ピクシブ百科事典

ポケモンレンジャー

ぽけもんれんじゃー

ポケットモンスターシリーズに登場するポケモントレーナーの肩書きの一つである。またはポケモンレンジャーシリーズに登場するキャプチャ・スタイラーを用い、野生のポケモンの力を借りて事件を解決する職業のこと。
目次[非表示]

ポケモンレンジャー(Pokemon Ranger)とは、ポケットモンスターシリーズに登場するポケモントレーナーの肩書きの一つである。また、第三世代から発表された番外編『ポケモンレンジャー』シリーズの主人公達の肩書きでもある。

主な任務の内容は、野生のポケモンや自然の保護活動であり、他には警察やレスキューとも連携をとって犯罪者の取り締まりや災害の救助活動も行う。ポケモンとの連携は勿論、ポケモンレンジャーには高い身体能力やポケモンを始めとする様々な事柄の豊富な知識が求められる為、そう簡単になれる職業ではないのは確かである。

アニメ版では、ポケモンと関わる役職の中でもエリート的な職業として扱われているようで、ポケモントレーナー達からは羨望の対象となっている。また、ポケモンの保護活動を行うポケモンレンジャーとは対照的に、手段を問わない形で野生ポケモンの略奪を行うポケモンハンターも登場する。

ポケモンレンジャー(トレーナー)

【企画】ジンカ&ジンキ【ぴくトレ】


概要

第三世代から登場するトレーナー。
暖色で揃えたジャケットと大きめのポケットがついたベルトを着用しており、第五世代では、同色のテンガロンハットを被っている。主に、森林や沼地等の大自然の道で注意を促してくる。BWでは、彼らに勝つときのみを分けてもらえる。
BWでは男性が白人で女性が黒人、XYでは男性が黒人で女性が白人というように、男女で人種が対になっている。因みにBW以降ではにんじゃごっこの如く、茂みや落ち葉の中から不意打ちして出てくる。あからさまに怪しい茂みや落ち葉の塊があったら警戒しておこう。

使用ポケモン

第三世代では草タイプを使用することが多かったが、第四世代からは幅広いタイプを使うようになる。

ポケモンレンジャーシリーズ


職業の一つ。キャプチャ・スタイラーというアイテムを使い、絆を結んだポケモンで障害物を片付けたり荒れ狂うポケモンを抑えこみ、人々を助けていく。
本編とは違う所は、自然や人々、ポケモンを守るという概念からモンスターボールは使用せず、最初に連れて歩くポケモン以外は基本的に一度使役すると別れる点。功績を挙げればレンジャークラスが上がっていき、使用できるポケアシストや連れ歩けるポケモンの数が増える。中でもトップクラスの成績を納めたレンジャーは「トップレンジャー」と呼ばれ、世界に12人しか存在しない。
本編同様マフィアと戦う事もあるが、あくまでマフィアの調査や逮捕、使役されているポケモンのキャプチャが中心で、ポケモンバトルはしない。また、各市街地のレンジャーベースに常駐しているレンジャーは「エリアレンジャー」と呼ばれ、彼らの活動をバックアップする為、レンジャーベースのない街にはレンジャーデポと呼ばれる施設が建てられている。(バトナージのみ)

大半のレンジャーはレンジャーユニオンが運営するレンジャースクールに入学し、卒業したものが正規レンジャーになるといったケースが一般的だが、無印の主人公はハヤテに7通の手紙を送ったほどの熱意が認められてレンジャーになったという特殊なケースを辿っている。

シリーズの世界観は本家シリーズと同じらしい。尚、登場ポケモンの数が本家以上に限られており、進化前または進化後のポケモンだけ出てくるという事例が普通にあったりする。
主に第3世代の終わりから第4世代で展開されたが、光の軌跡を最後にシリーズが途絶えている。舞台としている地方は全て日本の地方がモデル(瀬戸内海東部/渡島半島と青森県/隠岐諸島)。
この為、本家シリーズと連動するようになっており、特別なミッションをクリアすると幻のポケモンを送れるようになっているのが特徴。

キャプチャ・スタイラー

ポケモンレンジャーが使用するアイテム。キャプチャディスクを射出し、ポケモンをグルグルと囲む事でポケモンと心を通わせ、一時的にポケモンの力を借りる事が主な使用用途。キャプチャしたポケモンは力を借り終えると野生に帰っていくが、中にはレンジャーを気に入ってパートナーになるポケモンも少なくない。
ポケモン図鑑に相当するブラウザ機能、マップ機能、ボイスメール機能が搭載されている。

スクールスタイラー

レンジャースクールの生徒が使用する緑色のスタイラーで、本体に描かれたマークやボイスメール機能が搭載されていない点を除けば、通常のスタイラーと全く同じ機能を持つ。

キャプチャ・スタイラー(通常)

