ピクシブ百科事典

ポケモンハンター

ぽけもんはんたー

『ポケットモンスター』シリーズで登場する職業の一つである。主にアニメで登場する。
目次[非表示]

概要

ポケットモンスター」内で登場する架空の職業…というよりは、違法行為を行う犯罪者達の事を指す。細かい名称などが代わって登場することも多い(ポケモン「バイヤー」など)。

モンスターボールを使うのではなく、野生状態のままでポケモンを捕獲(正確には「拘束」)し、それを「商品」として売りさばく事を生業としている。直接的にポケモンを捕獲するのは容易な事ではない為、当然ポケモンハンターには生け捕りにする為の戦力であるポケモンやポケモントレーナーとしての高い技量が求められ、また拘束する檻やトラップ等、幾つかの機材やそれらを扱う技術・知略も必要とされる。
なお、トレーナーとしての実力は高い反面、ハンターとしての実力はピンキリで、商品であるはずのポケモンに大けがを負わせたり、どく、やけどといった状態異常に追い込む等、腕の悪いハンターも存在する。
ポケモンハンターにポケモン捕獲の依頼をする者の大半はポケモントレーナーではなく、単純にポケモンをコレクションにしたい富豪や権力者、またはポケモンを使った非道な実験をしようとする研究者等と、真っ当ではない者達が多い。

アニメ内でのみで存在するものであったが、後のウルトラムーンにおけるポケモン図鑑ペルシアンの項目で「額の宝石を狙ってハンターに狙われる」という表記がある事から、ゲーム版にもポケモンハンターの類は存在している模様。
同じ様にポケモンを強奪するロケット団をはじめとする犯罪組織とは商売敵として対立する事が多いが、利害さえ一致しているならばそれらの犯罪組織からの依頼も請け負う。実際に『DP』ではポケモンハンターJギンガ団からの依頼を受ける形で、伝説のポケモンであるユクシーエムリットアグノムUMAトリオ)の捕獲を行っていた。
アニメに登場しているポケモンハンターで有名な所では、『DP』で複数回に及んで登場したポケモンハンターJだが、映画の時を超えた遭遇に登場した密猟者や『無印』終盤でバンギラスヨーギラス親子を狙った密猟団「ポケモンハンターブラザーズ」のグルー・チーコ・ハンポを思い出す人も多いかもしれない。
最も最初に登場したポケモンハンターは、『AG』の第6話に登場した密猟者のリョウである。依頼主から大量のどくタイプのポケモンの捕獲を要求されていたリョウはオニドリルバンギラスを戦力に、電磁バリアの仕掛けた檻を用いる形で大量のアーボドガースを捕獲していたが、ロケット団3人組の妨害によって失敗。最終的には逮捕され、捕獲していたアーボやドガースも主人と別れる道を選んだアーボックマタドガスに率いられる形で去っている。
『DP』165話に登場したゲストのマスターも元・ポケモンハンターであり、改心する前の自分の過去の行いを恥ずかしく思っていた。

なお、ポケモン窃盗団スナッチ団に所属していたポケモンコロシアムの主人公レオもこの扱いとなるのだが、素性を知る者が少ないためかゲーム中で捕まることはない。
しかしその後のオーレ地方に彼の姿がないことを思うと身元が割れる前に他の地方へ高飛びしたのかもしれない。今もスナッチマシンを片手に虐待や兵器として利用されているポケモンを悪質なトレーナーより奪い取っているのかは不明である。

ポケモンハンターの違法性

方法や手段はともかく、一応ポケモントレーナーと同じ様に「ポケモンを捕獲している事」に変わりは無い為、ファンの間ではなんで野生のポケモンを捕まえているのに悪い奴扱いされてるの?というツッコミや、これゲーム内で自分もやってるんですが…という感想がたびたび発生している。
前述通り、ポケモンハンターはモンスターボールによって捕獲し自分で育成を行うのではなく、ポケモンを強引に拘束する形で捕獲し、それを依頼主に高値で売りつける事を目的に生業としており、アニメポケットモンスターの世界観では、それらの行為は「ポケモン保護法」に反する明確な「違法行為」とされている。それ故に、ポケモン捕獲を阻止されたポケモンハンターやそれに協力したポケモン達はジュンサー達に引き渡され、ポケモン保護法違反で「犯罪者」として逮捕されている。
実際にポケモンハンター以外でポケモンを売買をする者は殆どおらず、例があるとすれば『無印』~『DP』に登場していたコイキングを売りつけていたインチキ親父ぐらいである。

保護区域…つまりは『モンスターボールを使ってでも野生のポケモン捕獲してはいけない特殊な区域』などに侵入して乱獲するといった描写も多く、中にはそこでポケモン捕獲の為の危険なトラップを仕掛け、たまたま入ってきた人間や無関係なポケモン達に危害を加えてしまう事も厭わない、より悪質で傍迷惑な者もいる(『BW』78話)。
基本的に狙うポケモンは野生のものが多いが、ポケモンハンターJの様に依頼主の意向や自らの利益に繋がるならば、ロケット団プラズマ団と同様、他人のポケモンを奪い取る事も厭わない者もいる。
珍しいポケモンや使用できない技術を使用しているポケモン・幻のポケモン伝説のポケモンが非常に高く売れるからだとポケモンハンターは常にそのように言う。

本編の話の中では正規の方法で捕まえようとせずに、ポケモンを乱暴に扱おうとする事自体登場人物達から非難されることがほとんどであり、真っ当なポケモントレーナージムリーダー四天王・ポケモン研究者等から見れば、金儲けの為だけにポケモンを捕獲しているポケモンハンターには不快感を感じずにはいられないのも当然といえば当然である。
サイドストーリーの4話では、相手がポケモンハンターではないものの、コイキングを売りつけようとした親父に対し、オーキド博士が「ポケモンを売るとは何事じゃ!」と激怒している。
BW編では、守り神とされているウルガモスの捕獲を狙うだけでなく、目的の為に手段を選ばないハンターのリンゾーが、ジムリーダーのハチクから「許さんぞ、人間のクズめ!」と唾棄されている事からも、ポケモンハンターがいかに卑劣で忌み嫌われた職業であるのかが、明確に理解できる。

ポケモンハンターとは対照的に野生ポケモンや自然環境の保護を行うポケモンレンジャーとは対立する事が少なくなく、『DP』ではポケモンハンターのJがポケモンレンジャーとリオルを巡って対決している。

関連タグ

ポケモン アニポケ 悪の組織(ポケモン)
ポケモントレーナー ポケモンハンターJ リョウ ダス
レオ ヘルゴンザ

関連記事

親記事

アニポケ あにぽけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポケモンハンター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83060

コメント