ピクシブ百科事典

ディストピア

でぃすとぴあ

ディストピアとは、『ユートピア』の対義語として扱われる世界観。しかしユートピアで描かれる要素と共通する部分も多く、実のところユートピアの裏返しの姿である。アンチ・ユートピアとも呼ばれる。
目次[非表示]

ディストピアの始まり

ディストピアは、16世紀以来ヨーロッパ世界で「理想郷」とされてきた理性が統制する社会に対する批判として生まれた。 日本語訳では「絶望郷」「暗黒郷」など。

そもそも「ユートピア」とは、当時のヨーロッパのような「非合理なものによって世の中が支配される不安定な現実の世界」に対する批判として生まれた概念であり、かいつまんで言えば「感情や非理性のような非論理的・非合理的なものを排除した、効率的な理想の社会」である。しかしこれは行き過ぎれば「必要で合理的なら何やってもいい」になり、個人・少数派の意思(感情)を抑圧または排除すること(=全体主義)にもつながってしまう。

実際、ディストピアを題材にした作品が急増したのはソビエト連邦(1917年)の様な社会主義国家やナチス・ドイツ(1933年)といった全体主義国家が台頭してきた時期と重なり、ユートピアに対する失望、また理性信仰・合理性信仰に対する警鐘として発展してきたことがうかがえる。

ディストピアの特徴

ディストピアの前提として、「失業率0%」「誰もが適職についている」「生まれてから死ぬまで社会が面倒を見てくれる」など、表面上はあたかも完全無欠の理想社会であるかのように見える。

しかしいざ蓋を開けてみると、お題目の実現のためにどこかにとんでもないしわ寄せが来ていたり、そもそもお題目自体が嘘っぱちだったりする。

単一の思想・価値観の強制

「○○(指導者の名前など)に従い尽くすことが幸福である」「××(特定の民族や思想など)は悪の化身であり滅ぼさなければならない」「罪人の子は必ず罪人になる」等、カジュアルな多様性を頑として認めない一面的かつステレオタイプな思想(特に選民思想)を押しつけて他の考え方を許さない。(従わない場合は洗脳拷問などを加える)

The world will be OUR'S!!



超管理体制

24時間ずっと誰か(もしくは何か)に監視され続け、一個人の一挙手一投足の全てが管理される。監視するのは機械だったり専門のエージェントだったり、もしくは社会の構成員(主人公含む)が互いに互いを見張りあっていたりもする。ネットスラングの「おや?こんな時間に誰か来たようだ」はこの要素をネタ化したものと言える。中には、強制収容所等の施設に押し込められる形で管理される場合もある。人口調整もされ、恋愛から結婚性行為妊娠出産家族寿命までも管理される。また、極端な場合、高齢者や障害者等の生産力が見込めない者を殺処分する事も。そう、ディストピアの世界では生産力の見込めない者は穀潰しでしかないのだ。

監視社会



極端に制限された自由

「~時以降は外出禁止」「何処其処へ行ってはならない」などの移動制限から始まって、芸術娯楽服装髪型言動飲食人間関係職業選択など、社会のあらゆる分野での行動に制限がかかる。それどころか思考にすら制限がかかることもある(この場合テレパシーや機械などによって監視されている)。特に表現の自由・報道の自由は厳重に管理され、体制に不利な情報や体制批判などは徹底的に隠蔽・弾圧される。

球体牢獄



過剰に徹底した教育方針

前述の単一の思想・価値観の強制に通じる事だが、学校等で個性を徹底的に排除した全体主義を是とする教育方針が多い。中には、幼い頃より親元から引き離して徹底した教育(要するにスパルタ教育)を施す事もあり、親の存在意義が『人材を生み出す道具』にて、親子の愛情が軽視どころか一切無視され、親の愛情を知らずに育つ子も少なくない。このように徹底した教育並びに訓練を施された子供が少年兵として投入される事も多い。

多数のための少数の犠牲(逆もあり)

社会の多数派(もしくは選ばれた少数)を残すために、残りの少数(多数)を犠牲にする。多数を優先する考え方自体は民主主義・権威主義問わず殆どの社会で見られるが、ディストピアの世界ではこれがより極端化し、例えば「食糧が足りません!」「よしわかった、少数派(大抵は社会的弱者)への食糧供給を打ち切ろう」といった具合に、選ばれなかった方は人間扱いされない。

給餌



公然の格差

上記の犠牲に関する項目に通ずるが、身分や階級による格差社会が公然と認められ、極端な貧富の差が存在していることが多い。貧困層の人々は上流社会の人間からは人間扱いされなかったり、その存在を隠されることすらある。

深部へと



粛清

体制にとって不都合な存在(特に政治犯・思想犯)を、体制の権力が秘密裏に(あるいは公然と)処刑する。前者の場合は主に『現在の体制には何ら問題はなく、反体制派など存在しない』という上っ面を糊塗するため、後者の場合は恐怖政治などで見せしめや大衆の娯楽として粛清や公開処刑が行われる。また、反体制組織が相手の場合は軍事力を以て標的を殲滅し、最悪の場合、口封じの為に現場に居合わせた非戦闘員への虐殺も行われる。

ディストピア
MAL:人類居住区強襲作戦



指導者ならびに体制の上層部に関する情報が不明瞭

指導者本人が基本公の場に出て来ず、出て来ても放送媒体を通した形や素顔を全く明かさない形での登場など、国民でさえ生の姿を見た事がない等がある。中には指導者の存在そのものが虚像であったり、体制を司る上層部でさえ虚構の情報で改竄されていたり謎めいた集団だったり、公の指導者が実権を奪われた傀儡だったりと様々。そもそも人ならざるものが正体(スーパーコンピュータ等)だったりする。

二度手間



極端な能力主義

体制維持に直結する能力(特に身体能力で高い軍事警備治安職に必須)を持つ者とそうでない者との待遇が極端化しやすく、前者は特権まで与えられる程優遇されるが、後者は人間扱いされないばかりか淘汰される事も少なくない。また、優れた能力を持つが体制にそぐわない者(特に学者芸術家等)は傀儡の指導者として祀り上げられたり、自分が望まない作品を制作するよう強いられたりする等、道具のように扱われる事も少なくない(ディストピアの世界ではただでさえ人が駒のような扱いを受けるのは珍しい事ではないが)。

escape



税率の二極化

体制にそぐわない者に対する税率が極めて高く、そうでない者には税率が高くなく、中には免税の権利が与えられる者もいるという不公平な課税政策も少なくない。前者は犯罪者(特に政治犯・思想犯)として摘発された際に財産全て没収…と実質100%であり、グレーゾーンの者でも重税を課される事も少なくない。後者においては特に軍事・警備・治安職等体制維持に関わる者(いわゆる支配者層)が免税の対象になりやすく、その裏で重税に喘ぐ前者がいる。

環境や人々への配慮を著しく欠いた産業の推進

急激な産業の推進(軍需産業をはじめとする重工業、プランテーション等)の過程で公害や生態系のバランスの悪化等の様々な環境問題が発生し、その問題が置き去りにされる事も少なくない。また、産業特区造成の為に多くの人々が立ち退きを命じられたり、強制労働に従事させられたりで、前者は現地の人々への補償が一切なく、後者は労災が発生した場合、本人の過失として片付けられる事が多い。

支配されながらもそう感じない人々

上記のような徹底支配を受けているにもかかわらず、「自由である」「平等である」「差別など一切ない」等と自分が支配されていると全く感じない者も少なくない(寧ろ圧倒的)。そんな人々の中で、その体制への不満を何らかの形で表現する者が出ようものなら、その者があぶり出される形で即座に告発された末に摘発され、危険人物として始末される事も少なくない。これもディストピアの為せる業と言える。

Aether and Erebus



淘汰される弱者

経済弱者である貧困層においては、略奪を働いて(特に富裕層相手に)処罰される事が多い一方、管理外である事から摘発が困難な事も少なくない。その為、略奪の標的にされやすい富裕層も弱者に分類され得る。また、裁判においても元々自分の所有物(財産等)を、他者(体制上の強者)が自分の所有物と主張すれば主張する側の所有物とされるという極めて不公平な裁定も少なくない(逆の場合は勿論取り下げられる)。過剰に徹底した秩序によってもたらされた弱肉強食の世界と言えよう。

Bait (QHD)



不当な待遇を受けた者の心身に及ぼす影響

前述の徹底支配の中で全然支配されている感じがしない者が多い一方で、その支配により様々な不当な待遇(受ける側からして)を受ける者も少なくない。そうした支配の中で粛清や自殺等で命を落とす者もいれば、そうでない者でも心身に及ぼす影響が大きく、その支配から解放されても、将来に希望が全く持てないだけでなく、当時の仕打ちを昨日の事のようにはっきり覚えている者も少なくない。

一服警備員



現実の鏡としてのディストピア

ユートピアが「いまだ実現していない、理想の社会」を描くことで現実社会を批判するのに対し、ディストピアは「実現しうる、最悪の社会」を描くことで現実社会を批判している。どちらも架空の社会によって現実社会を批判しているという点において、ユートピアとディストピアは表裏一体の関係であるといえる。

似て非なるディストピア

文明社会が崩壊し、無秩序な荒廃した世界を時にディストピアと見なすこともあるが、この場合は「ポストアポカリプス」と呼ぶジャンルに当てはまり、理不尽な価値観や秩序に支配されたディストピアとは異なる。また、文明崩壊後に新たな秩序に支配された世界がディストピア的な設定の場合、両ジャンルが共存する場合もある。

ディストピアを扱った作品

小説

代表的なディストピア小説

タイトル著者
1984年ジョージ・オーウェル
すばらしい新世界オルダス・ハクスリー
家畜人ヤプー沼正三


SF小説

タイトル著者
新世界より貴志祐介
虐殺器官伊藤計劃
華氏451度レイ・ブラッドベリ
シャングリ・ラ池上永一
高い城の男フィリップ・K・ディック
NO.6あさのあつこ
ハーモニー伊藤計劃
ニンジャスレイヤーブラッドレー・ボンド&フィリップ・ニンジャ・モーゼズ


デスゲーム小説

タイトル著者
ハンガー・ゲームスーザン・コリンズ
メイズ・ランナージェームズ・ダシュナー
バトルランナーリチャード・バックマン
バトルロワイアル高見広春
リアル鬼ごっこ山田悠介


風刺小説

タイトル著者
動物農場ジョージ・オーウェル
時計じかけのオレンジアンソニー・バージェス


政治哲学

タイトル著者
リヴァイアサントマス・ホッブズ


ライトノベル

タイトル著者
下ネタという概念が存在しない退屈な世界赤城大空
魔法少女育成計画シリーズ遠藤浅蜊
キノの旅時雨沢恵一
図書館戦争有川浩


映画

国内


海外


アニメ


漫画


特撮


ゲーム

RPG


アドベンチャーゲーム


アクションゲーム


シミュレーションRPG



格闘ゲーム


STG


FPS


TRPG


音楽


スラング

ロシア的倒置法

他、該当作品があれば追加願います。

微妙な作品

階級設定のせいで割と誤解されがちだが上層部に反抗したエージェントであっても死刑にされることはない代わり、アーカイブ化による永久幽閉という意味では死より重い量刑がかされている。また出自に関係なく努力次第で上位階層を目指せるという点で階級の隔たりも緩やか(ディンゴは上層部の顔色を気にする必要があるといっていたが、アンジェラは『あなた程の才能があれば問題ない』という趣旨の発言をしている)でありディストピアというには若干弱い。


あおぞら中学校において、生徒会長白鳥百合子角田正美を筆頭とする風紀委員が該当し、徹底した秩序を武器に主人公達に立ちはだかる。前者においては主人公を筆頭とするトロピカる部の申請において「活動内容が曖昧、そもそも部室の空きがない」「活動内容を一つに絞る」「活動内容が校則に抵触する」等と却下で、味方の協力で何とか交渉成立に至った。後者は『人魚騒ぎ』の陰に主人公達のトロピカる部が関わっているのではないかという事で徹底的に監査した挙句貴重アイテムを没収。隠れ部員のローラが取り返すべく忍び込む際に見つけた制服学生になりすますも正美にスカートの丈が校則に抵触すると指摘されて何とか脱出(正美が校則の一つ『廊下を走らない』事を遵守した為事なきを得る)。日を改めて例のアイテムがなくなっているという事で再びトロピカる部の監査を行う(トロピカる部側も校則を利用して監査を逃れる)。そんな二人に怯えるかのように生徒たちは徹底した校則に従う日々を送っているが、本編後半には世代交代にてどんな体制になるかも今後の見どころと言えよう。

外部リンク

ディストピア - wikipedia
ディストピア(Category) - wikipedia

関連タグ

対義語:ユートピア
表記ゆれ:デストピア

SF 全体主義 社会主義 洗脳 独裁者 世界征服
世界観 パラレルワールド

関連記事

親記事

ユートピア ゆーとぴあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ディストピア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5660866

コメント