ピクシブ百科事典

カ・ディンギル

かでぃんぎる

バビロン市の古代名。
目次[非表示]

メソポタミアにおけるカ・ディンギル

メソポタミアの都市、バビロン市のシュメル語での古代名で、「神の門」を意味する。
ただし、これが元の都市の名であったのかどうかは不明。
アッカド語での表記、「バーブ・イリ」がヘブライ語の「バラル(混乱の意)」と混同され、バベルの塔の語源となった。
バビロン市のエ・サギラ神殿にあったマルドゥクジッグラト、エ・テメン・アン・キがバベルの塔のモデルになったとされる。

ワイルドアームズシリーズに於けるカ・ディンギル

シリーズに度々登場するダンジョン。古代遺跡にして天をも突く巨大な塔。
初代WA及びそのリメイク作であるアルターコード:Fに於いては、衛星軌道上の「マルドゥーク」へ向かう事が出来る亜空間エレベーターがあり、物語終盤に於いて重要な役割を担う。
一方、WA3に於いては序盤の山場にしてジェイナス・カスケードと最初の決着を付ける場所として登場。
どちらも、物語に於いて重要な役割を担う場所でもある。

シンフォギアに於けるカ・ディンギル

WAとスタッフが共通し、多くのセルフパロディが盛り込まれている戦姫絶唱シンフォギア(1期)にも登場する。
フィーネが特異災害対策機動部二課のエレベーターシャフトに偽装して建造せし荷電粒子砲。
膨大なエネルギーを放出する完全聖遺物デュランダルを炉心とし、人々の言の葉を分かつバラルの呪詛の元凶たる月を破壊する為に用いられた。
なお、劇中ではとあるキャラがカ・ディンギルという言葉を検索し「ゲームの攻略サイトしか出てこない」と見事なメタ発言をかましている。
シンフォギアシリーズが展開されるまでは、日本でその名を使用していたのはほぼワイルドアームズシリーズのみだったと言いたかったのだろうか。

関連項目

ジグラット
メソポタミア神話
金子彰史 ワイルドアームズ 戦姫絶唱シンフォギア

pixivに投稿された作品 pixivで「カ・ディンギル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23244

コメント