ピクシブ百科事典

キャロル・マールス・ディーンハイム

きゃろるまーるすでぃーんはいむ

キャロル・マールス・ディーンハイムとは、アニメ「戦姫絶唱シンフォギアGX」の登場人物である。
目次[非表示]

「何するものぞッ!シンフォギアアアアァァーーッッ!!」

CV:水瀬いのり

人物像

欧州の深淵より来たりて、世界解剖計画「万象黙示録」完遂するべく自動人形(オートスコアラー)を率いシンフォギア装者達に敵対する錬金術師。
奇跡」という言葉に対して激しいまでの憎悪を向け、奇跡を殺すと豪語する。
シンフォギアシステムの詳細やルナアタック、フロンティア事変の真相をも手中に納め、それすらも自らの計画に組み込むなど、策謀に長ける。

見た目こそ幼い少女そのものだが、錬金術の奥義にて精製したホムンクルスにオリジナルのキャロル・マールス・ディーンハイムの記憶を転写・複製するというフィーネのリインカーネイションにも似た手法で数百年にも及ぶ長き時を生きており、膨大な時間を錬金術の統括・習得と、自らの計画遂行の為の暗躍に費やしてきた。

錬金術によって四大元素(アリストテレス)をはじめとする様々なエネルギーを自在に使いこなす事ができ、強大な戦闘能力をその幼い肢体に秘めている。しかし、それを扱うには蓄えてきた「想い出」を償却し使い捨てのエネルギーと変換錬成する必要がある。
また、彼女が用いるホムンクルス躯体は完璧以上に完成した個体に限定され、それ以外の存在は廃棄物として労働力の他、生体実験用の献体として扱われる(エルフナインもその廃棄物の内の一人である)。

かつては天真爛漫を絵に描いたような少女であったが、万象黙示録の計画を進める内に自らを「オレ」と称し、目的の為なら手段を選ばない冷徹さと、不慮の事態に激情して暴走してしまう感情的な二面性の持ち主へと変貌を遂げていった。
またかつて父イザークの研鑽による功績を「奇跡」の一言で片付けられ、挙句異端者として火刑に処された過去を持ち、その過去自体を「消えてしまえばいい想い出」と悲観する。その経緯もあり、目的の為に非情となる一方で炎を前にかつての悲劇を想い出し涙を流す一面を持ち合わせる。

万象黙示録完遂の鍵となる魔剣ダインスレイフを持ち出し逃走した廃棄物の一人エルフナインをオートスコアラー達と共に追跡し、その最中に邂逅した立花響達タスクフォースS.O.N.G.に対して牙を剥く。
そして、オートスコアラーとアルカ・ノイズを以ってシンフォギア装者達のシンフォギアを破壊しその歌を奪っていったが、エルフナインによって強化されたシンフォギアを纏いし装者達が発現させたイグナイトモジュールの威力の前に敗北。響達の目の前で自ら命を断ち、残されたオートスコアラーも彼女の命令に従いながらもシンフォギア装者達の前に次々と敗北していった。

だが、この一連の敗北すらも彼女の計画の内であり、ダインスレイフによって強化されたシンフォギアの奏でる歌をあえてその身で受ける事によってダインスレイフの呪われた旋律を手に入れる為であった。
そして、バックアップされていた自身の想い出を最後の予備躯体へインストールして復活した彼女は、躯体への負荷を度外視した高速インストールと自決の記憶による拒絶反応による負担に苛まれながらも、自らの目的遂行の為に暗躍。
そしてチフォージュ・シャトー完成の為に必要な「ヤントラ・サルヴァスパ」入手の為に聖遺物管理特区「深淵の竜宮」へ潜入。結果としてヤントラサルヴァスパの確保にこそ失敗したものの、聖遺物を喰らうネフィリムの因子をその身に宿すウェル博士をヤントラ・サルヴァスパの代替としてついにチフォージュ・シャトーを起動させ、同時に用済みとなったウェル博士を排除し、世界解剖へ乗り出しそれを阻止せんとする響達に刃を向ける。

彼女が掲げる万象黙示録は父から託された「世界を知れ」という遺言を、父親の無念を晴らすという解釈を経て歪ませたモノであり、錬金術の三大要素の内の二つである分解と解析を惑星規模で行う大規模錬成であった。しかし、キャロル自身に計画完遂後の世界に興味は無く、あくまで世界の全てを解き明かしチフォージュ・シャトーに記す事によって奇跡など無いと証明する事が彼女の目的となっていた。

だが、マリア達と、自らが切り捨てたウェル博士の反撃によってシャトーは分解した世界を再構築するべく機能を変質させられ、それを止める為に自らの手でシャトーを破壊してしまう。
そしてシャトーが瓦礫と崩れる最中にエルフナインからイザークから託された命題の独自の回答を聞かされる。命題解明の道が断たれたことに激情した彼女はついには自らの想い出の全てを償却する捨て身の覚悟で碧の獅子機を錬成。自爆覚悟で全てを破壊し尽くそうとするも、己が決意と仲間達の想いを乗せた響の拳の前に敗北した。

獅子機の小さな太陽にも匹敵する爆発から響に逃れさせられたものの、行方を眩ました。
碧の獅子機を創り出した副作用で想い出のほとんどを失い、記憶障害となっていたが消えゆく自分の存在が何者なのかを確かめるべく感覚器官のリンクを頼りにエルフナインの下にたどり着く。しかし、彼女もまた消えゆく命である事を悟ると、自らの躯体をエルフナインへと明け渡し、その後人格が現れることはなくどうなったかは不明である。


ファウストローブ:ダウルダブラ

ダウルダブラのファウストローブ


ケルト神話に於けるダーナ神族の最高神、ダグザの振るいし金の竪琴の聖遺物。
詳細はダウルダブラを参照。

余談

彼女の名前には英語、ラテン語、ギリシャ語、ドイツ語などの複数の単語が含まれており、その中にはワイルドアームズザフィフスヴァンガードのプレイヤーキャラであるディーン・スタークキャロル・アンダーソンの名が秘められている。
なお、WA5はシンフォギアの原作者である金子彰史上松範康が初めて共演した作品でもあり、同作のキーパーソンである「ジョニー・アップルシード」に関連したワードである林檎もミドルネームである「マールス」に含まれている。

また担当声優の水瀬は第1期の他、上松が制作に関与しているうたの☆プリンスさまっ♪シリーズでも端役で出演経験がある。

(以下公式サイトの用語解説から引用)
最終決戦で彼女が錬成した碧の獅子機の元ネタは錬金術の用語の緑のライオン、つまりカオスの段階の原物質を意味し、それが火(太陽)を吐くことは万物の究極的完成(終焉)をもたらすという。

関連タグ

戦姫絶唱シンフォギアGX
エルフナイン オートスコアラー イザーク・マールス・ディーンハイム
オレっ娘 錬金術 サウザー系女子

pixivに投稿された作品 pixivで「キャロル・マールス・ディーンハイム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1093611

コメント