ピクシブ百科事典

アダム・ヴァイスハウプト(シンフォギア)

あだむゔぁいすはうぷと

「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」の登場人物。
目次[非表示]

安いものだな、命の価値は!

概要

CV:三木眞一郎
パヴァリア光明結社の統制局長。
並外れた魔力を有する超高位の錬金術師。

唯我独尊を地で行く傲慢な性格。会話の際には倒置法を多用する。
錬金術のセンスや人望などは皆無に等しく、おおよそ組織のトップに立てるような器ではないが、それを上回って余りある膨大な魔力によってあらゆる錬金術を無理矢理行使するという力業で組織を従えている。
ティキからは尋常ならざる愛情を向けられており、彼もまたその愛に応えるかのような素振りを見せているものの、内心では鬱陶しがっており、計画のための道具としてしか見ていない。

自力で核融合を起こして黄金を錬成し、その過程で発生するツングースカ級の爆発を攻撃手段として用いるなど、出鱈目な力を持つ。また、被っている白い帽子は投擲武器としても使用できる強度を有する。

サンジェルマンとの連絡の際には何処からともなく現れる固定電話を使っているが、これはアダムの持つ念話能力(テレパス)を物質的に具現化させたものであり、念話能力を持たないティキも通話が可能になる。
また、最終決戦ではこの能力で戦場に突然電話を出現させ、装者が困惑している隙に攻撃するというセコい戦法も取っている。

悪辣さはそのままデス


余談

始めて本格登場した第4話にて、前述の黄金錬成の熱によって服が消し飛んで全裸になるという衝撃の演出で視聴者の度肝を抜き、その後も意味もなく半裸や全裸のシーンが挿入されたことから裸の錬金術師」「ZENRA」などという渾名を付けられた。
しかも第4話のDVD・BDCMにて「あっちも抜剣したデスよ!?」という露骨な下ネタもブッこまれている
また、中の人&全裸ネタで「アダムの正体はヌーディストビーチではないか」等とも言われている。

ヌーディストアダム



関連タグ

戦姫絶唱シンフォギアAXZ 錬金術師 ティキ(シンフォギア) サンジェルマン(シンフォギア) カリオストロ(シンフォギア) プレラーティ


※以下ネタバレ










































正体と目的

その正体は、先史文明以前に「造物主」と呼ばれる存在によってヒトのプロトタイプとしてつくられた人形。すなわち原初のアダムである。
造物主の求めた完全な性能を有していたものの、完全すぎるがゆえにそれ以上の発展性が望めないことから廃棄処分が決定していた。
指導者としての能を持たないのも、完璧な力を持つが故に、不完全を補うための作戦・技術の類を必要とせず、想像することすら至らないことに起因する。

完全なる存在である自分が打ち捨てられるという事実を認められなかったアダムは造物主の元から逃亡し、「神の力」を得て造物主と対等の存在になる事で復讐することを決意し、その野望を実現するためにパヴァリア光明結社を結成した。
錬金術師たちには結社の目的を「神の力を以てヒトの相互理解を阻むバラルの呪詛を消し去り、完全へと至ること」としていたが、アダムの目的は自分こそが支配者となるために、神の力を独占することであった。
目的の遂行は全て他人任せにし、その過程で発生した犠牲を気にも留めず、更に神の力を得る目途が立った途端にサンジェルマンをも切り捨てる。
遂にはティキを媒体として神の力「ディバインウェポン」を発現させるも、「神殺し」の概念を持つガングニールの装者立花響によって打ち砕かれてしまった。
そこで今度は自分の腕に神の力を宿そうとするが、神の力は何故か響に宿ってしまい、それによって発生した騒動の隙に姿をくらます。
その後、最終局面で再び姿を現し、三度神の力を得ようとするが、ティキに(二重の意味で)足を引っ張られたことで響の「神殺し」の直撃を受けて神の力を粉砕され、彼の野望は完全に潰えた。

最終話では醜悪な真の姿、最終決戦形態としての姿を現し、シンフォギア奏者と激突して敗れる。
最期の瞬間、アダムは造物主――すなわちカストディアンの脅威を仄めかし、対抗手段としての自身を滅ぼした人類を嘲笑いながら逝ったのだが……

終盤のアダムの失策は、カリオストロやティキなど、これまで彼が蹴落としてきたものに足を引っ張られてきたことに起因している。
手を振り払ったために破滅した彼は、ある意味で、手を繋ぐことの尊さを訴えた本作の仇役に、相応しいキャラクターであったと言えるだろう。
また、珍しく主人公の響によって、「人でなしには分からない」と、相互理解を拒絶されたキャラクターでもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「アダム・ヴァイスハウプト(シンフォギア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6768

コメント