ピクシブ百科事典

シュルシャガナ

しゅるしゃがな

ニンギルス神の長男、またはザババ神の持つ武器
目次[非表示]

概要

メソポタミアにおけるシュルシャガナ


 メソポタミアの都市、ラガシュ市の都市神ニンギルスとババ女神の間に生まれた下位の神で長男、意味は「彼(ニンギルス)の愛する青年」。
 グデアの神殿賛歌 シリンダーB 957~970行において、ニンギルスの神殿(エニンヌ神殿)内で最初に生まれた子供として、グデア王によって祀られたことが語られている。

 また、キシュ市の都市神ザババの持つ武器のうち、イガリマと並ぶ一振の名前でもある。
イガリマ参照)

シンフォギアシリーズにおけるシュルシャガナ


ザババ神の武器として登場。
月読調の扱うギアとして登場、肉体を伐り刻む紅き鋸(メイン画像)。


参考文献

「筑摩世界文学体系1 古代オリエント集」三笠宮崇仁、杉勇編 筑摩書房
「古代メソポタミアの神々」監修:三笠宮崇仁 岡田明子、小林登志子共著 集英社
「Gods Demons and Symbols of Ancient Mesopotamia」 University of Texas Press
The Electronic Text Corpus of Sumerian Literature」英国オックスフォード大学 シュメル文学電子化プロジェクト 
「Ancient Mesopotamian Gods, Superstition, philosophy, theology」W.G.Lambert 1990
シンフォギアシリーズ公式サイト

関連項目

メソポタミア文明
イガリマ
ザババ
戦姫絶唱シンフォギアG
月読調

pixivに投稿された作品 pixivで「シュルシャガナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155189

コメント