2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ヒコザル

ひこざる

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.390
英語名Chimchar
ぶんるいこざるポケモン
タイプほのお
たかさ0.5m
おもさ6.2kg
とくせいもうか / てつのこぶし隠れ特性


進化

ヒコザルモウカザル(Lv14)→ ゴウカザル(Lv36)

猿山



概要

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』(第4世代)で初登場したポケモン。
ゲーム開始時に、最初に手に入れる3匹のポケモンの内の1匹(御三家)。

最初の3匹の中でもよく選ばれる。理由として、シンオウ地方ではヒコザルを除くとポニータしかほのおタイプのポケモンは通常手に入らない為、貴重な戦力として期待される。
(プラチナではデルビルブビィブースターが手に入るようになったためそうでもなくなったが……)

ただし最初にいわタイプのジムリーダーと戦わなければならないため、ヒコザルを選ぶと序盤の難易度は上がる。幸い進化後はかくとうタイプが追加されるため、多少育成に時間をかければ攻略には問題ない。ここさえ攻略すれば二つ目のジム攻略まではむしタイプやくさタイプの敵が多いため、かなり楽に進めるだろう。

現在のシンオウでは野生出現する姿を確認できないが、ヒスイ地方時代はハマナスの島に生息していたようだ。

名前の由来は恐らく「火子猿」。

容姿

小さなの様な姿で、お尻の炎は体内のガスをエネルギーとして燃えている。その火は雨に濡れても消えることは無い。
その炎は健康のバロメーターとしての役割を果たしている。その為元気が無い時は、炎が弱くなってしまう。
愛くるしい容姿から人気の高いポケモンである。

数ある猿ポケモンの中でも屈指の尻尾の短さを誇る。この尻尾は進化するごとに伸びていき、先端の火は最終的に頭に移動してしまう
実際の猿でも尻尾がかなり短い猿は存在しており、有名な例ではニホンザルなどがいる。

なお、『LEGENDSアルセウス』の図鑑説明によれば「古来は 尻行灯と 呼称され あやかしの類と 恐れられた。」とされており、まだポケモンと人との距離感に開きのあった時代は尻尾の炎は不気味なものに見られていたようである。

ゲーム上の特徴

パラメーター的には、やや「こうげき」、「とくこう」、「すばやさ」が優れている。これは進化後により強化されていく事となる。基本的は、攻撃特化か特殊特化のどちらでもこなすことは出来る。
また、進化後には覚えられないかえんほうしゃを覚えることが出来る。

プラチナからはきあいのタスキで耐えてがむしゃらしんくうは戦術ができる。
初見殺しや一発ネタなうえ、隠れ特性きもったまでゴーストタイプにも有効打があるスバメのほぼ劣化となる。

BDSPでは早い段階でグロウパンチを習得できるようになり、最初のジムでも比較的戦いやすくなった(とは言え元々紙耐久かつ相手の防御力が高めなので、結局進化するまではいまいち安定しない)。クロガネジム攻略後も複数の手持ちがいるトレーナーと戦うときは頼りになるだろう。

使用トレーナー

ゲーム版

※1 ナエトル・ポッチャマの二択
※2 主人公がナエトルを選んだ場合
※3 クエスト24「ヒコザルをたすけてあげて」クリア後

アニメ版

漫画版

アニメ版

シンジ→サトシのヒコザル

シンジとヒコザル
ヒコザルの涙


CV:林原めぐみ
DP編3話から登場。元はサトシのライバルシンジの手持ちだったが、ある事情によりサトシの手持ちとなった。
現在はゴウカザルに進化している。詳細は「サトシのゴウカザル」の記事を参照のこと。

