ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:花澤香菜

概要

アニポケシリーズ最新作『ポケットモンスター』に登場する10歳の少女。サクラギ博士の娘で、ゴウとは幼馴染。リサーチフェローとして全地方へ旅をするサトシとゴウとは対照的に、普段は学校に通っている。

今作におけるヒロインポジションだが、下記の理由からメインキャラクターでありながら、主人公2人との接点をあまり持とうとしないせいか、最初のメイン回である11話以降も出演頻度が1〜2ヶ月に1回程度しかない上に、最近ではサクラギパーク内の話であっても出てこないことが多くなっている。サトシとの会話の場面が初めて描かれたのも6話と、これまでのレギュラーの中で最も遅い。

今まで既存キャラが務めていた歴代ヒロインでは初のアニメオリジナルキャラクター。

ポケモンに関心を持たない期間が長かったが、49話でとあるポケモンと運命の出会いを果たしてからは積極的に関わり始めるようになった。

人物

容姿

母譲りの小豆色の長髪を特徴的な形に編んでいる。前髪の一部が大きくハネ上がっていたり、髪留めや髪のハイライトが花の形だったりと、ヘアスタイルだけでかなり個性的。

セット前の髪は癖が強く、毎朝「三つ編みタイム」と称して母に結ってもらっている。本人は癖っ毛を嫌がってるが、母はそんなところも好んでるようで、無断で仕事用のイラストモデルに流用している。

コハル



学校の制服は港町であるクチバシティ由来か、特徴的な錨のマークがあしらわれている。私服は白いシャツに薄ピンクのジャンパースカートや、白と黄色のボーダートレーナーに、サンドブラウンのサスペンダー付きズボンと年相応のファッション。

性格

歴代のメインキャラクターの中でも、とりわけ「一般人」というスタンスで描かれた人物。将来のことでモヤモヤしたり、両親の馴れ初め話に目を輝かせたりする、本当に普通の女の子

家族や友人とは友好的に接しているが、些細なことで盛り上がるサトシとゴウを冷めた目で見る等、ややクールでドライな面が目立つ。一方で、一度入れ込んだものには真摯に向き合う一面もあり、サトシたちと一緒に知り合いのヒンバスを鍛えた際は、その容姿を侮辱したギャルに激昂していた。

「自分はまだ子供であり、それほど大それたことはできない」と線引きしている節があり、「夢の実現への努力」というものに対し、いまいち実感を抱けずにいる。現時点では夢や目標、夢中になれるほど好きなものもこれといってない様子。

ゴウが幼い頃から没頭している「いつかミュウにたどりつく」という夢に対しても、「大きなことを言っている」と冷めた目で見ており、その実現にあまり関心をよせていない。

サトシに対しては他人行儀なところはあるものの、関係自体は良好。話が進むごとに、ポケモン初心者である彼女をサトシがフォローする機会が増えている。しかし、サトシの破天荒な一面は苦手なようだ。

昔は流石に幼さもあって比較的感情的な部分があり、父曰く(おそらくミュウと遭遇するより更に前、ひとりっ子時代に)家に来たばかりのワンパチやきもちを焼いていたとのこと。

両親をとられたくないが故の行動なのだが、彼らはおろかレンジにまで「かわいいしないで(=可愛がらないで)」と主張していた。しかし、本心では興味津々で、ある日コハルから強く怒られたせいで家出したワンパチをこっそり1人きりで探したことから、現在のように誰もが認めるほど仲良くなっている。

家族

父は優秀なポケモン研究者であるサクラギ博士。母はイラストレーターヨシノ。ソウタという幼稚園児の弟がいる。ワンパチに懐かれており、家の自室でも一緒にいる。研究所にはワンパチを預けるためか、父の車に同乗する形で朝夕出入りしている。

コハルとポケモン

歴代キャラクターでは珍しく、「ポケモン」に差程興味を持っていない。
自分に懐いているワンパチのことは可愛がっているが、ポケモンを本当に「好き」とも「嫌い」とも断言できない複雑な心境でいる。

幼い頃は自分からゴウを誘ってポケモンキャンプに参加し、鮮やかなバトルを見せるトレーナーに目を輝かせることもあったが、本編序盤ではポケモンの話を持ちかけられても軽く受け流したり、他のことを優先させたりすることが大半。いつもポケモンのことで突っ走っているゴウやサトシのノリを苦手に思っている節もある。

コハルは成長していく中で、周囲から「ポケモン博士の娘なのだから当然ポケモン好きで、バトルもできる」「将来は当然父の跡を継いでポケモン博士になる」などと思われることに疑問を持つようになっていた。11話では母に対しその複雑な思いを吐露している。
49話冒頭でゴウにも上記と同じニュアンスの心情に加えて「(決めつけを受け入れるみたいになるから)ポケモンはゲットしないかも」とも話しており、単なる趣味嗜好というより環境に対する反発心が強い様子。

一方でサクラギ家で保護したマメパトを世話をしている間に肩に乗せる程に仲良くなったりと、切っ掛けさえあれば、ポケモンに興味を持つこともあるようだ。 また、ニビ博物館での経験から化石に関心を示していたりする。
そして……

