ピクシブ百科事典

リベロ(ポケモン)

りべろ

「リベロ」とは、ポケットモンスターシリーズに登場する特性の一つ。
目次[非表示]

データ

初出第8世代
効果自分の使った技と自分のタイプが同じタイプになる。


概要

第8世代から登場した特性。
ソード&シールドほのお御三家ヒバニー系統の固有特性(隠れ特性)である。
今のところ、通常のプレイではこの隠れ特性持ちの個体を入手できず、入手するにはスマートフォンポケモンホームと連動を行う必要がある
配信から日が経ってからは、通信交換等で孵化余りを入手しやすくなった。

その性能はかのゲッコウガが持つポケモン屈指の強特性の一つ、へんげんじざい同一のものである。

ポケモンHABCDST
エースバーン80116756575119530
ゲッコウガ72956710371122530

エースバーンとゲッコウガを比較すると、すばやさと特攻はゲッコウガが上なのに対し、エースバーンは攻撃と耐久面の全てで優っている。
またゲッコウガが両刀気味の種族値で、攻撃でもそれなりの火力を出せることに対して、エースバーンは種族値の中で攻撃が2番目に高く特攻が1番低いという明確な物理アタッカーとなっている。合計種族値は全く同じ。
対戦ではゲッコウガを遥かに上回る火力と高い素早さ、更にふいうちとびひざげりとびはねると、ゲッコウガと比べたら範囲は劣るが、ダイマックスで使える技を多く取り揃えている上に、キョダイマックスがんじょうばけのかわさえも無視する事から対策が不可能とまで言われており、解禁以降常にシングルバトル1位の座に鎮座していた。更にランキングに載ってるほぼ全てのポケモンがエースバーンに倒されている等(『このポケモンを倒したポケモンTOP10』の項目の一位がニョロトノを除いて全員エースバーンになっており、そのニョロトノに関してもゴリランダーに次いで2位な為、誤差の範囲でしかない)文字通りあの最強の親子を彷彿とさせる一強状態が完成している。

その暴れっぷりから、ゲッコウガという対戦での前例がいるにも関わらず、何故全く同じ性能の特性を与えてしまったのかという意見もあり、いくら何でも見通しが甘すぎるのではないかと批判されることも多い。
更にゴリランダーは伝説のポケモンの専用特性、エースバーンは一族専用特性(要はリベロ)なのに対し、インテレオンは何故か汎用特性であるスナイパーだったりと、与えられた隠れ特性が素人が見ても分かるぐらいの露骨な格差である事も問題視されている。

一応、無限に型が存在するとまで言われたゲッコウガと比べたら抑えられている部分もあるものの、それを差し引いても上記の暴れっぷりな為、批判的に見られているのが現実である(ユーザーの間では皮肉を込めてガラルゲッコウガなんて呼ばれることも)。

第7世代に遅れを取った何気に炎御三家の隠れ特性初の専用特性である。

余談

リベロとはサッカーにおける、「自由に攻撃参加を行うディフェンダー」のことを表す用語である。
複数のポジショニングを熟せる→複数の役割を熟せる→複数のタイプを使い分けられるということなのだろう。

関連タグ

特性
へんげんじざい

えんかく・・・・・・草御三家初の隠れ特性兼専用特性。
うるおいボイス・・・水御三家初の隠れ特性兼専用特性。

やるきふみん
ヨガパワーちからもち
ノーてんきエアロック
かたやぶりターボブレイズorテラボルテージ
歴代の名前が違うが効果が同じ特性。

関連記事

親記事

へんげんじざい へんげんじざい

pixivに投稿された作品 pixivで「リベロ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43246

コメント