ピクシブ百科事典

目次[非表示]

これはね、私が死ぬまでの物語

プロフィール

真名パンドラ
クラス-
性別女性
出典ギリシャ神話
地域ギリシャ
illustひろやまひろし
CV諸星すみれ


概要

ギリシャ神話の原初の女性、オリュンポスの神々が作った人間。
その正体は六千年前の神代の頃から生き続けてきたエリカ・エインズワース当人であり、彼女曰く「神代の負債」。

正確には彼女自身には名前はなかったが、持たされていた「パンドラの匣」の名前から自身の名前がついたとのこと。

己が使命を果たすまで死なない様、その『死』が箱の中に収められて作られた不死者であり、こちらの世界の神話では開いたとされるピトスを開けられず、時に「化け物」として迫害されながら幾星霜の時を生き続けていた。
結果、その精神は壊れてしまい、同時に「鍵」としての機能も破損してしまっているようである。


1000年前、古い地層を発掘していた鉱夫から連絡を受けた当代のエインズワース家当主・ダリウスが発見。以降『置換』によって存在を長らえてきた彼の元、共に「箱の解放と己が死」を目指してエインズワース家の一員であり続けてきた。
そして代を跨ぐ事に、幾度もなくその名前と表層的な人格を変えていたが、壊れた彼女にとっては、その様な事もさして苦ではなかった模様。

エリカの前の名前は「エミーリア」その前は「イザベラ」「クリスティーナ」「レオナ」「モニカ」「シルヴィエ」「バネッサ」「ビクトリエ」「ユーリア」「ヴラステミラ」そして「パンドラ」。

また、近くにいる人物の庇護欲を喚起する性質(スキル)も持ち合わせていると言われているが、「パンドラ」の製造目的を考えれば当然の機能と思われる。

宝具

この世全ての贈り物(パンドーラー)

彼女がピトスと呼ぶもの、は『神代の神々が作った願望器』と仮定していた。
この箱にどう言った役割があるのかは現時点では不明だが、「オリュンポスの神々が作った世界の贋作」と言われており、ゼウスら神々からは「人類が完全に滅んだら開くように」と言われていた「救世分史再生装置」。

パンドラと箱は必ずセットで語られる存在であるが、「美遊の世界」ではパンドラが箱を開けていないため、ギリシャ神話の本には「パンドラの箱」について何も記載されていなかった。

唯一箱の存在を知るエインズワース家が「パンドラの箱」の情報を遮断しているため、「美遊の世界」の人間では決して真相にたどり着けず、美遊はおろか、世界を救う為に世界中を旅し伝承や神話を父とともに漁ったはずの美遊の兄も終ぞ箱のことを知らなかった。

元からそうだったのか、途中で狂ったのかは不明だが、その内部には聖杯のものとほぼ同等な"黒泥"が満ちている。当然あらゆる知性体を汚染する効果もあり、クラスカードは一度この『箱』を通して英霊の自我を塗り潰していた。

パンドラ自身もこの泥をある程度コントロールできるようで、田中の腕が変化した剣を持ったイリヤに対して攻撃をかけていた。

関連人物

  • ダリウス・エインズワース:『箱』を発見した魔術師、当時のエインズワース家の魔術は特殊な鉱物を置換する三流程度の技術しか持ち合わせておらず、彼女を目撃した際は衝動と高揚と共に憐憫を抱いた。千年の月日の中でその衝動は変質してしまったようだが。



  • 田中さん:謎の多き存在、エリカから「それは、この世界の理」「わたしたちを、贋作を断罪する火の矢」と言われた

  • 子ギル:彼女の正体に気付いたために傍観に徹している、その際望みを叶えるには聖杯が「二つ必要だ」という助言を残す。

余談

作者曰く「非常に難しい役どころ」であり、諸星すみれ氏がエリカを演じたのは、「単なるロリヴォイスではならぬ、これまでのプリヤにないある種の異質さを伴った存在感のある声」して作者が指名したため。

エインズワースが掲げた「死と新生」というフレーズや、「新たな人類史の一歩をダリウスとエリカで作り上げる」という悲願の時点で嫌な予感しかしない。
実際、パンドラの箱の最後に残されていて出て行かなかった物は『未来視』と言う説もあり、「絶望的な未来を見なくて済んだから人間には希望が残された」という解釈も存在する。

関連タグ

プリズマ☆イリヤ ヘファイストス(Fate)

関連記事

親記事

プリズマ☆イリヤ ぷりずまいりや

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パンドラ(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132

コメント