ピクシブ百科事典

AKB0048

えーけーびーぜろぜろふぉーてぃーえいと

『AKB0048』とは、アイドルグループAKB48をモチーフとしたサテライト制作のSFアニメ。
目次[非表示]

概要

2012年4月下旬より放送開始。またマンガ版は講談社の少年・少女マンガ雑誌4誌にそれぞれ異なった内容のものが2011年12月より連載されている。第1期が放送していた当時は奇しくも主要スタッフの大半が「アクエリオンEVOL」と共通であった(こちらはサテライトとエイトビットとの共同制作)。

芸能活動が非合法化された近未来の宇宙を舞台に、伝説のアイドルグループ「AKB48」の名を継承し、星々を巡ってファンに歌を届ける「AKB0048」第77期7人と、第75期2人の研究生9人が主人公となる。

メインキャストの声優および主題歌担当となる9名は「声優選抜」で選ばれる。AKB48、SKE48NMB48HKT48のメンバー200名の中から30名が1次審査を通過し、公開オーディションの場で合格者9名と審査員特別枠4名が決定した。

登場キャラクター

研究生(声はAKB48グループのメンバーが担当)

AKB0048



本宮凪沙(CV:岩田華怜/AKB48)
77期研究生。作中では、9人のメインキャラの中でも、特に重要な人物である。
少し抜けたところもあるが、真っ直ぐに0048に憧れている。のんびりしすぎていて、友歌に怒られる事も多い。歌はあまり得意ではないが、研究生に入ってから上達していく。
そして現在、先代の後を継ぎ、14代目前田敦子を襲名している。

園智恵理(CV:渡辺麻友/AKB48)
77期研究生。クールな性格で時にメンバーにキツい発言をするが、その一方で0048への真摯さや熱心さでは、同期で群を抜いている。実は大財閥のお嬢様。子供のころから0048に憧れていて、他人には語らないが大きな夢を持っている。
現在では、センターノヴァを獲得、襲名メンバーの中では、0048初のオリジナルメンバーとなっている。



藍田織音(CV:仲谷明香/AKB48)
77期研究生。おっとりした性格で凪沙や友歌の後ろについて歩いていることが多い。意外と機械いじりが好きで得意である。少し赤面症で、あわてるとジェスチャーが大きい。
ちなみに、憧れているメンバーは、7代目指原莉乃で、彼女の後を継ぎ、指原莉乃の名を襲名する事を目指している。

一条友歌(CV:佐藤亜美菜/AKB48)
77期研究生。物事をはっきり言うタイプでやや短気だが、優しい一面も持つ。いつも大きな鞄をさげていて、なんでも出てくる。織音や凪沙とは幼馴染で、彼女が二人を引っ張って行動することが多い。

神埼鈴子(CV:秦佐和子/SKE48)
77期研究生。普段は物静かなメガネっ子だが、0048のウンチクや歴史には詳しく、解説をよくしてくるアイドルオタク。ある人物に貰ったサインをとても大事にしている。

横溝真琴(CV:三田麻央/NMB48)
77期研究生。ビビリで小心者。飛行機に乗ってもすぐに落下するかもと不安になる。0048のことが大好きだが、自分がメンバーになることは恐れ多いと思っている。スタイルが良くないことを気にしていて、ちゃんと出るべきところは女性らしく出てきてほしいと願っている。

東雲楚方(CV:矢神久美/SKE48)
77期研究生。研究生の中では最年少。身長は最小であるが、運動能力は高い。人に変なニックネームをつける癖があるが、あまり定着はしない。彼方の妹。

東雲彼方(CV:石田晴香/AKB48)
75期研究生。一生懸命で真面目、やや固い性格。美森とは同期の親友で、彼女には自分の気持ちを素直に話すことが出来る。楚方の姉で妹のことは基本的にウザく思っている。そのため、二人の姉妹喧嘩は結構激しい。

岸田美森(CV:佐藤すみれ/AKB48)
75期研究生。長身で豊かなプロポーションが自慢の色気キャラ。なぜか、「のぉ~」や「だからぁ~」など、語尾に小文字を入れたやや甘ったるい喋り方をするが、別に作っているわけではないらしい。また、セクシーなポーズをすることも多い。
そんな彼女は現在、先代(ツバサ)の後を継ぎ、8代目篠田麻里子を襲名している。

また、上記の9人はユニット「NO NAME」として、本作品の主題歌を担当する。



襲名メンバー(声は本職の声優が担当)

【AKB0048】襲名メンバー




9代目大島優子 (CV:神田朱未)
本名:君島光(きみしま ひかる)。元第72期研究生。
スピーディーで大振りなダンスが得意。誰にでもオープンな性格で人懐っこい。戦闘中はダイナミックかつ、子リスの様に機敏。メンバーに絡む時、オヤジっぽいセクハラプレイをすることもあるが、好意ゆえのスキンシップ
また、カメラが趣味で、よく写真を撮影している。

5代目高橋みなみ (CV:白石涼子)
本名:有沢栞(ありさわ しおり)。
AKB0048のキャプテン。ライブや作戦中の指示は的確で信望の厚いリーダー。誰よりも努力する姿勢にメンバーはついていっている。だが、普段は少しおっちょこちょいで、トークも滑りまくり、いじられ役になることも多い。

 

6代目柏木由紀 (CV:堀江由衣)
本名:黒木綾子(くろき あやこ)。
"一生アイドル"を目指す、大のアイドル好き。ファンへの対応は神がかっている。元々は人見知りでマイペースな性格だが、通常はメンバー内でお姉さん的な立場をとっていて物腰も柔らかい。

3型目渡辺麻友 (CV:田村ゆかり)
ファンやカメラの前ではすごくチャーミングなアイドルスマイルだが、普段、寮やメンバーと絡んでいる時は、ポーカーフェイスで淡々と話す。時々意味深な発言をするが、その真相は不明。
わかっているのは、人間ではなく、ロボットという事くらいである。

8代目小嶋陽菜 (CV:能登麻美子)
本名:桜木千春(さくらぎ ちはる)。
オシャレやスキンケアに余念のない、襲名メンバー一番の女の子キャラ。少し天然でおとぼけなところもあるが、やるときはやるタイプ。基本やや内股で、いわゆる女の子っぽい仕草が多い。

11代目板野友美 (CV:植田佳奈)
本名:板野友世(いたの ともよ)。
小柄で可愛い女の子。私服のセンスは№1。口元がチャームポイント。女子の憧れの的で、子供から大人まで幅広い人気を誇る。口数が少なくクールに見えるが、実はとてもフレンドリーで後輩とも仲がい。

10代目宮澤佐江 (CV:中原麻衣)
本名:朝宮陽子(あさみや ようこ)。
体育会系女子。さやかとつるんでいることが多い。戦闘メンバーに参加することが多く、ライブより戦闘寄りのメンバー。ショートカットでボーイッシュなところが女性ファンに人気。面倒見がよく研究生からも慕われている。

10代目秋元才加 (CV:川澄綾子)
本名:五十嵐アキラ(いがらし あきら)。
美人なのだが女性らしくはない。かといって、がさつなわけでもない。アイドルなのに腹筋が割れていてアスリート系。自分の体を鍛えるだけならいいのだが、他のメンバーも鍛えたがる。こぶしを振り上げてのガッツポーズが似合う。



13代目前田敦子 (CV:沢城みゆき)
元々は不器用だったが、センターになることでアイドルとして洗練されていった。どこでもマイペースで、行動が読めないところがある。発行生命体のキララをまばゆく輝かせることができる。
君島光が襲名して間もなく行われたライブの最中に突然消えた。この事件は、9代目大島優子ツバサなどに、様々な影響を与えた。

その他のメンバー

9代目北原里英
7.5代目横山由依
7代目梅田彩佳
5代目片山陽加
12代目多田愛佳
6代目大家志津香
9代目倉持明日香
10代目高城亜樹
8代目島崎遥香
7代目宮崎美穂
7代目指原莉乃7代目指原莉乃を参考)


76期生研究生


鰐淵恵 (CV:木下百花/NMB48)
プライドが高く粘着質だが親友思いでさえとは研究生時代の同期だった。

柳川葉月 (CV:竹内美宥/AKB48)
気が強いが、面倒見の良い性格。

白井瑞穂 (CV:高森奈津美)
葉月同様、気が強い性格。ぷっくりとした頬っぺたが印象的。

 

劇場支配人兼プロデューサー


片桐ツバサ (CV:かかずゆみ)
AKB0048の襲名メンバーや研究生達に指示を出すポジション。冷静沈着で、頼れる指揮官。謎めいた女性で過去はあまり語りたがらない。実は、7代目篠田麻里子であったのだが、ある事件をきっかけに現役から退くことに。

関係者


牛山先生 (CV:小野大輔)
AKB0048の襲名メンバーや研究生達のオネエなダンス指導担当。

南野美果子 (CV:小島幸子)
芸能カメラマン。next stageからは00専属カメラマンに。
実は5代目峯岸みなみで支配人兼プロデューサーのツバサとは現役を共にしていたが、ある事が切っ掛けで現役を退く。



主要人物の親族


凪沙の父 (CV:大川透)
凪沙の父親。厳格な性格。

智恵理の父 (CV:速水奨)
智恵理の父親。彼女を0048のオーディションをこっそりと出で行ったにも関わらず止めなかった理由があるが……。



スタッフ

企画監修 : 秋元康
シリーズ構成脚本 : 岡田麿里
キャラクターデザイン : 江端里沙
コンセプトデザイン : ブリュネ・スタニスラス
美術設定・プロップデザイン : ロマン・トマ/ルガル・ヤン
音響監督 : 明田川仁
エグゼプティブプロデューサー : 大月俊倫
アニメーション制作 : サテライト
製作 : AKB0048製作委員会
監督 : 平池芳正
原作総監督 : 河森正治

関連タグ

アニメ アイドル SF
2012年春アニメ アクエリオンEVOL
秋元康 AKB48 河森正治
NO NAME
アイドルマスターXENOGLOSSIA:本作と同じくアイドルをモチーフにしながら本来とは異なる全く別の世界観を描き出したアニメ作品。秋元作曲の「メロスのように-LONELY WAY-」のカバーが行われている他、同作の監督である長井龍雪と本作のシリーズ構成を務めた岡田麿里は仕事を共にする事が多いなど、少なからず接点が見られる。また、同じくアイドルマスターの派生作品である「~シンデレラガールズ」では佐藤亜美菜が声優として抜擢され、人気を博している。

関連イラスト

AKB0048
AKB0048
0048



外部リンク

AKB0048 公式サイト
AKB0048 - Wikipedia
AKB0048とは - はてなキーワード
AKB0048とは (エーケービーゼロゼロフォーティーエイトとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「AKB0048」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1486361

コメント