ピクシブ百科事典

言葉狩り

ことばがり

言葉狩りとは、特定の言葉の使用を控えるべきとする社会的規制を否定的に表現した言葉である。
目次[非表示]

概要

特定の言語・言葉の使用を禁じる社会的な規制をかけることが多々ある。これを否定的に表現した名称である。

筒井康隆が書いた「無人警察」での一連の事件がきっかけで「言葉狩り」が生まれた。

下記の事例が「言葉狩り」と称される。しかしこれらの事例で、例え使用者に悪気はなくとも、心象を悪くする人がいることも忘れてはならない。社会的信用を安定的に保つためには、「言葉狩り」の是非は関係なく「口は災いの元」と肝に銘じ、自身の発言内容に留意するべき、とも言える。

「言葉狩り」とされる事例

  • 矢口高雄の名作漫画である釣りキチ三平も、タイトルに含まれる「キチ」の言葉が「気違い」の意味そのままであることから、これが差別的であるとして批判を受けた。作者は「釣りが好きで好きでたまらない三平」という意味で使用したものであり、差別的意識は全くない。
  • さだまさしの楽曲『関白宣言』の歌詞が女性差別的として、歌詞を真に受けた女性から抗議を受けた。しかし『関白宣言』は、結婚を前にした男が「亭主関白」となることを宣言しつつも、男の不器用で依存的な性格からそれが実現しないことをほのめかす「コミックソング」として作詞されたものであり、歌詞の内容はさだの考えとは異なる(のちにさだはアンサーソングとして「関白失脚」を発表している)。
  • 笠置シヅ子がオリジナルを歌った名曲「買物ブギー」には、曲の後半に「つんぼ」めくらという表現があるため、現代においてカバーされる分には、その部分を改変したり該当箇所を丸ごと削除したりすることで対処している。が、原曲を聞くとこの歌詞は別に目や耳が不自由な人を中傷する意図があるわけではないと解る。障碍のある人が社会参加することでいろいろ困ったことが起こるのは当たり前(そしてそれに対し社会を改めていくことで、健常者にとってもより住みやすい社会になる)なので、この場面自体をなくして最初からなかったことにしようという動きがあるのは残念である。


関連タグ

人権 TPO
ポリティカル・コレクトネス
言論の自由 表現の自由
言論弾圧 表現弾圧
報道 新聞 テレビ
マスコミ 放送禁止用語

関連記事

親記事

言論統制 げんろんとうせい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「言葉狩り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 102057

コメント