ピクシブ百科事典

ポケモンホーム

ぽけもんほーむ

全てのポケモンが集まる場所。それが「Pokémon HOME」
目次[非表示]

概要

2019年5月29日に開催した「ポケモン事業戦略発表会」にて発表された、「すべてのポケモンが集まる場所」をコンセプトに、Switchとスマートフォンを対象としたクラウドサービス。
Nintendo Switchスマートフォン向けに2020年2月12日にサービス開始。
Switch版とスマートフォン版の両方を、1つのニンテンドーアカウントで連携することにより、幅広いサービスが受けられる。

ポケモンバンクに登場したアズサ女史ではなく、ダイオーキドなる何処ぞの誰かに似た人物が責任者。モンボーと言うマスコットがナビを務める。

機能について

ポケモンバンク・ポケムーバー機能

沢山のポケモンが預けられる「バンク機能」と、過去作から連れてこられる「ポケムーバー」機能が本作でも対応。
3DSの「ポケモンバンク」・スマホアプリの「ポケモンGO」・そしてスイッチの「LPLE」と最新作の「ポケモン剣盾」と連動し、穴埋めすると地方図鑑の登録、説明の閲覧が出来る。7世代以前のポケモン及びポケモンGOとLPLEで捕まえたポケモンをポケモン剣盾に連れていくことが可能である(ただし、一部のポケモンに制限がかかるとのこと。相棒のピカチュウイーブイ、GOに登場する帽子等のアクセをしたポケモン、シャドウポケモンは不可(リトレーンしたライトポケモンや、帽子をかぶったサトシのピカチュウは可能。ただし、ライトポケモンは通常の個体になってしまうため注意)。

開始当初はポケモンGOとは連動できず(一応LPLE経由でガラルのリージョンフォームを除いたカントー図鑑のポケモンと、メルタンメルメタルは預けられる)なかったが、2020年11月11日より連動が可能となった。
まとめて転送が可能だったLPLEの時とは異なり、ホームへ連れ出せるポケモンは1週間に1匹のみで、時間を短縮させたい場合には課金が必要となる(要1000ポケコイン)。転送に必要なエナジーの量は種類によって異なり、色違いや伝説のポケモンなどの貴重な個体はその分コストも高くなる(ポケモンGOでは、課金をすれば一部の種類や伝説ポケモンの色違いなども取り放題であるため、恐らくそうした個体の希少性の高さを保つための調整と考えられる)。

また、一度バンクへ連れて行ってしまうと『剣盾』より前の作品へは戻せなくなるのは本作でも同様。

剣盾ではシーズンパス形式でDLCが提供されているが、こちらは従来通りのサブスクリプション形式になっている。
預けられるポケモンの総数がフリープランでは30匹までだが、有料のプレミアムプランでは6000匹まで可能。サブスクリプション単位は1ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の3つ。
プレミアムプランからフリープランに移行した際、直近に預けた30匹がフリーボックスとなり、この30匹の出し入れは可能である。それ以前に預けたポケモンは再加入しないと閲覧・引き出しができない。

現状、過去のバージョンで捕まえたポケモンを活用できるソフトは剣盾のみである。
そしてその剣盾の連れて行けるポケモンの基準は、ガラル図鑑に記載されるポケモン(+α)DLC「鎧の孤島」「冠の雪原」のどちらかで連れて行けるようになったポケモンのいずれかに該当することとなっている。
ポケモンバンクから送り出したポケモンは元の場所には戻せないため、「冠の雪原」時点でも解禁されていない種は下手に送ってしまうとボックスから動かせなくなってしまうので注意が必要(もちろん、登録できるポケモンのコンプリート=ずかん完成を目指すのであれば連動で連れていけないポケモンであっても持ち込む価値はある)。
ただし、「冠の雪原」より先のアップデートで更に対応する可能性も考えられる(バンクに預けること自体は可能)。

LPLEに関しては少々特殊で、一度も剣盾に連れ出ししていなければ、一度ポケモンホームに預けてもLPLEに帰還させることができる。
ポケモンホームの全国図鑑を埋めるため、あるいはボックスの預けた数を水増しして獲得できるポイントを増やすため、LPLEで持て余しているポケモンをとりあえずポケモンホームに移動させておくという芸当も可能。
逆に言えば、一度でも剣盾に連れ出ししてしまうと戻せなくなるので、利用したい方は注意が必要である。 

ちなみに、ポケモンホームを開始するとピカチュウが、スマホ版を初めて起動するとカントー御三家のうちの選んだ1匹がはじめからボックスに入っている(カントー御三家は隠れ特性持ち)。サービス当初は、ヒトカゲ系統は剣盾で入手できるので、スマホ版の御三家は余程でない限り残りの二つから選ぶことが推奨されていたが、他の系統も(期間限定ではあるが)剣盾内で実装され、入手することができたので、現在はどれを選んでも構わないと言われている。加えて、ヒトカゲに関しても、現状入手が困難かつストーリー中では入手できない「サンパワー」持ちであるため、選んでもそこまでデメリットはなかったりする。

ポケモンの交換

ミラクルボックス

世界中の人とランダムにポケモン交換を楽しむことができる機能。交換に出すポケモンを預ければ自動的に交換されていく。フリープランは3匹、プレミアムプランは10匹まで選択できる。

GTS機能

Wi-Fiを使ってポケモンを交換できるシステム。ポケモン剣盾にはGTSが無いため、第8世代を含めたGTSはこちらを利用することになる。
今作は、スマートフォンさえあればソフトやスイッチ本体を持ち歩かなくても、いつでもどこでも身近の人でも世界の誰かでもポケモンの交換が可能である。
これまでと同様幻のポケモンは交換不可となっている。また、今回から預けたポケモンに特性が表示されるようになったため、隠れ特性が欲しいプレイヤーにとってはかなりありがたい仕様となっている。

グループ交換

最大20人のグループを作り、集まった人たちで一同にポケモン交換をすることができる機能。
グループ内の誰のポケモンがもらえるかは交換するまでわからないので、ランダム要素を楽しむことも出来る。
グループを作る事ができるのはプレミアムプラン加入者のみ。

フレンド交換

近くのフレンドと交換をする機能。

全国図鑑

ポケモンボックスにポケモンを預けることで、全国図鑑にポケモンが登録されていく。メガシンカキョダイマックスできるものを預ければそれぞれのすがたも登録される。
登録されたポケモンの情報はSwitch版とスマートフォン版双方で見る事ができる。図鑑解説はポケモンXY以降の全てのソフトの解説文を見ることができる。スマートフォン版ではこれに加えてポケモンの覚えるわざやとくせいの一覧も確認できる。

また、スマートフォン版では登録済みのポケモンたちの「たかさ」を比較できる機能がある(個々の図鑑画面のたかさ表記をタップ)。1.5mほどの人型のスケールも用意されている。「この『たかさ』って体高なの?全長なの?」と悩むポケモン絵描きにとっては地味ながらも非常にありがたい機能となっている。稀にポーズや角度のせいで大きさがわかりづらくなっているポケモンがいるのはご愛嬌。
メガシンカキョダイマックスが登録されていればその状態の大きさも確認可能。特にキョダイマックスやムゲンダイマックスさせたムゲンダイナをずらっと表示させると通常ポケモン達や人型スケールはもはや豆粒。圧巻の眺めである。

ふしぎなおくりもの

スマートフォン版でのみ使える。
シリアルコードや2次元コードを入力したり読み込んだりすることで、ふしぎなおくりものを受け取れる。
サービス開始後からのポケモン剣盾を対象としたふしぎなおくりものを間接的に受け取ることも可能。受け取った後に表示されるシリアルコードを剣盾で入力することで受け取れる。

マイルーム

スマートフォン版でのみ使える。
連携するソフトに関するお知らせやイベント情報が確認できる。
また、ポケモンホーム内でさまざまな条件を満たすと達成できる実績に応じてもらえるシールで自分のプロフィールをカスタマイズできる。

料金プラン

ポケモンホームは無料で利用できるサービスもあるが、最大限活用するためには有料のプレミアムプランへの加入が必要になる。
ポケモンバンクからのポケモンの引っ越し等は、プレミアムプランへ加入しないと利用できない。
実際の料金についてはホームページ等を参照されたし。

関連タグ

ポケモン ポケットモンスター
ポケモン剣盾 ポケモンGO LPLE

外部リンク

公式HP

関連記事

親記事

ポケモンボックス ぽけもんぼっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモンホーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8540

コメント