ピクシブ百科事典

クロス(アニポケ)

くろす

クロスとは、『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』の登場人物である。
目次[非表示]

「友情なんてモノは、ポケモンを弱くするだけだ!」

概要

CV:逢坂良太
劇場版ポケットモンスターキミにきめた!」に登場するトレーナーガオガエンルガルガン(まよなかのすがた)を連れている。
劇場版シリーズでのヴィラン枠の一人でありながらサトシライバルでもあるトレーナー。

オレンジ髪交差(クロス)した前髪アンノーンがモチーフと思われるネックレスが特徴。キャラクター性に関しては、監督曰く『サトシと真逆に置いた人物』とのこと。

手持ちはかつて所持していたポケモンを除き、新シリーズ「サン・ムーン」からのポケモンのみであり、唯一彼のみ劇場版初登場メンバーでサン・ムーンから登場したアローラ地方のポケモンを使用している。もちろんアローラ地方出身者の可能性は高いがどの地方出身かは明らかにならなかった。

本作におけるサトシのリザードンは、元々クロスの所有するポケモンでヒトカゲだった頃に捨てられたという設定になっている。

嫌味なキャラに見えて実際は思慮深いシゲルや、失敗したとは言え自分なりにポケモンの強さを伸ばしてやりたいと考えていたシンジとは違い、性格は冷酷で暴力的。
ポケモンに対しても自分と息が合う個体のみに対して愛情を注ぎ、他はゴミと吐き捨てている。

ホウオウに執拗に拘ったのは彼もまたホウオウを目撃したトレーナーだった事に起因する。しかし、力と結果のみに固執した性根からホウオウは羽を落とさず去ったのだが、それを知らず追い求め続けていた。

その後、サトシと出会い虹色の羽を手に入れたことに嫉妬して、追い回した末にバトルしリザードをガオガエンで倒した後、彼を中傷。
終盤のテンセイ山ではサトシに対する恨みからか、ガオガエンにサトシ本人へ直接攻撃する様に指示した上、その後敗北したにも関わらず暴力で虹色の羽を奪っていくという悪事を起こした。

その結果、見直しかけていた人間に失望したマーシャドーが彼らを消すために動き出し、劇場版屈指の大惨事を引き起こしてしまう。
だがこの惨事を機にポケモンとの友情及び絆の大切さに気付いて改心し、惨事を皆で食い止め、サトシ達との関係を修復してまたバトルすることを誓い旅立った。

比較考察

テレビシリーズでのカントー地方におけるライバルであるシゲルヒトカゲを捨てた不良トレーナー及びクズトレーナー・ダイスケ、そしてダイヤモンド&パールで最大のライバルとして立ちはだかるシンジとサトシと因縁のある人物を統合させた感じキャラクターで、その中の一人であるダイスケとは上記の通りヒトカゲを捨てた点が共通している(モチーフではないが炎御三家を捨てた点はスワマにも通ずる所がある。)が、ダイスケはポケモンの世話及び強化をしないうえ強いポケモンに対しても「育てるのが楽そう」とひどいことを平気で言ったりと周囲が接するのを避ける程に非道だったが、クロスは(初期は気が合うポケモン限定だったが)アニメ内での発言を聞いた限りではポケモンの強化自体はしていると思われる為、ギリギリ不良トレーナーには該当しない感じである。
ダイスケとスワマは自分が犯した罪を正当化しようと目覚ましい活躍を見せたヒトカゲとチャオブーに返ってこいと手のひら返し及び要求を行った(結果的にダイスケとスワマはポケモンから罰を受けても反省せずに逃げた。)がクロスは強くなりヒトカゲから進化したリザードンを見ても最後まで上記のような要求をすることはなかった(ちなみに同じことをしたシンジもヒコザルがゴウカザルになって自身が求めていた特性を完全に使えるようになったことを知った時は悔しそうにしていたが、こちらも最後まで手のひら返し及び返ってこいという要求をしなかったうえ、ヒコザルを捨てた後にヒコザルが拾われたことを知ってからはヒコザルのことが気になっていたようで、終盤のシンオウリーグではパワーアップしたヒコザル及びゴウカザルとのバトルを内心楽しみに待っていた(この時以前からシンジは既に改心している。)。バトルが終わった後(結果はシンジの敗北であったが、サトシとはまた再戦することを誓った。)、「強くなったな」とゴウカザルを認め賞賛している。)。
だが、歪んでしまった原因が判明していたシンジとは異なって、クロス自身が歪んでしまった原因は全く判明していない。劇中でマーシャドーの力で暴れていたルガルガンに噛まれた際、ルガルガンと初めて出会った時にルガルガンが自分に噛み付いてきたことを嬉しそうに語っていたのだが、それ以外クロスの過去は全く明かされていないため、結局クロスが歪んでしまった原因は最後まで不明なままであったが生まれついての悪というわけではない事は分かった(ちなみにシンジはゴウカザルを認め褒めたのに対し、クロスはリザードンに上記の大惨事の際に(リザードン本人は渋々だったが)助けられている。)。
結末に関しては、クロスもシンジも自分の歪みを治しながら改心していき、最後はサトシら+見限った炎御三家を認め関係を修復しながら再戦を誓いあうという温和な結末に行きついた。

余談

クロスの声を担当した逢坂良太氏はポケモンジェネレーションズシルバーの吹き替えを行った。
また当初はCVが伏せられており、劇場公開後に逢坂氏が担当した事が発表された。
なお、YouTubeやCMなどで公開されている予告編では別の声優が担当している。