一般的なポケモンレンジャーが使う赤いスタイラーで、射出したキャプチャディスクを、アンテナでキャプチャディスクの操作を行う。卵型に近い形状をしていて、レンジャーユニオンのマークが描かれたカバーが展開する他、カバー全体を展開すれば携帯電話にも変形する。蒼海の王子に登場したジャック・ウォーカーは深緑色のスタイラーを使用している。

キャプチャスタイラー(バトナージ)

バトナージ時代のポケモンレンジャーが使用するスタイラーで基本的な使用方法や機能は初代と全く同じだが、形状が異なっており、本体にテレビのリモコンを思わせる十字キーとボタンが追加されている。展開する部分はレンジャーユニオンのロゴが描かれた部分のみ。

ファイン・スタイラー

トップレンジャーに支給されるガントレット型のスタイラーで射出したキャプチャ・ディスクを右腕に装着したグローブで操作する仕組みになっている。パワーチャージ機能を持つ。
また、ユニオンの研究員であるバトナとナージ兄弟によって「バトナージ・スタイラー」に改良され、「ありえないマシン」で操られたポケモンをキャプチャする事が出来る。

キャプチャ・スタイラー(光の軌跡)

光の軌跡で登場したモデルでブレスレット型。射出したキャプチャディスクを光の剣のように伸びたアンテナで操作する。オブリビア地方のエリアレンジャータルガの娘であるパネマによって「レンジャーサイン」を描く機能が追加され、特定のレンジャーサインを地面に描く事でポケモンを召喚できるようになった。

ゴーゴー4兄弟のスタイラー

ポケモンレンジャーのスタイラーを元に製作されたゴーゴー4兄弟のスタイラー。
ヤライはギター、ユウキはベース、ヨウジはドラム、ミライはバイオリン型の形状をしており、普通に楽器としても使用が可能。しかし、このスタイラーのキャプチャとは、ポケモンと心を通わせる手段などではなく、ポケモンを一方的に操る機能がある。

スーパー・スタイラー

シンバラ教授の開発したどんなポケモンでもキャプチャできるスタイラーで後にゴーゴー団によって盗まれた。

究極のスタイラー

ゴーゴー団のボスであるラゴウが製作した電子オルガン型のスタイラーで、三犬を同時に使役する程の恐ろしい力を持つが、プラスルマイナンがキーボードで暴れまわった為、木っ端微塵に破壊された。

レンジャーサイン
光の軌跡の主人公のスタイラーにのみ搭載された機能で、特定の記号を描く事でポケモンを召喚して力を借りる事が出来る。ただし、召喚できるポケモンは原則として1体のみ。なお、作中の描写から古代オブリビア地方に伝わる魔術のようなものである事が示唆されている。

召喚されるポケモン効果
ライコウライコウに乗って崖を飛び越える
エンテイエンテイに乗って道を塞ぐ大岩を粉砕する
スイクンスイクンに乗って大河を駆け抜ける
ラティアス/ラティオスラティ兄妹に乗って大空を飛行し、雷雲の中も駆け抜ける
ホウオウ虹の祭壇で描くと再戦できる
ファイヤーファルデラ火山の頂上で描くと再戦できる
フリーザーソルベラス山の頂上で描くと再戦できる
サンダーライウン山の頂上で描くと再戦できる
ルギアユニオン号に乗った状態で描くと再戦できる
ゴローンゴローンをパーティに加える
ワタッコワタッコをパーティに加える
カポエラーカポエラーをパーティに加える
ビッパビッパをパーティに加える
メガニウムメガニウムをパーティに加える
オーダイルオーダイルをパーティに加える。アニメでも使用
バクフーンバクフーンをパーティに加える
ガブリアスガブリアスをパーティに加える
メタグロスメタグロスをパーティに加える
ミュウツーミュウツーをパーティに加える
ブイゼルブイゼルをパーティに加える
フシギソウフシギソウをパーティに加える
ポッチャマポッチャマをパーティに加える
セレビィ通信協力ミッションでパートナーに設定したポケモンをパーティに加える
マンキーマンキーをパーティに加える
ロコンロコンをパーティに加える
ミミロルミミロルをパーティに加える
エイパムエイパムをパーティに加える
ココドラココドラをパーティに加える
グレッグルグレッグルをパーティに加える
空中要塞空中要塞の扉を開くためだけに存在するサイン


シリーズ一覧


各シリーズの主人公・ライバル

一作目主人公:カヅキ ヒナタ
二作目主人公:ハジメ ヒトミ ライバル:ダズル
三作目主人公:ナツヤ ミナミ

関連タグ

ポケモン ポケモントレーナー レンジャー
ジャック・ウォーカー(蒼海の皇子マナフィのみ)

類似点のあるトレーナー
キャンプボーイ

関連記事

親記事

ポケモントレーナー ぽけもんとれーなー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモンレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4286950

コメント