ピクシブ百科事典

目次[非表示]

当記事ではアニメ『ポケットモンスター ベストウイッシュ』に登場するアイリスについて説明しています。ゲーム『ブラック・ホワイト』『ブラック・ホワイト2』におけるアイリスについてはアイリス(ポケモン)を参照してください。


CV:悠木碧

ベストウィッシュ!


「ホントに子どもねー」

概要

アニメ『ポケットモンスター』シリーズの4代目ヒロイン
ベストウイッシュ』編(以下BW編)にて、サトシデントと共にイッシュ地方を旅して回った。

無印編のカスミ以来となる、ゲーム版ジムリーダーをモデルとしたヒロイン。
ドラゴンタイプのポケモンを自由自在に使いこなせる「ドラゴンマスター」を目指し、修行の旅を続けている道中で、サトシやデントに出会い、共に旅をすることに。

人物

容姿

アイリスたん
アイリスたん
ボリュームの秘訣は寝癖


ゲーム版準拠のデザインで、褐色肌や特徴的な髪型もそのまま。そのボリューム溢れる髪の中にキバゴが隠れている。

ベストウィッシュ!


ちなみにキバゴの体重は18.0kgサトシのピカチュウ3倍である。そんなに重いものを髪に入れていて大丈夫なのだろうか……ゲームとアニメの設定の違いと言われればそれまでだが。
BW編37話ではバスラオを捕まえるためとはいえ、人前で堂々とレギンスを脱ぎ生足を披露している(これにはドキッとした視聴者も多かった)

アイリスちゃんの



能力

木に登ったりターザンやったり木の実を丸かじりしたりと、シリーズにおける主要人物の中でも特に野生的な行動をとる異色のキャラクター。
その身体能力の高さは凄まじく、かの「スーパーマサラ人」になぞらえスーパーソウリュウ人なる渾名まで付けられたほど。
他の人々が走っている傍で1人だけ飛び跳ねるように移動する場面もあれば、「とびげり」と「ともえなげ」でポケモンにリアルファイトを挑んだこともある。
そもそも髪の中にキバゴを潜ませていることを考えれば、それだけでかなりの超人体質であるとわかる。

性格

無邪気で明るく、ませているところもあるが根は素直。花が好きだったり宝石に興味を示したり、可愛らしいポケモンが好きだったりと女の子らしい面もある。

サトシを「子どもねー」とからかうのがおなじみだが、彼の型破りなバトルスタイルは素直に認めており、彼のポケモンへの優しさに感心する場面もある。
サトシも野生児気質であるためか馬が合い、一緒に綱渡りをして遊んだりライモンシティで観光を楽しんだりすることもあった。BW編84話のサトシのタチワキジム戦では、ジムリーダーのホミカを応援する観客ばかりで完全アウェイなサトシのために、小太鼓を叩きデントと一緒に応援したりなど、人やポケモンに対する思いやりは人一倍強いことが窺える。

病気や怪我をしているポケモンのためにすぐに見つけてくることができるほど、薬草の知識が豊富。
恋愛については理解はしているが、「恋のことを考えるとお腹が空く」という理由からあまり得意ではないらしい。

作中での動き

BW

殺人的な


かつてソウリュウ学園に留学していたが、都会育ちの同級生たちになじむことができず辛い思いをし、飛び出してしまった。
その後竜の里の長(オババ様)から生まれたばかりのキバゴを授かり、「立派なオノノクスに育て上げろ」との命を受け、修行の旅に出た。その道中でサトシやデントと出会い、共に旅をすることになる。

ちなみにサトシとの出会いは、彼がアイリスの頭をポケモンと勘違いしてモンスターボールを投げたことがきっかけ。それまでのヒロイン(カスミ・ハルカヒカリ)と異なりそもそも自転車を使っていないため、サトシのピカチュウに自転車を壊されていない最初のヒロインとなった。
その代わり、イッシュ地方では珍しいピカチュウに感激してぎゅうぎゅう抱きしめてしまい、直接電撃を食らっている

某掲示板スレ画用アイリス:その02


シーズン2』では、先代ヒロインの一人・ヒカリと交流している。

終盤でサトシたちと別れた後はジョウト地方へ向かい、特別編にてイブキとバトルする。同話では新たにフカマルをゲットした。

XY

アニメシリーズではAG以降、前作のヒロインがゲストとして再登場するのが恒例だったが、XY編でそれが途切れることとなり、残念ながら本編にアイリスが登場することはなかった。
しかし、BWの旅仲間・デントがXY本編終了後の番外編に再登場。彼の回想の中でNと共に一瞬姿が映っており、台詞無しながら何とか再登場が実現した。