エンディングではルガルガンとガオガエンと共に夕飯を食べるシーンがあり、その際ガオガエンが食べていたメニューはマトマのみであった。激辛で有名なマトマのみだがただ辛いだけではなく、なつき度がアップするという効果もあり、ポケモンとの友情及び絆を今後は軽んじないと決めたクロス自身の答えと思われる。

関連イラスト

クロス ガオガエン
映画みました


関連タグ

劇場版ポケットモンスター アニポケ ライバル キミにきめた!
クズ/美形悪役光落ち

共通点があるキャラ

炎御三家ライバル

その他

  • ミュウツーバトラー…クロスと同じく劇場版におけるヴィランズ枠で最終的に光落ちしている点が共通する。
  • シゲル…モチーフとなった人物の一人で無印におけるサトシのライバル。サトシが最初に出会ったライバルで当初は自己中だったが後から性格が丸くなるという点が共通している。ただし、クロスと違ってシゲルは初めからポケモンに優しい。
  • シンジ…こちらもモチーフとなった人物の一人でDPにおけるサトシのライバル。「初期は心が歪んでいて能力的な理由で炎御三家を逃したが後々改心して逃した炎御三家+サトシ一行をはじめとする周囲の人物と仲直りする」「一部のポケモンがサトシと同じ」「特定の条件で別の姿を見せるポケモン(クロスはルガルガン、シンジはトリトドン。)を連れている」といった点が共通している。「逃した炎御三家がパワーアップしたのを知った際は悔しがっていたものの最後まで手の平返ししなかった」という点も同じだが、悔しさに負けて大惨事になる程の悪事を犯してしまったクロスと違って、シンジはすぐに悔しさを心からかき消してパワーアップした炎御三家とのバトルを内心楽しみにしていた為、クロスよりは冷静である事が分かる。
  • ダイスケ…こちらもまたモチーフになった人物の一人。ヒトカゲを逃した事があるという点は共通しているが、「性格に歪みがあり少々他者に疎まれていたものの自分なりにポケモンを強化しようとある程度の努力はしていた」という面があったうえ更生のチャンスもあったクロスとシゲルとシンジとシルバーとラングレーとビートとは違い、彼は救いようの無いクズであり、ポケモンの強化はおろか世話もしないため自分の取り巻き以外の人間は勿論本来ならばそういう悪人を注意する立場であるはずのジョーイさんですら接するのを避ける程に傲慢かつ怠惰な悪人で、ソウジ同じ立場のトレーナーに「お前はトレーナー失格だ!」と怒鳴られる程。紆余曲折の末に逃したヒトカゲ(現リザードン)と仲直りし、心を入れ替えて人間関係も改善させたクロスと違って、ダイスケはヒトカゲに対して戻って欲しいと手の平返しをして罰せられたが、改心も反省もせずに泣きながら逃げた。
  • スワマ…クロスと同じく炎御三家を逃した事があるトレーナー。「犯罪に等しい問題行動をした事がある」「手持ちに炎御三家(クロスはガオガエン、スワマはエンブオー。)がいる」といった点が共通している。途中で改心したクロスと違ってスワマはダイスケと同じく逃した炎御三家に手の平返しして罰せられ逃げていったが、ダイスケみたいに泣いて逃げるような事はせず、寧ろ復讐を仄めかす台詞を吐いて逃げていった。
  • シルバー…原作(GSC)におけるライバル。「中の人繋がりなキャラ(ただし、ポケマスでは別の人。)」「心が歪んでいたが後に改心する」「あく複合のポケモン(クロスはガオガエン、シルバーはニューラ)が手持ちにいる」といった点が共通している。
  • ラングレー…BWにおけるライバル(彼女はアイリスのライバルだが劇中にてサトシとバトルした事がある。)。クロスとは異なってドラゴンポケモン以外のポケモンに優しくするトレーナーではあるが、クロスに似て性格がキツめ(彼女は傲慢でわがまま)で口も悪く、片恨みでライバルを倒そうとしていたうえ、問題行動を起こしたが、クロスが起こした大惨事よりは可愛い方であり、起こしてもせいぜい朝御飯の盗み食い程度である。ただし、そんな彼女も後々性格が丸くなりライバルを認め出していく点がクロスに似ている。さらに、どちらもあく複合で赤色のポケモン(クロスはガオガエン、ラングレーはキリキザン。)を連れている。ちなみにどちらも「他のキャラクター(ミュウツー、バトラー、ダイスケ、スワマ、ライム以外)と違って、ライバルとの完全決着が未だについてない」といった点が共通している為、「再登場するなら是非再戦を機に決着をつけてくれると助かる」という意見がファンの間で見え隠れしている。こんな感じでクロスと共通する点が多いラングレーだが、「翠眼ツンデレ」という点で考えればクロスの手持ちであるガオガエンに近い。
  • ビート…原作(剣盾)から登場しているライバル。こちらも性格がキツめで口も悪く(ただし、ポケモンには初めから優しい。)、問題行動(ビートは破壊活動。)を起こしていたが、ある出来事を機に改心するという点がクロスに似ている。相違点はポケモンの雰囲気で、クロスのポケモンはクール系なのに対して、ビートのポケモンは(タイプがタイプ故に)大分ファンシーである。さらに、改心してもシリアス系であるクロスら(それでも初期よりは穏やかになっている。)とは異なって、ビートはコミカルな面を見せる機会が多くなっている(シゲルとラングレーだけは最初からコミカル系のライバルである。)。
  • 芦矢ライム別作品の登場人物だが、「主人公と正反対の人格」「何度か主人公と対立していたが後々仲直りする」という点がクロスと共通している。

関連記事

親記事

キミにきめた! きみにきめた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クロス(アニポケ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88896

コメント