ピクシブ百科事典

美遊・エーデルフェルト

みゆえーでるふぇると

美遊・エーデルフェルトとは、漫画『プリズマ☆イリヤ』のキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日7月20日(イリヤと同日)
身長134cm
CV名塚佳織


概要

原作『Fate/stay night』には登場しない、『プリズマ☆イリヤ』オリジナルキャラクター。
クラスカード回収任務を行うイリヤたちの前に突如現れた、もう1人のカレイドの魔法少女。イリヤと同じ小学校の同じクラスに転校してきた。

ルヴィアが己のカレイドステッキマジカルサファイアに見捨てられた後、どこからともなく新たなサファイアの契約者として現れ、衣食住と戸籍、居場所と引き換えにルヴィアのクラスカード回収任務を引き継いだ。その後、ルヴィアの義妹として「エーデルフェルト」姓を名乗り、屋敷でメイドとして働くことで養ってもらっている。

ルヴィアに拾われる前の経歴は一切不明だが、イリヤの兄の衛宮士郎に会った時に「お兄ちゃん」と誤解するなど、士郎にそっくりな兄がいたらしい。

人物

クールで人を寄せ付けない性格。
当初はさしたる覚悟もなしにクラスカード回収任務に身を投じるイリヤに対し頑なな態度を取って任務から遠ざけようとしていたが、戦いを通じて徐々にイリヤのことを認めるようになっていった。イリヤが恐怖で任務から逃げ出した時は、逆にイリヤをこれ以上戦いに巻き込まぬように任務から遠ざけようと、必死になる場面も。

紆余曲折を経てイリヤとは親友同士の間柄になるが、今度は「わたしの友達は生涯イリヤだけ」「他の人なんてどうでもいいでしょ?」とべったりになってしまい、イリヤの友達に対してすら「友達になった覚えはない」と切って捨て、イリヤ以外にはクールで頑なな態度を貫いたままでいたが、ツヴァイ中盤よりそれも薄れたらしく年相応の少女のような表情も多くなってきている。
特に最初は目的の為に冷酷になところがあったが、感情的に動く場面が増えている。しかし義務感が強いと言う点に関しては変わっていない。

能力

学力・芸術・運動全ての面で小学生を逸脱した天才ぶりを発揮する完璧超人。魔法少女の能力や殺伐とした戦いにも早い段階で適応し、力を見事に使いこなして見せた。ただし発想力や空想する力に乏しく、「人間は空を飛べない」という常識と物理法則に縛られて飛行の術を習得できなかったりといった欠点もある。
また、ルヴィアの家でメイドとして働いた分の給料が数百万あるため、財力も超小学生級。他に必要な時にルヴィアから店ごと買い取れるほどの金額を使える「虹色に輝くカード」を預けられることもある。

夢幻召喚

セイバー
英霊アーサー王と一時的に同化し、セイバーの宝具とスキル、身体能力を会得する。
美遊が夢幻召喚した場合の衣装はイリヤと違い、従来のセイバーに近いデザインである。ただし、甲冑姿ではあるが肩と胸部のアーマーがなく、へそが見えている
ライダー
英霊と一時的に同化し、ライダーの宝具とスキル、身体能力を会得する。
ライダーの時の美遊は、黒いドレスを身に纏い、白い天馬に乗っている。
アーチャー
英霊ギルガメッシュと一時的に同化し、ツーピース状の黄金の鎧と「王の財宝」を得る。
こちらもセイバーの時同様、へそが見えている。

人間関係

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
ライバルから親友となった。かけがえのない友達。

クロエ・フォン・アインツベルン
イリヤから分離したもう1人のイリヤ。初めは敵視するものの、現在は友人として認める。
ちなみにクロは初めから美遊に対しては敵意を抱いてはいなかった。

ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト
保護者。(偽造)戸籍上の義姉。

衛宮士郎
彼女の兄とそっくりな人物らしい。初対面時にもいきなり「お兄ちゃん…?」と呼んでしまったほど。

遠坂凛
後に同じくルヴィアの家で働く同僚になる。

関連画像

美遊タン腋
Busstop with Moonflowers


美遊
☆美遊☆



関連タグ

プリズマ☆イリヤ ヒロイン 魔法少女 クーデレ






彼女の事情(※ネタバレ注意!)

彼女は平行世界のイリヤとも言うべき聖杯そのものであることがツヴァイ後半で判明した。
子ギル曰く、「生まれながらにして完成された聖杯」「天然物でしかも中身入り、オリジナルに極めて近い」「人間が聖杯という機能を持ってしまったというより、聖杯に人間めいた人格が付いた」「どうにしろ世界が生んでしまったバグ」とのこと。

聖杯としてギルガメッシュ本体に取り込まれ、その最中にイリヤに自分ごと破壊する様に願う。しかしマジカルルビーマジカルサファイアの同時使用によるツヴァイフォームを発動させたイリヤが子ギルを打ち破り、救出に成功する。しかし平行世界からやってきたエインズワース家の手の者により自身の世界へと連れ戻され監禁されてしまった。
※アニメ版ではツヴァイヘルツのラストで1度は日常に戻り、連れ去られるのはドライ1話。

かつて元の世界でイリヤの兄である士郎を、自身の兄と間違えたのも道理で、実は美遊の兄(正確には義兄)もまた「美遊の世界の衛宮士郎」だった。
美遊がイリヤの世界に飛ばされたのも、クラスカードを用いた聖杯戦争を勝ち抜いた美遊の世界の衛宮士郎が、美遊の為に「美遊という聖杯」に掛けた、

「美遊がもう苦しまなくてもいい世界になりますように」
「やさしい人たちに出会って」
「笑い合える友達を作って」
「あたたかでささやかな幸せをつかめますように」

という願い故の事だった。

エインズワース家に捕らえられていた美遊と美遊の世界の衛宮士郎だったが、イリヤ達に救出され、2人が出会った経緯やその後の生活がドライのコミックス第7巻にて明かされた。

美遊の本名は「朔月(さかつき)美遊」。神の稚児を信仰する朔月家の末裔であり、「人の願いを無差別に叶える力」を与えられた子供。その力は非常に強力であり、冬木市で起こった謎の巨大災害で朔月家を覆っていた結界が壊れた際に多くの人々の「助かりたいと言う願い」が押し寄せ美遊に届いた結果、一瞬で災害が消滅した。ただし当の朔月家はその災害で美遊を残して全員が死亡している。
朔月の家に残された記録によれば、彼らは初代から美遊の代に至るまでの400年間、1つの例外もなく神稚児の力を自らの富や繁栄に使う事はせず、子の健やかな成長を願い続けていた。天使かな?

なお、衛宮切嗣(美遊の世界の人物で士郎の養父)の調査によればこの力が発現出来る残り時間は余り残されておらず、『Fate/Zero』や『プリズマ☆イリヤ』と違う環境である為か、彼は己の願いである世界の救済を彼女で成そうと、非常にこんを詰めていた。

並行世界での名前は朔月美遊、イリヤの世界では美遊・エーデルフェルトだが、1度だけ衛宮美遊とも表記された。

今は亡き母親は朔月陽代子、娘同様かなりの天才だったらしく司法書士資格を始めかなり多才な人物だったという。

真・関連タグ

朔月美遊 聖杯/願望器 美遊兄

pixivに投稿された作品 pixivで「美遊・エーデルフェルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17945711

コメント