ピクシブ百科事典

ヒコザル

ひこざる

ヒコザルとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するシンオウ御三家・ほのおタイプのポケモンである。
目次[非表示]

名前の由来は恐らく「火子猿」

基礎データ

ずかん No.390
英語名 Chimchar
ぶんるい こざるポケモン
タイプ ほのお
たかさ 0.5m
おもさ 6.2kg
とくせい もうか


※もうか:HPが残り1/3以下になると、ほのおタイプの技の威力が1.5倍になる

進化


ヒコザルモウカザルゴウカザル

あけおめ!



容姿

小さなの様な姿をしたポケモン。お尻にはが付いており、体内のガスをエネルギーとして燃えている。
に濡れても消えることは無い。その愛くるしい容姿から人気の高いポケモンである。

数ある猿ポケモンの中でも屈指の尻尾の短さを誇る。この尻尾は進化するごとに伸びていき、先端の火は最終的に頭に移動してしまう。実際の猿でも尻尾がかなり短い猿は存在しており、有名な例ではニホンザルなどがいる。

概要

『ポケットモンスターダイヤモンドパールプラチナ』(第4世代)に初登場したポケモン。
ゲーム開始時に、最初に手に入れる3匹のポケモンの内の1匹。

断崖絶壁をよじ登り、岩の上で生活をしている。お尻のほのおが健康のバロメーターとしての役割を果たしている。その為元気が無い時は、ほのおが弱くなってしまう。

最初の3匹の中でもよく選ばれる。理由として、シンオウ地方ではヒコザルを除くとポニータしかほのおタイプのポケモンは通常手に入らない為貴重な戦力として期待される。
(プラチナではデルビルブビィブースターが手に入るようになったためそうでもなくなったが……)

ただし最初にいわタイプのジムリーダーと戦わなければならないため、ヒコザルを選ぶと序盤の難易度は上がる。幸い進化後はかくとうタイプが追加されるため、多少育成に時間をかければ攻略には問題ない。ここさえ攻略すれば二つ目のジム攻略まではむしタイプやくさタイプの敵が多いため、かなり楽に進めるだろう。


ゲーム上の特徴

パラメーター的には、やや「こうげき」、「とくこう」、「すばやさ」が優れている。これは進化後により強化されていく事となる。基本的は、攻撃特化か特殊特化のどちらでもこなすことは出来る。
また、進化後には覚えられない「かえんほうしゃ」を覚えることが出来る。

プラチナからはきあいのタスキで耐えてがむしゃらしんくうは戦術ができる。
初見殺しや一発ネタなうえ、隠れ特性きもったまでゴーストタイプにも有効打があるスバメのほぼ劣化となる。

BDSPでは早い段階でグロウパンチを習得できるようになり、最初のジムでも比較的戦いやすくなった(とは言え元々紙耐久かつ相手の防御力が高めなので、結局進化するまではいまいち安定しない)。クロガネジム攻略後も複数の手持ちがいるトレーナーと戦うときは頼りになるだろう。

関連イラスト

ポケモン プラチナ ライバル
塗らせていただきました



主な使用トレーナー


アニメのヒコザル

シンジ → サトシのヒコザル

シンジとヒコザル
ヒコザルの涙


CV: 林原めぐみ

DP編3話から登場。元はサトシのライバルシンジの手持ちだったが、ある事情によりサトシの手持ちとなった。
現在はゴウカザルに進化している。詳細は「サトシのゴウカザル」の記事を参照のこと。

関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧
ナナカマド博士
ダイパ DPt

シンオウ御三家・初期形態

くさタイプナエトル
ほのおタイプヒコザル
みずタイプポッチャマ


御三家



猿モチーフ仲間

バオップ:同じほのおタイプ。ただしあちらは「こうおん」ポケモン。
サルノリ:第8世代のくさタイプ。

炎御三家・初期形態

ポケモン該当地方
ヒトカゲカントー御三家
ヒノアラシジョウト御三家
アチャモホウエン御三家
ヒコザルシンオウ御三家
ポカブイッシュ御三家
フォッコカロス御三家
ニャビーアローラ御三家
ヒバニーガラル御三家

関連記事

親記事

シンオウ御三家 しんおうごさんけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒコザル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ヒコザル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1046953

コメント