ピクシブ百科事典

イリヤスフィール(プリズマ☆イリヤ)

いりやすふぃーるふぉんあいんつべるん

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』における主人公。
目次[非表示]

〝友達〟を見捨てたままじゃ、前へは進めないから…ッ!

プロフィール

誕生日7月20日
身長133cm
体重29kg
年齢10歳 → 11歳
スリーサイズB61/W47/H62
イメージカラーピンク
CV門脇舞以


概要

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の主人公を務める魔法少女
本編とは別の世界軸のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(『Fate/Grand Order』の記述を借りると「あり得たかもしれないifの姿」)。
年齢は『Fate/stay night』と大きくズレが生じており、正真正銘の10歳
(この世界では『Fate/Zero』の第四次聖杯戦争は起きてさえいないが、『Zero』の年代にはまだ生後8ヶ月の赤ん坊だったことになる)

穂群原学園小等部5年1組に所属しており、担任は藤村大河
現在は両親が海外に出張中であるため、義兄の衛宮士郎、元アインツベルン家メイドのセラリーゼリットの三人と暮らしている。

冬木市で普通に暮らしていたのだが、入浴中に闖入してきたカレイドステッキマジカルルビーに強引に契約させられ魔法少女にされた上に、遠坂凛によって脅迫めいた形で「クラスカード」の回収任務に協力させられてしまうこととなった。

人物

幼い頃にアインツベルンと切り離されて育ち、家族から全力全開の愛情を一身に受けまくったために、『stay night』で見られた残虐性はなく、年齢相応の天真爛漫な少女となった。この年の子供にありがちなことではあるが、状況によってテンションの上下やボケツッコミのバランスがころころ変わる(それでも総合的に言えば、まだ常識的な部類には入るが)。
テンションが上がると色々暴走しがちな小学五年生であり、なおかつコメディタッチの作品であるため、時たま常軌を逸した行動に出てしまうことも。

一般人として暮らしてきたため、非日常的な事態に対しては受動的かつ逃げ腰の姿勢になりがち。これは作中でも度々指摘されており、対処不能な事態に巻き込まれると逃走を選択し、理解不能な事案に遭遇すると思考を放棄する悪癖がある(通称うじうじイリヤ)。

子供向けのアニメを好むが、たしなみ方はディープなオタク系。魔法少女アニメを1クール一気見したり、一般的なメイド姿の友人に興奮して襲撃(多分性的な意味で)したり、微妙なバージョン違いにこだわったりしている。なおアインツベルンのメイド服は可愛くないからお気に召さない模様。

性知識は恥ずかしがりながらも年不相応に興味津々。やや耳年増。いざという時の積極性は非常に強く、ドラマCDではある事情から理性が吹き飛んでしまい危うく士郎と一線を越えるところだった。
とはいえ小5女子らしい嗜好も有しており、特にお洒落へのこだわりは強い。

一見すると原作のイリヤとはまるで別人であるが、自分の大切な人が傷つけられると頭に血が上って攻撃的になったり、時折妙に達観した価値観を見せる辺りに面影が感じられる。
親しい人のためならば自分の命すら容易く賭ける。恐怖は感じるし痛覚に耐性があるわけでもない。怖ければ震えるし痛ければ泣く。それでも前に進めるところに彼女の強さがある。
特に母親に背中を押された第一部終盤以降は、絶望的な状況に対し自ら飛び込むことも増え、時には友人のために自分の体を消耗品にすることすら厭わない姿も見せる。

そして、激しい戦いを経て親友が背負う真実を知った彼女は「世界か大切な人か」という究極の選択を前に「大切な人も世界も敵さえも救いたい」と決意する。
無論、何か当てがあるわけではなく、今はまだ遠坂凛から「少女の我儘」と言われるような理想論にすぎない。それでも、別世界で義兄や父が幼い頃に思い描いた「正義の味方」そのものの姿に皆は希望を抱いている。

能力

「小聖杯」としての魔術的な素質・魔術回路の量は『stay night』と同様。
だが上記のとおり、アインツベルンから切り離されて育ったため魔術に関する知識・技術は全く無い。そのため、魔術と魔法の違いや固有結界魔術協会聖堂教会といった、同世界観の魔術師ならば当然の基本的知識も持ち合わせていない。

それ故、戦闘はもっぱらステッキの補助頼みとなる。そのカレイドステッキも使用者のイメージによって能力が大きく左右されるのだが、彼女の魔法少女アニメに由来する強固な魔法少女像と、良くも悪くも難しく考えようとしない性格が功を奏し、序盤から巧みにステッキを使いこなしていた。
他にも、魔術や戦闘に関する知識がゼロにもかかわらず(もしくはそれゆえの柔軟な発想からか)、観察力と判断力は天才的で、自身や仲間の窮地を(無自覚だったケースも含めて)幾度となく救っている。

さらに、「小聖杯」としての能力「過程をすっ飛ばして結果のみを再現する」力は健在なので、イリヤが可能だと強く信じていれば彼女の魔力が続く限りどんな事でも実現可能にしてしまう(当初から当然のようにステッキによる転身状態で空を飛んだり、後にヌイグルミ状態にさせられてなお行動できたのもこのためと考えられる)。
ただしこの奇跡的な才覚には、この世界の自分にも残った秘密という側面が大きかった為か、クロが分離してからは主に魔力パラメータに相当する出力が大きく弱体化している。

戦闘・魔力面以外では、同年代の子の中では運動能力が秀でており、特に脚力は男子にも負けたことはなかったらしい。黒化ライダーから脚力のみで逃げ回ったこともある。

使用した技

砲撃(フォイア)
魔力弾を放つ通常攻撃。
散弾として撃つことも可能だが、弾数を増やす毎に一発辺りの威力を犠牲にしてしまう。

斬撃(シュナイデン)
魔力を薄く鋭利に飛ばす事で対象を斬り裂く。効率的に威力を発揮させるために編み出した技。

物理保護
カレイドステッキの機能の応用。元々はオーラのようなものだが、実体化させる事で物理的な防御を可能にさせている。
錘形に創りだす事で攻撃を別方向へ逸らす「錘形(ピュラミーデ)」や☆型に出して相手を拘束したり、重ね出しして防御力を上げるといった応用法を編み出した。

人間関係

マジカルルビー
元凶其の一。序盤は一方的に振り回される立場だったが、物語が進むにつれてイリヤの無謀な行為を諫める場面も増える。

遠坂凛
元凶其の二。年長者としても魔術師としても信頼、尊敬しているが、同時にその傍若無人な振る舞いには辟易し、ルヴィアとの下らないケンカにはあきれ果てている。

美遊・エーデルフェルト
イリヤのライバル兼親友。しかしながら両者の積極性に欠く性格が災いし、本心を打ち明けられる仲には至っていなかった。
FGOでは復刻版コラボイベントで彼女も参戦したのだが、一緒に行動できる状況を想像するあまり変なスイッチが「入」になってしまいルビーに止められた。

クロエ・フォン・アインツベルン
イリヤにそっくりな姿をした浅黒い肌の少女で、彼女から分離した「小聖杯」としての人格。
始めは命を狙っていたが、アイリの介入もあって和解。和解後は、どちらが姉なのかを争っている。
イリヤが全く気を遣わずに本音をぶちまけられる数少ない相手。

桂美々嶽間沢龍子栗原雀花森山那奈亀
イリヤの学友。四者四様に過ぎるほど個性的で、互いに容赦ないツッコミを浴びせ合ったりもする。
信頼しており、悩み事を相談することも。

衛宮士郎
系図上の義兄。彼女の住む世界では一般人。異性としても好き。
将来的には恋人になりたいとも考えているが、照れ隠しから暴力をふるってしまう事も。
「・・・なんでさ。」

セラリーゼリット
こちらの世界でも一応メイド(…というか、メイド服も着ておらずもっぱら私服なのでむしろ『家政婦』か)。アインツベルンの事情は知っているが、魔法少女については知らない。
セラは不在がちな母親の代わりに士郎と代わる代わる家事全般を請け負い、リズはメイドとしての職務を半ば放棄しダラダラ過ごしている(本来の役割は屋敷の守護役だが、こちらの世界の衛宮家はごく普通の一般家庭なので出番がない)。
2人とも、主人と使用人の垣根を超えて今や大事な家族である。

アイリスフィール・フォン・アインツベルン
こちらでは「ママ」と呼んでいる。イリヤ達が魔法少女になっている事を知っている数少ない人物。
後にイリヤ達に聖杯戦争を起きるのを未然に防いでいた事を伝える。
通称「エアブレイカーママ」。登場するたび場の空気を知っちゃかめっちゃかにして楽しそうに笑っているが、彼女の言葉がイリヤの背中を押すことも多い。

衛宮切嗣
こちらでは「お父さん」と呼んでおり、特に怨恨はない。しかし顔は映らない上、本編上においては現時点での会話は無い。(外伝のCDドラマなどでは会話がある)

外部作品での活躍

超時空! トラぶる花札大作戦

美遊クロと共にチームで参加。
平行/過去世界の両親と遭遇し、色々と面倒な事になっている。

Fate/Grand Order

2016年9月8日開催の『プリズマ☆イリヤ』とのコラボイベント「魔法少女紀行_〜プリズマ・コーズ〜」にて期間限定サーヴァントとして登場。
クラスはキャスターで、レアリティは恒常☆4の多い衛宮一家としては例外的な☆5となっている。
ちなみに、マジカルルビーもボイス付きで話す。
服装は霊基再臨毎に変わり、小学校の制服魔法少女服→ツヴァイフォームと変化していく。

既にサーヴァントとして実装済みである他の家族と同一存在のキャラに対して、マイルームでの言及が多い。
母親は声は同じものの「なにか違う」と感じている様子。赤い外套の弓兵は、時折イリヤを見つめているようだが、視線に気が付き振り向くとすぐに居なくなるらしい。父親は上記ふたり以上にややこしい別存在だったためか、クロと違い言及はない。
当然といえば当然だが、別次元の彼女の相棒にも言及は無い(仮にこっちのイリヤに言及されてたら彼は恐らく自害しかねないが)。

主人公マシュにはイベントストーリーで出会った当初から心を開いている。特にマシュへの親しみ方はルビーからも目に見えて分かるほど。またイベント限定ショップでは、エプロンにバンダナ姿の可愛らしい店員姿を拝ませてくれる。
インフォメーション画面では、ルビーといつもの天然漫才が展開される。

この他、パールヴァティーの体験クエストでは、教師を依代としている女神から「弟子EX号」としてタイガー道場的共演を果たすことになった。
別枠としてのノリの食い違いの差が激しく、無理矢理連れてこられた挙句に戦わさせられても不本意であったり、働きの報酬がブルマ差分というネタでも即答拒否したり、宿題一週間分で釣られてその後に負ければ反省とこちらの世界のイリヤらしく常識的な対応をしている。

ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
ECDBAA+


保有スキル

対魔力(B)転身中のイリヤに付与させる強力な魔法障壁。詠唱三節以下の魔術無効化。大魔術、儀式呪法などは防げない。また、転身状態はこのほか物理保護、治療促進、身体能力強化などなど各ステータスに影響をおよぼしてる。
無限の魔力供給(C)カレイドステッキから文字通り無限の魔力が供給される。しかしその出力は術者本人の魔術回路の性能に再現されるため、まだまだイリヤはステッキ本来の力を出し切れていない。
愉快型魔術礼装(A)自称“ルビーちゃん”正式名称は“マジカルルビー”。宝石大好きな魔法使いのお爺ちゃんが作った、魔法のステッキに宿る人口天然精霊。並々ならぬ魔法少女へのこだわりで術者をサポートするものの、それいがいのことは頑として受け付けない。自分さえ楽しければそれで良い、ゆえに愉快型。
自然の嬰児(B)父・衛宮切嗣と母・アイリスフィールの間に生を受けた奇跡。そしてごく平凡な生涯こそと望まれた。その奇跡と愛が無垢なイリヤを包み、祝福を与えている。
あやしい薬(A)ルビーが夜な夜な屋根裏部屋で精製している謎のお薬。まさにアンバーハープ。原料は主に植物(毒草)。人知れずアインツ家の裏庭に怪しげな草花を植え付けて、見る人が見れば通報もののサイコガーデンを形成しているとの噂。怖いくらいに効果は抜群なのだが、大抵はろくでもない展開になるのでなるべく使用は控えたい。


宝具

多元重奏飽和砲撃(クウィンテットフォイア)

  • ランク:A+
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~100
  • 最大補足:1人
イリヤ「私はもう、何も諦めない!」
ルビー「筋系、神経系、血管系、リンパ系、擬似魔術回路変換完了!」
イリヤ「これがわたしの全て…っ!クウィンテットフォイア!!」

ツヴァイフォームに変身して放つ最大の魔力砲。
筋系、神経系、血管系、リンパ系を疑似的な魔術回路と誤認させることにより、全身のいたる箇所に深刻な損傷を受ける代わりに瞬間的に大出力を得る捨て身の技。
全身を巡る五つの回路が奏で上げた壮絶な魔力の奔流は、星の光にも匹敵する殲滅力を誇るが、その反動も決して軽視できるような代物ではなく、反動の出所が悪ければ最悪内臓破損や神経断絶等によって命を落とす危険性も孕む禁術級の奥義。
因みに「クウィンテット」は「五重奏」の意味を持つ。

ゲーム上の種類はBuster。効果は【自身のバスターカードの性能をアップ(1ターン)+敵単体に超強力な攻撃+自身の攻撃力と防御力をダウン(3ターン)】。
攻撃の反動も3ターンの間の性能減少という形で再現されている…が、その補正値は-10%と軽微な方なので、令呪などで短期間に連射しなければ問題ない。
発動時は演出の都合で戦闘グラフィックが『魔法少女服』→変身演出→『ツヴァイフォーム』と変化する。

2017年8月25日で追加された幕間の物語をクリアすると、威力とバスターカードの性能アップの倍率が上昇し、さらにNP獲得量とスター発生率が上昇(3ターン)が追加される。
ちなみに同時期にはの幕間の物語が追加されている。

ゲームにおける性能

カードバランスは《Quick:1/Arts:3/Buster:1+1》という某アーチャーと同じ型。
スキルは、1ターンの間Buster性能を上げる「愉快型魔術礼装(A)」、自身に1ターンの無敵&3ターンのNP上昇率UPを付与する「自然の嬰児(B)」、味方単体にHP回復+確率で3ターンガッツ(自動復活)と弱体無効1回を付与する「あやしい薬(A)」。

「無限の魔力供給」により毎ターン3%ずつNPが回復するものの、キャスターのクラススキル「陣地作成」を持たないため、通常攻撃のゲージ効率があまり良くない。
とはいえ、「自然の嬰児」のNP獲得率アップ、そして仲間とのArtsチェインで補助していけば、3WaveまでのNP確保はなんとかこなせる。

「愉快型魔術礼装(A)」と合わせた宝具の大火力で厄介な敵を撃ち取るのが基本。
幕間の物語クリア後はオーバーチャージ時の威力アップが坂田金時(ライダー)のものと同等になることもあり、一発の威力が凄まじいものとなる。
さらに付け加えられたNP獲得量増加とスター発生率増加は、育ちきったスキル程度の効果とは言え、同種効果を重ねてもらえればそれなりに回転率を増す一助となる。

だが仮に宝具を高速連発できた場合、デメリットのデバフが蓄積することで段々と消耗がバカにならなくなってくる点に注意したい。
こちらも味方に弱体解除や無効効果のスキルを掛けてもらうと良いだろう。弱体無効に関しては運次第だが「あやしい薬」で自力で付けられる。

また「あやしい薬」は他の味方に使うことができるため、確率覚悟でガッツと弱体無効を味方にかけ相手をサポートできる。両方失敗しても回復効果は確定であるので、持久力の上乗せはできる。

万全の体制を整えて総攻撃の締めに持っていくことでその威力を最大限に発揮できる対ボスアタッカーであり、仲間の力を借りて最大限にブーストした切り札を叩き込む立ち回りが実にらしく再現されている。

ただ、アタッカーとしての格は相棒に水を開けられている感が否めない。ブレイクゲージにより一発の威力が活きなくなった現状では、尚更ゲージの重さが悪い方へとのしかかってしまっている。
それでもキャスタークラスで単体大ダメージを狙えるという個性は健在。最近では様々なサポート向けサーヴァントも増えてきたため、まだまだ活躍の機会は見込める。特にアサシンorバーサーカーのレイドボスが相手になったときは、その大火力が存分に輝くだろう。

幕間実装により、宝具に「NP獲得量アップ」が付加されたため、「自然の嬰児」の効果中に〔宝具AA→Ex〕でクリティカルを発生させれば、スキルレベル次第では間を置かずに第2射を放つことも出来るようになった。「スター発生アップ」も、元からそれなりに攻撃のヒット数が多いため活かしやすく、味方と合わせてスターをオーバーフロー出来れば、効果中にArtsクリティカルを連発して次発装填を進めることも可能になる。
「あやしい薬」のランダム性、宝具のデメリットについても、それらを埋め合わせできるスキルを持つサーヴァントが増えているため、気にし過ぎる必要も少なくなった。

2019年1月23日に復刻したコラボイベント「魔法少女紀行_〜プリズマ・コーズ〜」の開催に合わせて、戦闘グラフィックが刷新された。主にエフェクト関連がよりダイナミックで派手になり、新たに限定展開でバーサーカーの武器を取り出して攻撃するモーションが追加された。

宝具演出ではツヴァイフォーム変身時に背中の翼のエフェクトが戦闘時とは異なる派手なものに変更され、カメラワークや砲撃のエフェクトも元の演出の流れを崩さずにより臨場感のあるものになった。

また、同時に親友も参戦したのだが、……追加ボイスではその美遊とのカルデアライフを想像して変なスイッチが入っている。これにはルビーの方がブレーキを掛けた

イベントクリアで、本イベント第2幕の黒幕をモチーフにした漆黒の簡易霊衣「テスタメント・フォーム」を獲得できる。あくまで見た目を少し変えるだけなので、セリフやモーションに差異はない。

テスタメントフォーム



関連イラスト

✰✩✫✬✭✮✯
kaleid liner!


ロリヤ
ドライ



関連タグ

プリズマ☆イリヤ Fate/GrandOrder
魔法少女 変身ヒロイン 主人公
夢幻召喚 イリアーチャー ツヴァイフォーム

関連記事

親記事

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン いりやすふぃーるふぉんあいんつべるん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イリヤスフィール(プリズマ☆イリヤ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2846019

コメント