦闘に出ている全てのポケモンの特性が機能しなくなる。
PVでは攻撃を受けて残りHPが半分を下回ったグソクムシャの「ききかいひ」が発動せず、場に居座ってそのまま攻撃している。またトリトドンの「よびみず」とウォッシュロトムの「ふゆう」が無効化され、それぞれみず技とじめん技が効くようになっている。
「かがくへんかガス」の所有者が場からいなくなると、「いかく」などはそのタイミングで発動する模様。

攻撃した瞬間にのみ特性を無効化する「かたやぶり」よりも発動期間は長いが、味方の有効な特性を無効化しかねない点や、「かたやぶり」なら貫ける特性を無効化できないパターンが存在することに注意する必要がある。
ぎょぐん」や「バトルスイッチ」、「うのミサイル」、「ダルマモード」、「アイスフェイス」、「ARシステム」は無効化されないが、「はらぺこスイッチ」は無効化されるなどフォルムチェンジに関わる特性でも物によって差がある。無効化出来ないものはどれも種族値やタイプに関係するものや攻撃によってフォルムの変わるものなので覚えておくと良い。

何より環境に跋扈するミミッキュの「ばけのかわ」は無効に出来ない
大切なことなので2回言うが、「かがくへんかガス」ではミミッキュの「ばけのかわ」は無効に出来ない。
高物理耐久のどくタイプとあって、ガラルマタドガスでミミッキュに有利を取れると考えている人は要注意。

また、場に出るだけでメッセージが表示されるため、相手に特性がバレてしまうドータクンのような特性を隠す芸当ができないので不意の地面技にも気をつけたい。

ダブルの相方として据えたい「なまけ」のケッキングや「よわき」のアーケオスといったマイナス特性持ちポケモンが軒並み欠場しているのは残念だが、DLCの「鎧の孤島」では「ちからもち」のマリルリや「テクニシャン」のハッサム等特性に強さが依存しやすいポケモンが何体か帰ってきたのでこの特性が刺さる機会は増えたと言えるだろう。
また、隠れ特性「グラスメイカー」によって強化された「ゴリランダー」にも、同時出しした場合は特性の発動を無効化し、後出しした場合は「グラスフィールド」の回復効果にあやかることができるので強く出られる。後出しでも「たべのこし」や「くろいヘドロ」と合わせればそこそこの回復が見込めるため、回復技の乏しいマタドガスにはありがたい。ただ、グラスフィールドでは軽減されない10まんばりきには1発耐えるとはいえ気をつけないといけないが…。
その他、隠れ特性「リベロ」のエースバーンのタイプがほのお以外になっていた場合は後出しして「おにび」を撃ち込むといった芸当も。
DLC「冠の雪原」配信後は漸く上記のアーケオス、そして特性のおかげで長らくネタ扱いされていた禁止伝説級ポケモンレジギガスが解禁され、ダブルバトルの相棒として活躍することが期待される。特にレジギガスは相性の良さを買われ一気に使用率が40〜50位ほどにまで上がっている。

元ネタはポケモンカードベトベトンが有していた同名の特殊能力及びポケボディーと思われる。
効果も同じく「特殊能力やポケパワー・ポケボディーを使えなく・働かなくする」というもの。
ポケモンカードでは初代の頃から登場しており、初登場の1997年から実に22年越しのゲーム版登場となった。

関連タグ

ポケモン剣盾 特性
かたやぶり ターボブレイズ テラボルテージ
かがくのちから:ガラルマタドガスと似た生態のアローラベトベトンの持つ、特性に関する特性。

関連記事

親記事

専用特性 せんようとくせい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「かがくへんかガス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3195

コメント