ピクシブ百科事典

ポリティカル・コレクトネス

ぽりてぃかるこれくとねす

ポリティカル・コレクトネスは、人種・宗教・性別などの違いによる偏見・差別を含まないとされる、中立的な表現や用語を用いること。英:political correctness
目次[非表示]

英語political correctness

概要

日本語では「政治的正しさ」と訳されること、あるいは短縮して「ポリコレ」と呼ばれることが多く、政治的な話題が語られる場において、人種宗教性別などの違いによる偏見差別を含まないとされる、中立的な表現や用語を用いることを言う。

発生

元は人種平等が叫ばれるようになった1980年代以降のアメリカ合衆国において「政治の話題が語られる場」における「特定の人種に対する差別」を防ぐという理由から、そうした意味を含む可能性がある言語表現をしないようにするべきという意識の高まりから使用されるようになったとされる。

問題点

しかし、1990年代以降には人種に止まらず、宗教性別、更には職業文化民族障害者年齢婚姻に至るまで、同様の配慮が求められるようになり、中にはそのあまり自主規制されるに至ったものもあり、文章画像映像などの製作における表現が制限され、作品の性質の変化や題材の減少による質の低下に繫がる、言葉狩りの原因の一つになるなど、逆に自由表現言動困難となる悪影響を生み出している原因ともなっている。

例えば「多人数の実兄弟ものが作りづらくなる」「昔の時代設定の作品内の言葉遣いや倫理観を現代の価値観によって変更」「実写映画の配役に当たってトランスジェンダー役を「実際に私生活でもトランスジェンダーな役者が演じるべき」と団体が抗議する」などといった騒動が実際に起こっている。
「昔ながらの従属的な女性を否定するあまり、強い女性ばかりが出てくる」「人種を均等に入れなければならないのでグループもののメンバー構成が似通ってしまう」といった多様性とは程遠いテンプレート化も見られる。
中には「当事者が別に差別だと思っていないことを第3者がいちゃもんをつける」本末転倒な事例もあり、ボストン美術館で「欧米人が着物を着用することが文化盗用で差別」と日本人ではない層に抗議され和服着用イベントが中止になった際には日本人から多くの困惑の声が上がった。


また影響を受け日本国内でもフィクションの諸作品に対する評価を「ポリコレに合致しているか」のみで行おうとする層がおり、個人的な作品の好みの主張をポリコレにかこつけて正当化しようとする者さえ出ている。
このため度々SNSなどで激しい論争を引き起こすことがある。
一例としてはこの項目などを参照。

また、日本などの外国で作られた作品をリメイクする際に男女比や人種などの設定が変更されることがよくある。
pixiv的に馴染みの深い例はパワーレンジャーシリーズで、そのために原作が男性キャラだったのが女性になっていたり、スタメン全員が実兄弟親族という設定はまず変更を余儀なくされている。

言い換え

例えば日本語で「~婦」といった職業名称が「~師」に言い換えられるなどの影響があったりしたとされる。

関連タグ

政治 言語 表現
差別 偏見 ヘイト
レッテル貼り

外部リンク

wikipedia:同項目
ニコニコ大百科:同項目
kotobank:ポリティカルコレクトネス

コメント