ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:本田貴子
(一部wikipediaより抜粋)
アニメ ポケットモンスターダイヤモンド&パール』の登場人物。

本名・出身地・素性が一切不明のポケモンハンター
ステルス機能を搭載した飛行艇に乗ってシンオウ各地で暗躍しており、左腕の特殊な機械から発射した光線ポケモン石化して捕獲し、依頼人達に売り捌いている。
ただし、途中で勝手に依頼を取り下げた依頼人からは二度と依頼を受けつけない主義である。

冷酷非道な性格で、人やポケモンを傷つけることを厭わず、面倒を避けるためには己の部下をも犠牲にするため、あまりの悪党ぶりロケット団からも嫌われている
しかしポケモンの捕獲や依頼人との取引といった仕事は常に自ら先頭に立って行っており、部下からの信頼は厚い。
それに加え、トップレンジャーのハジメやピラミッドキングのジンダイを知っているなど、各地の実力者についても知識があるらしい。

また、時には伝説ポケモンを相手取らなければならない場合もあるためか、相手ポケモンの攻撃をその身に受けても無事だったり、高速で飛行するボーマンダの背中に立っていられたりと、J自身の身体能力も非常に高い。

しかし本人はポケモンバトルに興味はないようで、彼女がポケモンを繰り出す際は相手ポケモンの力量を測る時か、逃走する際の時間稼ぎなどがほとんど。
依頼を達成した後や依頼を破棄された時は速やかに撤収するなど引き際も弁えているため、彼女を逮捕するのは非常に困難である。

ゲストポケモンと「ボルテッカー」を使えるピカチュウのついでに、喋るニャースを珍しいという理由から捕らえた事もある。

石化したピカチュウを見たサトシに対して「死んではいない」、また飛行艇に乗り込んできたサトシに対して「生きて帰れると思うなよ」など、規制ギリギリの台詞でその恐ろしさを表現している。

アニポケ史上、類を見ない悪党ぶりである

手持ちポケモン

役割はそれぞれ異なるが、どのポケモンもバトルの実力は非常に高い。


Jのターゲットにされたポケモン


最期

ギンガ団からの依頼で、湖に住む伝説のポケモンであるアグノムユクシーエムリットを捕獲する。
ギンガ団に引き渡した後は速やかに撤収しようとしたが、ユクシーとエムリットが捕獲される寸前に放っていた「みらいよち」の攻撃を受けたことで飛行艇が湖に墜落。その爆発に巻き込まれ沈んでいくという因果応報な最期を遂げた。

Jさああああああああああん



その後は生死不明だが、湖底に沈みゆく飛行艇と共に彼女のバイザーも沈んでいく描写がある事や、物語から完全にフェードアウトしてしまった事からも生存は絶望視されている
仮に死亡であった場合、アニポケ(TV版)の歴史に於いて現在唯一の準レギュラー死者である事になるが、後のシリーズに同じ悪党であるフラダリ最終的に死亡扱いである可能性が出てきたことから、彼女が唯一ではなくなった。

ゲストキャラクターに範囲を広げれば、死者はXY第14話に登場するリサおばあちゃんも該当する。
こちらはJとは異なり、劇中で死亡したことが明示されている。このパターンはアニポケの歴史にて多数確認できる。

ポケモン漫画「ポケの森」第六話 デスマス



関連タグ

ポケモンハンター
アニポケ ダイヤモンド&パール
吐き気を催す邪悪 悪女

共通点があるキャラクター

  • レオ…元ネタ(?)と思われる人物。ただ、主人公でありポケモンに対しては多少の慈悲がある。
  • リョウリンゾー:同業者。Jと違って部下はおらず、単独で悪事を犯している。最後は全員Jと同じく因果応報な終焉を迎えた(Jの終焉よりは遥かにマシである。)。また同名の善人が登場しているところは下記におけるユウジと共通してる。
  • ダイスケ:J同様、良からぬ手段でポケモンを集める傲慢な悪役で何かしらの集まりのトップ(不良トレーナーの集まりのトップ)。ポケモンバトルに興味無さそうな所も似ている。だが、Jに比べると怠惰かつ幼稚で彼の終焉はかなり無様であったが、Jみたいに命を落としてはいないし、犯罪に等しい行いもしない。
  • スワマ:J同様、良からぬ手段でポケモンを集める悪役でポケモンの命を奪ってもおかしくない事をした点と人間とポケモンの両方に嫌われている点が似ている。性格もかなり悪辣な危険人物である為、ある意味Jの男版と言っても過言ではない。最後はJと同じく、ポケモンに罰せられたが改心せずに復讐を仄めかして逃げて行った。
  • マトリ:ポケモンハンター…ではなく、ロケット団の団員。ムサシに嫌われている(コジロウとニャースも彼女を嫌っている節がある。)、冷酷非道…という共通点がある。XY以降では唯一の邪悪な存在として扱われるものの、Jに比べれば若干間抜けな面が目立つ(初登場時に虚偽報告を鵜呑みした時点でお察しであろう。)。
  • ジャービス:J同様、サトシ一行どころかロケット団にも嫌われる悪役。ポケモン映画史上最凶最悪と公式に言われてる程。
  • ゼッド博士:コイツもJ同様、サトシ一行どころかロケット団にも嫌われる悪役。殺人未遂が限界であるJとジャービスと違って、コイツはガチで殺人を犯している為、その危険性はJと良い勝負レベル。しかし、結局は彼もJと同じく最後は因果応報な終焉を迎えた。逮捕されたまま物語から消えた彼だが、二人殺害している為、Jと同じく死で償う事になるだろう
  • ユウジ: J同様、良からぬ手段でポケモンを集める傲慢な悪役で捕獲の対象としたポケモンがサトシと一致すると連れているポケモンで妨害行為に走る、サトシから捕まえたばかりのポケモンをカツアゲしたが敗北、そして負けたくせにサトシが捕まえたポケモンを強奪しようとしたが最後は返り討ちにされるところも共通している。だがこいつの場合、捕まえたばかりのポケモンなのでポケモンハンターやスワマのように他者とポケモンの絆を引き裂こうとしていたかというと線引きが難しく、ダイスケやスワマと違って(見た限りでは)ポケモンを捨てたり、負けたことを責任転嫁もしない為、似たようなトレーナーの中ではポケモンを酷使してはないらしい。ジムリーダーの方とは全くの別人なので混合しないでください。

関連記事

親記事

ダイヤモンド&パール だいやもんどぱーる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ポケモンハンターJ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ポケモンハンターJ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 585946

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました