ピクシブ百科事典

美遊・エーデルフェルト

みゆえーでるふぇると

美遊・エーデルフェルトとは、漫画『プリズマ☆イリヤ』のキャラクター。
目次[非表示]

「初めて……だったんだ…。わたしを…──って……言ってくれた人…だから…」

「うん、作れたんだとても大切な友達…。銀色の髪がとても綺麗で……まるで月の光みたいなその子の名前は──」

プロフィール

誕生日7月20日(イリヤと同日)
身長134cm
体重30kg
属性秩序・善・人
CV名塚佳織


概要

本編『Fate/stay night』には登場しない『プリズマ☆イリヤ』オリジナルキャラクター。
クラスカード回収任務を行うイリヤたちの前に突如現れたもう1人のカレイドの魔法少女。イリヤと同じ小学校の同じクラスに転校してきた。

ルヴィアカレイドステッキマジカルサファイアに見捨てられた後、新たなサファイアの契約者としてルヴィアの前に突然現れ、クラスカード回収任務を引き継ぐ代わりに衣食住と戸籍、居場所が欲しいとルヴィアに頼み込む。
その後、ルヴィアの義妹として「エーデルフェルト」姓を貰い、屋敷でメイドとして働くことで養ってもらっている。

ルヴィアに拾われる前の経歴は一切不明だが、イリヤの義兄である衛宮士郎にそっくりな兄がいたらしい。

ちなみに転身時の衣装のイメージはイリヤが「」なのに対して、美遊はとなっている。

人物

無口で無表情でクールな性格の女の子。表情が読み取れないので、たまに何を考えているのかわからない。
「海へ行ったことがない」「誕生日を祝ったことがない」「運動会に参加したことがない」となぜか周りの子たちとズレまくっている(本人は至って真面目なので周りもツッコミづらい)。

当初はたいした覚悟もなしにクラスカード回収任務に臨むイリヤに対し、不快感を示し拒絶するなど険悪な雰囲気だったが、戦いを通じて徐々に「自分にないもの」を持っているイリヤのことを認めるようになっていった。
イリヤが恐怖で任務から逃げ出した時は、イリヤをこれ以上戦いに巻き込まぬように、一人で全てを背負おうと必死になるほど大切な存在となっていく。

二人でクラスカード7枚全てを回収したことでイリヤとは親友同士の間柄になるが、今度は「わたしの友達は生涯イリヤだけ」「他の人なんてどうでもいいでしょ?」とベッタリになるなど、過剰ともいえる友情を見せるようになってしまった。
クラスメイト達には「あなたたちと友達になった覚えはない」など、クールで固い態度を貫いていたが徐々にそれも薄れていき、意識はしていないが態度や表情がやわらかくなってきている。

最初は目的の為に冷淡なところがあったが、イリヤと親友になってからは感情的に動く場面が増えている。しかし使命感が強いと言う点に関しては変わっていない。

能力

学力・芸術・運動・料理(※)全ての面で小学生レベルを逸脱した天才ぶりを発揮する完璧超人。周りにはドン引きされるほどの才能を持っているが、本人には全く自覚が無く世間知らずである。
※料理は後に士郎にそっくりな兄に教えられていたことが過去の物語で判明する。

どんな戦況でも冷静に対応し、ステッキやカードの力を早いうちに使いこなすなど戦闘においての基本性能はとても優秀。ただし魔法少女において重要な発想力や想像力に乏しいという大きな欠点がある。
空を飛ぶ必要が出たときは「人間は空を飛べない」という常識に囚われて、飛行訓練中に何度も墜落や転倒を繰り返すなど魔法少女としては少し残念な結果となった。
その後、イリヤやルビーからアドバイスを貰い方針転換。イリヤが「空を飛ぶ」のに対し、美遊は魔力を固め空中に足場を作り、その上を走ったりジャンプを繰り返す「空を跳ぶ」方法で空中移動が出来ないのを克服した。

ルヴィアの家でメイドとして働いた分の給料が数百万円あるため、財力は超小学生級。他に必要な時にルヴィアから店ごと買い取れるほどの金額を使える「虹色に輝くカード」を預けられることもある。

夢幻召喚

セイバー
英霊アーサー王と一時的に同化し、セイバーの宝具とスキル、身体能力を会得する。
美遊が夢幻召喚した場合の衣装はイリヤと違い、従来のセイバーに近いデザインである。ただし、甲冑姿ではあるが肩と胸部のアーマーがなく、へそが見えている

ライダー
英霊メドゥーサと一時的に同化し、ライダーの宝具とスキル、身体能力を会得する。
ライダーの時の美遊は、黒いドレスを身に纏い、白い天馬に乗っている。

アーチャー
英霊ギルガメッシュと一時的に同化し、ツーピース状の黄金の鎧と「王の財宝」を得る。
こちらもセイバーの時同様、へそが見えている。
なお、一時的に同化した際マジカルサファイアを弾き飛ばされたうえ、ジュリアン・エインズワースにクラスカードを引き抜かれるまで精神を乗っ取られてしまう。

人間関係

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン

ライバルから親友となったかけがえのない少女。自分に距離感ゼロの美遊に対して「気持ちが重い」と困ったような顔をする時もあるが、不器用な性格の美遊のためにクラスメイトとの仲を取り持ったり遊びに誘ったりと、持ち前のコミュニケーション能力を発揮している。
居場所や友達を求めていた美遊にとっては明るく自分を照らしてくれる月の光のような存在。
※詳細→イリみゆ

クロエ・フォン・アインツベルン

イリヤから分離したもう1人のイリヤ。初めはイリヤを巡って強く敵視し、一旦和解したあともしばらく警戒していたが、現在はイリヤと同じく大切な友達と思っている。
ちなみに分離前までイリヤと記憶を共有していたクロは、初めから美遊に対して敵意を抱いていなかった(むしろ好感を持っていた)。

マジカルサファイア

美遊の相棒。お互いクールで口数が少ないのでとても息が合うよう。先代のマスターであるルヴィアには辛辣なのに対して、美遊には出会ったときからとても忠実で気を遣っている。
転身時にサファイアが着せる衣装はルビーが着せる衣装よりも露出度が高く、クロや美遊の兄からは「えっちな趣味」「破廉恥な格好」と評価されている(普段着ている美遊はあまり気にしていない様子)。

ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト

マジカルサファイアの先代マスター。自分を戸籍上の義妹として迎え、衣食住や居場所も与えてくれた保護者。普段の迷惑者ぶりには呆れているが、ぎこちないながらも義姉として信頼し、慕っている。

マジカルルビー

イリヤの相棒。サファイアの姉。空が飛べなくて悩んでいるのを呆れられ「ルビーデコピン」をくらう。「そんなコチコチ頭では魔法少女は務まらない」と指摘されてから、『人が空想できることは起こりうる魔法事象』とアドバイスをもらう。
当時の美遊は「あまり参考にはならなかった」と答えていたが、運動会で披露する予定のダンスが上手く踊れなくて困っていたとき(アニメ版OVA)に、楽しく踊っているイメージをステッキの力で表現して克服するなど、イメージ力の大切さを認識するようになる。

遠坂凛

マジカルルビーの先代マスターでルヴィアのライバル。後に同じくルヴィアの家でメイドとして働く同僚になる。

美遊の兄

美遊が初めてイリヤの家を訪ねたときに、自分以外に家族が居ないかのような発言をしていたが、しばらくしてから兄が居たことが判明。
見た目はイリヤとクロの義兄である衛宮士郎とよく似ているらしい。士郎と初めて顔を合わせたときは、まるで幽霊にでも会ったかのような表情で驚き、その胸に飛び込んだほど。
イリヤは美遊の過去について興味を持つがルヴィアに注意され、さらに美遊が抱えている秘密に触れれば元の関係に戻れないのではないかとの心配から棚上げに。彼の正体が判明するのはさらに時間が経ってからとなった。

外部作品での活躍

Fate/Grand Order

コラボイベント「魔法少女紀行 〜プリズマ・コーズ〜」にて登場。
2016年9月開催の初回版ではシナリオのみの登場だったが、2019年1月開催の「復刻版:魔法少女紀行 〜プリズマ・コーズ〜 -Re-install-」に際して追加参戦となった。
クラスはキャスターで、レアリティは☆4(SR)。
以降のイベントでも、イリヤ・クロとセットで登場するようになった。

霊基再臨での衣装変化は、小学校制服→魔法少女服と変わるのはイリヤと同様だが、第3再臨では巫女風の衣装となり、真名も変化する

人間関係でイリヤ第一なのは相変わらず。コミュニケーション能力は園児以下と評価されている。
主人公に対しては、人理のために戦う姿に感じ入るものがあったのか、願いが叶うように祈りを向けている。その一方で、イリヤに手を出すようなら即座に嫌いになるとも言っている。
カルデアでもイリヤと一緒に居られることを喜んでいて、相部屋を希望するだけでなく、ベッドまで共用にしようとするなどわりと積極的。
クロも美遊にとって大切な友達だが、イリヤを取り合うライバル(?)という側面もあるため「好きな人」のカテゴリーにはギリギリ入っていない模様。


ステータス

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
EDCACA


保有スキル

対魔力(B)魔力に対する抵抗力。カレイドの魔法少女には自動的に防御効果が発揮されている。FGOではサーヴァントとの戦力差を考慮してか、ランクが下げられている。
無限の魔力供給(B)カレイドステッキの機能。平行世界からの魔力供給により、無限の魔力を与える。ただし、常時無制限という訳ではなく、一度に扱える量は個人の資質に左右される。
愉快型魔術礼装(妹)(A)ヘンテコステッキの妹の方。姉に比べて落ち着いて理性的。が、やはり人工天然精霊の性か、マスターを振り回し、面白おかしい事態を引き起こしてしまう厄介さはあまり変わらない。なお、契約者のコスチュームはなぜか姉に比べてやや露出が多くなる傾向がある。ゲーム上での効果は、Artカード性能アップとクリティカル威力アップ(3回)。
少女の意地(B)詳細不明。ゲーム上での効果は、自身にガッツ・弱体無効化状態(1回)を付与。
神稚児の願い(EX)詳細不明。ゲーム上での効果は、味方単体のNP増量(20~30%)と強化成功率UP(3T)。


宝具

Wish upon a star!


星天を照らせ地の朔月(ほしにねがいを)

  • ランク:EX
  • 種別:対人~対界宝具
  • レンジ:不明
  • 最大補足:不明

詳細は同項目を参照。

ゲームでの性能

スキル構成はイリヤに似ているが、性能はサポーター型。宝具の性質から、簡単に言えば「ダウングレード版のマーリン」である。

マーリンとの大きな違いとして、宝具で味方に直接バフをかけるのではなく「自分を介してバフをかける」形になっている。
これにより、強化無効・強化成功率ダウンのデバフ状態にある味方にも効果を及ぼすことができるが、反面美遊自体にこれらのデバフがかけられていると宝具の性能を発揮できない。

加えて、宝具を使うたびに3000ものHPを削ることになるため、迂闊に連発できないという欠点もある。全体回復宝具持ちは彼女を初めとして殆どが最大3000以上の回復量を持つため編成ができればいいが、それができない場合は自前の「少女の意地」による補助が不可欠となる。
一方「神稚児の願い」は、NP増量値と強化成功率のターンが、同ランクの蘭陵王が持つ「勢い破竹の如し」を上回る性能であり、これもまたイリヤを含めた確率強化スキルの補助に役立つ。
とはいえ宝具の持続ターン・HP回復量はともにマーリンに劣り、全体への攻撃・防御バフを持たないため、その辺りの対策が必要になる。

おすすめの編成メンバーとしては、やはり確率による強化を持つ()サーヴァント。彼女より前の強化成功率up持ちのサーヴァントは若干サポーターとしては扱いにくかったり本人も強化が確率に左右される面もあったりと若干クセがあったが、彼女はそのような面がない為成功率補助要員としては扱いやすい。
また彼女が倒れたり強化解除されたら一巻の終わりである為、回復と強化解除への対策ができるサーヴァントも重要。前述の全体大幅回復の宝具・スキル持ちに加え、強化解除耐性を他者に付与できるサンタ婦長などがおすすめ(詳細は強化解除耐性が同じく求められる彼女の欄を採用)。彼女にそもそも攻撃を当てさせないターゲット集中持ちも有効である。

ちなみに肝心のイリヤとは(当然というべきか)相性が良く、あちらの「あやしい薬」で自身の生存の可能性を上げつつ宝具の回転に難のある彼女をNPバフで支えることができる。

関連画像

センシティブな作品センシティブな作品


美遊
メイド美遊



FGO

朔月美遊
朔月美遊



関連タグ

プリズマ☆イリヤ ヒロイン 魔法少女 クーデレ




彼女の事情(※ネタバレ注意!)



























彼女の正体は平行世界のイリヤとも言うべき聖杯そのもので、あの英雄王をして「生まれながらにして完成された聖杯」「世界が生んでしまったバグ」と言わしめる破格の力の持ち主であった。

聖杯としてギルガメッシュ本体に取り込まれる直前に、イリヤに自分ごと破壊するように頼む。
マジカルルビーマジカルサファイアの同時使用によるツヴァイフォームを発動させたイリヤが子ギルを打ち破り救出に成功するが、直後に平行世界からやってきたエインズワース家の手のにより自身の世界へと連れ戻され監禁されてしまった。
※アニメ版ではツヴァイヘルツのラストで1度は日常に戻り、連れ去られるのはドライ1話。

かつて元の世界でイリヤの兄である士郎を、自身の兄と間違えたのも道理で、実は美遊の兄(正確には義兄)もまた「美遊の世界の衛宮士郎」だった。

この他詳しい事は朔月美遊を参照。

関連記事

親記事

プリズマ☆イリヤ ぷりずまいりや

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「美遊・エーデルフェルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59313359

コメント