ピクシブ百科事典

図書館戦争

としょかんせんそう

図書館戦争シリーズは、有川浩の小説。イラストは徒花スクモ。アニメ化、漫画化、および映画化もされている。
目次[非表示]

概要

『図書館戦争』シリーズは、アスキー・メディアワークス電撃文庫のハードカバーレーベルより出版されている有川浩小説ライトノベル。表紙イラストは徒花スクモメディアミックス化もされている。
図書館戦争」、「図書館内乱」、「図書館危機」、「図書館革命」の全四巻。スピンオフとして「別冊・図書館戦争」が二巻発売されている。また、2011年に角川文庫からDVD封入特典短編と書き下ろしを掲載した文庫版が発売された。

ジャンルとしてはパラレルワールドの世界を描いたSF、またはミリタリーアクションでありながらも、主人公を始めとする登場人物の恋愛模様を描いた恋愛小説の要素も含まれる。

あらすじ

時は西暦2019年(正化31年)、公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる「メディア良化法」が制定して30年経た現在では、検閲が合法化し執行に抵抗する者には武力行使さえ許可されている。
強権的な「メディア良化委員会」とその実行組織「良化特務機関(メディア良化隊)」の表現弾圧に対抗するため、図書館は「図書館の自由法」を制定。図書館は不当な検閲から表現の自由を守るために武装した防衛組織・図書隊を持つに至る。良化特務機関との永きに渡る抗争は激化の一途を辿り完全な武力闘争と化していた。

主人公の笠原郁高校生の時、良化機関員の検閲から救ってくれた図書隊員に憧れ、図書隊員を志す。
彼女が「図書隊」に入隊し、上官である堂上篤小牧幹久、同僚である手塚光柴崎麻子たちと共に「メディア良化法」に抵抗するために奮闘する姿と、恋模様を描く。

登場人物

図書隊

笠原郁 「熱血バカ」堂上篤 「怒れるチビ」小牧幹久 「笑う正論」
笠原郁
祝 文庫化!
笑う正論
手塚光 「頑な少年」柴崎麻子 「情報屋」玄田竜助 「喧嘩屋中年」
頑な少年
柴崎
大人のケンカを教えてやる!


  • 稲嶺和市 : 関東図書隊基地司令。現在の図書隊制度の設立者。

その他の人物

  • 折口マキ : 「週刊新世相」記者。玄田とは長い付き合い。
  • 手塚慧 : 手塚光の兄。「未来企画」の会長。
  • 中澤毬江 : 小牧より10歳下の幼馴染。中途難聴者の高校三年生。

メディアミックス作品

アニメ

2008年4月から6月にプロダクションI.Gによりフジテレビノイタミナ枠でアニメ化された。全12話。

  • オープニングテーマ 「あたしの街、明日の街」 歌:高橋瞳
  • エンディングテーマ 「changes」  歌:BaseBallBear

漫画

  1. 2007年10月より、作画弓きいろによる本作の漫画版「図書館戦争 LOVE&WAR」が白泉社LaLaにて連載中である。
  2. 同じく2007年11月より、作画ふる鳥弥生による漫画版「図書館戦争 SPITFIRE!」がアスキー・メディアワークス月刊コミック電撃大王にて連載されていたが、作者の病気休養により連載中止している。

映画

『図書館戦争 革命のつばさ』の題名で2012年6月16日に公開。メインスタッフはアニメ版と同じ。

  • 主題歌 「初恋」  歌:BaseBallBear

実写映画

『図書館戦争』を2013年4月27日に公開。

  • 監督 佐藤信介  音楽 高見優

リアル図書館戦争

昨今の表現弾圧がこの作品で描かれるそれと酷似しているため、この作品になぞらえて「リアル図書館戦争」と呼ばれることがままある。と言うか、こうなったら「メディア良化法」だけでなくいっそのこと図書隊もリアルに持ってきてしてしまえと思ってしまう奴は少なくないだろう。

※作中で描かれる「メディア良化隊」と「図書隊」との、検閲やそれに対する抗争は重火器を用いた武力衝突であるため、現代日本において実現する可能性は低いと思われる。が、同じく作中での検閲・言論弾圧の構想自体は現在も存在する。→「架空創作表現規制」 「青少年健全育成条例

関連タグ

小説 ライトノベル ハードカバー 単行本 図書館戦争100users入り 図書館戦争1000users入り SF パラレルワールド ディストピア ファンタジー ミリタリー 軍事 アクション 恋愛小説 ラブコメディ
レインツリーの国 図書館戦争シリーズ
有川浩 徒花スクモ

架空創作表現規制反対 青少年健全育成条例反対 児ポ法改正反対
こうなっても知らんぞ、という話 リアル図書館戦争

外部リンク

「図書館戦争」公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「図書館戦争」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16162779

コメント