ピクシブ百科事典

子ギル

こぎる

「ギル~」とつくキャラクターの子供時代の姿を指すタグ。複数の人物が該当するが、本項では「ギルガメッシュの幼年体」について解説する。
目次[非表示]

曖昧さを回避

  1. Axis Powers ヘタリア』に登場する幼少期のプロイセンショタギル
  2. PandoraHearts』に登場するギルバート=ナイトレイ
  3. Fateシリーズ』に登場する少年姿のギルガメッシュ 本項で解説


プロフィール

真名ギルガメッシュ(通称:子ギル)
クラスアーチャー
性別男性
身長140cm
体重30kg
出典ギルガメッシュ叙事詩
地域西アジア
属性混沌・善・天
ILLUST天空すふぃあ(FGO)
CV遠藤綾


「支配なんてものは支配されたい人間にしか通じないルールです」
「願わくば、ボクはいい指導者でありたかったんですけどね」


「いい加減 僕の鎖(とも)を勝手に使うなよ 雑種――――‼」


概要

Fate/hollow ataraxia』においてギルガメッシュが若返りの薬を飲み、幼年体へ変身した姿。

大人ギルガメッシュは『hollow ataraxia』における繰り返す四日間の正体を早々に看破しており、これを「茶番だ」として呆れ果て、精神的に引きこもるため上記の薬を飲むに至った。
代理マスターであるカレン・オルテンシアの横暴っぷりに辟易させられている。

人物

幼年体は大人状態のあの傍若無人な性格はどこへやら、とてつもなく礼儀正しく謙虚な性格に変貌。この頃から既に国を治めていた様で当時は正に名君であったという。
この状態での大人状態への評価も「どうしてああなったのか自分でも分からないほど理解しがたい酷い人」と、至って冷静ながら敵意と嫌悪感が込められている。

一方、大人の方はこの頃の記憶が曖昧なようだが「子供の頃の我が今の我を見たら成長を止めてしまう(あるいは自害する)可能性すらあろうよ」と自己分析していた。
ただし、たまに将来の傲慢さの片鱗を垣間見せ、やはり元の人物は同じだと感じさせられる場面もあり、士郎は、彼を「他人じゃ変えられない非情さが根っこにある」と評している。

成人後が『強制・支配』しようとするのに対して、子ギルは『温かく見守る』というスタンスであるため性格の大きな差となっているが、見守った相手が好みの女性の場合は、その者が自身の好みから外れたら「縁がなかったってことで」とあっさり飽きて、関係を切り捨てるという。

それでも人間性の落差が余りにも大きいため、大人状態の自分を本心から嫌っており、『FGO』では周囲の被害を考慮してか、「最悪、本気の殺し合いが始まっちゃうかもしれませんし」という納得の理由でなるべく顔を合わせないようにしている。

女性の好みも大人状態とは異なり、セイバーではなく三枝由紀香みたいなタイプを好む。
一人で輝ける強い太陽よりも、か弱く素朴な花を庇護し見守る方が好みだそうだが、
「‪セイバーさんはまだ趣味じゃないですから。まあ、いま負かされたら案外、コロっといっちゃうかもしれませんけど、とりあえず求愛対象ではないです‬。」とのこと。

この状態でもスキル「黄金律」は健在で、レジャー施設「わくわくざぶーん」のオーナーをしていたりする。

なお、ギルガメッシュが10年間も冬木市に大人しく潜伏していられたのは、大半の時間をこの子供状態で過ごしていたかららしい。

能力

全盛期に比べると身体能力が低く魔力も少ないため「王の財宝」を十全に扱えない。しかし奈須きのこ曰く「宝具の扱いはより優れ、油断慢心が無くなっている分ある意味では大人状態より強いかも」との事。
以下のステータスは『FGO』のもの(『hollow ataraxia』でのステータスは不明)。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
カレン??????
藤丸立香CCCCAEX


スキル

対魔力(E)魔術への耐性。無効化はできず、ダメージを軽減するのみ。
単独行動(A)マスターからの魔力供給を断っても自立できる能力。ランクAならば、マスターを失っても一週間は現界可能。ただし、大規模な魔力を消費する際にはマスターのバックアップを必要とする。
黄金律(A)人生においてどれほどお金が付いて回るかという宿命。黄金の都に無限の富を持つとされるギルガメッシュは一生金に困ることはなく、大富豪として生活していける。
カリスマ(A+)軍を率いる才能。最も優れた王と称えられただけありランクが桁外れで、ここまで来ると既に魔力・呪いの類である。
神性(B)本来はA+という最大の神性を持つが、本人が神に好印象を懐いていないためランクが低下している。
紅顔の美少年(C)人を惹き付ける美少年としての性質。男女問わず魅了の魔術効果として働くが、対魔力スキルで回避可能。対魔力を持っていなくても抵抗する意思を持っていれば、ある程度軽減することが出来る。
賢王の萌芽(B)詳細不明。
コレクター(EX)より品質の良いアイテムを取得する才能。レアアイテムすら頻繁に手に入れる幸運だが、あくまで彼が所有するスキルなのでマスターに恩恵がない。


宝具

王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)

子ギルくん


  • ランク:E~A++
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:―
  • 最大補足:1000人

ありとあらゆる財を収める宝物庫とそこへ繋がる鍵。
『FGO』では主に「天の鎖」を主武器とし、真名解放はこちらの宝具を使う。
詳しくは該当記事参照。

天の鎖(エルキドゥ)

  • ランク:???
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~30
  • 最大補足:1人


無二の友の名を冠する宝具。『王の財宝』によって用いられる宝具のひとつ。
相手をたちまち束縛する無数の鎖。束縛による効果と、持続ダメージを相手に与える。
伝説に於ける神獣『天の牡牛』を討伐した際に用いたとされる対神兵装であり、対象の神性適性が高いほど威力を増す。

全知なるや全能の星(シャ・ナクパ・イルム)

  • ランク:EX
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:―
  • 最大補足:1人


常時発動型の宝具。
星の輝きの如く地上の隅々へと行き渡り、万象を見通す、英雄王の精神性が宝具へ昇華したモノ。
宝具シャ・ナクパ・イルムの効果は凄まじく、相手の真名や宝具はおろか、幾重に隠された真実さえも一瞥で見通してみせる。
常時発動しているような状態ではあるものの、意図的に制限している節も見受けられる。
ちなみに初登場作品は「トラぶる花札道中記EX」だったり。

外部作品での活躍

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

『ツヴァイ!』終盤で登場。黒化した本体が聖杯の術式を乗っ取っている最中にイリヤが乱入した事により、子供形態のみ全裸で飛び出した

美遊の正体をバラした後、聖杯を得る為に術式を取り込んだ本体と1つになり、頭頂部に黒い魔力に覆われた子ギルが収まったティアマトを思わせる巨大な怪物の姿へと変じる。

そして、イリヤ達と激しい決戦を繰り広げるが、ツヴァイフォームを得たイリヤの最大砲撃の前に敗れる。

『ドライ!!』でも引き続き登場。最終決戦の後、再び半身のみ受肉した子供形態とクラスカードに分かれており、アンジェリカ(エインズワース家)に取られたカード側の財宝を取り戻す為にイリヤたちに協力する。

天の鎖を好き放題、使い潰すように使うアンジェリカに、基本的に穏やかな子ギル状態では、かつてないほどブチ切れた(記事冒頭後半の台詞はこのシーン)。

財宝の中は武具を中心に大半がカード側持ちになっているものの、便利なアイテムや純金などそれなりの貯蔵量はあり、惜しみなく提供してくれる。

一方で、幼児化した経緯の違いからか本編に比べると慇懃な態度を取ることがあり、事態の核心には触れず、思わせぶりな言動ではぐらかしている事も多い。

アンジェリカから天の鎖を奪取し、美遊の兄を解放するなどの戦果を挙げる。
エインズワース家とイリヤたちとの乱戦の最中、美遊の意志を乗っ取りかけたギルガメッシュのクラスカードを、ジュリアン・エインズワースの隙をつき天の鎖を用いて奪取する。

その後、エリカ・エインズワースの言葉から世界の状況を察し「なるほどこの世界は詰んでいる!!」「なんて哀れな行き止まりを作ってくれたんだ!」と哄笑。

裁定者としての立場からジュリアンに「君の願いを叶えるには聖杯が2つ必要だ」というイリヤたちにとっては最大限の迷惑となるであろう助言を与えて雲隠れしてしまった。

再登場した際にはヴィマーナに乗り上空で滅び行く世界を眺めていたが、抑止力の願いを聞き入れ、イリヤのみを救出した。

そして完全に泥に飲まれ滅んだ世界の光景を見て帰る場所も助ける人も居なくなったイリヤに対し、余興として「一つだけ君の願いを叶えてあげる」と発言。

イリヤが自死ではなく、生を願うのであれば、このまま共に彼方まで旅立つと考えていたが、それに対してイリヤは「ここから地球とみんなを助け出す!」と言い、子ギルの想定外の願いが返ってくる。

絶望的な状況でも可能性(希望)を見出すイリヤに対し、哄笑しつつもその願いのために手伝いをすることとなった。

Fate/Grand Order

2016年のホワイトデー企画『カルデアボーイズコレクション2016』にて参戦。
クラスは青年時と同じくアーチャーでレアリティは☆3。
体験クエストでは天草四郎と一対一の疑似聖杯戦争を勃発させ、特異点にさらなる厄介事を上乗せしていた。

実質☆3.5と言われることの多いキャラが揃う☆3アーチャーの中でも、比較的シンプルで扱いやすい性能。
ステータスは攻撃寄りだが、ダビデほど寄ってはいない。だが防御・回復スキルがないため、総合的な場持ちはあまり良くない。

大人版との差異は、スキル「コレクター(EX)」が「紅顔の美少年(C)」(人型エネミーを確率で1T魅了)に変わっている点と、「黄金律」が第三霊基再臨までお預けとなる点。☆5限定キャラと同等の効果を持つスキルを2つ持つあたりが強さの秘訣か。
 
なお、前者は強化クエストクリアにより「賢王の萌芽(B)」にランクアップし、魅了確率上昇に加え3Tの間最大で10個スターを獲得できるようになる。 
カードバランスも《Quick:1/Arts:2/Buster:2》と、大人版と同じセイバー型。
ほとんどの攻撃が多段ヒットするためスターを生み出しやすく、☆3なので比較的ガチャでダブりやすいために宝具レベルも上げやすい。

宝具は「王の財宝」。種別はBuster、効果は【敵全体に強力な攻撃&宝具威力ダウン&クリティカル威力ダウン&弱体耐性ダウン(全て1ターン、オーバーチャージで効果UP)】となっている。何気に☆3アーチャーとしては初の全体宝具で、宝具威力ダウンも効果大。
☆3故にステータスの伸び切らなさが弱点になるが、それを踏まえても鍛え方一つで充分に戦えるサーヴァントである。

ちなみに、彼の幕間の物語にて『水着の原典』を『王の財宝』内に持っている事が判明した。
渡された人物曰く、「紐だけだったり、透明だったり、挙げ句の果てには貝だけ」と、そっち方面の人が喜びそうなシロモノだった模様。

関連人物

生前

エルキドゥ
「天の楔」であるギルガメッシュの対をなす「天の鎖」であり、自身が成長し、暴君となった後に出逢う唯一であり絶対の存在。
別世界で天の鎖が敵の手に落ち、好き勝手に使い潰された時には、礼儀正しい子ギルの状態でさえ、英雄王の片鱗を見せ怒りを露わにする程、どの世界線でもギルガメッシュにとって大切な存在であるのが窺える。

英雄王ギルガメッシュ
生涯の最盛期。
なんであんな風になっちゃったのかなぁ…?成長なんてしたくないなぁ…。と本気で嫌悪感を抱いている。
カルデアでも出会えば殺し合いに発展するからと鉢合わせしないようにしていて、マイルームボイスで嫌いなものとして最盛期の自分を挙げている。
hollow ataraxiaだけでなく、Zeroの第四次聖杯戦争終結後からstay nightの第五次聖杯戦争が始まるまで、子ギルの姿で過ごしていたり、strangefakeでもエルキドゥが召喚されなければ、子ギルの姿になって高みの見物をするつもりだったりと、度々面倒事を成長した自分自身に押し付けられているようだ。

賢王ギルガメッシュ
生涯の晩年期。
エルキドゥが亡くなった事で死を理解し、不老不死の旅から帰還した時の姿である。
英雄王と根本的には変わっていないが、人の王として精神も完成した為、性格は落ち着き少し丸くなっている。


シドゥリ
当時から彼に仕えた臣下/部下。

ウルクの民
子供の頃の王は、蝶や花やと民達に崇拝された少年王だったらしい。

hollow ataraxia

カレン・オルテンシア
自身のマスター。
人使いが荒いため苦手としている。

ランサー
同じマスターを持つ苦労人仲間。
大人の時とは違い、仲はそれなりに良好。

三枝由紀香
想いを寄せる女の子。
将来の伴侶には、こんな女性が良いと彼は思っている。

プリズマ☆イリヤ

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
『ツヴァイ!』では激闘を繰り広げたが、『ドライ!!』では利害の一致により手を貸す。
一旦は手を引くも、抑止力の仲介で再び協力する事になる。
FGOでは幕間の物語で、イリヤの宝具である『多元重奏飽和砲撃』のクラス上げに協力してくれる。
この時の彼は、『ツヴァイ!』の時の記憶は無いと証言していたが、真偽は不明である。

クロエ・フォン・アインツベルン
出会ったのは『ツヴァイ!』の時だが、まともな面識は『ドライ!!』に入ってから。
何かと思わせ振りな態度や表情を見せたり、空気を読もうとせずマイペースを貫く彼に対して、荒っぽいながらも真面目で面倒見の良い性格の彼女は、ハリセンで頭を引っ叩くなど厳しめのツッコミを何度も入れている。
一見ソリが合わなそうだが、用事を済ませた彼が戦場から姿を消した時は一番に気にしていた。
見た目的にこの二人は、赤い弓兵と金ピカの弓兵を彷彿とさせる。

田中
『ドライ!!』で彼が訪れたラーメン屋に、イリヤと一緒に居た体操服姿の少女。
彼女が(平行世界の)冬木市にいる理由が「エインズワース家を滅ぼす」ことだったので、同じくエインズワース家に用があった彼も、イリヤを含めた三人でしばらく同行することになった。
自分以上にマイペースで空気が読めなくて、おまけに、正体不明で不思議な能力を持つ彼女に、さすがの彼も多少は振り回されることになった。
敵との戦いにより、彼女が着ていた体操着がボロボロになった時は、替わりの体操服を用意するためにクロによりパシらされるという、感激の初体験をすることになった。

言峰綺礼
『ドライ!!』で彼が訪れたラーメン屋の店主。
イリヤと田中の二人とは、このラーメン屋で居合わせている。
顔見知りの様で、言峰綺礼の本来の役割についても知っている様だが、詳しい関係性は不明。
彼の麻婆ラーメンはあまりにも辛いが、子ギルは常連なのか、よく訪れているようで、出前も彼の麻婆ラーメンを頼んでいた。ちなみにプリヤのギャグ映画の方では、麻婆ラーメンを食べて気絶している。
この世界線でも彼らは相性が良く、馬が合うようだ。

Fate/GrandOrder

アレキサンダー
少年時代のイスカンダルの姿。
Zeroの第四次聖杯戦争で縁がある王様同士であり、こちらでは少年時代の姿という共通点がある。
概念礼装では度々一緒に描かれているが、交流があるかは不明である。

関連イラスト

チビガメッシュ
ちいさい王様


ギルくん
子ギル



関連項目

Fate/hollowataraxia
プリズマ☆イリヤ Fate/GrandOrder
ギルガメッシュ(Fate) ショタ 子供時代 幼児化
エルキドゥ メソポタミア最強夫婦

関連記事

親記事

ギルガメッシュ(Fate) ぎるがめっしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「子ギル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「子ギル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21365205

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました