ピクシブ百科事典

櫻井了子

さくらいりょうこ

櫻井了子とは、アニメ『戦姫絶唱シンフォギア』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:沢城みゆき

人物像

シンフォギアシステムの開発者。

シンフォギアを初めとする異端技術「聖遺物」を動作させる櫻井理論の提唱者。34歳
シンフォギア適合者達のメディカルチェックに加え、聖遺物の管理や二課本部の防衛システム構築など、特異災害対策機動部二課の主要技術を一手に引き受ける。
呑気でマイペースな性格だが、「出来る女」や「天才考古学者」を自称する自信家としての一面を覗かせる。
一方でノイズに対し素手で干渉・対抗する謎の力を持っているなど、彼女自身に謎は多い。



正体

※この先、アニメ本編に対するネタバレが含まれます







ふぃーねさん


その正体は雪音クリスとノイズを操り、暗躍していた謎の女・フィーネ
かつて風鳴翼のシンフォギア稼働実験に反応して了子の人格を支配した、先史文明の巫女の亡霊である。
フィーネの子孫の遺伝子は、アウフヴァッヘン波形(聖遺物やその欠片が歌の力で起動する際に発生するエネルギーの特殊パターン)に触れる事で代々のフィーネの記憶を引き継いだ人格が現れるように細工されており、了子もまた彼女の子孫であった。
彼女はこれまで歴史の裏で暗躍し世界のパラダイムシフトの銃爪となってきたが、フィーネとして覚醒するのは何時の時代においても一人だけであり、同時に複数のフィーネが発現する事はない。

彼女は特異災害対策機動部二課本部に偽装する形で、巨大な荷電粒子砲カ・ディンギルを建造、かつて己の恋心を拒絶した、創造主(カストディアン)への妄執を原動力に、「バラルの呪詛」にて人の言語と思想を分断する監視装置たる月の破壊を企てた。
そして、その過程で立花響が聖遺物と融合を果たした事に興味を抱き、クリスを利用して彼女の拉致を画策しつつデータを集め、自身も完全聖遺物「ネフシュタンの鎧」と融合を果たす。

カ・ディンギルによる月への攻撃「ルナアタック」は自身が切り捨てた事で敵に回ったクリスの手によって一部しか破壊出来ずに終わり、更にカ・ディンギルも翼の特攻で破壊され、最期の抵抗としてソロモンの杖とネフシュタンの鎧という二つの完全聖遺物の力でノイズを取り込み、「黙示録の赤き竜」としてエクスドライブモードを発現したシンフォギアを纏った装者達との決戦に挑むも、敗北。最期は月の破片を地上へ落下させようとするが、フィーネとなった自分に最後まで「櫻井了子」として接する立花響の優しさに触れ、「何度も蘇るなら自分がしてきたことを後の世に伝えてほしい」との響の願いを聞き届け、月の破片を破壊を決意する彼女を「櫻井了子」として励まし消滅した。

様々な組織で暗躍し、歴史を超え、身勝手に多くの罪の無い人々を殺し、更には月の破壊という人類史上最大の環境破壊を成し遂げようとした張本人であるが、その原動力は乙女心恋心という、女性であれば誰であろうと抱くものであった。
なお、「創造主に近づくために塔を建造した」「それが神の怒りに触れ、世界の言語を引き裂く結果を招いてしまった」など、彼女の辿ってきた道筋からは、ある建造物の名前が連想される。
また、(本来の了子の人格がそうであるかは不明だが)ヌーディストであり、彼女がアジトとしている城では基本的に服を身に付けずに過ごしていた。

ルナアタック後もフィーネの血を引く者達は世界中に存在しており、その後かつて彼女が器として用意していた「レセプターチルドレン」の1人である月読調が新たな器として覚醒する。
しかし、彼女は響の願いとは裏腹に、世界を彼女らへと託して二度と目覚めずに眠り続けるつもりでいた。その為、調が暁切歌のイガリマの絶唱を受けた時、精神を切り裂くダメージを、身代わりに受け止め、人類の未来を今を生きる人間達に託し、完全に消滅した。

使用ギア

ネフシュタンの鎧

まだ戦えるだと?


二年前の起動実験の折に二課から強奪し、クリスに貸し与えていた完全聖遺物。
驚異的な再生能力を有しており、クリスがネフシュタンをパージした際に回収。ネフシュタンの性質を利用しあえて侵食される事でこれと融合を果たし、ネフシュタンの再生能力を人体にも適用させる新霊長を名乗った。
使用技

  • ASGARD:ネフシュタンの鎧の蔦状のパーツで陣を組みバリアを張る。バリアを重ねる事で更に防御力を向上させる事も出来る。

ソロモンの杖

アメリカからの裏取引で入手し、クリスの歌で起動した完全聖遺物。
「バビロニアの宝物庫」からノイズを召喚し、72のコマンドを用いてこれを使役する。フィーネ単体でもノイズを召喚する事が出来るが、使役するにはソロモンの杖が必要不可欠となる。
フィーネが振るった完全聖遺物の中で唯一消滅を免れた。

デュランダル

二課本部最奥部に封印されていた完全聖遺物。
カ・ディンギルの動力とされ、黙示録の赤き竜となる為の鍵とされたが、クリスと翼によって奪還される。

黙示録の赤き竜

3つの完全聖遺物であるネフシュタンの鎧・ソロモンの杖・デュランダル、そしてソロモンの杖により召喚した多数のノイズを取り込み、成り果てた異形の姿。
緋色の女・ベイバロンとも称され、「滅びの聖母」の力を宿す。デュランダルによる無尽蔵のエネルギーとネフシュタンによる無限の再生能力を備え、その攻撃力は街一つを壊滅させる程であるが、デュランダルを奪還され、装者達の放った「Synchrogazer」の一撃の下に敗れ去った。

備考

年齢34歳で「出来ると評判の女」という自称はワイルドアームズクロスファイアラブライナ・ワーズワースの台詞が元ネタであり、特徴的なくしゃみはWA3マヤ・シュレディンガーのそれが引用元となっている。
使用技のASUGARDの元ネタも、やはりワイルドアームズシリーズに登場するゴーレムアースガルズ及びWA4のファルメル・アリアンロッドのクラス名。響達が絶唱にて月の破片を破壊する際、その爆発から彼女達を護るように発動しているのを確認出来る。
また、「滅びの聖母」というワードもシリーズではおなじみのフレーズである。

ちなみに、作中で「カ・ディンギル」と検索するとゲームの攻略サイトしか出てこないという旨の台詞があったが、事実戦姫絶唱シンフォギア放送中は検索サイトを用いて「カ・ディンギル」と検索するとワイルドアームズシリーズの攻略サイトばかりヒットしていた。
現在はシンフォギア関連サイト(公式サイトに加え、感想を書いたブログやヴァイスシュヴァルツのカードを紹介するサイトなど)もヒットする。
カ・ディンギル自体はバベルの塔のシュメール語訳であるが、この名を使うのが日本で金子彰史氏くらいであるという事を暗に表しているのかもしれない(続編である戦姫絶唱シンフォギアGに登場する月読調暁切歌のギアも同様)。

関連タグ

戦姫絶唱シンフォギア 戦姫絶唱シンフォギアG
立花響 雪音クリス 風鳴弦十郎
マリア・カデンツァヴナ・イヴ 暁切歌 月読調

バベルの塔
ラブライナ・ワーズワース マヤ・シュレディンガー アースガルズ

pixivに投稿された作品 pixivで「櫻井了子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65621

コメント