新無印

3rdOPにて1カットのみ登場し、視聴者を驚かせた。容姿は変わっていないが、一本線状だった眉毛が若干太くなっている。

そして新無印編65話にて、実に約7年振りの再登場が実現。サトシをPWCのバトルに誘い、ソウリュウジムで再会を果たした。
所謂「チャンピオンアイリス」の姿で現れたアイリスは、サトシとデントとの旅を終えた後も地道に実力を磨き続け、現在ゲーム同様イッシュリーグチャンピオンの座に君臨していることが判明し、サトシとゴウを大いに驚かせた。
それでも目標であるドラゴンマスターになるにはまだまだ鍛錬が必要と考え、PWCにエントリー。前作アローラチャンピオンとなったサトシと、ハイパーランク昇級を懸けたバトルを繰り広げることとなる。

Iris vs Satoshi


ちなみにゴウとの出会いは、ポケモンゲットに勤しむ彼が木の上で昼寝をしていたアイリスをポケモンと間違えてモンスターボールを投げるという、何だかとっても見覚えのあるものであった。
ゴウはすぐに謝罪し、アイリスも「(バトルに遅刻するところだったので、むしろ)起こしてくれてありがとう」と返したが、ターザンしながら去っていく彼女の姿を見たゴウは唖然として「やっぱりポケモンかも……」と呟いている。

劇場版キミにきめた!

エンドロールにて、「本作のサトシと初めて出会う」場面として歴代の旅仲間たちが登場していく中、6番目に出演。
こちらに気づいた多くのキャラクターがきょとんとした顔をする中、満面の笑顔を見せていた。

ポケモントレーナーとして

「ドラゴンタイプに悪い子はいない」を持論とするほど、ドラゴンポケモンには目がない。ドラゴンタイプの格好良さに惚れ込んでいるとも言え、故に暴れたり悪さをしたりするドラゴンポケモンが現れると、何か理由があるのだと思い身を挺して説得しようとする(実際カイリューフカマルは人間に誤解され迫害されそうになっていた)。
それ以外のタイプにも手持ち野生問わずポケモンには愛情深く、体を張って助けたり怪我をしたポケモンに献身的に寄り添ったりする場面も多い

意外とでかいわかごま
Dragon Master Iris


ドラゴンタイプの性質や技に関する知識も深く、ドラゴンポケモンを所有するトレーナーにアドバイスをしたこともある。
ドラゴンポケモンと同調しているかのような節もあり、同タイプの弱点がこおりタイプであるためか、自身も寒さを苦手としている。またカイリューをゲットしたBW編89話では、触れたドラゴンポケモンの過去の記憶を読み取るという特殊能力を開花させている。
新無印ではサトシのカイリューに触れずに心を読み取ることができた。(その際、サトシのカイリューが緊張してるのを見抜き、リラックスする様にテレパシーで呼びかけた。)勝ち負けよりお互いが楽しくバトルすることを優先するなど、人してもポケモントレーナーしても、彼女がチャンピオンであると窺える。

また、初見とはいえほのおひこうタイプのリザードン「飛行できてドラゴン技が使える」ためドラゴンタイプと勘違いしたこともあり、見分けについてもまだまだな部分があるようだ。
……まぁそのリザードンも、後に特殊な方法ドラゴンタイプを得るのだが。

幼い頃にはモグリュードリュウズに育て上げ、竜の里のバトル大会で優勝し、後にドンバトルでも優勝するなど、ポケモントレーナーとしての才能はかなり高い。
過去に挫折もあったが物語の中で乗り越えて精神的に成長していき、イッシュチャンピオンに登りつめるまでに至った

また新無印ではサトシに影響されたのか、オノノクスげきりんの混乱を地面に頭突きして直すという、型破りな戦術を披露した。

そんなアイリスにとってのライバルは「ドラゴンバスター」を自称するラングレーで、そりが合わない犬猿の仲。

アイリス&ラングレー
ランアイ



手持ちポケモン

アイリスまとめ!
ポケツイログ


みんな揃いも揃って何かと癖が強い

CV:津田美波(キバゴ時)→ 光部樹(オノノクスへ進化後)

アイリス&キバゴ
チャンピオンアイリス!


アイリスのパートナーポケモン。サトシのズルッグが生まれる際に「お兄ちゃんになるのよ」と言われていたことから、♂であると判明。
最初は使える技が少なく、アイリスも過保護気味だったが、特訓の末「りゅうのいかり」を覚えてからはバトルにも出場。ドンバトルの準決勝でデビューし、ルークゴビットを撃破する活躍を見せる。またアイリスの影響か、薬草の知識もある様子。
新無印編ではオノノクスへと進化を遂げ、アイリスの切り札になっている。(アイリス曰く、わたしの最高の最強のパートナー。)
使用技:「りゅうのはどう」「サイコカッター」「げきりん」「ワイドブレイカー」(進化前は「ひっかく」「りゅうのいかり」「ギガインパクト」も使用)

CV:古島清孝

「一緒に寝よ、ドリュウズ」

【ドリュアイ漫画】誇りの在処


アイリスの最初のポケモン。モグリューの頃に幼いアイリスと直接戦い、10回目のバトルの際崖から落ちそうになったところを助けられ、心を通わせゲットされる。その後特訓を積んでドリュウズへと進化し、99戦負け無しを誇っていたが、シャガに敗れて以来心を閉ざしてしまう(ドリュウズは敵わない相手だとわかっていたが、アイリスがその気持ちに気づかずバトルを強行したため)。
その後も、モンスターボールから出されても全く動かず、攻撃されると勝手にバトルを行う有様であった。
BW編33話でデントのアドバイスを受け、ドリュウズの気持ちに気づき涙ながらに謝罪したアイリスと和解。再び心を通わせ頼もしい相棒に戻り、ドンバトル決勝ではサトシのピカチュウを破り、見事アイリスを優勝に導いた。またドンナマイトでは相性不利にも関わらずカベルネフタチマルに逆転勝ちしたことも。
新無印編では回想シーンのみの登場だった。
使用技:「あなをほる」「ドリルライナー」「メタルクロー」「きあいだま

CV:かないみか

エモンガと林檎

アニポケ第24話感想


ベルの強引なゲットから逃れる途中、崖から落ちてココロモリの巣に迷い込み、アイリスやサトシと協力し難を逃れた。その後アイリスに懐き、勝手にボールに入ってゲットされる。
可愛らしい外見からは想像もつかないほどの小悪魔っぷりが話題に。
キバゴを可愛がったり、体を張って助けたりと、意外に面倒見が良い一面もある。
新無印編ではバトルへの参加こそなかったが、ソウリュウジムにやってきたサトシ一行を一番に迎え入れ、照明点灯の役目を果たした。
使用技:「メロメロ」「めざめるパワー」「ボルトチェンジ」「ほうでん

CV:佐藤健輔

아이리스

アイリス!!


別名「暴れ者カイリュー」。それまでのカイリューの穏やかなイメージを根本から覆した。
サザンドラとバトル中に巻き込まれそうになったマメパトを庇い、右の羽を負傷してそのまま変電所に墜落し、町全体を停電をさせてしまう。事情を知らないジュンサーたちに強硬的に排除されそうになったが、アイリスの必死の説明と、サトシが監視カメラの映像(マメパトを庇う様子)を見せたことで誤解が解ける。その後自分を庇ったアイリスを気に入り自らゲットされた。
最初は言うことを聞かなかったが、次第にアイリスを信頼するようになる。BW2N5話では自信が持てないデンリュウに「かみなりパンチ」を教えるなど、面倒見の良い面も見せた。それでも強いポケモンを見ると闘争本能がむき出しになるようで、サトシのリザードンにバトルを挑んだこともある。
新無印編では、サトシの個体とのカイリュー対決を行い、隙のない圧倒的な攻撃で圧倒した。

放送中にはハイリンク経由で『ブラック2/ホワイト2』に「アイリスのカイリュー」がプレゼントされたことがある。性別は♂で、特性は夢特性の「マルチスケイル」であった。実際のゲームでも猛威を振るっている特性だけに劇中の強さも納得であろう。
更に、ポケプラカイリュー進化セットとしてプラモデル化もしている。アイリスのカイリューをモデルにしているので、目つきは悪いまま。

使用技:「かえんほうしゃ」「かみなりパンチ」「れいとうビーム」「ドラゴンダイブ

CV:古島清孝

アイリスの 日常


上述の特別編でゲットしたポケモン。
木の上で寝ていた時に誤ってエアームドの背中に落ちてしまい、そのままフスベシティに迷い込む。不安のあまり建物をかじったり穴を開けまくったりしていた中でアイリスに出会い、時計台から転落しそうなところを助けられた。彼女を気に入ってフスベジム戦を見学し、その後ゲットされる。
新無印編では回想シーンのみの登場だった。
使用技:「あなをほる

上記の他ジヘッドなどをゲットするフラグが立ったことがあるが、いずれもゲットには至っていない。

独りじゃないよ



余談

  • アニメ版のアイリスはDP編183話にて、シルエットがデントと共に大々的に公開された。
    • だが公式による公開の少し前から、とある仮名掲示板のアニポケスレではサトシやアイリスたちの身長比率設定画が(海外経由で)流出していた。このシルエットや設定画が出た時点ではアイリスはまだ公開されていなかったため、「アニポケオリジナルキャラではないか?」といった憶測も流れたが、後に公開されたゲーム本編のPVによって否定されている。
    • ちなみにこの流出した設定画では、ミジュマルフタチマルジャノビーの名前がそれぞれラッコマルラコノスケアイビーとなっていた。かなり初期の頃の設定画なのだろうか。


  • アイリスの水着は、『ふしぎの海のナディア』における無人島でのナディアの衣裳に近いという声もあるが、本当にモデルになっているかどうかは不明。
    • ナディアとアイリスは「お転婆な野生児」「非常に身軽」「動物と交流できる特殊な能力」「巫女的なキャラクター」「褐色肌」などが共通。一方のジャンに関しては、後に登場したシトロンが近いキャラクターである。

ナディアイリス
アイリスさんのエンディング水着。



  • BW編第100話「アイリス、竜の里へ帰る!」では、アイリスの幼馴染ショウブが登場。その声優は悠木女史の大の親友である「竹達彩奈」史が担当しているが、何の偶然か、ポケモンマスターズ版のアイリスの声優は竹達氏が担当した。
  • 2018年元旦放送のNHKのアニメキャラランキングでは24位にランクイン
  • 2019年放送の特番「ポケットモンスターの平成史」では、デントと共に先輩として紹介された。
  • 劇場版では他のヒロイン勢と違ってアニポケ本編より肌や髪の色がより濃くなり、髪に光沢仕上げがなされている。
  • 新無印で再登場した際は(1場面だけだがデント・ヤナップも含めて)話題になり、公式の見逃し動画は Youtube の急上昇ランキングにランクインした。ドリュウズだけが登場しなかったのを残念に思う声もあるが。
  • 新無印編でサトシがアイリスに勝ったことで、サトシは公式戦で初めて現役チャンピオンに勝利したことになった。もっとも、今回のバトルはPWCの一トレーナーとしてバトルしたに過ぎず、イッシュリーグの正式な手順を踏んでいないことから、アイリスのチャンピオン返上などの話には至っていない。

関連イラスト

ノーマルアイリス

ベストウイッシュ
発見


ウィンターサマーアイリス様ー
アイリスとキバゴ【2021.7.17】


ミュージカルデンアイ
Iris and Kibago ~


アイリス
Iris


チャンピオン姿(チャンピオンアイリス)

再登場アイリス
あたし、イッシュチャンピオン!


なかよし
アイリスのおでこ


チャンピオン・アイリス!
心研ぎ澄まし ポケモンとひとつに!


アイリスまとめ3
champion Iris ~



関連タグ

アニポケ ベストウイッシュ 歴代ヒロイン
BWパーティー サトシ(アニポケ) デント(アニポケ)
スーパーソウリュウ人 野生児 闇アイリス
サトアイ デンアイ 最強女子コンビ

コルニ:サトシのWCS昇格をかけたバトルをした過去作のキャラクター繋がり。
スイレン(アニポケ):ゴウとの出会い方が、サトシとのそれと酷似したメインヒロイン繋がり。

立花響:元気な性格かつ三木眞一郎ボイスの悪役と敵対している中の人繋がり。

関連記事

親記事

歴代ヒロイン れきだいひろいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アイリス(アニポケ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アイリス(アニポケ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2493467

コメント