手持ちポケモン

CV:真堂圭
コハルがゴウから貰ったボールで一番最初にゲットしたポケモンであり、とても大切にしているメインパートナー。

素直で好奇心旺盛な性格。
人や他のポケモンの動作を真似することが好き。

49話で初登場した、進化条件を満たしても進化しない珍しいイーブイ。元々はクチバシティのイーブイ進化研究所にいたポケモンで、研究所を抜け出してひと悶着あった後、その一件で自分に優しくしてくれたコハルに懐き、自ら彼女のポケモンになることを選んだ。
イーブイ進化研究所の所長曰く、遺伝子が普通のイーブイより不安定、あるいは進むべき道が定まらず迷っているらしい。進化系と一緒にいることが多く、自分もそうなりたいと日々妄想していた。

使用技は「まねっこ」、「たいあたり」。

作中では

本編の4年前、ゴウを誘ってオーキド博士主催のポケモンキャンプに参加。本来サトシも参加するはずだったが、寝坊で不参加に終わったため出会うことはなかった。この時、ゴウと共にミュウを目撃し、後にサトシのピカチュウとなるピチューとも同じ場に居合わせている。

そして時は流れ、父の研究所のオープニングセレモニーに訪れたサトシと初対面。ワンパチの電撃を受け黒焦げで倒れていたサトシを見つけ、明らかにドン引き。何も見なかったかのようにそそくさとその場を通り過ぎた。

そのサトシと共に帰ってきたゴウに学校のプリントを手渡した後、父がゴウにトレーナーとしての最初のポケモンを選ばせる場面に立ち会う。「最初にゲットするポケモンはミュウ」だと宣言するゴウや、どうでもいいことで張り合うサトシたちをジト目で見ていた。

初のメイン回となった11話では、将来の夢がないことや、ポケモンに関心が薄いことが判明。クラスメートに素直な気持ちを話したところ驚かれて困惑するが、母・ヨシノに「まだ10歳なのだから焦ることはない」と励まされ、表情をやや柔らかくする。

その後、研究所に戻った際、ロビーでゲンガーに鉢合わせしてしまう。駆けつけたサトシたちは「サイコキネシス」で拘束されてしまい、ワンパチも極限状態でサクラギ博士の指示を受けつけない。

そのワンパチが最も信頼する人間であるコハルが、ぶっつけ本番で技を指示しなければならないという状況になり、最初こそ躊躇したものの、自分を守りたいというワンパチの思いを汲み取り、意を決して「スパーク」を指示。見事ゲンガーを追い払う。明確に将来への展望や趣味が見つかったわけではないが、この日確かにコハルの中で何かが一歩進んでいる。

父が企画したポケモンオリエンテーリングには、弟・ソウタの付き添いとして参加。案内役でありながら子供たち以上にはしゃぎ、ゲットを連発するゴウに呆れていたが、彼がサトシとの出会いで確実に変わり始めていることを知り、何か思うところがあった様子。

またポケモンに好かれやすい体質らしく、ゴウがゲットしたばかりのポッポニドランたちにすり寄られていた。

29話では家族ぐるみで怪我をしたマメパトの世話をすることに。その可愛らしさからやがて夢中になり、学校で空を飛ぶオニドリルを眺めながら「飛べるようになったら(元の家に返さなくてはならない)……」と考えてるまでになっていた。その間もワンパチを可愛がっていたがやきもちを焼かれてしまい、自身がクールなのもあって上手く飲み込めず困惑する一幕も。

38話では自由研究の宿題に困っており、サトシとゴウと一緒に化石ポケモン発掘のためにニビシティまで付き合わされた。

途中までは半ば強引に付き合わされる形だったが、自分で化石を掘り当てた事や、ゴウのプテラの復元、そしてゲットに至るまでの間で楽しさが芽生えたようで、研究所に戻ってサクラギ博士から「楽しかったかい?」という問いにサトシやゴウが楽しかったと答える中、コハルも「私も!」と満面の笑みを見せた。今までにないコハルの心境の変化にサトシたちも驚いていた。

放送時間移転や剣盾編以降を記念したキービジュアルではイーブイを撫でたり、バトル指示を出すコハルが描かれ、49話にて、イーブイ進化研究所の所長に(♀イーブイ)を託されて初のポケモンゲットを体験し、父にスマホをスマホロトムにして貰った。

イーブイってあったかいね




表記に関して

アニポケにおいて「コハル」という名前のキャラクターは過去(BW編)にも登場しているため、区別の意味でも「サクラギ・コハル」を使用することをお勧めする。なお、フルネームはまず間違いなく「サクラギ・コハル」と思われるが、公式な場において彼女のフルネームが公開されたことはない点に注意。「サクラギ・コハル」は現状ではpixivにおける独自表記である。

関連イラスト

アニポケのコハルちゃん!
サクラギ・コハル


アニポケのコハル
コハルちゃん



関連タグ

アニポケ ポケットモンスター(アニポケ第7シリーズ) 歴代ヒロイン
サクラギ博士 ゴウ(アニポケ) 花澤香菜 

リサ(ポケモン):学生でポケモンと距離を置いていた等のキャラクター性が似ている。 
アローラガールズ:コハルと同じ学生で歴代ヒロインであることが共通。

その他

小野寺小咲:中の人繋がり。⇒ポケコイ

関連記事

親記事

歴代ヒロイン れきだいひろいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サクラギ・コハル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6008691

コメント