その他

  • イメージとしてヒカリが使っているシーンもあり、ポケモンコンテストの演技審査にてかえんぐるまでアピールするシーンが描かれた。
  • ナナカマド博士が初心者トレーナー用に用意していた個体は第1話で登場。ヒカリサイドのストーリーでの騒動の原因であり、ポッチャマ(のちのヒカリのパートナー)のポケモンフーズをかすめ取り、それを謝罪するどころか煽ってしまう。怒ったポッチャマがバブルこうせんを乱射したせいで研究所の機材に被害が出ただけでなく、研究用に連れてこられたムックルムクホークを怒らせてしまい、彼ら共々脱走してしまった。のちに冷静さを取り戻したムクホークに掴まれ、ようやく反省した模様。一方でナエトルだけは黙々と食事を続けていた。とはいえ、彼のいたずらがなければ、ポッチャマとヒカリの関係は今ほど良いものにはなっていなかった事であろう。
  • 回想でオーバのゴウカザルのヒコザル時代が描かれた。
  • 劇場版では「ディアルガVSパルキアVSダークライ」にてアリスのポケモンとして登場。かえんほうしゃでバーナーの火力調整を行う事でアリスの気球ガイドを手伝っている。


BW44話(冒頭)

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

元々はナナカマド博士がパカ&ウージに渡す予定だったポケモンで、手違いなどもあって譲られる。素早い崖登りと"ひのこ"を利用したピッキングを得意。スピードを重視するパールと気が合う。
くすぐりが弱い様だが進化してからはなくなった模様。
ハクタイシティでの特訓中にモウカザルへと進化する。

『DP物語』

幼い頃にギンガ団に拉致・戦うマシーンとして育てられた事でギンガ団最強の幹部であったミツミがナナカマド博士の研究所を襲おうとした際、彼に説得された後に譲られたポケモンである事が回想で判明。これを切っ掛けに戦うマシーンとして育てられたミツミの心境に変化が起き、ギンガ団を裏切る。
現在はゴウカザルに進化している。

『トライアドベンチャー』

主人公の一人・カツヤの手持ちとしてヒコザルのヒコザが登場する。

『ポケモン不思議のダンジョン 炎の探検隊』

「別冊コロコロコミック」2007年10月号から2008年8月号まで連載された溝渕誠のポケダン漫画。
ヒコザルとなってしまった元人間の主人公ホノオが登場。
一人称は『オイラ』で、カラーを見るに普通のヒコザルより茶色っぽく鼻に絆創膏が貼ってある。

その他

ポケモン☆サンデー』では情報部に所属する♀のヒコザルが登場。
頭にピンク色のリボンを付けているのが特徴で、CVは下屋則子
主に視聴者にポケモンに関する最新情報を伝えるのが仕事。
こう見えても「PCLA」卒のインテリかつニューヨーク支部でソーナンス支部長の基で働いていた実績を持つ。
ポケサンメンバーを卒業後はフランスへ旅立った。なんの因果か、ニューヨークもフランスものちのポケモンの舞台になった地方のモデルである。

この番組との連動品としてタカラトミーからはトミカ「ポケモンサンデー ヒコザルカー」が登場している(この他にもピカチュウや残りのシンオウ御三家もトミカになっている)。

のちに『ポケモンスマッシュ!』ではミジュマルが同ポジションを担当している。

関連イラスト

ポケモン プラチナ ライバル
塗らせていただきました



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧
猿ポケモン

389ドダイトス390ヒコザル→391モウカザル

バオップ:同じほのおタイプ。ただしあちらは「こうおん」ポケモン。
サルノリ:第8世代のくさタイプ。

シンオウ御三家・初期形態

くさタイプナエトル
ほのおタイプヒコザル
みずタイプポッチャマ


御三家



炎御三家・初期形態

ポケモン該当地方
ヒトカゲカントー御三家
ヒノアラシジョウト御三家ヒスイ御三家
アチャモホウエン御三家
ヒコザルシンオウ御三家
ポカブイッシュ御三家
フォッコカロス御三家
ニャビーアローラ御三家
ヒバニーガラル御三家
ホゲータパルデア御三家

関連記事

親記事

シンオウ御三家 しんおうごさんけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1314932

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました