ピクシブ百科事典

アイリス(アニポケ)

あにぽけのあいりす

アニメ『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:悠木碧

概要

アニメ『ポケットモンスター』シリーズの4代目ヒロイン
ベストウイッシュ』編(以下BW編)にて、サトシデントと共にイッシュ地方を旅して回った。

無印編のカスミ以来となる、ゲーム版ジムリーダーをモデルとしたヒロイン。
ドラゴンタイプのポケモンを自由自在に使いこなせる「ドラゴンマスター」を目指し、修行の旅を続けている。

人物

容姿

アイリスさん。


ゲーム版準拠のデザインで、褐色肌や特徴的な髪型もそのまま。そのボリューム溢れる髪の中にキバゴが隠れている。
ちなみにキバゴの体重は18.0kgサトシのピカチュウ3倍である。そんなに重いものを髪に入れていて大丈夫なのだろうか……

性格・能力

木に登ったりターザンやったり木の実を丸かじりしたりと、シリーズにおける主要人物の中でも特に野生的な行動をとる異色のキャラクター。
その身体能力の高さは凄まじく、かの「スーパーマサラ人」になぞらえスーパーソウリュウ人なる渾名まで付けられたほど。
他の人々が走っている傍で1人だけ飛び跳ねるように移動する場面もあれば、「とびげり」と「ともえなげ」でポケモンにリアルファイトを挑んだこともある。
そもそも髪の中にキバゴ(もう一度言うが18.0kg)を潜ませていることを考えれば、それだけでかなりの超人体質であるとわかる。

性格はややませており、事あるごとにサトシに「子供ねー」と言う(打ち解けてきた中盤から頻度は減っている)。

コドモね~


恋愛については理解はしているが、「恋のことを考えるとお腹が空く」という理由からあまり得意ではないらしい。

作中での動き

BW編

住んでいた竜の里の長(オババ様)から生まれたばかりのキバゴを授かり、「立派なオノノクスに育て上げろ」との命を受け、修行の旅に出ていた。その道中でサトシやデントと出会い、共に旅をすることに。

ちなみにサトシとの出会いは、彼がアイリスの頭をポケモンと勘違いしてモンスターボールを投げたことがきっかけ。それまでのヒロイン(カスミ・ハルカヒカリ)と異なりそもそも自転車を使っていないため、サトシのピカチュウに自転車を壊されていない最初のヒロインとなった。
シーズン2』では、先代ヒロインの一人・ヒカリと交流している。

終盤でサトシたちと別れた後はジョウト地方へ向かい、特別編にてイブキとバトルする。また同話で新たにフカマルをゲットした。

XY

アニメシリーズではAG以降、前作のヒロインがゲストとして再登場するのが恒例だったが、XY編でそれが途切れることとなり、残念ながら本編にアイリスが登場することはなかった。
しかし、BW編の旅仲間・デントがXY本編終了後の番外編に再登場。彼の回想の中でNと共に一瞬姿が映っており、台詞無しながら何とか再登場が実現した。

劇場版キミにきめた!

エンドロールにて、「本作のサトシと初めて出会う」場面として歴代の旅仲間たちが登場していく中、6番目に出演。
こちらに気づいた多くのキャラクターがきょとんとした顔をする中、満面の笑顔を見せていた。

ポケモントレーナーとして

「ドラゴンタイプに悪い子はいない」を持論とするほど、ドラゴンポケモンには目がない。ドラゴンタイプの格好良さに惚れ込んでいるとも言え、故に暴れたり悪さをしたりするドラゴンポケモンが現れると、何か理由があるのだと思い身を挺して説得しようとする。

ドラゴンタイプの性質や技に関する知識も深く、ドラゴンポケモンを所有するトレーナーにアドバイスをしたこともある。
ドラゴンポケモンと同調しているかのような節もあり、同タイプの弱点がこおりタイプであるためか、自身も寒さを苦手としている。またカイリューをゲットしたBW編89話(シーズン2/5話)では、触れたドラゴンポケモンの過去の記憶を読み取るという特殊能力を開花させている。

ゲーム版より若干背伸びした印象の性格だが、反対にトレーナーとしての総合的な面では、過去にサトシと旅をしたハルカヒカリと比べてもやや未熟な部分が目立つ。
サトシたちと出会う前に最初のパートナーの信頼を失ったことがあり、旅の途中でゲットしたエモンガカイリューにも手を焼いていた。
また、初見とはいえほのおひこうタイプのリザードン「飛行できてドラゴン技が使える」ためドラゴンタイプと勘違いしたこともあり、見分けについてもまだまだな部分があるようだ。
……まぁそのリザードンも、後に特殊な方法ドラゴンタイプを得るのだが。

そんなアイリスにとってのライバルは「ドラゴンバスター」を自称するラングレーで、そりが合わない犬猿の仲。

手持ちポケモン

アイリス


ゲーム版と異なりドラゴン以外のポケモンも所持しているが、揃いも揃って何かと癖が強い

CV: 津田美波
アイリスのパートナーポケモン。サトシのズルッグが生まれる際に「お兄ちゃんになるのよ」と言われていたことから、♂であると判明。
使用技:「ひっかく」「りゅうのいかり」「げきりん」「ギガインパクト」
CV:古島清孝
アイリスの最初のポケモン。サトシたちと出会う以前のとある出来事がきっかけで、長い間心を閉ざしていた。
使用技:「あなをほる」「ドリルライナー」「メタルクロー」「きあいだま」
CV:かないみか
可愛らしい外見からは想像もつかないほどの小悪魔っぷりが話題に。
使用技:「メロメロ」「めざめるパワー」「ボルトチェンジ」「ほうでん」
CV:佐藤健輔
別名「暴れ者カイリュー」。それまでのカイリューの穏やかなイメージを根本から覆した。
使用技:「かえんほうしゃ」「かみなりパンチ」「れいとうビーム」「ドラゴンダイブ」
CV:古島清孝
上述の特別編でゲットしたポケモン。
使用技:「あなをほる」

上記の他ジヘッドなどをゲットするフラグが立ったことがあるが、未ゲットに終わった。

余談

  • アニメ版のアイリスはDP編183話にて、シルエットがデントと共に大々的に公開された。
    • だが公式による公開の少し前から、とある仮名掲示板のアニポケスレではサトシやアイリスたちの身長比率設定画が(海外経由で)流出していた。このシルエットや設定画が出た時点ではアイリスはまだ公開されていなかったため、「アニポケオリジナルキャラではないか?」といった憶測も流れたが、後に公開されたゲーム本編のPVによって否定されている。
    • ちなみにこの流出した設定画では、ミジュマルフタチマルジャノビーの名前がそれぞれラッコマルラコノスケアイビーとなっていた。かなり初期の頃の設定画なのだろうか。


  • アイリスの水着は、『ふしぎの海のナディア』における無人島でのナディアの衣裳に近いという声もあるが、本当にモデルになっているかどうかは不明。
    • ナディアとアイリスは「お転婆な野生児」「非常に身軽」「動物と交流できる特殊な能力」「巫女的なキャラクター」「褐色肌」などが共通。一方のジャンに関しては、後に登場したシトロンが近いキャラクターである。

  • 2018年元旦放送のNHKのアニメキャラランキングでは24位にランクイン。

  • 2019年放送の特番「ポケットモンスターの平成史」では、デントと共に先輩として紹介された。

関連イラスト

ベストウイッシュ!!
発見


つかまえた!
♥



関連タグ

アニポケ ベストウイッシュ 歴代ヒロイン
BWパーティー サトシ(アニポケ) デント(アニポケ)
スーパーソウリュウ人 野生児 闇アイリス
サトアイ デンアイ 最強女子コンビ

立花響:元気な性格かつ三木眞一郎ボイスの悪役と敵対している中の人繋がり。

関連記事

親記事

歴代ヒロイン れきだいひろいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アイリス(アニポケ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106734

コメント