ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第8世代
効果自分の使った技と自分のタイプが同じタイプになる。


概要

第8世代から登場した特性。
ソード&シールドほのお御三家ヒバニー系統の固有特性(隠れ特性)である。
今のところ、通常のプレイではこの隠れ特性持ちの個体を入手できず、入手するにはスマートフォンポケモンホームと連動を行う必要がある
配信から日が経ってからは、通信交換等で孵化余りを入手しやすくなった。

その性能はかのゲッコウガが持つポケモン屈指の強特性の一つ、へんげんじざい同一のものである。

ポケモンHABCDST
エースバーン80116756575119530
ゲッコウガ72956710371122530

エースバーンとゲッコウガを比較すると、すばやさと特攻がゲッコウガが上なのに対し、エースバーンは攻撃と耐久面全てで優っている。
またゲッコウガが両刀気味の種族値で、攻撃でもそれなりの火力を出せることに対して、エースバーンは種族値の中で攻撃が2番目に高く特攻が1番低いという明確な物理アタッカーとなっている。合計種族値は全く同じ。
物理アタッカーに寄せられている点に関しては火力面でのメリットにはなっているが、第8世代の仕様とリベロ(変幻自在)という特性のダイマックスとの相性を考えるとゲッコウガの両刀可能な種族値に圧倒的技範囲の方が相性は良いため一長一短。

対戦ではゲッコウガ以上の火力に高水準の素早さ、更にふいうちとびひざげりとびはねると、ゲッコウガと比べたら範囲は劣るが、ダイマックスで使える技を多く取り揃えている上に、キョダイマックスがんじょうばけのかわさえも無視する事から常に環境の中心に位置し、解禁以降常にシングルバトル1位の座に鎮座していた。更にランキングに載ってるほぼ全てのポケモンがエースバーンに最も倒されている等(『このポケモンを倒したポケモンTOP10』の項目の一位がニョロトノを除いて全員エースバーンになっており、そのニョロトノに関してもゴリランダーに次いで2位)と大暴れしていた。禁止伝説が解禁されたりダイマックス禁止のルールが生まれたりと環境の変動で1位からは陥落したものの、依然として上位に位置し続けており、第8世代を代表するポケモンの一体と呼んで間違いない。

その暴れっぷりから、ゲッコウガという対戦での前例がいるにもかかわらず、何故全く同じ性能の特性を与えてしまったのかという意見もあり、いくら何でも見通しが甘すぎるのではないかと批判されることも多い。

ただしこの批判に関しては反論もあり、ここまで散々ゲッコウガを引き合いに出してきたもののガラルの環境では未だにゲッコウガは解禁されていない。
というのも上述の通り、その圧倒的技範囲と両刀可能で物理特殊を読めない種族値のダイマックスとの相性があまりにも良すぎるため、もしガラルにゲッコウガがやってきたらゲッコウガの方が強いと考察する声が多いのである。
そのためエースバーンの技範囲を制限したことや一刀型の種族値にされた事、そしてゲッコウガを解禁していないという点で、十分環境は配慮されていると考えることもできる。

なお、第7世代に遅れを取った何気に炎御三家の隠れ特性初の専用特性である。

余談

リベロとはサッカーにおける、「自由に攻撃参加を行うディフェンダー」のことを表す用語である。
複数のポジショニングを熟せる→複数の役割を熟せる→複数のタイプを使い分けられるということなのだろう。

関連タグ

特性
へんげんじざい

えんかく・・・・・・草御三家初の隠れ特性兼専用特性。
うるおいボイス・・・水御三家初の隠れ特性兼専用特性。

やるきふみん
ヨガパワーちからもち
ノーてんきエアロック
かたやぶりターボブレイズorテラボルテージ
歴代の名前が違うが効果が同じ特性。

関連記事

親記事

へんげんじざい へんげんじざい

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リベロ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50645

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました