ピクシブ百科事典

ジュール・ヴェルヌ

じゅーるゔぇるぬ

フランスの小説家。科学的冒険小説を手掛け、SFの開祖と称される。
目次[非表示]

本名:ジュール・ガブリエル・ヴェルヌ(フランス語: Jules Gabriel Verne、 1828年2月8日 - 1905年3月24日)。『月世界旅行』は世界初の科学小説と呼ばれ、その作品は1世代下のH・G・ウェルズと並びSFの源流となった。

概要

フランス小説家。劇作家として出発したが、『気球に乗って五週間』で科学的道具立てを用いた冒険小説に独自の分野を開拓。続く『地底旅行』『月世界旅行』で科学小説のジャンルを確立した。彼の作品は多くが映画化され、古典として数多くのジュブナイル版が出版されている。

彼の作品はおおむね当時(19世紀)の科学の知見を下敷きにしており、ウェルズ作品のようなオーバー・テクノロジーは基本的に扱われない。いわゆるスチームパンクの元ネタとして、現在でもゲーム漫画アニメSFなど様々な分野に影響を及ぼしている。

作風

ジュール・ヴェルヌ「地球から月へ」


19世紀のアメリカには文盲が居ない!今ではもう人種差別も存在しない!誰もが正式な賃金を受け取って幸せに超巨大コロンビヤード砲を作り上げたのである」なんていう小説がフランスで発表されたなんて、アメリカ人は怒らなかったのだろうか。

月世界旅行』にはアメリカ人の好戦性への揶揄(ロケットではなく大砲で月に行くという設定にしたのはこのため)、『海底二万里』『神秘の島』には欧米列強の植民地主義と人種差別への批判など、強烈な社会風刺を盛り込んだ展開も多い。

晩年には厭世的な傾向を強めたと言われていたが、近年になって) 『気球に乗って五週間』以前に書かれた未発表のディストピア小説『二十世紀のパリ』が発見され、技術文明への悲観的な傾向は当初から持ち合わせていたことがはっきりした。

作品

気球に乗って五週間
地底旅行
月世界旅行
海底二万里
八十日間世界一周
神秘の島
十五少年漂流記

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュール・ヴェルヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5695

コメント