ピクシブ百科事典

クロス(アニポケ)

くろす

クロスとは、『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』の登場人物である。
目次[非表示]

「友情なんてモノは、ポケモンを弱くするだけだ!」

概要

CV:逢坂良太
劇場版ポケットモンスターキミにきめた!」に登場するトレーナー
ガオガエンルガルガン(まよなかのすがた)を使う。劇場版でのサトシライバルにあたる人物。

名前通りの交差したオレンジ色前髪が特徴。監督曰く『サトシと真逆に置いた人物』だと『ポケモンぴあ』でのインタビューで述べている。

手持ちはかつて所持していたポケモンを除き、新シリーズ「サン・ムーン」からのポケモンのみであり、唯一彼のみ劇場版初登場メンバーでサン・ムーンから登場したアローラ地方のポケモンを使用している。もちろんアローラ地方出身者の可能性は高いがどの地方出身かは明らかにならなかった。

本作におけるサトシのリザードンは、元々クロスの所有するポケモンでヒトカゲだった頃に捨てられたという設定に変更されている。
嫌味なキャラを演じていたが実際は思慮深いシゲルや、過去にヒコザルを捨てたとはいえ自分なりにポケモンとの接し方を考えていたシンジとは違い、性格は冷酷で、ポケモンに対しても自分の期待に応えた個体のみに愛情を注ぎ他はゴミと吐き捨てている。

ホウオウに執拗に拘ったのは彼もまたホウオウを目撃したトレーナーだった事に起因する。しかし、力と結果のみに固執した性根からホウオウは羽を落とさず去ったのだが、それを知らず追い求め続けていた。

その後、サトシと出会い虹色の羽を手に入れたことに嫉妬して、追い回した末にバトルしリザードをガオガエンで倒した後、彼を中傷。
終盤のテンセイ山ではサトシに対する恨みからか、ガオガエンにサトシ本人へ直接攻撃する様に指示した上、その後敗北したにも関わらず暴力で虹色の羽を奪うという不正を立て続けに頻発する暴挙に出た。

結果、見直しかけていた人間に失望したマーシャドーが彼らを消すために動き出し、劇場版屈指の大惨事を引き起こしてしまう。だがこの惨事を機にポケモンとの友情及び絆の大切さに気付いて改心し、惨事を皆で食い止めて、サトシ達と和解してまたバトルすることを誓い去っていった。

比較考察

テレビシリーズでのカントーにおけるライバルであるシゲルヒトカゲを捨てた不良トレーナー・ダイスケ、そしてダイヤモンド&パールで最大のライバルとして立ちはだかるシンジとサトシと因縁のある人物を統合させたキャラクター(クロス自身の最終的な結末から考えると総合的にシンジに近い。)だが、一方でダイスケと比べると上記の通りヒトカゲを捨てた点は共通している(モチーフではないがほのおタイプ御三家を捨てた点はスワマにも通じるところがある。)。
ただし、ダイスケとスワマは目覚ましい活躍を見せたヒトカゲとチャオブーに返ってこいと自分が犯した罪を棚上げにし手のひら返し及び要求をした(結果的にダイスケとスワマはポケモンから罰を受けても反省せず泣きながら逃げた。)がクロスは強くなりヒトカゲから進化したリザードンを見ても最後まで上記のような要求をすることはなかった(ちなみに同じことをしたシンジもヒコザルがゴウカザルになって特性を使いこなせるようになったことを知った時は悔しそうにしてたが、こちらも最後まで手のひら返し及び要求はしなかったうえ、ヒコザルを捨てた後にヒコザルが拾われたことを知ってからはヒコザルのことが気になってたらしく、前述の通りにパワーアップしたのを知った時は悔しそうだったが終盤のポケモンリーグではパワーアップしたヒコザル及びゴウカザルとのバトルを楽しみにしていた(この時以前に、シンジはある程度改心している。)。バトルが終わった後(結果はシンジの敗北であったが、サトシとまた再戦することを誓った。)、「強くなったな」とゴウカザルを認め賞賛している。)。
だが、歪んでしまった原因が明確だったシンジとは異なって、クロス自身が歪んでしまった原因は明確に分かっていない。劇中で暴走したルガルガンに噛み付かれた際、ルガルガンと初めて出会った時にルガルガンが自分に噛み付いてきたことを嬉しそうに語っていたのだが、それ以外クロスの過去は全く明かされていないため、結局クロスが歪んでしまった原因は最後まで分からずじまいだった(ちなみにシンジはゴウカザルを認め褒めたのに対し、クロスはリザードンに上記の大惨事の際に(リザードン本人は渋々だったとはいえ)助けられている。)。
ただ、クロスもシンジも歪みを克服しながら改心していき、最後は主人公達とかつて見限ったポケモンを認め和解し再戦を誓いあっているという結末になっている。

余談

声を演じる逢坂良太氏はポケモンジェネレーションズサカキの息子の吹き替えを演じている。
また当初はCVが伏せられており、劇場公開後に逢坂氏が担当した事が発表された。
なお、YouTubeやCMなどで公開されている予告編では別の声優が担当している。

エンディングではルガルガンとガオガエンと共に夕飯を食べるシーンがあり、その際ガオガエンが食べてるのは大量のマトマのみであった。辛すぎで有名なマトマのみだがただ辛いだけではなく、なつき度を上げる効果もあり、クロスがポケモンとの友情及び絆を大切にすることに決めたその結果と考えられる。

関連イラスト

クロス ガオガエン
映画みました


関連タグ

アニポケ ライバル キミにきめた!
クズ光落ち
クロス…誘導分岐。

関連記事

親記事

キミにきめた! きみにきめた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クロス(アニポケ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79772

コメント