2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

すなわち、創作における表現に対し表現規制をかけるような法律等(具体的な例としては東京都青少年健全育成条例改正案や児童ポルノ法など)に対し反抗するという意味のタグである。
このタグに関しての詳細な内容は「架空創作表現規制反対」を参照していただきたい。

概要

図書館戦争とは、メディアワークス(電撃文庫)発刊の有川浩による小説であり、内容としては「表現の自由を守るために戦う図書館員が巻き込まれる紛争」の話である。この小説はメディアミックス化されており、コミックアニメ(テレビ劇場版)、映画などになっている。

当時、実際の日本国においても作中に存在する「メディア良化法」のような架空創作表現に対する法律等による縛りが行われようとしていた(例としては危険法案リンクに掲載されるような法律案などである)。
なお、2010年3月17日付で日本図書館協会(さまざまな種類の図書館の進歩発展を図る事業を行うことにより人々の読書や情報資料の利用を支援し文化の進展及び学術の振興に寄与することを目的とした団体)がこれらの規制に反対する旨の要望書を提出し、案外作中に登場する「メディア良化法」が洒落にならない事態になりつつあるとpixivはじめオタク界隈は危機感を強めていた。

「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」について

条例は採択されたが、その後の都知事の度重なる交代や、オタク産業のビジネス化もあって大した事態にはならなかった。
逆に、反規制運動側も条例を阻止できなかったことや、親自民派と反自民派の分裂もあり弱体化し自然消滅した。

誰しも条例騒動なぞ忘れてしまった2016年。アメリカでのトランプ大統領の当選を受けて反トランプ派のマスメディアによるポリティカル・コレクトネス運動が激化し、それは日本にも波及した。こうして本当の意味での戦争が始まるのであった…がそれはまた別のお話。

関連タグ

図書館戦争 こうなっても知らんぞ、という話
【規制反対】 危険法案リンク

関連記事

親記事

架空創作表現規制反対 かくうそうさくひょうげんきせいはんたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リアル図書館戦争」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リアル図書館戦争」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62434

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました